手首 が 痛い。 手首や指の痛みは腱鞘炎の疑いアリ!? [骨・筋肉・関節の病気] All About

手をつくと手首が痛いときの原因と筋膜調整の効果

手首 が 痛い

こんにちは、中央林間カイロプラクティックオフィスの興津です。 昔、設計の仕事をしていたので、一日中パソコン作業でした。 思い出すと、その頃、やっぱり手首を痛めていましたね。 手首の痛みの原因は、外傷を除けば、手首の使いすぎがほとんどです。 仕事や運動で、手首をよく動かす人(例えば治療家、そばやうどん屋などで麺をこねる、料理人がフライパンなどを振る、バドミントン、卓球、など)は自覚がありますが、そう言った仕事をしてない人は、「そんなに使っていない」という答えが返ってきます。 実は、とても些細なこと、しかも現代の多くの人がしていることが手首の負担になっています。 それは、パソコンを使ったデスクワーク。 キーボードを打つ時やマウスを握っている時の手首は、必ず少し反った状態になり、コレが手首の負担になっています。 あと、最近多いのですが、筋トレをしている人で、ベンチプレスやチェストプレスをよくする人も、手首を反らした状態で力を使うので、手首に大きな負担がかかっています。 治療には筋肉を含めた軟部組織の役割が重要 手首周辺には筋肉はありません。 あるのは骨と腱と靭帯と血管と神経です。 なので、手首の周辺で損傷が起きるとすれば、これらのどれかになります。 今回の記事では、神経と血管については除外します。 重要なのは関節と筋肉です。 これについては後述します。 手首を反らし続けると関節にズレが起こる 手首や指は反らす動作より、曲げる動作の方がしやすい構造になっています。 手首や指を曲げる筋肉の腱は指の骨に付いています。 手首を曲げると、有頭骨、月状骨を手関節に押し当てるように力がかかり、関節が安定します。 しかし、手首を反らせるとその力は手の平側に逃げてしまい、骨がズレてしまいます。 それを防ぐために靭帯があります(図に記載なし)。 関節がズレたまま手首を使っていると軟部組織に問題が起きる 関節の位置は、周辺の靭帯や筋肉など軟部組織をテンション(張り)によって保たれています。 手首を反らすと、手の骨が手の平側にズレる力かかります。 すると、前面の靭帯、手首を曲げるための筋肉などが引き伸ばされます。 この力が加わった状態が長く続いていると、靭帯を含め、筋肉や皮膚が伸びたままになって簡単には戻らなくなります。 すると関節の前面が緩く不安定になり、周辺の組織を痛めやすくなります。 これが、長時間のパソコン作業や、筋トレなどで大きな力がかかることで、手首を反らした時の痛みとして発症します。。 手首を動かす筋肉はどこに? 手首に筋肉はありません。 でも、手首を曲げ伸ばしする筋肉は当然あります。 手首を曲げるための筋肉はどこにあるかと言うと、肘の少し先(指側)の膨らんだ部分です。 ここに手首や指を動かすための筋肉が集まっています。 ここから手首側に向かう途中で、筋肉から腱になり、手首を通過するときは腱の状態で通過します。 だから、手首に筋肉はありません。 この筋肉が手首を反らすことで縮んだり伸ばされたりします。 疲労が溜まっていると、手首を動かす際に余計な負担がかかるので、手首の治療を行う際は、この筋肉の調整も一緒に行います。 関節が正しい位置で正しい運動をする 関節のズレを治すには、関節が正しい位置に在って、周辺の組織が関節を安定させられるテンションを作ることです。 伸びてしまった靭帯は簡単に元に戻ることはありません。 そのため、他の組織に比べて変化の速い、筋肉の状態と働きを正常に戻すことが第一になります。 伸びてしまった筋肉は、収縮するための反応が低下しています。 これは筋紡錘(筋肉の長さを感知するセンサー)の感度が低下してしまっているからです。 だからこの感度を上げる必要があります。 これには正しい運動療法が効果的です。 理屈は簡単、収縮させた状態で筋肉の運動をすればいいのです。 運動療法の一例 痛みのある手首(患側)を写真の様に反対側の手(健側)で持ちます。 健側の親指は患側の手の骨に、健側の他の4指は患側の上腕骨に置きます。 この時、健側の親指を手の甲側に向けて押します。 これで関節を正しい位置に押し戻しています。 そして、若干、患側の手首は曲げておきましょう。 これで、筋肉が収縮した状態になります。 あとは筋肉を動かせば良いだけです。 もっとも簡単な運動は、グー・パーを無理のない回数を繰り返すこと。 運動の最中に痛みが出る場合は控えてください。 まとめ 手首の痛みは、関節のズレからはじまります。 そのズレは、仕事などで日常的に行われている、キーボードやマウスの操作などが影響してきます。 痛みや違和感が出たら、放っておくのではなく、早期に対処して慢性化を防ぎましょう。 一番良いのは、パソコンの使用を控えることですが、仕事で使っている場合は、そう簡単には行きません。 その場合は、手首に負担の少ないキーボードや手首の下に引くクッションを利用して、少しでも手首にかかる負担を軽減する工夫をしてください。 筋トレしている人は、痛みが治るまで、プレス系のトレーニングではないものを選ぶようにしてください。 筋トレしている人で、仕事がパソコンを使ったデスクワークだと、なかなか治りにくいかもしれません。 その場合は、治療院などでちゃんと見てもらってください。

