トヨタ アヴァロン。 くちデカ過ぎでは!? トヨタ新型「アバロン」が大変貌!あいた口が塞がらない?

トヨタが”北米版ハリアー”、新型ヴェンザ発表!「トヨタ史上最強オーディオ」設定など快適性・高級さにとことんこだわったようだ

トヨタ アヴァロン

新型アバロン エクステリア 新型アバロン インテリア アバロン(プロナード)について アバロンは、トヨタが北米で製造・販売しているFF上級セダン車である。 初代1994年-2000年のアバロンと2代目2000年-2005年は実は日本でも逆輸入というカタチで発売されており2代目は日本名が付けられ、プロナードという名前で販売されていた。 しかし、2代目プロナードを最後に日本での販売は中止となった。 3代目、4代目とアバロンは北米では販売が続けられているが、日本では現在のところ販売の予定がない。 4代目からはカムリやレクサスESと同等のユニットを搭載したハイブリッドが追加された。 2012年から販売を開始した、2016年に4代目のマイナーチェンジを行う。 フェイスはカローラやカムリと同じデザインとなっているようだ。 2013年には韓国トヨタを通じ韓国市場での発売を開始するなど色々な展開があり、日本で再登場しても販売力がありそうなモデルであり、是非今後逆輸入というカタチで販売を再開してほしいものである。 アバロン 全長:4960mm 全幅:1835mm 全高:1460mm ホイールベース:2820mm 2AR-FXE型 直列4気筒DOHC2. 現行に比べ全高が若干さがり、更に低重心化をはかることができる。 サスペンションは、フロントに新開発のマクファーソンストラット式を採用、リヤにはダブルウィッシュボーン式を採用し、意のままの走りと上質な乗り味を実現した。 スペック 2GR-FE 3. 5L V6 DOHC エンジン 直列4気筒 3. この第2世代の次世代 Toyota Safety Sense Pを導入する。 新型アバロン インテリアについて トヨタSmartwatch、Amazon Alexa Connectivity、Apple CarPlay、Android Autoとのリモート接続も、最大5つのUSBポート、木製とレザートリムの選択できる。 衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) レーンディパーチャーアラート(LDA) オートマチックハイビーム(AHB) 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) レーダークルーズコントロール レーントレーシングアシスト(LTA) 新機能 ロードサインアシスト RSA 新機能 先行者発進告知 新機能 ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。 衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、PCSに歩行者検知機能を付加。 対歩行者の衝突回避支援/被害軽減を可能にするとともに、レーダークルーズコントロールも装備する。 衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。 ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。 ロードサインアシスト RSA 検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。 レーンディパーチャーアラート(LDA) カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。 オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。 レーダークルーズコントロール 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。 前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。 トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。 レーントレーシングアシスト(LTA) レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense Pに初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。 先行者発進告知 新型アバロン エクステリア 新型アバロン インテリア ソース.

次の

トヨタ 新型 アバロン(プロナード)フルモデルチェンジ 第2世代の次世代 Toyota Safety Sense 全車標準搭載 北米2018年5月発売

トヨタ アヴァロン

この記事のもくじ• | たしかに見た目は速そうだが | SEMAにてGRスープラのカスタムモデル5つを公開したトヨタですが、それだけにとどまらず「アヴァロンTRD Proコンセプト(AVALON TRD Pro Concept)」も発表。 SEMAでは多くの自動車メーカーがレーシングチームやショップ、チューナーとのタイアップにてカスタムカーを製作し展示擦ることが通例で、このアヴァロンについてはダン・ガードナー・スペックとのコラボレーションとなり、「世界最速のFFフルサイズセダン」を目標としてカスタムされています。 実際にこのアヴァロンTRD Proコンセプトは、アメリカのウィロー・スプリングス・サーキット(1. 3で周回するといいますが、ちなみにこの1:25前後のタイムだとこんな顔ぶれが揃い、いかにTRDがチューンしたとはいえど、アヴァロンTRD Proコンセプトがこれらよりも速い、もしくは同等というのはまさに驚愕。 1:24. 85・・・アストンマーティンV12ヴァンテージS 1:25. 09・・・日産R35 GT-R 1:25. 69・・・ポルシェ911カレラS(991) 1:26. 12・・・スバルWRX STI 1:27. 00・・・ポルシェ・ケイマンS(981) こんなアヴァロンなら乗ってみたい そしてトヨタいわく、「アヴァロンは、トヨタのラインアップの中でも素晴らしいクルマなのは間違いない。 ただ、ファミリーセダンというイメージがあったのもまた事実だ。 今まではね」。 なお、このアヴァロンTRD Proコンセプトを率いたのはトヨタのマーケティング部門重役、エド・ロークス氏。 同氏は今回のSEMAにて、前後ランプすら80スープラ風にコンバートした「GRスープラ・ヘリテージ・エディション」を制作指揮したその人です。 スポーツカーはこのクルマに気をつけたほうが良いね」とも。 アヴァロンTRD Proコンセプトに積まれるエンジンは3. 5リッターV6で、そこにコールドエアインテーク、ステンレス製エキゾーストシステムを装着して330馬力以上を発揮。 加えてワンオフの「スーパーロック」LSDが投入され、さらにはモーションコントロールサスペンション、調整式リアキャンバーアーム、調整式スタビライザー、18インチホイール+グッドイヤー・スーパーカーR3タイヤ、ストップテック製ST40ブレーキキット、専用エアロパーツなどが装備されます。 ちなみにクーリング系やナックルアームなどは、一部同じトヨタの市販車(タンドラやRAV4)から流用している、とのこと。 車体重量はノーマル比で68キロ削られているとのことですが、いかに足回りを固めたとはいえど「350馬力、軽量化68キロのみ」のFFセダンがここまでのタイムを出すのは驚き以外の何ものでもなく、それだけアヴァロンのポテンシャルが高いということになりそうですね。 なお、ボンネットのデカールを見るとTRDは40周年を迎えた模様。

