てる の 富士 今 場所。 照ノ富士元大関が幕下陥落でも引退せずに現役を続けたい深刻な理由

日馬富士引退後の現在は何してる?気になる大相撲のゆくえは?

てる の 富士 今 場所

ケガや内臓疾患のため、4場所連続全休し大関から西序二段48枚目まで番付を落とした照ノ富士(27=伊勢ケ浜)が、全勝対決で勝ち無傷の6連勝。 復帰場所での全勝優勝に大きく近づいた。 この日の相手は、東序二段82枚目の下村(18=境川)。 父は元幕内力士・常の山で、下村は今や角界の一大勢力となった埼玉栄高出身で、昨年11月の九州場所で初土俵を踏んだ有望株。 先場所の序ノ口デビューは4勝3敗だったが、今場所はここまで5連勝で素材の良さを示してきた。 もっとも、稽古ができていないとはいえ、体力差や経験値の差は歴然。 右で張って左を差すと、完全に右脇が開いた相手を圧倒。 回り込もうとする下村を、最後は腹を突きだすように押し出した。 前回の5番相撲は35秒を要した。 「前のように胸を出して行ったら膝が持たない」と、この日は4秒足らずで勝負を決めた。 1番ごと「今日はコレをやろうと決めて出ている」と、テーマを決めており、この日は「危なくないような勝ち方をしようと思っていました」と膝に負担のかからない相撲と決めていた。 前日の稽古後、ビデオで自分の姿を確認したが「完璧にはできない。 腰も下ろしたつもりだけど下りてない。 痛みがあるから」と実践度に不満は残る。 それでも「みんな勝ちに来ている。 先輩(として)の意地はあるけど、相手がザンバラだろうが土俵に上がったら、みんなお相撲さん」と、大関経験者という変なプライドは頭から離し、一番一番に集中できている。 この日の相手には「これで(相手にされるのは)2度目かな。 オレも昔、よくやった」と土俵上で、にらまれたという。 いい度胸してるな…と、その態度は好意的に受け入れたようで「彼のことを取り上げてよ。 「若い頃に(相手をにらむのは)よくやりましたか?」の問いかけに「若い頃? まだオレも若いよ。 27歳だよ。 ケガしているだけ」と気力も、なえていない。 復帰場所の土俵は、本割があと1番。 序二段の6戦全勝が3人に絞られたため、7番相撲で勝っても、優勝決定戦の可能性がある。 不安に思っていた本場所の土俵で、番数を重ねるごとに自信を取り戻りつつあるようだ。

