フォレスター x edition。 スバル、特別仕様車「フォレスター X

フォレスター X

フォレスター x edition

派手派手しいオレンジが、一部で大不評のX-BREAK。 目に刺さるオレンジ加飾満載で、カタログ写真だけでゲンナリされてしまう方、大量発生中です。 便利な撥水加工インテリアを諦めざるを得ないとあって、購入意欲自体失ってしまう方も少なくありません。 先代フォレスターのX-BREAKは、幅広いファミリー層にも大変評判の良いグレードでした。 撥水カーゴルームボードは、シューズを置いても芝生が絡みつかないので、掃除もラク。 撥水加工シートは、万が一子供が飲み物をこぼしたり、「失敗」しちゃった時でも安心でした。 もちろん、アウトドアスポーツ好きの方々にも評判は上々。 ボディカラーはスタンダードカラーに加え、X-BREAK専用の3色 ブルー、カーキ、オレンジ を選ぶことも可能。 特に、XVで人気のあったデザートカーキは好評でした。 余りに好評とあって、先代の後期型以降、小生はX-BREAKを基本に販売を行っていました。 XTに撥水加工仕様があれば売れるのにな、と思ったほどです。 途中で、ちょっとした変化もありました。 オレンジの外装パネルを追加した、メーカーオプションパッケージが追加されたのです。 ただ、わざわざコレを選ぶ人は殆どおらず、まさかそれがスタンダードになるなんて、想像だにしない事でした。 2018年初夏、社内資料を見たセールスは皆焦ったことでしょう。 「何だ!?コノ派手派手しい見た目は。。。 」 オレンジアクセントは、エクステリアパネル、エアコン吹出口等、ビシビシと勢いよく各所に配置。 しかも、オレンジそのものも、先代よりも発色の強いカラーに変わっていたのです。 ボディカラーは、オレンジの発色が強すぎるが故か、「スバルが似合うと思う」モノトーンのみに制限されてしまったのです。 お客様の反応は予想通りでした。 「いや、こんなハデなのは無理だよ。 」「何だ。。。 オレンジ無いのは選べないんだ・・・。 もちろん、中には「全然、イイですよ。 」と仰る方もいます。 でも、多くありません。 私だって ・・・以下、自粛します。 でも、皆さんお喜びください。 やっと、登場します。 オレンジじゃない、撥水仕様。 「X-Edition」の登場です。 ベースとなるのは、2. 5L仕様の上級グレードであるPremium。 これを、シルバーステッチを施した撥水加工インテリアに換装。 メーカーオプションで、ルーフレールとパワーリヤゲートを選択可能です。 落ち着いた内外装と、ユーティリティに富んだ撥水加工インテリア。 これぞまさに、待ちわびた仕様そのものです。 メーカーオプションは、ルーフレールとパワーリヤゲートのみ。 サンルーフ以外の装備は、すべて標準装備となっていますから、選ぶ際にも分かりやすく安心でしょう。 では、X-Edition専用装備を確認していきましょう。 1.フロントグリル+フロントフォグランプカバーのダークメッキ化 Premium等ではシルバーメッキ、X-BREAKではブラック塗装のフロントエンドが、ダークメッキ化されています。 キラメキ感を抑え、アウトドア感「さり気なく」演出します。 2.ガンメタリック塗装の18インチアルミホイール X-BREAKと異なり、タイヤはPremiumと共通の18インチ仕様です。 但し、Premiumがブラックの切削光輝仕様なのに対し、一色塗りのガンメタリック塗装となります。 足元の引き締め効果が期待できるでしょう。 3.撥水ファブリック+合成皮革シート 何と言っても一番嬉しいのが、この撥水加工シート。 撥水だからと言って、妙なツッパリ感やゴワゴワ感はありません。 ちょっと目の荒いファブリックと思って頂いて良いでしょう。 落ち着いた印象のシルバーステッチですから、ミドル層の方々も安心です。 4.撥水カーゴフロアボード ラゲッジスムーザー機能付 カーゴルームのフェルト加工のボードは、掃除が本当に大変。 たった、1本のゴミが取れず、イライラした経験は皆さんもあるはず。 でも、この撥水カーゴフロアボードなら、心配御無用。 パッと外して、汚れをサッと払うだけでOK。 泥汚れも、雑巾でアッという間にキレイに。 嬉しい装備です。 5.LEDカーゴルームランプ+LEDリヤゲートランプ 最上級グレードのAdvanceになくて、X-BREAKにあるのが、この2つのLEDランプ。 