家 カラオケ dam。 家庭用カラオケのおうちカラオケ|カラオケ@DAM

家でカラオケ歌い放題! あの “DAM” による「歌唱力採点アプリ」が盛り上がるぞ〜w :PR

家 カラオケ dam

皆さん、カラオケにはよく行きますか? 日本の巨大娯楽産業であるカラオケ。 日本にあるカラオケ施設数は9000以上、年間参加人口は4500万人を超えると言われています。 近年のカラオケ業界について詳しく知りたい方は、三井住友銀行が昨年8月に出した「カラオケ業界の動向」というレポートがありましたので、以下のリンクからご覧ください。 さて、私たちが普段カラオケをしたい時は、近くのカラオケボックスに行き時間ごとに料金を払って利用することがほとんどだと思います。 最近ではゲーム機でカラオケができるソフトなど、家でカラオケをする手段はあるものの、曲が少なかったり、迫力が足りなかったり、思いっきり歌えなかったり、店と比べると物足りなく感じる部分が多くあると思います。 そこで、(特にカラオケボックスによく行く方で)こんなことを思ったことはありませんか? もくじ• 本格(業務用)カラオケをするのに必要なモノ 家にカラオケを設置することはひとまず置いておいて、カラオケボックスのような本格的なカラオケをするために必要なものを確認しておきます。 通信カラオケ本体 カラオケの心臓となる本体。 第一興商の最新機種は「LIVE DAM STADIUM STAGE」(写真左)、エクシング(ジョイサウンド)の最新機種は「JOYSOUND MAX2」(写真右)です。 十年くらい前の機種と比べても、音質や迫力など、とてつもないほど進化しています。 マイク・スピーカー・アンプ こちらも必需品。 本体とともに進化しきています。 スピーカーは2本1組が基本、マイクも2本あることがほとんどですね。 マイクには充電器やレシーバーも必要です。 意外と盲点のアンプは、スピーカーから音を出すために必要な機器です。 リモコン 本体から直接操作することもできますが、リモコンもあった方が断然便利です。 DAMは「SmartDAM」や「デンモク」、JOYSOUNDは「キョクナビ」という名前がついています。 最近はタブレット型が主流になってきていますね。 モニター 本体に付いている小さな画面に表示されるのを見ながら歌うこともできますが、大画面で楽しむためにはモニターも必須です。 家庭用のテレビも使えます。 インターネット回線・カラオケ用ルーター カラオケの楽曲配信を受けるためのインターネット回線(ADSLか光)と、専用のルーターが必要となります。 この辺は私もよくわからないので、サラッと触れるだけにしておきます。 防音設備 忘れていませんか?防音設備、超重要です。 近所に他の家がなかったり自宅がとてつもなく広い場合は不要かもしれませんが、基本的には必要です。 業務用カラオケ導入の夢、崩れる? ざっとカラオケをするのに必要なモノを並べてみました。 この時点でものすごく大変そうなので、家に業務用カラオケを導入する夢は崩れることになりそうです。 とはいっても、非現実なことではありません。 場所とお金さえあれば導入できるのです。 それでは今回のメイン、導入に必要な金額を計算していきましょう。 まずは第一興商のウェブサイトにあった商品詳細ページのスクリーンショットを並べてみました。 これが「LIVE DAM STADIUM STAGE」と推奨されている周辺機器です。 価格は以下の表にまとめてみました。 実際の販売価格の場合 続いては実際に販売されている価格で計算していきます。 今回参照させていただくのは、主に中古カラオケの買取・販売をされているさんです。 そちらでは新品の機器も販売されているので、全て新品のもので計算していきたいと思います。 こちらもサイトのスクリーンショットを並べてみました。 リモコンは専用チャージャーとセット、マイクは充電器・レシーバーとセットになっています。 同じように表にまとめます。 これなら手が届きそう…? 防音設備も忘れずに もちろん防音設備工事の費用も計算に入れます。 というサイトの「カラオケ防音工事の費用と予算について」に、あくまで目安になりますが、4・5畳のカラオケ防音工事には180〜230万円必要とあります。 果たして合計金額は? カラオケ機器の実際の販売金額と防音設備工事費用を合計します。 毎月のランニングコスト カラオケ設備は約380万円で導入できることがわかりましたが、それだけではまだカラオケはできません。 カラオケには 情報料(楽曲利用料や楽曲配信料ともいいます)がかかり、これを契約して毎月払わないとカラオケは使えません。 私が調べたところ、DAMの最新機種では 月あたり税込24,000円ほどでした。 また、カラオケを 商用利用する場合はJASRACの著作権料も必要になります。 ここでは 個人の非商用利用を想定しているので、JASRAC著作権料は不要です。 そして楽曲の配信を受けるための インターネット回線(ADSLか光)も契約しなければなりません。 こちらは家庭のインターネット環境を流用できるはずなので、ここでは加算しません。 リースで安く導入する? ここまでカラオケ機器を買い切って導入する方向で計算してきましたが、他にも導入する方法はあります。 それは機器を リースする方法です。 カラオケボックスや飲食店の多くはこの方法を取っていると思われます。 私が調べたところ、最新機種なら 本体・周辺機器セット、さらに情報料も込みで月額50,000〜でした。 防音設備さえあれば、月々たったの(?)5万円で自宅に業務用カラオケが設置できます! ただ、 リースの場合ほとんどが長期契約で、3年〜5年といった形が多いようです。 買い切りの場合機器は自分のものになりますが、リースの場合は当たり前ですが返却義務があります。 しかし、リースの場合は契約期間中に新たな機種が出た時に交換してくれるプランもあるかもしれません。 その点を考慮すれば、買い切りより安く感じます。 同じ機種を5年間以上使い続けるのであれば、買い切った方が少し安くなる計算ですね。 業務用カラオケ機器に約150万円、防音工事に小さな部屋で約230万円かかる• 月々のランニングコストは情報料の約2万4000円• リースなら機器・情報料込みで月5万円〜 実際に設置する場合は、業者に頼んで設置してもらう際の費用やメンテナンス費なども定期的にかかってくると思うので、 ここで算出したのはあくまで最低限の金額となるでしょう。 また、今回は全て最新機種の新品で計算しましたが、 旧機種や中古のものだとかなり安く揃えられるのではないかと思います。 家に本格的なカラオケ設備… 広めの部屋に防音工事を施せば、24時間365日、友達を招待してカラオケパーティーなんかもできそうです。 ロマン溢れますが、費用見合ったメリットが有るかと言われれば…微妙ですね。 カラオケを利用するために月5万円以上払っている方は導入を検討してみてはいかがでしょうか?(笑) それではまた!.

