妊娠 中期 腹痛。 妊娠中期の腹痛が怖かったから、徹底的に調べてみた!

赤ちゃんを守ろう!妊娠中期の腹痛の原因と危険な腹痛の見分け方

妊娠 中期 腹痛

「チクチク」「ズキズキ」「キュー」といった下腹部痛の原因は? 今回は、妊娠中期の代表的な下腹部痛の原因を紹介します。 まず、 あなたの痛みを 冷静に判断してみてください。 痛い部分は、子宮全体、子宮の左右同時子宮の左右どちらか・・?? 下腹部痛を訴える多くの妊婦さんが痛みを訴えている箇所は、 子宮全体、子宮の左右同時ではありません。 ほとんどの妊婦さんは、 左右どちらか、または、 交互に痛みがあり同時に痛むことはあまりないのです。 このような痛みやつっぱりの原因のほとんどが、 子宮を支える靭帯に影響が出ているためにおこるものなんです。 子宮本体と左右の太ももの付け根の部分をつないで、子宮がねじれるのを防ぐ役割がある靱帯が左右に1本ずつあります。 妊娠中期になるとお腹も急に大きくなり、それまで硬かった靭帯が子宮が大きくなるにつれて柔らかくなって伸びていきます。 しかし、その靭帯がお腹が大きくなるスピードに間に合わず、 靭帯が突っ張られることによって、 下腹部や太ももの付け根に痛みやツッパリ感が出るのです。 なぜ、痛みやツッパリ感が左右のどちらかに出るのかというと、子宮は常に真っ直ぐを向いているのではなく、 左右のどちらかに傾いたり、ねじれたりするためなんです。 「チクチク」「ズキズキ」「キュー」といった下腹部痛の対処法 下腹部痛やツッパリ感の対処法としては、 痛い方を下にしてしばらく横になれば、 痛みが軽減されることが多いですよ。 妊娠中の下腹部痛は、妊婦さんにとってはとても心配なことですが、赤ちゃんが順調に育つにしたがって、お腹がちゃんと大きくなっている証拠なので特に心配する必要はありません。 妊娠週数が進むにつれて痛みや、ツッパリ感はなくなっていきますので安心しましょう。 産婦人科を受診したほうがいい場合は、 子宮全体に規則的あるいは、定期的に痛みがあったり、 出血を伴なったり、動けなくなるほどの激痛を伴うときなどです。 このような場合は、すぐに産婦人科を受診することをおすすめします。 スポンサーリンク まとめ 「チクチク」「ズキズキ」「キュー」といった下腹部痛やツッパリは、妊娠中期の妊婦さんにとっては よくあることですので、心配しすぎないようにしましょう。 ただ、子宮全体に規則的あるいは、定期的に痛みがあったり、出血を伴う、動けなくなるほどの 激痛を伴うときなどは産婦人科を受診しましょう。 自分でできる最初の診断としては、左右どちらかが痛いかどうかです。 両方同時に痛む場合は、注意が必要です。 スポンサーリンク.

次の

妊娠中期の腹痛の原因と予防法は?危険な腹痛の見分け方

妊娠 中期 腹痛

痛みを感じた時には安静に こうした痛みを感じたら、座ったり、痛みがある方を下にして横になったりしてみましょう。 ただ、激しい動きや急な動きをすると、身体に負担がかかって余計に痛みが強くなってしまいます。 座ったり横になったりする際にはゆっくり動くようにしましょう。 座ったり横になったりすることが難しいようでしたら、深呼吸をするだけでも違いますよ。 また、腹帯などをして身体を温めると痛みが出にくくなります。 骨盤ベルトでお腹を支えると楽になることもありますので、試してみてくださいね。 なお、靭帯が引っ張られることによる腹痛は、お腹が急激に大きくなる、この時期特有の痛みです。 妊娠週数が進んでいくと徐々に痛みはおさまっていきますので、安静にしながら過ごしましょう。 食事の取り方を気を付ける 出典: 便秘による腹痛を予防するためにも、食事のとり方を見直してみましょう。 食べることで腸の動きが活発になりますので、食事はきちんととるようにしましょう。 特に朝食は活動開始のスイッチとなりますので、抜いてはいけません。 そして、胃腸の負担を軽くするためには、一回の食事量を少なめにして回数を増やしたり、しっかり噛んでゆっくり食事をしたりするようにしましょう。 寝る2時間前までには食事を済ませておくことも大事です。 また、食べるものにも気をつけてみましょう。 脂分や糖分の多いものは避け、栄養バランスが偏らないような食事を心がけると良いでしょう。 特に、食物繊維は積極的にとりましょう。 食物繊維は玄米にたくさん含まれていますので、ごはんを白米から白米・玄米のミックスに変えると手軽にとることができます。 他にも、食物繊維は根菜類や海藻類、きのこ類に多く含まれています。 汁物などにすると、水分もしっかりとれて良いですね。 便秘そのものは赤ちゃんに影響をあたえるものではありません。 ただ、排便時にお腹に力を入れすぎてしまうと良くありません。 妊娠中でも服用できるお薬はありますので、あまりにも便秘がひどいときは病院で相談してみましょう。 なお、ネットなどでは服用できるお薬を紹介していますが、自己判断は危険です。 必ず病院で診てもらい、お薬を処方してもらうようにしましょう。 異常や違和感を感じたら病院で受診を! 出典: 以上で説明した腹痛は、特に心配する必要のないものです。 ただし、何らかの異常が起きており、そのせいで腹痛がみられる場合があります。 ・常位胎盤早期剥離 赤ちゃんがお腹にいるうちに胎盤が子宮の壁から剥がれてしまうことです。 赤ちゃんに酸素や栄養を送れなくなってしまいますので、大変危険です。 ・子宮頸管無力症 子宮の出口にあたる子宮頸管の筋肉が緩み、子宮口が開いてしまうことです。 切迫流産や切迫早産を引き起こします。 ・細菌などの感染症 妊娠中は免疫力が低下しますので、感染症にかかりやすくなります。 クラミジアやカンジダなどに感染すると、おりものが黄色や黄緑色になったり、悪臭がしたりします。 子宮が収縮して切迫流産につながったり、赤ちゃんも感染すると死亡するリスクが高くなったりしますので、大変危険です。 ・子宮収縮 安静にしても痛みがおさまらないときは、ストレスなどによって子宮が収縮している可能性があります。 子宮が収縮すると子宮頸管が短くなり、切迫早産につながることがあります。 以上のような場合は、適切な処置を受ける必要があります。 次のような症状がみられたときは、すぐに産婦人科に連絡しましょう。 ・安静にしても痛みが続く ・定期的な痛みがある(10分間隔で痛むなど) ・痛みの他に出血が見られる ・痛みがどんどん強くなっている ・痛みが非常に強い ・胎動が感じられない.