次の

セコイアは北米生まれのフルサイズSUV!スペックや新車価格

トヨタ アヴァロン

販売期間 — 5人 4ドア 型3. 0L 駆動方式 4速 全長 4,845mm 全幅 1,785mm 全高 1,435mm 2,720mm 車両重量 1,490kg に北米「TOYOTA」の最上級車として誕生した。 北米を主な市場として、同時期に販売された初代に匹敵する2,050の室内長など大型な設計 は2代目や3代目にも受け継がれ、などと共にのラージである。 アメリカのセダンで一般的なで前席3人掛けの車型が北米仕様に設定された。 9月 製造を開始 する。 5向上する。 同年、当時は日本製乗用車の輸入が禁止されていた韓国で「アメリカ車」として試験的に販売する。 10月 してが設定された。 初代アバロンは3. 0Lの型エンジンを最初に搭載した。 その後、後継の2代目アバロンなど日本国内でも多くのトヨタ車が同型のエンジンを搭載して販売された。 搭載車種は「」を参照。 日本国内販売 [ ] 日本へして1995年5月に発売された。 広告のキャッチコピーは「 THE NEXT LUXURY CAR」で、テレビCMにをカバーしたの「愛さずにはいられない」が、後期型のCMは「銀色の道」がそれぞれ起用され、俳優のが出演した。 輸入モデルであるためバリエーションはフロアシフトのみでボディカラーも限定されていた。 日本への輸出は1999年6月に終了し、2000年3月 に販売も終了した。 5月 発売。 10月 一部改良。 全車にデュアルエアバッグを標準装備するとともに、TRCをエンジン出力とブレーキを制御するタイプに変更した。 また内外装を変更、5. 8インチワイドマルチAVステーションをオプション設定。 10月 してが設定された。 ヘッドライトをマルチリフレクタータイプに変更したのをはじめ、フロントバンパーやリアランプのデザイン、また内装色を変更。 また4ATに、登降坂変速制御システムを採用し、走行性能と燃費を向上させた。 オーストラリア製モデル [ ] ・で生産されて2000年7月から販売された。 北米製のアバロンは第2世代へ移行しており、本モデルは初代アバロンと異なるデザインにされた。 オーストラリア、、一部諸国向けの仕様、向けの仕様が生産され、2005年7月に生産を終了した。 2006年11月から後継車種として Aurion が販売されている。 製造国 販売期間 — 5人 4ドア 型3. 同年に生産が開始されてとで販売される。 日本で販売されていない。 型エンジンの後継発展型で北米の350や350、北米専用モデルで3. 5L仕様のなどと共通の型の3,500ccのエンジンを搭載し、前期は電子制御5ATで後期は6ATの変速機が組み合わされ、ボディサイズは大型化して全長は5メートルを超えた。 新たにグレードが増え、ベーシックな「XL」、スポーツ仕様の「Touring」、上級の「XLS」、「XLS」に機能などの先進装備が加えた最上級の「Limited」となる。 エンジンは全グレードとも共通である。 前席3人掛けのベンチシート仕様は廃止された。 は、方式ではなく5代目レクサスESや2代目アバロンなどと同様の方式が全グレードに共通で、純正カーナビゲーションと連動するによる機能や、車載オーディオとを接続するジャックなどが装備されている。 8月に小規模なが施され、フロントバンパー、、や、ユニットの形状などが変更され、ATも6速のに変更された。 スポーツ仕様の「Touring」を止めて「XL」「XLS」「Limited」の3グレード構成となった。 2011年モデルはによりフェイスリフトが施され、2月ので発表されて同年春に発売された。 外装は、幅広いグリル、新形状のプロジェクターヘッドライト、新形状のLEDテールライト、新形状のバンパーが採用され、サイドにクロームトリムの使用が拡大され、リアビューはライセンスプレートの上にアバロンロゴが配された。 内装はを含めて一新され、リアシートはリクライニング可能となり、ヘッドレストの形状が変更された。 快適装備はタッチスクリーンDVDナビゲーションシステム、音楽ストリーミング再生に対応したオーディオシステム、XMサテライトラジオ、リアビューモニターが装備された。 安全面は、問題を受けて再設計されたアクセルペダルとブレーキ・オーバーライド・システムを装備し、サイド・カーテンエアバッグ、運転席側ニーエアバッグを含む7つの、、、、ブレーキアシスト、が全て標準装備となる。 