次の

手首の痛みを放置しないで! その痛み、病気が潜んでいる可能性も…

手首 が 痛い

バイクって手首を良く使う。 バイクに乗っていて、 手首って良く使う場所で、 アクセルを捻ったり、 ハンドル操作したり、 疲れてきたら、ハンドルに体重を預けたり、 つまり、 バイクに乗っていると、 手首は休まる事は無いんです。 常に動いていますから、 当然、疲れてきますし、 普段使っていなければ、 痛くもなります。 手首が痛くなる原因 上記でもお話ししましたが、 バイクに乗っていると、 手首は酷使します。 でも、 酷使とは言っても、 使い方で全く違った疲れかたをするんですね。 ニーグリップでバイクに乗っているか? バイクは、 なんの意識もなく乗っていると、 自然にハンドルに体重を預けてしまう物なんです。 ここを先ずは改善するのが出発点となります。 バイクを乗る時に正しい姿勢はニーグリップです。 ニーグリップをするには、 太ももで、ガソリンタンク挟む必要があるのですが、 ただ挟んでいても疲れるだけなんですね。 正しいニーグリップは、 ステップに置いた足を外向きにしないで、 真っ直ぐ前置きを向かせる事です。 これで、 しっかりしたニーグリップができます。 ニーグリップをちゃんとする事で、 ハンドルに体重を預ける事もなく、 楽な姿勢でバイクを運転する事ができます。 ハンドルに体重を預けてバイクを乗っている 上記でも話しましたが、 ハンドルに体重を預けてバイクに乗っていると、 ハンドルを握っている手に体重がかかるので、 当然、手首に大きな負担がかかります。 手首が痛いのであれば、 ハンドルに体重をかける乗り方はご法度です。 そもそも、 体重をハンドルにかけると、 バイクの操作性も失われますし、 前輪に荷重されやすくなるので、 少々危ないんです。 ハンドルに常に体重をかけているなら、 即刻やめましょう。 ハンドルの位置にも問題が あなたのバイクのハンドルの位置は、 ちょうど良いですか? 近すぎても、 遠すぎても、 手や手首、肩に負担が生じます。 もしも、 ハンドルの位置が悪い様であれば、 すぐに改善する事をお勧めします。 社外品になりますが、 バイクショップにハンドルは売っているので、 検討してみてくだい。 手首の痛みや肩などの疲れはかなり改善されますよ。 手首が痛くなるのはハンドルの持ち方に原因が・・・ あなたは、 ハンドルを持つ時、 がっちり手全体でハンドルを握っていませんか? 実は、 ハンドルをがっちり握ってバイクを操作していると、 手首に負担が生じます。 棒状の物を手で握る時、 がっちり握っても良いのは、 あまり多くないんですね。 例えば、 ゴルフのドライバー、 剣道の竹刀、 料理で使う包丁・・・など・・・ 手で握りますが、 握った手の人差し指や中指は緩く握っていませんか? つまり、 物を握る時は、 手の薬指と小指で握って、 他の指には力が入っていないんですね。 バイクのハンドルを握る時も同様で、 手の薬指と小指で握って、 人差し指・中指・親指は楽にしているのが最も理想なんです。 もちろん、 バイクに乗っている時は、 ブレーキレバーを握るので、 ハンドルを握る時は、 人差し指と中指に自由度がないと、 余裕のあるランディングはできないんです。 すると、 こんな持ち方になるんです。 