次の

妊娠中の危険な腹痛!「胎盤早期剥離・切迫早産」を知っておこう

妊娠 中期 腹痛

痛みを感じた時には安静に こうした痛みを感じたら、座ったり、痛みがある方を下にして横になったりしてみましょう。 ただ、激しい動きや急な動きをすると、身体に負担がかかって余計に痛みが強くなってしまいます。 座ったり横になったりする際にはゆっくり動くようにしましょう。 座ったり横になったりすることが難しいようでしたら、深呼吸をするだけでも違いますよ。 また、腹帯などをして身体を温めると痛みが出にくくなります。 骨盤ベルトでお腹を支えると楽になることもありますので、試してみてくださいね。 なお、靭帯が引っ張られることによる腹痛は、お腹が急激に大きくなる、この時期特有の痛みです。 妊娠週数が進んでいくと徐々に痛みはおさまっていきますので、安静にしながら過ごしましょう。 食事の取り方を気を付ける 出典: 便秘による腹痛を予防するためにも、食事のとり方を見直してみましょう。 食べることで腸の動きが活発になりますので、食事はきちんととるようにしましょう。 特に朝食は活動開始のスイッチとなりますので、抜いてはいけません。 そして、胃腸の負担を軽くするためには、一回の食事量を少なめにして回数を増やしたり、しっかり噛んでゆっくり食事をしたりするようにしましょう。 寝る2時間前までには食事を済ませておくことも大事です。 また、食べるものにも気をつけてみましょう。 脂分や糖分の多いものは避け、栄養バランスが偏らないような食事を心がけると良いでしょう。 特に、食物繊維は積極的にとりましょう。 食物繊維は玄米にたくさん含まれていますので、ごはんを白米から白米・玄米のミックスに変えると手軽にとることができます。 他にも、食物繊維は根菜類や海藻類、きのこ類に多く含まれています。 汁物などにすると、水分もしっかりとれて良いですね。 便秘そのものは赤ちゃんに影響をあたえるものではありません。 ただ、排便時にお腹に力を入れすぎてしまうと良くありません。 妊娠中でも服用できるお薬はありますので、あまりにも便秘がひどいときは病院で相談してみましょう。 なお、ネットなどでは服用できるお薬を紹介していますが、自己判断は危険です。 必ず病院で診てもらい、お薬を処方してもらうようにしましょう。 異常や違和感を感じたら病院で受診を! 出典: 以上で説明した腹痛は、特に心配する必要のないものです。 ただし、何らかの異常が起きており、そのせいで腹痛がみられる場合があります。 ・常位胎盤早期剥離 赤ちゃんがお腹にいるうちに胎盤が子宮の壁から剥がれてしまうことです。 赤ちゃんに酸素や栄養を送れなくなってしまいますので、大変危険です。 ・子宮頸管無力症 子宮の出口にあたる子宮頸管の筋肉が緩み、子宮口が開いてしまうことです。 切迫流産や切迫早産を引き起こします。 ・細菌などの感染症 妊娠中は免疫力が低下しますので、感染症にかかりやすくなります。 クラミジアやカンジダなどに感染すると、おりものが黄色や黄緑色になったり、悪臭がしたりします。 子宮が収縮して切迫流産につながったり、赤ちゃんも感染すると死亡するリスクが高くなったりしますので、大変危険です。 ・子宮収縮 安静にしても痛みがおさまらないときは、ストレスなどによって子宮が収縮している可能性があります。 子宮が収縮すると子宮頸管が短くなり、切迫早産につながることがあります。 以上のような場合は、適切な処置を受ける必要があります。 次のような症状がみられたときは、すぐに産婦人科に連絡しましょう。 ・安静にしても痛みが続く ・定期的な痛みがある(10分間隔で痛むなど) ・痛みの他に出血が見られる ・痛みがどんどん強くなっている ・痛みが非常に強い ・胎動が感じられない.

次の