トルネード ガンダム。 【GジェネRE】トルネードガンダム性能

デビルガンダム四天王

トルネード ガンダム

トルネードガンダムとは、『』に登場した、である。 後に何故かの常連的存在となっていく。 概要 のが元となっているで、となる・及びは存在しない。 上では中立拠点を占領するとたまに配備されている的な存在で、タダで入る機体として性はなかなかのものである。 色はを基調としていて、頭部は初登場時はドッド絵の制約もあってかやや面であった。 に参戦した際にややが精錬されたことで系統の的な頭部となった。 武装は、といった基本的な武装や、腕部に内蔵された、そして胸部に装備されたがある。 では、何故か同の総であるやXを差し置いて、堂々の参戦を果たした(がと被ってしまうからか)。 同では初期機体として配備されることが多く、同帯の中ではそこそこの性ではあるものの、後半になるにつれて実戦での運用は厳しくなってくる。 しかし設計には有用な機体であり、で使えなくなっても倉庫には残留したままというは多い。 にぽっと出した程度でしかなかったが何故採用されたのかは不明。 しかし、で採用された際、である直撃世代のは「こんなん居た懐かしい!」といった感じで、少なからず喜んだ人もいるのではないだろうか。 実際があったのか、から「コレクション」のの一つとして立体化されたことがある。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