また、 万が一、転んだ時も、 がっつりハンドルを握っていると、 手がハンドルから離せなくなるので、 大変危険なんですね。 もちろん、 こんな持ち方をすると、 ハンドルに体重を預けられなくもなるので、 上記にも書いたニーグリップなどにも繋がるんです。 バイクに乗っている姿勢全体を見直す必要があると言う事ですね。 そして、 ここまでやっても手首の痛みが治らない時は・・・ 手首が痛い時はサポーターの効果を利用するのも バイクの乗り方や姿勢を治したけれど、 それでも良くならないのであれば、 もしかしたら腱鞘炎になっているかもしれません。 <ここからはちょっと専門的なお話しです> 腱鞘炎とは、 手首の親指側で腱のトンネルになっている部分が狭くなる事で、 手首や親指を動かすと痛みを生じる疾患です。 手首の腱鞘と言う鞘の中をとおっている腱は、 通常は摩擦がなく手や指を滑らかに動かすんですが、 腱鞘炎になってしまうと、 その鞘の部分に炎症が起こり、 腱鞘に摩擦が生じて痛みを感じてしまうんです。 この炎症は、 手や指の使い過ぎが原因で、 家事・仕事・趣味など、あらゆる場所で起こる可能性があります。 腱鞘炎になると、 日常生活においても問題が起こりやすく、 例えば、 コップを持ったり、 ドアノブを回したりする動作が容易にできなくなります。 また、 服のボタンを外す時なんかも急に痛くなりますね。 そんな時に有効なのが、 サポーターなんです。 サポーターの着用によって、 無意識に動かしそうになる指や手首の関節の動きを、 ある程度制限して、 痛みを和らげ、 それ以上の痛みを感じなくする事ができます。 つまり、 サポーターは、 関節を圧迫固定して安定させ、保温によってとくに慢性の炎症を鎮めるという2つの効果があります。 とくに腱鞘炎の痛みは激しく手を動かすのが苦痛になってしまうため、 サポーターは手首の固定と痛みの緩和に効果を発揮してくれます。 バイクに乗る前に手首と指のストレッチを そして、 バイクに乗る際にサポーターと同時に行いたいのが、 ストレッチです。 手首はどうしても、 日常生活の中でも酷使と言っていいくらい使います。 だから、 バイクに乗る時など、 手首を使うのが分かっている時や、 朝起きた時などに、 手首や指のストレッチをすると効果的。 サポーターの選び方 サポーターは手首の固定と痛みの緩和に効果を発揮します。 外さないとかえって血流を妨げてむくんでしまうことがあるので注意が必要です。 値段が高いから良いとか、締め付けが強いほど良いということはなく、 人それぞれで症状によって合うものは様々です。 薬局、薬店で売っているような安価なサポーターでも充分と言う時も。 サイズも豊富で、タイプもすっぽりと靴下のように着けられるものや、マジックテープで着脱するものなどいろいろ。 痛む部位や固定したい部位によっても種類が違ってきます。 様々なサポーターがありますが、固定性、フィット感、指の自由性を考慮して自分に合うものを選びましょう。 また、 バイクに乗る時は、 グローブも装着しますから、 サポーターの薄さも大切な要素です。 より薄く、ホールド感の高いサポーターを選ぶのが必要となります。 サポーターを使っても痛みが続く時は・・・ サポーターでバイクに乗っている時の痛みを和らげても、 それでも、普段の生活で痛みを伴う時は、 迷わずに病院に行きましょう。 病院に行って、 診察してもらって、 腱鞘炎を治療しましょう。