御来光を目指して未明に麓を発つワンダーフォーゲルな方々には、特にオススメです。 真っ暗な中でも、着替えや装備の確認もしっかりできるので安心です。 X-Editionは特別仕様車ですが、オトク仕様ではないので、価格もチョット高め。 しかし、以下の装備を見ていく限り、現行フォレスターのベストチョイスと考えて間違いないでしょう。 小生は、明確に断言します。 X-Editionは、本当に使いやすいです。 絶対に、オトクです! では、各グレード毎に装備と価格を比較してみましょう。 1.Touring[opコード:QIC]:+9万円 税別 Touringは17インチ仕様ですが、X-Editionでは18インチとなります。 フォグランプが標準ではハロゲン仕様ですが、X-EditionはLEDが標準となります。 また、サイドウィンドウ周囲にメッキモールが追加されます。 細かい所では、エアコンコントロールパネルが2連ダイヤル仕様となります。 カーゴルームランプがLEDとなっている他、LEDリヤゲートランプが標準装備となっています。 2.Premium[opコード:PIC]:+3万円 税別 X-Editionのベースモデルですから、大きな差はありません。 ただ、カーゴルームランプがLEDとなっている他、LEDリヤゲートランプが標準装備です。 リヤゲートランプをディーラーオプションで装着すると、3. 6万円 税別 ですから、この価格差は充分納得できるものでしょう。 3.X-BREAK[opコード:QIC]:+3万円 税別 一番大切なことですが、あのオレンジから開放されます。 X-BREAKではルーフレールが標準装備ですが、これを省くことも可能です。 フロントエンドはX-BREAKの仰々しさは一掃され、メッキ仕様で落ち着いた印象です。 装備差はタイヤサイズで、18インチ仕様となります。 価格差はここにあると考えて良いでしょう。 登場から2年目を迎えた、フォレスター。 RAV4が早くも失速を始めるなど、新車の賞味期限がどんどん短くなる昨今、フォレスターはモデルライフ中盤戦に突入します。 果たして、フォレスターは先代に匹敵する販売実績を残せるのでしょうか。 米国の帝王たるRAV4が逆上陸を果たし、一気に活性化したかに見える、日本のミディアムSUV市場。 その一方で、国産車の平均価格帯が上昇し続けているため、海外ブランドも選択肢に加わりつつあります。 まさに、群雄割拠といった情勢です。 成功のカギは、差別化。 誰しもが、オンリーワンの個性を求め、差別化に苦労しています。 1990年代のスバルは、高性能エンジン+ハイパフォーマンスAWDという付加価値の高いパッケージを成功に導き、技術的個性の強いこだわり派のブランドとして、差別化に成功。 見事、窮地を脱したました。 スバルが見出した、高性能グレードの投入によってブランド全体の価値を高める手法は、多くのプレミアムブランドが追従するものです。 しかし、スバルだけは、その道を逆に歩きたいのでしょうか。 フォレスターはMTを失い、ターボを失い、自ら差別化を放棄して誕生しました。 中身は本当に良く出来ています。 素晴らしい足廻りとトルクフルな2. 5Lエンジン、使い勝手の良い広々とした荷室。 先進運転支援システムは、世界随一のコストパフォーマンスを誇ります。 でも、差別化が図れてないため、パンチがなく、漂う無味無臭感。。。 良い傾向にあるとは、決して言えないでしょう。 スバルSUVの根幹は、技術的個性に根ざした本来性能に発する、高い走破性と悪路に於ける信頼性にあります。 このイメージをより強く訴求するのが、そうしたアウトドアフィールドに強い装備を備えたグレードのはずです。 しかし、好みの分かれるX-BREAKは、その役割を充分果たすことは出来ていません。 最量販グレードが、アーバンイメージの強いAdvanceになっていること自体、スバルSUVにとって決して好ましい状況ではないはずなのです。 だからこそ、X-Editionには重要な役割があるはずです。 この逆境を跳ね除け、モデルライフ後半を戦い抜くだけの素質は備えています。 スバルは、自らのSUVに備わる魅力をちゃんと訴求できるのでしょうか。 それは、X-Editionの売れ行きが如実に示すことでしょう。