グレードはスタンダードモデルと上級グレードの「Limited」に集約された。 「XL」 - ファブリックシート、シルバーメタリックインテリア、システム、16インチ7本スポークなど。 「XLS」 - 本皮シート、標準装備、本皮巻、木目調インテリア、システム、自動防眩ミラー、純正盗難防止システム、17インチ6本スポークなど。 「Limited」 - (プッシュスタート)機能、レーザーシステム(上記3グレードと方式が異なる)、サウンドシステム(12スピーカー装備。 4代目(2012年-2018年)GSX40 AVV40 [ ] トヨタ・アバロン(4代目) GSX40 AVV40 製造国 販売期間 — 5人 4ドア 型3. 5L) 電子式CVT(ハイブリッド) 全長 4,960mm 全幅 1,835mm 全高 1,460mm 2,820mm 車両重量 1,586kg 4月ので発表された。 エンジニアリングはにあるトヨタテクニカルセンター TTC が、スタイリングは南カリフォルニアとミシガンに拠点を置くがそれぞれ担当する。 外寸は先代より若干小さくなり軽量化されたが、ホイールベースは先代と同一である。 北米市場では「XLE」「XLEプレミアム」「XLEツーリング」「リミテッド」の4グレードが用意される。 2012年12月にカムリやレクサスESと同等のユニットを搭載した「」が追加された。 10月1日にの一環として、が韓国国内で3. 5L「リミテッド」を発売するがハイブリッドは販売しない。 5代目(2018年-)GSX50 AVV50 [ ] トヨタ・アバロン(5代目) 製造国 販売期間 — 5人 4ドア 型3. 5L 型2. 5L) 電子式CVT(ハイブリッド) 全長 4,980mm 全幅 1,850mm 全高 1,440mm 2,870mm 車両重量 1,660kg 1月ので発表された。 ボディサイズは先代比で25mm長くて20mm広く、ホイールベースは50mm伸びた。 パワーユニットは先代に引き続き3. 5リッターV6エンジンと2. 5リッター直4にモーターを組み合わせたハイブリッドモデルが用意され、アップデートされた可変バルブ機構などで両ユニットともに低燃費化が図られた。 アンダーボディーカバーなど空力への配を徹底してCd値は先代モデルから改善し0. 27である。 コネクティッド機能は全グレードともにApple CarPlayに対応し、車内でWi-Fi環境の構築、Qi(チー)規格でワイヤレス充電、市販車で初めてAmazonのAIアシスタント「Alexa」によりドアの施解錠やエンジンのオンオフ、がそれぞれ可能である。 車名の由来 [ ]• のに登場する楽園の島から。 販売店 [ ]• アメリカ - 歴代全て北米の「Toyota」ブランドで販売。 オーストラリア - 「Toyota」ブランドで販売。 日本 - 初代アバロンは、2代目アバロン()はだが沖縄県はビスタ店がなく沖縄トヨペット。 3代目以降は日本未導入。 トヨタ自動車の大規模リコール(2009年-2010年)の余波 [ ] の対象車種であるが、2010年2月にのが「意図せず生じる急加速」のにアバロンを供した。 実験はの電子制御配線に5Vを加印してさせる強引な手法だが、が映像を脚色して 2月22日に報道したことからトヨタ車とアバロンに風評を招いた。 のちに同じ手法で他社の自動車も急加速が認められ 、ABCは報道映像の操作を認めたことから、実験の信憑性は低下した。 脚注 [ ]• トヨタ最大級の空間セダン センチュリーを除く と言うキャッチコピーが後期型からついた• トヨタ自動車株式会社 2020年1月11日. 2020年1月11日閲覧。 として運用される例もあった。 WorldCarFans. com 2010年2月11日. 2010年4月14日閲覧。 公式サイト及び公式カタログより• Autoblog 2012年4月5日. 2012年4月25日閲覧。 ウォール・ストリート・ジャーナル. 2010年3月19日. 2011年2月15日閲覧。 オートモービルエレクトロニクス. 2010年3月10日. 2011年2月15日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 初代アバロンの後継車• 外部リンク [ ]•

次の