アルパカ pc。 人気上昇中!かわいいアルパカの高画質な画像・壁紙集!

ファイアアルパカの基本説明・ダウンロード方法

アルパカ pc

FireAlpacaとは 動物の アルパカがマスコットのペイントツールソフトです。 公式サイトで 100万ダウンロード突破ということで人気があるソフトです。 基本的な線画、色塗りができ、何より無料で使えるのも嬉しいですね! 基本仕様・スペック WindowsとMacで使用することができます。 WinはXP、Vista、7、8に対応。 MacはOS x10. 8以降に対応。 ・ペンタブレット対応 ・マルチコアCPU対応 ・レイヤー、クリッピング機能装備 ・レタッチ、フィルタ機能 ・スナップ機能 ・オリジナル保存形式ファイル. mdp さらに、 9ヶ国語に対応してます。 ファイアアルパカ公式では更新が頻繁にされているので、これから無料でお絵描きしたい人には操作しやすいソフトです。 ダウンロード・インストール方法 サイトを見れば、わかると思うのですが一応やり方を説明します。 まず、ファイアアルパカの公式サイトにアクセスします。 ・ そしたら、トップページに Win版か Mac版があるので、お使いのPCと同じものをダウンロードしてください。 OSを選択すると小窓が開くので、 ファイルを保存してください。 これでダウンロードは完了です。 画面が出てきたら実行を選択してください。 次に言語設定画面が出てきますので、日本語を選択。 OKを押すと次の画面でインストール先が出てきます。 保存先を選択して完了を押すとインストール完了です。 インストールしたファイル一覧はこちらになります。 基本画面 インターフェイス アルパカの起動画面です。 win7 ツール配置がとても見やすく、シンプル!ぱっと見てもどこに何があるのかわかります。 他のお絵描きソフトがわかりにくいと感じる人にも安心です。 サイドメニューにあるアイコンを押せば、感覚的に操作できます。 ペンや消しゴムもわかりやすいように上に配置されてますね! ペンのアイコンを押してみると、詳細設定ができます。 種類も基本のお絵描きに必要なものが用意されています。 ・ こちらの公式ガイドブックでは、最初はわかりづらいレイヤーに関する事や、ツールの基本的な説明がされています。 他にはファイアアルパカを使った絵師さんによるメイキングなどが載っています。 絵が初めてな人にも丁寧に説明されているのでわかりやすいと思います。 ・ こちらのスタートブックも同じような内容で、お絵描きソフトに全く触れた事がない人用です。 インストールの仕方から、基本的なキャンバス作成など、初めて触った人でも理解しやすい優しい内容です。

次の

LINEスタンプの作り方

アルパカ pc

Version 2. マルチタッチ処理の改善 Windows• タッチパネルで指での描画ができない不具合の修正 Windows• ブラシ描画パフォーマンスの改善• 移動ツールの改善• 選択範囲表示の改善 Version 2. ファイルメニューに「名前をつけて保存 日時を指定 」を追加しました。 Version 2. テキストのふち色設定の不具合を修正しました• サーフェスペンの消しゴム処理の不具合を修正しました Windows• 特定ペンタブレットの使用時、ブラシ描画の開始が遅れる場合に改善できるかもしれない設定を、ブラシ環境設定に追加しました(ブラシ環境設定の「筆圧を感知した瞬間にブラシを開始する」にチェックを入れてみてください) Windows カラーやブラシのウィンドウが誤動作で変わったりして面倒。 ややこしい。 固定できないの?こんなの一度設定したら普通変えないよ。 毎回毎回変えないだろ? なぜこういった設定を保存できないのか? できるのかもしれないがやり方不明。 設定フォルダ内のデータには無い感じ。 ツールは画材だから感覚的にパッパと操作するから誤操作するんだよ。 ウィンドウが上下逆になったり・・・・・。 前の時と同じように直すのに時間がかかる。 机の上の絵の具セットを床にばらまいた感じ。 デジタルだから一瞬で戻せる(又は固定できる)のに・・・。 それができない。 ブラシコントロールのウィンドウって下に余白(スキマ)ありすぎ。 その分を下のブラシ一覧を上に引っ張って多く表示させたい。 スキマを上にあげスペースを有効に使えない・・・。 何で? ずっと右上にある丸いアルパカボタンがうざい。 自分はその機能使わないし、シリアスORカッコイイ絵を描いているときアルパカの絵のアイコンが違和感ありあり。 やめてほしい。 ON・OFFできるようにしないの?なんで? 新規作成するたびに市松模様がうざい透明背景になる。 最初から白にできる設定って無いの? 何で絶対「名前をつけて保存」だとMDPファイルでの保存が前提なの? (それがアルパカ上では便利なのは知ってるよ。 でもアルパカしか使ってない人もいるんだよ) アルパカで加工して他のツールでも即、ファイルを使いたいからBMPにしたいからいちいち 「ファイルの種類」。 BMPを選ぶ。 デフォでBMPにするとか何でできないの? 強制好きだよね。 どうしてツールメーカーって昔っから絵は自由に描けるのに設定は自由にできないようにしてるの? 選択させないんだよ。 自由に。 不思議だよなぁ。