次の

フォレスター特別仕様車 X

フォレスター x edition

2018年6月、アイポイントの高さを活かした運転のしやすさが魅力のミドルクラスSUV 新型フォレスター Forester の5代目モデルが、スバルからデビューをしました。 そんな5代目モデルの注目のグレードの一つが、特別仕様車から標準グレードに格上げをされたX-BREAK Xブレイク です。 今回新発売された新型フォレスターのX-BREAK Forester X-BREAK は、撥水加工を施したシートや荷室など、他のグレードに用意されていない機能や装備が充実しているのが魅力の一つです。 新型フォレスターX-BREAKの欠点1:機能&装備の充実度 今回新発売された新型フォレスターのアクティブ仕様X-BREAK Xブレイク の欠点・デメリットの一つが、機能や装備の充実度です。 先ほども申し上げた通り、この新型X-BREAK Xブレイク は、撥水加工を施したシートやロープホールが備わったルーフレールなど、他のグレードには無い機能や装備が用意されているのが魅力の一つです。 その一つが、キーレスアクセス&プッシュスタート機能です。 最近のクルマでは当たり前に用意装備されているプッシュスタートエンジンが、この新型X-BREAK Xブレイク では標準装備されておらず、メーカーオプション設定になっています。 また、プレミアム Premium やアドバンス Advance などの上位モデルでは3段階から温度調節できるシートヒーターが標準装備されていますが、この新型フォレスターのX-BREAK Forester X-BREAK では、2段階の温度調節機能に…。 シートヒーターのスイッチも、新型X-BREAK Xブレイク ではセンターコンソール部分に変更。 空調パネル部分でシートヒーターの温度調節ができるプレミアムやアドバンスよりも、操作性・使い勝手が劣るように感じました。 例えば、新型X-BREAK Xブレイク では、足元を彩るアルミパッド付きのスポーツペダルも標準装備されていません。 このように新型X-BREAK Xブレイク は、他のグレードに用意されていない機能や装備が充実している一方、あったら便利な機能が標準装備されていないのが、少々気になるところでした。 ちなみに、新型フォレスターのX-BREAK Xブレイク では、撥水加工を施した荷室フロアを採用するなど、他のグレードよりも荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は良くなっています。 今回新発売された5代目新型フォレスターから標準グレードに格上げをしたX-BREAK Xブレイク は、他のグレードには用意されていない嬉しい機能が充実している一方、このような欠点・デメリットがありました。 メーカーオプションになっているキーレスアクセス&プッシュスタートなどはメーカーオプションとなっており、標準装備のままでは他のグレードや競合車よりも見劣りをします。