次の

手首が痛い時の原因と改善法! | ぼぶのテニスまとめ

手首 が 痛い

バイクって手首を良く使う。 バイクに乗っていて、 手首って良く使う場所で、 アクセルを捻ったり、 ハンドル操作したり、 疲れてきたら、ハンドルに体重を預けたり、 つまり、 バイクに乗っていると、 手首は休まる事は無いんです。 常に動いていますから、 当然、疲れてきますし、 普段使っていなければ、 痛くもなります。 手首が痛くなる原因 上記でもお話ししましたが、 バイクに乗っていると、 手首は酷使します。 でも、 酷使とは言っても、 使い方で全く違った疲れかたをするんですね。 ニーグリップでバイクに乗っているか? バイクは、 なんの意識もなく乗っていると、 自然にハンドルに体重を預けてしまう物なんです。 ここを先ずは改善するのが出発点となります。 バイクを乗る時に正しい姿勢はニーグリップです。 ニーグリップをするには、 太ももで、ガソリンタンク挟む必要があるのですが、 ただ挟んでいても疲れるだけなんですね。 正しいニーグリップは、 ステップに置いた足を外向きにしないで、 真っ直ぐ前置きを向かせる事です。 これで、 しっかりしたニーグリップができます。 ニーグリップをちゃんとする事で、 ハンドルに体重を預ける事もなく、 楽な姿勢でバイクを運転する事ができます。 ハンドルに体重を預けてバイクを乗っている 上記でも話しましたが、 ハンドルに体重を預けてバイクに乗っていると、 ハンドルを握っている手に体重がかかるので、 当然、手首に大きな負担がかかります。 手首が痛いのであれば、 ハンドルに体重をかける乗り方はご法度です。 そもそも、 体重をハンドルにかけると、 バイクの操作性も失われますし、 前輪に荷重されやすくなるので、 少々危ないんです。 ハンドルに常に体重をかけているなら、 即刻やめましょう。 ハンドルの位置にも問題が あなたのバイクのハンドルの位置は、 ちょうど良いですか? 近すぎても、 遠すぎても、 手や手首、肩に負担が生じます。 もしも、 ハンドルの位置が悪い様であれば、 すぐに改善する事をお勧めします。 社外品になりますが、 バイクショップにハンドルは売っているので、 検討してみてくだい。 手首の痛みや肩などの疲れはかなり改善されますよ。 手首が痛くなるのはハンドルの持ち方に原因が・・・ あなたは、 ハンドルを持つ時、 がっちり手全体でハンドルを握っていませんか? 実は、 ハンドルをがっちり握ってバイクを操作していると、 手首に負担が生じます。 棒状の物を手で握る時、 がっちり握っても良いのは、 あまり多くないんですね。 例えば、 ゴルフのドライバー、 剣道の竹刀、 料理で使う包丁・・・など・・・ 手で握りますが、 握った手の人差し指や中指は緩く握っていませんか? つまり、 物を握る時は、 手の薬指と小指で握って、 他の指には力が入っていないんですね。 バイクのハンドルを握る時も同様で、 手の薬指と小指で握って、 人差し指・中指・親指は楽にしているのが最も理想なんです。 もちろん、 バイクに乗っている時は、 ブレーキレバーを握るので、 ハンドルを握る時は、 人差し指と中指に自由度がないと、 余裕のあるランディングはできないんです。 すると、 こんな持ち方になるんです。 また、 万が一、転んだ時も、 がっつりハンドルを握っていると、 手がハンドルから離せなくなるので、 大変危険なんですね。 