第 五 人格 サバイバー ランキング。 【Identity V】最強サバイバー評価ランキング!【第五人格攻略】

第五人格の現在のサバイバー環境と運営の誠意のなさについて...

第 五 人格 サバイバー ランキング

Identity Vって何? Identity V(アイデンティティファイブ)は1vs4に分かれて行う鬼ごっこのようなサバイバルマルチアクションゲームで、中国版では「第五人格」という名称でした。 より詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。 まずは手がかりを貯めよう Identity V 第五人格 がリリースされて時間も経過し、プレイ時間もそこそこになってきたところで推理の径や日々のシェアボーナスなどで手がかり(パズルのピースのような通貨アイテム)もいい感じに貯まってきたのではないでしょうか? とはいえ交換出来るといっても1〜2キャラ程度、せっかく交換しても使いづらくて使わなくなってはもったいないですね。 新しいハンターやサバイバーが続々と追加されていますが、どのキャラを交換すれば良いのでしょうか? ちなみにまだ手がかりが貯まってないという方は以下の記事も参考にどうぞ。 最強キャラは? サバイバーは最初から使えるキャラも追加されていくキャラも特徴が全て異なっており、RPGのような攻撃力、防御力のようなパラメータがないので一概に比較することは出来ず、 どのようなシーンにおいても最強!というようなキャラは存在しません。 しかし、例えばチェイスに強い、解読が得意といったようにそれぞれのキャラに特性があるので、プレイヤースキルやどういう立ち回りがしたいかによって向いているキャラクターはいるので、それぞれのサバイバーがどのようなプレイングに合っているのかを紹介したいと思います。 サバイバーの選び方 まずこのゲームで勝つためには大きく分けて2つの行動、解読とチェイスが必要です。 解読にも調整が得意な人と苦手な人がいると思いますが、チェイスの方がテクニックを必要とし勝利するためにはサバイバーの中で誰かがチェイスや救助をやらないと解読の時間を稼ぐことはできません。 そのため、まずはチェイスが出来るか否か、やりたいかどうかでオススメサバイバーを大別してみたいと思います。 チェイスがやりたい、または得意なプレイヤー チェイスが得意な人向けランキング• 1位:空軍• 2位:祭司• 3位:オフェンス• 4位:マジシャン• 5位:傭兵 チェイスが得意ではないがやりたい人向けランキング• 1位:オフェンス• 2位:祭司• 3位:空軍• 4位:マジシャン• 5位:傭兵 バランス良くチェイスも救助も出来る女性サバイバー 空軍は板窓の速度が速く信号銃を持ってることから最前線で戦うことのできる超優秀でチームに一人はいてほしい、クセが少なく使いやすいサバイバーです。 味方がロケットチェアに座っていなければチェイスをやっても解読をやっても良く、誰か一人でもロケットチェアに座ったら救助を選択肢に入れるという形で立ち回りが明確なのもポイントです。 チェイスに失敗して捕まった時もロケットチェア拘束時間が他のサバイバーより30%長い点も良いですね。 ただし、空軍はキャンペーンを利用して入手することができるので120円払えるならそちらで交換した方がお得なので、貯めた手がかりは他のサバイバーで使う方がオススメです。 詳細は以下の記事をご覧ください。 とにかく最前線でハンターとチェイスしたい場合 オフェンスは空軍とは違うタイプですが同じく最前線で戦えるサバイバーです。 解読が遅いので味方に頑張ってもらうことになりますが、その代わりにハンターを引きつける役割を担います。 とにかく板を使わせたら右に出るものはなく、殴られそうになってもラグビーボールで逃げられるので生存率も高い点がポイントです。 もし他のサバイバーがチェイスを始めてしまった場合は解読をすることになりますが、解読速度が遅いのでその点は他のサバイバーに一歩劣っています。 Identity Vは日替わりで一部の持っていないサバイバーが使えるようになりますが、そこで傭兵が使えるようになったらまずは触ってみて面白いと思ったら交換するのが良いでしょう。 傭兵はオススメ出来ず... 傭兵は必要な手がかりが他のサバイバーより少ないですが、現時点で率先して使う理由はありません。 いかんせん肘あての使い方が難しく、最前線で戦うにしては捕まったときに救出しづらいという点で空軍やオフェンスの方がオススメです。 