次の

スバル、特別仕様車「フォレスター X

フォレスター x edition

派手派手しいオレンジが、一部で大不評のX-BREAK。 目に刺さるオレンジ加飾満載で、カタログ写真だけでゲンナリされてしまう方、大量発生中です。 便利な撥水加工インテリアを諦めざるを得ないとあって、購入意欲自体失ってしまう方も少なくありません。 先代フォレスターのX-BREAKは、幅広いファミリー層にも大変評判の良いグレードでした。 撥水カーゴルームボードは、シューズを置いても芝生が絡みつかないので、掃除もラク。 撥水加工シートは、万が一子供が飲み物をこぼしたり、「失敗」しちゃった時でも安心でした。 もちろん、アウトドアスポーツ好きの方々にも評判は上々。 ボディカラーはスタンダードカラーに加え、X-BREAK専用の3色 ブルー、カーキ、オレンジ を選ぶことも可能。 特に、XVで人気のあったデザートカーキは好評でした。 余りに好評とあって、先代の後期型以降、小生はX-BREAKを基本に販売を行っていました。 XTに撥水加工仕様があれば売れるのにな、と思ったほどです。 途中で、ちょっとした変化もありました。 オレンジの外装パネルを追加した、メーカーオプションパッケージが追加されたのです。 ただ、わざわざコレを選ぶ人は殆どおらず、まさかそれがスタンダードになるなんて、想像だにしない事でした。 2018年初夏、社内資料を見たセールスは皆焦ったことでしょう。 「何だ!?コノ派手派手しい見た目は。。。 」 オレンジアクセントは、エクステリアパネル、エアコン吹出口等、ビシビシと勢いよく各所に配置。 しかも、オレンジそのものも、先代よりも発色の強いカラーに変わっていたのです。 ボディカラーは、オレンジの発色が強すぎるが故か、「スバルが似合うと思う」モノトーンのみに制限されてしまったのです。 お客様の反応は予想通りでした。 「いや、こんなハデなのは無理だよ。 」「何だ。。。 オレンジ無いのは選べないんだ・・・。 もちろん、中には「全然、イイですよ。 」と仰る方もいます。 でも、多くありません。 私だって ・・・以下、自粛します。 でも、皆さんお喜びください。 やっと、登場します。 オレンジじゃない、撥水仕様。 「X-Edition」の登場です。 ベースとなるのは、2. 5L仕様の上級グレードであるPremium。 これを、シルバーステッチを施した撥水加工インテリアに換装。 メーカーオプションで、ルーフレールとパワーリヤゲートを選択可能です。 落ち着いた内外装と、ユーティリティに富んだ撥水加工インテリア。 これぞまさに、待ちわびた仕様そのものです。 メーカーオプションは、ルーフレールとパワーリヤゲートのみ。 サンルーフ以外の装備は、すべて標準装備となっていますから、選ぶ際にも分かりやすく安心でしょう。 では、X-Edition専用装備を確認していきましょう。 1.フロントグリル+フロントフォグランプカバーのダークメッキ化 Premium等ではシルバーメッキ、X-BREAKではブラック塗装のフロントエンドが、ダークメッキ化されています。 キラメキ感を抑え、アウトドア感「さり気なく」演出します。 2.ガンメタリック塗装の18インチアルミホイール X-BREAKと異なり、タイヤはPremiumと共通の18インチ仕様です。 但し、Premiumがブラックの切削光輝仕様なのに対し、一色塗りのガンメタリック塗装となります。 足元の引き締め効果が期待できるでしょう。 3.撥水ファブリック+合成皮革シート 何と言っても一番嬉しいのが、この撥水加工シート。 撥水だからと言って、妙なツッパリ感やゴワゴワ感はありません。 ちょっと目の荒いファブリックと思って頂いて良いでしょう。 落ち着いた印象のシルバーステッチですから、ミドル層の方々も安心です。 4.撥水カーゴフロアボード ラゲッジスムーザー機能付 カーゴルームのフェルト加工のボードは、掃除が本当に大変。 たった、1本のゴミが取れず、イライラした経験は皆さんもあるはず。 でも、この撥水カーゴフロアボードなら、心配御無用。 パッと外して、汚れをサッと払うだけでOK。 泥汚れも、雑巾でアッという間にキレイに。 嬉しい装備です。 5.LEDカーゴルームランプ+LEDリヤゲートランプ 最上級グレードのAdvanceになくて、X-BREAKにあるのが、この2つのLEDランプ。 