次の

カラオケ@DAMでおうちカラオケをしてみました(www.hostingblues.com Plusとの比較あり)

家 カラオケ dam

PS4• XboxOne• パソコン• スマホ を使って、カンタンにカラオケを楽しむことができます。 なんと 一日あたり約30円から、カラオケが歌い放題になるのです!安い!! (1年プランの場合) ちなみに曲数は、サービス開始の時点で 12万曲以上。 その後も、 毎週約200曲が追加されていく予定だそうです💡 料金プランは、• PS4• カラオケマイク for PlayStation4 が必要となります。 「おうちカラオケ@DAM」自体は、無料アプリをダウンロードすればすぐに利用することができます。 専用マイクがなくてもアプリは使用できますが、 精密採点をするためにはマイクが必要です。 ただ、この専用マイクを手に入れるのがかなり大変だった…。 というのも、「カラオケ@DAM」があまりの人気でマイクが完売するお店が続出。 歌手名• カラオケランキング から探すことができます。 気になった点は、 本人映像で歌える曲がほとんどないところ。 すみません。 笑 でも、ここまでカラオケボックスと同じように採点してくれるとは思わなかった! かなり驚きました、 家で精密採点ができて嬉しいです💕 家の構造によっては歌声が響くことも。 防音対策も必要かも? 「カラオケボックスと全く同じだ~!」 と思ったとはいえ、家庭用のカラオケマイクなので、 カラオケボックス並みの音量が出るワケではないです。 マイク音量をMAXにしても、 「あ、確かにちょっと地声と違うかも…?」 くらいの音量にしかなりません💧 普段エコーをたくさんきかせている方は、 普段どおりの歌声にはならないと思います。 でも、普段の話し声よりも大きな声で歌うことになるので、家の構造によっては声が響くと思います。 近所迷惑になる可能性もあるため、声が漏れてしまう場合は防音対策が必要です。 気軽にできる防音対策は、 「マイクカバー」を使うこと。 こちらのマイクカバーはwii U用ですが、PS4のマイクにもピッタリ合うので、セットで購入されている方が多いようです。 家で歌うと近所迷惑になるから、そこまで大騒ぎできるワケでもないし…。 でも私のように、 「カラオケをもっと練習したいよー!!!」 という方には、「カラオケ@DAM」は本当に 必需品ともいえるサービスだと思います💡 毎回カラオケボックスに行くよりも、確実に節約になるはずです。 皆さんも「カラオケ@DAM」を使って、ぜひおうちでもカラオケを楽しんでみてくださいね。