デビルガンダム四天王

トルネード ガンダム

サラミス改級は汎用性とコストに優れた艦であり長らく運用されてきたが、旧式艦を改良に次ぐ改良で性能向上させたものであるため、もはや現状以上の性能向上は望めなかった。 特に新造される戦艦に随伴できる速力を有しないことが、艦隊運用の大きな足枷となることは明白だった。 また、とという連邦軍内の抗争と、その後のにより、多数のサラミス改級が失われたことで必然的に巡洋艦の建造要求が発生し、サラミス改級の後継艦としてクラップ級が多数建造された。 推進機関などの基本設計は、ラー・カイラム級と酷似しており、通常用と戦闘用の2つのを持つ点なども共通している。 なお、主砲もラー・カイラム級と共通であり、同じく共通の連装砲塔に搭載されているが、その数はわずか連装2基4門でしかない。 また、対空兵装とその配置もラー・カイラム級に準じている。 MS搭載数はサラミス改級の3-4機に対し、6機。 ラー・カイラム級同様、当初からMSの運用を念頭に設計・建造された。 すべてのサラミス改級を代替するほどには建造されなかったが、長らく地球連邦軍の主力巡洋艦として運用された。 登場から60年が経過したUC150年代では、艦首にビームシールドを装備するなどの近代化改修が施されている。 劇中での活躍 劇場版『』に登場。 クラップ級1番艦。 でのネオ・ジオン艦隊の武装解除に立会してネオ・ジオン部隊の騙し討ちに遭い、搭乗のの急襲により通常ブリッジが破壊され、地球連邦軍参謀次官のとおよびブリッジクルーらが戦死したが、反撃によりクェスのヤクト・ドーガの右腕を損傷させている。 その後は応急修理を経て、の指揮する本隊と合流している。 テレビアニメ『』では、に協力する連邦軍の所属艦として同型のクラップ級が複数登場している。 第15話ではバグレ隊の旗艦としての戦力に対抗していたが、の駆るに艦橋を破壊されたため、降伏した。 第41話以降は艦隊所属艦が登場し、ザンスカールの作戦阻止のために抗戦していた。 第49話などではビームシールドも展開している。 同型艦 [ ] ラー・カイム、ラー・キェム、ラー・チャター、ラー・エルム 劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場。 隊所属で、旗艦に随伴してと交戦する。 ラー・チャターはを巡る最終攻防戦で、ラー・カイラムの盾となって撃沈されている。 なお、ラー・キェムに関してはラー・ギエムあるいはラー・ケイムとする資料もある。 『逆襲のシャア』脚本の初期稿を元にした小説『』では、ラー・カイラムに随伴する艦艇はすべて撃沈されたという描写になっており、後述のラー・ザイムに続いて撃沈された最後の1隻としてラー・エルムの名前が登場している。 ラー・ザイム 小説『』に登場。 ロンド・ベル隊所属で、艦長はマシアス・テスタ少佐。 ラー・カイラムに異動する前にが乗艦していた。 スウィート・ウォーター内に艦を入港させ、反連邦セクト・エグムとの戦闘を敢行した結果、住民に死者を出す不祥事を引き起こしている。 小説の本文とのイラストによれば扁平な面を組み合わせた双胴艦として描写されており、映像化されたクラップ級とは艦型が大きく異なる。 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』にも名前が登場しており、ラー・カイラムの盾となって結果的にが出撃する機会を作った直後にに撃沈される など、劇場版におけるラー・チャターと同様の役割を演じている。 なお『ハイ・ストリーマー』の描写では、ラー・カイラムの盾となるのは劇場版と同様にラー・チャターである。 漫画『』では、消息を絶ったラー・ギルスを捜索する任務を受け、アムロの乗艦として登場。 『ハイ・ストリーマー』での設定を踏まえた描写がなされているが、外見は通常のクラップ級として描かれている。 キャロット、テネンバウム 小説版『』に登場。 物語冒頭でロンド・ベル隊第2群に所属していたキャロットを母艦とするMS小隊がの艦艇を追跡中、と交戦した後、撃墜された機体の母艦として名前が登場するほか、の同期の知人がキャロットに配属されているという言及がされている。 その後もガランシェールの行方を追っており、物語終盤でロンド・ベル隊第3群第16任務隊としてと行動を共にするが、囮となったガランシェールを追跡中にと遭遇し、2隻とも撃沈されている。 また、物語の後半では、原作とは経緯が異なりつつもトライスター隊がガランシェールを追跡する場面はあるが、彼らの母艦に関する描写や言及はない。 ラー・デルス、ウンカイ ゲーム版『』のエピソード「」に登場(同エピソードを描いた原作者による小説版が、後に小説版の第11巻として再録)。 を運搬する際に、率いるネオ・ジオン残党の襲撃を受け、シナンジュ・スタインを奪われたあと、2隻とも撃沈されている。 ラー・ギルス Ra-Gills 漫画『』に登場。 ロンド・ベル隊所属で 艦体色はグレーと白を基調とする。 搭載機は 、、。 ダマスカス Damascus 小説『機動戦士ガンダムUC』の外伝エピソード「」と、同エピソードを基にした映画作品『』に登場。 同型艦よりも格納庫が拡張されている。 宇宙世紀0097年にを捕獲する「不死鳥狩り」作戦を展開する。 スペース・アーク級 [ ] クラップ級の改装艦であるが15m級MSの運用を前提としており、放熱板の排除やカタパルトデッキの拡幅化などの設計変更が施され、全長も249mと小型化されているのが特徴である。 これらの艦をクラップ級と紹介している資料もあるが、機関部下の放熱板がないなど外観に大幅な変化がみられることから、スペース・アーク級として分類される場合も少なくない。 練習艦として運用され、原型艦であるクラップ級の進宙後30年以上経過しているが、コンセプトとしては時代に運用されていたの機能を残したまま小型化を図って設計されたものである。 の戦艦と比べて相当見劣りするが、本艦の中には重力下を考慮したMSメンテナンスベッドも装備されるなど、やなどの小型MSや、の最新鋭機であるの運用に耐える設備を持っていた。 戦闘体制に入る際、ブリッジはセンサー類を残して収納状態とすることができる。 また、ランディングアームも実装されていることが確認されている。 F91の運用試験のためにフロンティアIコロニーを訪れていたところ、クロスボーン・バンガードの襲撃に巻き込まれる。 たち難民を収容する一方、レジスタンスの拠点としての役割も担い、かつてののように新兵と徴用民間人ばかりの艦ではあったが、無事にフロンティアIコロニーを脱出した。 艦長代行は。 搭載MS• F91• RGM-109 ブレイウッド [ ] 『』に登場。 所有の民間船でスペース・アーク級の改装艦である。 