御来光を目指して未明に麓を発つワンダーフォーゲルな方々には、特にオススメです。 真っ暗な中でも、着替えや装備の確認もしっかりできるので安心です。 X-Editionは特別仕様車ですが、オトク仕様ではないので、価格もチョット高め。 しかし、以下の装備を見ていく限り、現行フォレスターのベストチョイスと考えて間違いないでしょう。 小生は、明確に断言します。 X-Editionは、本当に使いやすいです。 絶対に、オトクです! では、各グレード毎に装備と価格を比較してみましょう。 1.Touring[opコード:QIC]:+9万円 税別 Touringは17インチ仕様ですが、X-Editionでは18インチとなります。 フォグランプが標準ではハロゲン仕様ですが、X-EditionはLEDが標準となります。 また、サイドウィンドウ周囲にメッキモールが追加されます。 細かい所では、エアコンコントロールパネルが2連ダイヤル仕様となります。 カーゴルームランプがLEDとなっている他、LEDリヤゲートランプが標準装備となっています。 2.Premium[opコード:PIC]:+3万円 税別 X-Editionのベースモデルですから、大きな差はありません。 ただ、カーゴルームランプがLEDとなっている他、LEDリヤゲートランプが標準装備です。 リヤゲートランプをディーラーオプションで装着すると、3. 6万円 税別 ですから、この価格差は充分納得できるものでしょう。 3.X-BREAK[opコード:QIC]:+3万円 税別 一番大切なことですが、あのオレンジから開放されます。 X-BREAKではルーフレールが標準装備ですが、これを省くことも可能です。 フロントエンドはX-BREAKの仰々しさは一掃され、メッキ仕様で落ち着いた印象です。 装備差はタイヤサイズで、18インチ仕様となります。 価格差はここにあると考えて良いでしょう。 登場から2年目を迎えた、フォレスター。 RAV4が早くも失速を始めるなど、新車の賞味期限がどんどん短くなる昨今、フォレスターはモデルライフ中盤戦に突入します。 果たして、フォレスターは先代に匹敵する販売実績を残せるのでしょうか。 米国の帝王たるRAV4が逆上陸を果たし、一気に活性化したかに見える、日本のミディアムSUV市場。 その一方で、国産車の平均価格帯が上昇し続けているため、海外ブランドも選択肢に加わりつつあります。 まさに、群雄割拠といった情勢です。 成功のカギは、差別化。 誰しもが、オンリーワンの個性を求め、差別化に苦労しています。 1990年代のスバルは、高性能エンジン+ハイパフォーマンスAWDという付加価値の高いパッケージを成功に導き、技術的個性の強いこだわり派のブランドとして、差別化に成功。 見事、窮地を脱したました。 スバルが見出した、高性能グレードの投入によってブランド全体の価値を高める手法は、多くのプレミアムブランドが追従するものです。 しかし、スバルだけは、その道を逆に歩きたいのでしょうか。 フォレスターはMTを失い、ターボを失い、自ら差別化を放棄して誕生しました。 中身は本当に良く出来ています。 素晴らしい足廻りとトルクフルな2. 5Lエンジン、使い勝手の良い広々とした荷室。 先進運転支援システムは、世界随一のコストパフォーマンスを誇ります。 でも、差別化が図れてないため、パンチがなく、漂う無味無臭感。。。 良い傾向にあるとは、決して言えないでしょう。 スバルSUVの根幹は、技術的個性に根ざした本来性能に発する、高い走破性と悪路に於ける信頼性にあります。 このイメージをより強く訴求するのが、そうしたアウトドアフィールドに強い装備を備えたグレードのはずです。 しかし、好みの分かれるX-BREAKは、その役割を充分果たすことは出来ていません。 最量販グレードが、アーバンイメージの強いAdvanceになっていること自体、スバルSUVにとって決して好ましい状況ではないはずなのです。 だからこそ、X-Editionには重要な役割があるはずです。 この逆境を跳ね除け、モデルライフ後半を戦い抜くだけの素質は備えています。 スバルは、自らのSUVに備わる魅力をちゃんと訴求できるのでしょうか。 それは、X-Editionの売れ行きが如実に示すことでしょう。

次の