次の

パソコンで簡単!LINEスタンプの作り方

アルパカ pc

ペンタブでのパソコン上でのお絵かきに必要なのはペンタブ機材とお絵かき用のソフトウェアです。 ファイアアルパカは無料で使えるソフトウェアであり、公式サイトからダウンロードしてパソコンに入れて使えます。 ファイアアルパカと検索し、1番最初に出てくる公式サイトに入りダウンロードします。 そしてパソコン内にソフトを入れたら起動させます。 起動するとグレーの何もない画面が開きますので、そこから上にあるファイルというタブの中の新規作成メニューをクリック。 画像の新規作成というメニューが出てくるので用紙サイズを決めてOKを押します。 用紙サイズは想定よりも少し大きめにしておくと後で困る事も無くトリミングなども出来るのでおすすめです。 この辺りまではマウス操作の方がやりやすいですが、ペンタブからでも出来ます。 ファイアアルパカの中には無料にしてはかなり機能の良いペンツールが入ってあり、ブラシサイズはもちろんペンの種類から色まで選べるようになっています。 下書きが出来たら次はそんなペンツールをきちんと選んでの線入れをします。 ペンタブは魔法のペンとも言われておりブレ補正もあって通常よりも綺麗な線が引ける物ではあるのですが、線入れは決してそれでも簡単なものでもないです。 線入れは根気のいる作業であり、特に人体の髪の毛や背景の草など線を沢山引かなければいけない時も1本1本綺麗に引くのを念頭に置いてする必要があります。 下書きのレイヤーの上に新しいレイヤーを作り、更に下書きのレイヤーの透過度を下げて線入れをするペンの色が下書きより目立つようにします。 そして下書きに沿って、あるいは下書きよりも良くして行きながら線を入れていきます。 利き手と同じ方向に向かう線は基本的に描きにくくなる傾向がありますが、ファイアアルパカにはキャンバスを回転させたりする機能もあり、それを使えば引きにくい線も引きやすくなります。 そうして線画を完成させます。 イラストが画面上で一応完成したと感じたらまずはそのままレイヤー情報を保存します。 ファイアアルパカのレイヤー情報も含めた保存はファイアアルパカ独自の拡張子とPhotoshopなど別の画像編集ソフトで開いて加工したい時に最適なPhotoshop用の拡張子を選びます。 それ以外だと基本的にレイヤー情報は消えてしまうので編集や修正出来なくなりますので注意が必要です。 そして完成品をjpg保存したい時はまずレイヤー情報は統一させてから保存します。 レイヤーのタブメニューから選び、一気に1枚のレイヤーにします。 レイヤーをまとめるのとまとめないのとではjpg保存した時の容量に少し違いが出ますし、気になる人はまとめた方が良いです。 保存したイラストは、あとはイラストサイトに投稿したり印刷したり好きなように扱えます。 初心者から中級者にとってはかなり良いワコム製のペンタブです。 smallサイズであり、家庭の小さめのテーブルなどでも扱えるサイズとなっています。 なので置き場所にも困らず、ノートパソコンを使用している人でもあまり不便に思わずに使えるペンタブです。 しかしサイズ以外は最新のワコムペンタブの機能を搭載しており、筆圧感知機能も高性能で綺麗に線が引けるようになっています。 ソフトウェアとの連動も難なく出来ますし、有料の高級ソフトウェアから無料の画像編集、イラスト作成ソフトまで何にでも使えます。 価格は25,509円。 ペンタブの中でもかなり安い方であり、初心者には本当におすすめなペンタブではあります。 周辺機器やペンの替えなども公式サイトから交換や購入可能となっており、もし壊してしまったり紛失しても大丈夫です。

次の