Identity Vは日替わりで一部の持っていないサバイバーが使えるようになりますが、そこで傭兵が使えるようになったらまずは触ってみて面白いと思ったら交換するのが良いでしょう。 オフェンスと空軍なら空軍がオススメ チェイスができる人で空軍とオフェンスのどちらかを選ぼうとしているなら、個人的に空軍をオススメします。 味方とキャラがかぶった時にオフェンス二人だと解読が顕著に弱くなるので、空軍の方がチームとしてバランスを取りやすいためです。 祭司はいかに通路を使いこなすかどうか チェイス役として祭司もありですが、同じく解読の弱いサバイバーのオフェンスと比べると板窓が圧倒的に遅いのでいかに通路を使いこなすのかがポイントになります。 オフェンスとの比較は解読がどちらも遅い、オフェンスは板に強いが祭司は板窓が遅い、オフェンスは使用制限のあるラグビーボール、祭司はクールタイムのある通路が使える、といった感じのため祭司は板窓の遅さを通路でカバーしてチェイスができるならオススメ、そうでないならオフェンスを使った方が良いと思います。 解読が遅いので基本はチェイス役を買ってでないと通路の良さも発揮されず、その遅さで解読ばかりするのであれば他のキャラでも良いのでは?となってしまいます。 祭司を使うならとにかく通路を使いこなせるよう設置場所や設置タイミングを練習しましょう。 チェイスをしたくない、または苦手なプレイヤー• 機械技師• 冒険家• 祭司 クセの強いサバイバーばかりなのでどれが一番、というランキング形式ではありません。 動画をよく見てどんな立ち回りがしたいのかを決め、面白そうと思うサバイバーと交換しましょう。 固定チームでいつも最初に捕まってしまう悩みを抱えている方向け チェイスをせずに立ち回るサバイバーとしては冒険家だけお安いので、手がかりが2000くらいしか貯まってないなら冒険家一択です。 冒険家は隠れることでハンターをやり過ごすことができるので、固定チームを組んだ際に他にチェイスが上手い人が複数いて、いつも最初に捕まってしまうという人は使ってみる価値があります。 しかし野良で使う場合は冒険家は隠れることで吊られにくいメリットがある一方、赤の教会で隠れる場所が少ないのでマップによっては強みを活かせない点や、特に解読が強いというわけでもなく隠れて見つからない代わりに味方がハンターと対峙するため味方にやや負担がかかる場面があるので、手がかりが貯められるなら他のキャラをオススメします。 とにかくハンターに見つからずに味方をサポートしたい 難しいので初心者にはオススメしませんが、それなりにプレイしてちょっと変わったサバイバー が使いたいなら心眼を使ってみましょう。 画面が暗く視界が悪いという独特な難しさがありますが、圧倒的解読速度と味方にハンターの位置を教えられるという強さがあります。 とにかく視界が悪いというデメリットに慣れるまでは難しいと思うので、マップをちゃんと覚えて土地勘がついている人にオススメです。 チェイスは苦手だけどハンターから逃げきりたい 比較的初心者にも使える、祭司をオススメします。 祭司は壁や床に直線の通路を設置することで通常では通れない場所を通過することができます。 複数通路を設置しておくことで味方がチェイスしやすくなるだけでなく、自分が見つかってしまった時も逃げやすくなるのでチェイスが苦手な人でも生存率を上げられます。 逆に通路がないと平均以下の性能になってしまうため、いかに通路を使いこなすかがポイントです。 そのため心眼と同じくマップに詳しくどこに通路を設置すべきか理解するまでは練習が必要ですが、通路で味方をサポートしたり場合によっては救助もできるので固定チームをやる時は比較的オススメできます。 野良でやる時は意思疎通して協力することが難しいので味方をサポートするよりもまずは自分が生き延びるために通路を利用しましょう。 解読や救助などトリッキーに色々やりたい 機械人形が色々な用途に使えるため的確に使いこなすのはやや難しいですが、使いこなせればとても強い機械技師をオススメします。 機械技師は機械人形を使うことで自身や味方を様々な方法でサポートできます。 例えば2箇所同時に解読したり、最後の暗号機の解読が終わった瞬間に脱出ゲートの解読をしたり、自分の負傷を機械人形で治したり、自分自身を機械人形でロケットチェアから救助したりと状況に応じて様々な使い方が出来ます。 機械人形は脆く時間制限があるので使い所を理解して、どの場面でどのように使うかの状況判断が臨機応変にできる必要があります。 いかがだったでしょうか? 他のサバイバーも気になる方は以下の記事からご覧ください。 IdentityV に興味を持った方はこちらからどうぞ。 それではまた。