もちろん、 こんな持ち方をすると、 ハンドルに体重を預けられなくもなるので、 上記にも書いたニーグリップなどにも繋がるんです。 バイクに乗っている姿勢全体を見直す必要があると言う事ですね。 そして、 ここまでやっても手首の痛みが治らない時は・・・ 手首が痛い時はサポーターの効果を利用するのも バイクの乗り方や姿勢を治したけれど、 それでも良くならないのであれば、 もしかしたら腱鞘炎になっているかもしれません。 <ここからはちょっと専門的なお話しです> 腱鞘炎とは、 手首の親指側で腱のトンネルになっている部分が狭くなる事で、 手首や親指を動かすと痛みを生じる疾患です。 手首の腱鞘と言う鞘の中をとおっている腱は、 通常は摩擦がなく手や指を滑らかに動かすんですが、 腱鞘炎になってしまうと、 その鞘の部分に炎症が起こり、 腱鞘に摩擦が生じて痛みを感じてしまうんです。 この炎症は、 手や指の使い過ぎが原因で、 家事・仕事・趣味など、あらゆる場所で起こる可能性があります。 腱鞘炎になると、 日常生活においても問題が起こりやすく、 例えば、 コップを持ったり、 ドアノブを回したりする動作が容易にできなくなります。 また、 服のボタンを外す時なんかも急に痛くなりますね。 そんな時に有効なのが、 サポーターなんです。 サポーターの着用によって、 無意識に動かしそうになる指や手首の関節の動きを、 ある程度制限して、 痛みを和らげ、 それ以上の痛みを感じなくする事ができます。 つまり、 サポーターは、 関節を圧迫固定して安定させ、保温によってとくに慢性の炎症を鎮めるという2つの効果があります。 とくに腱鞘炎の痛みは激しく手を動かすのが苦痛になってしまうため、 サポーターは手首の固定と痛みの緩和に効果を発揮してくれます。 バイクに乗る前に手首と指のストレッチを そして、 バイクに乗る際にサポーターと同時に行いたいのが、 ストレッチです。 手首はどうしても、 日常生活の中でも酷使と言っていいくらい使います。 だから、 バイクに乗る時など、 手首を使うのが分かっている時や、 朝起きた時などに、 手首や指のストレッチをすると効果的。 サポーターの選び方 サポーターは手首の固定と痛みの緩和に効果を発揮します。 外さないとかえって血流を妨げてむくんでしまうことがあるので注意が必要です。 値段が高いから良いとか、締め付けが強いほど良いということはなく、 人それぞれで症状によって合うものは様々です。 薬局、薬店で売っているような安価なサポーターでも充分と言う時も。 サイズも豊富で、タイプもすっぽりと靴下のように着けられるものや、マジックテープで着脱するものなどいろいろ。 痛む部位や固定したい部位によっても種類が違ってきます。 様々なサポーターがありますが、固定性、フィット感、指の自由性を考慮して自分に合うものを選びましょう。 また、 バイクに乗る時は、 グローブも装着しますから、 サポーターの薄さも大切な要素です。 より薄く、ホールド感の高いサポーターを選ぶのが必要となります。 サポーターを使っても痛みが続く時は・・・ サポーターでバイクに乗っている時の痛みを和らげても、 それでも、普段の生活で痛みを伴う時は、 迷わずに病院に行きましょう。 病院に行って、 診察してもらって、 腱鞘炎を治療しましょう。

次の