ジョン コフリン。 【性的暴行】ブリジットナミオカがジョンコフリンからの被害告発!フィギュアスケートの闇

自殺のフィギュア選手、元パートナーが性的暴行被害を告発→バレて死ぬくらいならやらなきゃいいのに。

ジョン コフリン

【AFP=時事】フィギュアスケートのペアで活躍し、暫定的な出場停止処分中の2019年1月に自ら命を絶ったジョン・コフリン(John Coughlin)氏について、元パートナーの女性が、2年にわたり性的暴行を受けていたと明かした。 コフリン氏は今年1月、性的暴行の疑いで米国セーフスポーツセンター(US Center for SafeSport)から出場停止の処分を科された翌日、米カンザスシティー(Kansas City)の自宅で自殺した。 そのコフリン氏について、2004年から2007年までペアのパートナーだったブリジット・ナミオカ(Bridget Namiotka)氏がフェイスブック(Facebook)にメッセージを投稿し、 自身や他の選手がコフリン氏から暴行を受けていたと明かした。 当時ナミオカ氏は14歳から17歳、コフリン氏は18歳から21歳だった。 ナミオカ氏は「ごめんなさい、でもジョンは、私を含めた少なくとも10人を傷つけました」「彼は2年にわたって私を暴行しました。 無実の人間は首をつりません」とコメント。 ナミオカ氏は当初、コフリン氏を支持するメッセージを投稿をしていたが、後に削除した。 「彼が傷つけた多くの女の子のことを考えてください」「グルーミング(性的虐待者が性的目的で被害者を手なずけようとすること)行為がありました。 私にも、他の多くの子たちにも」「彼の行為を擁護する人は、被害に遭った子たちのことを考えてください」 ナミオカ氏の弁護士は3月、コフリン氏が少なくとも3人の女性を暴行していたと話している。 米国体操連盟(USA Gymnastics)の元医師、ラリー・ナサール(Larry Nassar)被告による暴行事件の被害者も代表している弁護士は、 米紙に対して「はっきり申し上げたいのは、ジョン・コフリン氏がフィギュア界での信頼や権威、知名度を利用して、立場の弱い人々を性的に暴行していたことです。 そのうち3人は私の依頼人です」と話していた。 コフリン氏本人は生前、性的暴行を否定していた。 また、コフリン氏が自殺したことで、セーフスポーツセンターによる調査は実質的に中断しているが、調査担当者は3月、フィギュア界での暴行の証拠を発見したと話している。 「この件や他の件について調査する中で、グルーミングや暴行を容認する文化がフィギュア界に長くはびこっていることがはっきりした」 「こうしたことが続くのは許されない。 yahoo.

次の

ジョンコフリン 自殺理由は?告発は誰が,内容はいったい…?|テラスハウス大好き!ネタバレ・感想ブログ

ジョン コフリン

ジョンコフリン 自殺理由は? 浅田真央さんが現役時代の最後に出たスケートートアメリカで、浅田真央さんの演技を絶賛していたジョンコフリン氏が自殺しました。 33歳という驚くほどの若さでなぜこの世を自ら。。。。 その理由がどうやら、告発によって科された活動停止処分が理由のようです。 2018年12月17日、 ジョンコフリン氏が「セーフ・スポーツ」から活動の内容を制限されたとの報道があったばかり。 それはある告発を受けての仮処分という形だったのですが、2019年1月17日にその仮処分である「活動を制限」から、「暫定的な全資格、全活動の停止」という正式な処分が下りたそうです。 そしてその二日後にジョンコフリン氏が自殺とは。。。 一体どんな告発があったのでしょうか。 ジョンコフリンさんが一時的に全資格を停止されたとツイッターで数回呟き、記事も上げていました。 コフリンさんは、ジョンウィルソン・ブレードのアメリカのブランド・マネージャーも 最初の報道があった翌日に辞職していたそうです。 「セーフ・スポーツ」とは、性的暴行などの不適切な行為の告発が各スポーツ団体へ寄せられた際、それに対応するためにつくられた米国オリンピック委員会(USOC)の関連機関です。 ジョンコフリンさんが、どういった内容でセーフ・スポーツから資格を停止されたのかは、まだ調査中であり最終結果が出ていないという状況であり詳しいことは発表されていません。 ですが、なんらかの「性的暴行などの不適切な行為」があったという告発があったのでしょう。 それに対して、ジョンコフリン氏は否定していたようですが、このような結果になってしまい大変残念で悲しいです。 スポンサーリンク ネット上の声は? デニコフのジョンコフリン 何年か前の全米のEXでプロを披露したりショーにもたくさん出てた。 今年のコングレスにも参加してた。 何があったの??😭😭😭😭 — Keikito🌷 keikitosk8 ジョンコフリン、マジで…? 詳細なんもわからないけど絶句。 しかも全米前だし…。 もしかして身をもって潔白を? ジョンコフリン氏のご冥福を心よりお祈りいたします。 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

【性的暴行】ブリジットナミオカがジョンコフリンからの被害告発!フィギュアスケートの闇

ジョン コフリン

【AFP=時事】フィギュアスケートのペアで活躍し、暫定的な出場停止処分中の2019年1月に自ら命を絶ったジョン・コフリン(John Coughlin)氏について、元パートナーの女性が、2年にわたり性的暴行を受けていたと明かした。 コフリン氏は今年1月、性的暴行の疑いで米国セーフスポーツセンター(US Center for SafeSport)から出場停止の処分を科された翌日、米カンザスシティー(Kansas City)の自宅で自殺した。 そのコフリン氏について、2004年から2007年までペアのパートナーだったブリジット・ナミオカ(Bridget Namiotka)氏がフェイスブック(Facebook)にメッセージを投稿し、 自身や他の選手がコフリン氏から暴行を受けていたと明かした。 当時ナミオカ氏は14歳から17歳、コフリン氏は18歳から21歳だった。 ナミオカ氏は「ごめんなさい、でもジョンは、私を含めた少なくとも10人を傷つけました」「彼は2年にわたって私を暴行しました。 無実の人間は首をつりません」とコメント。 ナミオカ氏は当初、コフリン氏を支持するメッセージを投稿をしていたが、後に削除した。 「彼が傷つけた多くの女の子のことを考えてください」「グルーミング(性的虐待者が性的目的で被害者を手なずけようとすること)行為がありました。 私にも、他の多くの子たちにも」「彼の行為を擁護する人は、被害に遭った子たちのことを考えてください」 ナミオカ氏の弁護士は3月、コフリン氏が少なくとも3人の女性を暴行していたと話している。 米国体操連盟(USA Gymnastics)の元医師、ラリー・ナサール(Larry Nassar)被告による暴行事件の被害者も代表している弁護士は、 米紙に対して「はっきり申し上げたいのは、ジョン・コフリン氏がフィギュア界での信頼や権威、知名度を利用して、立場の弱い人々を性的に暴行していたことです。 そのうち3人は私の依頼人です」と話していた。 コフリン氏本人は生前、性的暴行を否定していた。 また、コフリン氏が自殺したことで、セーフスポーツセンターによる調査は実質的に中断しているが、調査担当者は3月、フィギュア界での暴行の証拠を発見したと話している。 「この件や他の件について調査する中で、グルーミングや暴行を容認する文化がフィギュア界に長くはびこっていることがはっきりした」 「こうしたことが続くのは許されない。 yahoo.

次の