元のスペース・アーク級よりさらに小型で、全長は160mほどとなっている。 連邦軍の輸送艦を模した偽装が施され、MS用カタパルトを前後に備えているほか、ブリッジ脇左右に収納式のカタパルトも備えている。 前部カタパルトは短縮されているが、代わりに格納庫が延長されている。 民間の所有物であるため、武装などの施されていない非武装船であるが、後にメガ粒子砲を隠し持っていることが判明した。 に関連する試作MSを搭載し、運用試験を実施していた。 元連邦軍大佐であるが指揮を執る。 搭載MS• RX-F91• RGM-111• に協力した連邦軍軍艦の1つで、開戦初期にアイルランドのロンドンデリー駐屯地よりリガ・ミリティアに派遣され、カミオン隊に合流している(小説版では)。 ある程度の近代化改修が施されているが、劇中ではビームシールドは使用しておらず、装備については不明。 原型艦であるクラップ級の進宙から60年が経過しているため、時には旧式艦とされていた(劇中では「旧式 戦艦」というテロップが表示された)。 老朽化していたが、リガ・ミリティアの戦力の中核として各地を転戦した。 攻防戦では攻撃部隊の中核となって奮戦し、カイラスギリーに接舷するも大破した。 カイラスギリー戦後には大改修が行われ、 リーンホースJr. となった。 カタパルトが増設されており、船体前後に1基ずつ配備されている。 格納庫は全通式に変わっており、MSは対面5機ずつ計10機が搭載・運用された。 艦長は連邦軍所属の大尉。 リーンホースJr. [ ] 諸元 リーンホースJr. Reinforce Jr. 攻略戦で損傷したリーンホースとを鹵獲したの主艦体に載せるような形で大改修されたもので、ドック艦であるにて竣工した。 改修の結果、単独でも大気圏突入・離脱を行うことができるという、最新艦艇と比較しても遜色のない高性能を誇る機動戦艦となった。 主な兵装は2連装メガ粒子砲6基(旧リーンホースもしくはガウンランドのものが両舷上下に各1基、旧スクイード1のものが艦底に2基)、MSカタパルト5基(旧リーンホース艦首部に1基〈艦尾には着艦専用デッキ〉、旧スクイード1のものが艦底左右に各2基ずつ )、本体舷側部左右に装備された3連装対空機銃、艦首ビームシールドを前方に収束展開して突撃するビームラムがある。 武装面での強化のほか、スクイードをベースとしていることから機動力が強化されてMS収容数も増大し、単艦で1個中隊以上の戦力を保持可能となったことで、総合的な戦闘力はリーンホースから大幅に向上した。 劇中での活躍 ザンスカール本国への奇襲作戦より任務に就いた。 艦長は引き続きゴメス大尉が務めている。 本国奇襲後に寄港したマケドニアで拿捕されたがビーム・ラムで隔壁を破って脱出し、月へ向かう。 月面で補給とベスパののために建造されたモトラッド艦隊の地球降下阻止を計ったが失敗し、艦隊を追ってそのまま地上に降下する。 ベスパの地球浄化作戦の開始を阻止するべく行動を起こすが、ザンスカールと連邦政府との間で停戦協定が結ばれたため、武装解除されたベスパの基地であるラゲーンから再び宇宙へ上がる。 その後、ザンスカールのをキャッチし、これを阻止すべく奔走する。 宇宙に上がってからはリガ・ミリティアに同調した地球連邦宇宙軍のムバラク艦隊と合流して連合艦隊を形成し、その主軸を担って各地を転戦する。 エンジェル・ハイロゥ攻防戦の終盤において、激戦の中で中破する。 被弾した左舷エンジンを切り離した後、乗員である老人たちが若者に未来を託して敵戦艦にビームラムで特攻をしかけ、それを阻止しようとしたMS部隊の猛攻撃によって艦橋を破壊されながらも敵艦へ激突し、轟沈する。 両艦を巻き込んだ大爆発は付近に展開していたモトラッド艦隊を巻き込み、艦隊を全滅させた。 搭載MS• LM312V04• LM312V06• LM111E02• LM111E03• LM314V21• LM314V23• LM314V24• RGM-122• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』公式サイト. 2019年7月27日閲覧。 2個小隊。 UC基準なら一個中隊になるが、CCAの描写と照らし合わせるなら12機は積めていないと足りない。 小説『ベルトーチカ・チルドレン』325頁。 小説の雑誌連載当初、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の構想は始まっておらず、クラップ級の設定自体も存在していなかった。 小説『ベルトーチカ・チルドレン』316,324頁。 小説『機動戦士ガンダムUC』スニーカー文庫版第2巻27頁。 小説『機動戦士ガンダムUC』スニーカー文庫版第8巻20-31頁。 「ムーンガンダム メカニカルワークス Vol. 9」『ガンダムエース』2018年8月号、KADOKAWA。 「ムーンガンダム メカニカルワークス Vol. 9」『ガンダムエース』2018年8月号、KADOKAWA。 『ガンダムNT』劇中のブリッジのモニター表示より。 機動戦士ガンダムNT パンフレット特別版, ・, 2018 , p. 11,• 『機動戦士Vガンダム』公式サイト. 2019年7月27日閲覧。 『機動戦士Vガンダム』公式サイト. 2019年7月27日閲覧。 スクイード同様、内側のカタパルトも使っている。 ゲーム「」では、ハイパー・メガ粒子砲が搭載されている。 関連項目 [ ]•

次の

【GジェネRE】トルネードガンダム性能

トルネード ガンダム

この記事には 複数の問題があります。 改善やノートページでの議論にご協力ください。 ほとんどまたは完全に に頼っています。 ( 2019年11月)• 独立記事作成の目安を満たしていないおそれがあります。 ( 2014年2月) トルネードガンダムは、ゲーム『』『』シリーズに登場する架空の兵器。 ゲームオリジナルの(MS)である。 機体解説 [編集 ] 本機体は『SDガンダムGX』において初登場したゲームオリジナルのMSで、などの世界観に属さない機体であり、所属やパイロットなどの設定はされていない。 大気圏内での単独での飛行も可能なMS。 武器は、、といった基本的な武器に加え、腹部にと腕部にを内蔵している。 『SDガンダムGX』では中立状態の生産拠点に希に待機しており、拠点を占領することで自軍のユニットとして使用することが出来る、強さはレベル3クラスのMSとして登場。 『SDガンダム GGENERATION』シリーズの多くの作品では初期配備の機体に設定されており、開発していくことで各作品の主人公機となる。 デザインは『』の読者による応募作品が元。 参考文献 [編集 ].

次の