次の

大島てる CAVEAT EMPTOR: 事故物件公示サイト

てる の 富士 今 場所

ht… モンゴル国民の日馬富士への感謝は計り知れないとほどで、 その人気は子どもたちだけではありません。 モンゴル国全体が日本を見習って教育に力を入れています。 遊牧民として生きてきた彼らには今までなかった学問・教育・本という文化。 故郷を愛する日馬富士は、将来のモンゴルを教育という側面から 手助けしようとしています。 そして、日馬富士の人気もあってか、日馬富士学校の 生徒募集には10倍の応募があったといいます。 「新モンゴル日馬富士学校」が位置するのは、モンゴルの首都・ウランバートル郊外。 チンギスハーン国際空港から市街地へ向かう道中に、真新しい校舎をみることが出来ます。 まだ今年9月に開校されたばかりですので一際目立つ校舎です。 日馬富士は引退後は校長先生になるかは現在はわかりません。 日馬富士は引退後は母国の教育事業に力を注いだ 日馬富士は、2006年に警察官だった父親を交通事故で亡くしました。 そのことが端緒になって、日本の自治体から譲り受けた救急車を母国に寄贈したり、 慈善活動にも熱心な横綱・日馬富士として知られていました。 引退後は、伊勢ヶ濱部屋のコーチに就任していて、相撲との関りをもち続けています。 不思議なことに人それぞれの価値観の違いとは言え、自ら責任を取り引退した 日馬富士は「親方にはなれない」という相撲協会の厳しい規則。 片や、自分の部屋を持ち、お弟子さんまでいて一代年寄の相撲部屋まで持っていて、 それをすべて放棄した親方もいる。 相撲ファンとして夢が叶うのであれば、私は前者の横綱・日馬富士の土俵入りを是非見に行きたい!! そんな心境で記事を書いています。 話をさらにすすめましょう。 wikipedia. モンゴルの大統領も夢ではありません!! そして、さらに、日馬富士の学校から有望な卒業生を輩出していけば、 設立者の日馬富士の存在感は増す一方。 日馬富士が大統領になれば、日本との交流ももっと盛んになっていくでしょうし。 日馬富士引退後の相撲協会は? 日馬富士の引退後に相撲協会は何か変わったのでしょうか? お相撲さんの悪ことばかり囃し立てる日本人は昔はいたのでしょうか? 「おすもうさん」という呼称からして特殊な人たちで、 神様に近い存在だったような気がします。 呼び方も独特で 「お相撲さん」 「お坊さん」 「おまわりさん」 「さん」という敬意の表れがあって、特別な人というのがありました。 小さな子供が、「お相撲さん」に抱っこされると、 元気に育つという習わしがいまでも残っていますよね。 私も小さい頃、抱っこされた写真が残っています。 そして、昔の役者さんに会ったかのような? 独特の慣習の中で生きている人。 昔から、お相撲は庶民の憩いにもなっていましたからね。 着物姿で、酒を飲み、弁当を食べながら相撲を見る。 庶民の娯楽。 そこに出てくる登場人物がお相撲さん。 そこにあるのは、単なる勝ち負けの世界では終わらない。 お相撲さんの残り香のようなものが相撲の勝負にはあります。 ただ、何連勝もすればいい、ただ相手に勝てばいい、それだけのことなの? スポーツだけの世界では表現できないものがありますよね。 それは、日本人の心に残る文化なのでしょうね。 日馬富士も引退後にこの何かに気づいているのでしょうね。 恣意ていえば、大相撲とは芝居の一幕なんでしょうね。 ですから、歌舞伎みたいな感覚でしょうね。 土俵に身を乗り出して応援する!! だからと言って勝負がいい加減ではこまりますが。 大きな目でお相撲という文化を見た時に、ガチンコ相撲だから 面白いかと言われれば、それもまたちがっているような・・・。 ちょっと前に大相撲の八百長問題がクローズアップされたことがありました。 そのとき、解説者の舞の海さんがこんなことを話されていました。 お世話になった女将さんに 「うちの子、千秋楽で決まりなの!」 「お願い!!」 これは、千秋楽で幕下に落ちるか、勝ち越して残るかという瀬戸際なんだとか。 「対戦相手の私は既に勝ち越していて、 何度も対戦相手の女将さんに助けてもらった「恩義」がる・・・ そんな中、勝負だけの世界ではすまされない・・・ と、お相撲さんの世界は1つ勝か負けるかで変わってしまうんです。 」 と。 日馬富士が引退後に残したかったこと? 日馬富士が引退後に故郷のモンゴルで行っている活動は、 相撲取りが持っている故郷への愛なんでしょう。 苦労して、苦労してやっと横綱になって、今度はこの苦労を感謝に変える力を 持っている横綱しかできないことを祖国、モンゴルに還元していること。 これが「お相撲さん」と呼ばれる所以なんでしょうね。

次の

新三役照ノ富士「今の状態は40~50%」

てる の 富士 今 場所

新番付が発表されるたびに、「あの人はいま?」風に思い出されるのが照ノ富士(27)だ。 大関在位14場所。 一時は「横綱に最も近い大関」と期待されながら、平成29年秋場所限りで陥落すると、番付は急降下。 春場所ではついに序二段(西48枚目)まで番付を落とした。 十両に転落した元大関は照ノ富士が4人目だった。 このうち把瑠都は土俵に上がらずに引退しており、実際に相撲をとったのは大受、雅山に次いで3人目だったが、昨年夏場所が6勝9敗、同名古屋場所が0勝9敗6休で下降は止まらない。 大正14年に日本相撲協会が発足して以来、元大関が幕下まで落ちた例などなかった。 照ノ富士が初めてで、幕下から三段目、さらに序二段と元大関としての最低地位を更新し続けてきた。 大関陥落の原因にもなった両膝の故障に加え、糖尿病にも苦しんでいる。 幕下転落後は4場所連続全休で、春場所も出場するかどうか未定という。 師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は「出るつもりで大阪にきている。 (昨年手術した両膝は)よくなってきた」と復帰をにおわしているが、まだ体もできていないような序二段の若い力士と元大関が対戦したらどんな相撲になるのか。 出る、出ないは師弟で決めること。 本人が「土俵にあがりたい」というなら尊重するしかないだろう。

次の