次の

【精密採点も!】自宅でカラオケが楽しめる!「カラオケ@DAM」を始めてみた。|しゅふのわ.com

家 カラオケ dam

カラオケは店舗に行って、友人や家族、上司などと飲み会の二次会などで利用するイメージが強いですが、自宅で楽しむ家庭用のカラオケ機器もあるんです。 家族や親族、または一人で、自宅でカラオケをすることができます。 そんな家庭用の機器のおすすめを紹介します。 ゲーム機と一体 XboxやPlaystation4などのゲーム機につなげてカラオケができます。 それぞれのゲーム機からカラオケ@DAMの無料アプリをダウンロードし、カラオケが楽しめます。 Xbox One Xbox Oneでは、専用のアプリをダウンロードして、利用チケットを購入すれば、歌い放題です。 『LIVE DAM』シリーズのハイクオリティーな楽曲とハイビジョン映像を使ったストリーミングカラオケが楽しめます。 サービス利用開始時、約10万曲ありますが、現在毎週約200曲を追加しており、曲数もかなり豊富です。 チケットは、24時間利用300円(税抜)と30日間利用1,000円(税抜)とが選べます。 また、Xbox oneのコントローラーによる選曲、予約に加え、アプリをとればお手持ちのスマートフォンでも同様の操作ができるようになり、とても見やすいアイコン表示で操作も簡単です。 Playstation4 こちらも専用のアプリをダウンロードして、利用チケットを使えば歌い放題です。 チケットは、24時間利用324円(税込)、30日間利用1,080円(税込)、365日利用10,800円(税込)となっています。 また、アプリをダウンロードして、チケットを買うまでは、サンプル曲を無料で歌えます。 毎週5曲ずつ新曲や季節に合った曲が、週替わりで更新されます。 精密採点では、歌唱中の画面のガイドメロディーに点数を見える化し、音程をしっかり判断し、歌唱をしっかりサポートしてくれます。 歌った歌の正確さが、「Great」「Good」「OK」「Bad」で表現され、OK以上の評価をとり続けることでコンボが発生し、ボーナスポイントが加算され、より高得点に!得点点数は上限なく、まさに無限大!自宅ならではの面白い機能も搭載で、家族みんなで楽しめます。 アプリをダウンロードすれば、62,000曲以上の歌を無料で歌えます。 ただし、歌い放題ではなく、チケットが必要となります。 有料歌唱チケット(5枚)120円がありますが、毎月のアプリ起動で、好きな曲を選んで無料で歌えるフリーチケット5枚をプレゼントしてくれます。 また、何曲でも歌いたい時に歌える歌いたい放題チケット、7日利用券480円、30日利用券720円もあります。 お手持ちのスマートフォンやタブレットで場所を選ばず、楽しめるのがいいですね。 フレッツ光などのブロードバンド回線を利用して自宅のテレビに映像、歌詞テロップ付きのDAMカラオケ曲をストリーミング方式で送信して利用できるサービスで、月額500円(税抜)で歌い放題です。 毎週最大約200曲追加され、曲数も豊富です。 まとめ 自宅にあるいろんな機器で、自宅でもカラオケ店に行った様なリアルな空間でカラオケを楽しむことができる、家庭用カラオケ。 DAM以外にも、いろんなカラオケメーカーから家庭用カラオケが販売されていますが、ヒトからするのもはずかしい・・・なんて思っている方は、とくに自宅で一人で本格的に練習できるのはいいですよね。 通信環境が整っていれば、アプリをダウンロードするだけで歌え、操作も簡単ですので、小さいお子様から、おじいちゃんおばあちゃんまで、幅広い世代の方に楽しんでいただけると思います。

次の