次の

【第五人格】ランクマで出会うとガッカリするサバイバーを第9位までランキング!【IdentityⅤ】【season2】|Teritamagazine

第 五 人格 サバイバー ランキング

1P 第五人格で強いと思うサバイバーをランキングにしました。 このランキングは、一人一人のプレイする環境によって変わります。 それでもいい方は、楽しんでいってください。 では早速一位を発表します。 一位は・・・ 機械技師 トレイシー です。 良い点 ・暗号解読が速い。 ・ロボットが使える。 悪い点 ・チェイスがとても苦手。 ・けがをしている人数により解読速度が遅くなる。 次の二位は・・・ 占い師 イライ です。 良い点 ・フクロウでサバイバーを守ることが出来る。 ・ゲーム開始時やハンターを視認することで、ハンターが五秒間見える。 悪い点 ・フクロウでサバイバーを守るごとに板と窓の操作が遅くなる。 次は三位です。 三位は・・・ 傭兵 ナワーブ です。 良い点 ・攻撃を受けても15秒反映されない。 ・肘当てでハンターから離れることが出来る。 ・チェイスが得意。 ・ロケットチェアの耐久時間が長い。 悪い点 ・解読がとても遅い。 ・慣れが必要。 ・治療が遅い。 次の四位は・・・ 調香師 ウィラ です。 良い点 ・香水を使うことでハンターの攻撃がなかったことにできる。 悪い点 ・治療が遅い。 ・スキルチェックを失敗した時の減りが多い。 五位は・・・ 探鉱者 キャンベル です。 良い点 ・磁石でハンターを放したり、近づけたりすることができる。 壁に当てると気絶する。 ・治療が早い。 ・調整が出やすい。 ・暗号機やロッカーに近づくと2秒間加速する。 悪い点 ・調整が狭い。 次の六位は・・・ 呪術師 パトリシア です。 良い点 ・ハンターに追われる 一瞬でも治療する 自分を治療した人が一発殴られると、呪いがたまる。 その呪いを使い、チェイスや救助ができる。 悪い点 ・治療が遅い。 ・呪いが一つたまるたびに呪いがたまる速度が7%減少する。 最大で70%減少する。 次は、七位です。 七位は・・・ 祭司 フィオナ です。 良い点 ・ワープゲートが作れる。 ・治療時間が減少する。 ・調整が発生しやすい。 ・味方のところにワープできる。 悪い点 ・解読が遅く、調整範囲が狭くなる。 ・板と窓の操作が遅い。 次の八位は・・・ マジシャン ロイ です。 良い点 ・マジックステッキを使い隠れることや道をふさぐことが出来る。 ・調整範囲が広い。 悪い点 ・調整があまり発生しない。 九位は・・・ 空軍 マーサ です。 良い点 ・救助がしやすい。 ・銃を撃ってハンターを気絶させることが出来る。 ・チェイスが得意。 ・ロケットチェアの耐久時間が長い。 悪い点 ・銃は一発のみ。 ・サバイバーがロケットチェアに座っていると、解読速度がかなり低下する。 次の十位は・・・ オフェンス ウィリアム です。 良い点 ・タックルでハンターを気絶させることが出来る。 ・チェイスが得意。 悪い点 ・扱いが難しい。 ・解読がとても遅い。 十一位は・・・ 踊り子 マルガレータ です。 良い点 ・青のオルゴールを使い、チェイスを有利に進めることができる。 ・赤のオルゴールを使い解読や治療を早くすることが出来る。 ・高い所から落ちることで加速の効果がある。 ・青のオルゴールの効果を受けない。 悪い点 ・元々の解読が遅い。 次の十二位は・・・ 心眼 ヘレナ です。 良い点 ・50秒に一回、ハンターの位置、サバイバー全員の位置、少しでも進んでいる暗号機の場所が分かるスキルが使える。 ・暗号解読が速い。 悪い点 ・チェイスが少し苦手。 ・マップの把握が必要。 十三位は・・・ カウボーイ カヴィン です。 良い点 ・遠距離救助ができる、救助すると加速する。 ・板の気絶時間が長い。 悪い点 ・男性サバイバーと解読をすると、解読がとても遅い。 次の十四位は・・・ 野人 モウロ です。 良い点 ・イノシシに乗り続けて走ることで、移動速度がハンターよりも速くなる。 また殴られても、イノシシが2回身代わりになる。 ただし、硬直はない。 ・イノシシに乗っている間、ハンターにタックルができる。 ただし、硬直はない。 ・60秒に1回、10秒間耳鳴りとリッスンを無効化できる。 ・イノシシに乗っている間、低い地形を乗り越えることができる。 悪い点 ・解読が遅すぎる。 ・通常の移動速度が10%遅い。 十五位は・・・ 医師 エミリー です。 良い点 ・治療が速い。 ・チェイス中に治療をしながら逃げることが出来る。 ・25%ダメージを治療できる。 悪い点 ・板と窓の操作が遅い。 次の十六位は・・・ 冒険家 カート です。 良い点 ・ハンターから隠れることが出来る。 ・足跡が消えやすい。 ・調整が発生しやすい。 ・暗号機を一瞬で終わらせることができる。 ・十秒間止まっていると、一秒間加速する。 悪い点 ・隠れても、見つかることがある。 ・調整範囲が狭い。 十七位は・・・ 納棺師 カール です。 良い点 ・遠距離救助が出来る。 ・ロケットチェアの耐久時間が少し長い。 ・危機一髪を入れる必要がない。 ・ゲーム開始時にサバイバーが15秒間見える。 悪い点 ・サバイバーと一緒に解読をすると、解読速度が低下する。 次の十八位は・・・ 泥棒 ピアソン です。 良い点 ・チェイスがとても強い。 ・板と懐中電灯のコンボが強い。 ・弱点がほぼない。 ・調整が全員発生しやすくなる。 悪い点 ・調整の範囲が全員減る。 十九位は・・・ 幸運児 名前無 です。 良い点 ・宝箱を開けるときに欲しいものが出やすくなる。 悪い点 ・ない。 二十位は・・・ 庭師 エマ です。 良い点 ・ロケットチェアを壊すことが出来る。 ・ロケットチェアの耐久時間が少し長い。 ・調整範囲がかなり広い。 悪い点 ・調整が発生しずらい。 最下位の二十一位は・・・ 弁護士 ライリー です。 良い点 ・地図を見ると、全員のサバイバー、終わっていない暗号機の居場所が分かる。 ・味方と一緒に解読すると、スピードが上がる。 悪い点 ・板と窓の操作が遅い。 ・マップを覚えれば使う必要がない。 検索タグ 作成日:2018年 10月19日 12時35分 更新日:2019年 06月14日 10時20分.

次の

第五人格 全サバイバー私的最強ランキング!

第 五 人格 サバイバー ランキング

鏡像は障害物をすり抜けて移動でき、本体が攻撃すると鏡像も攻撃する。 鏡像を生成できるトリッキーなハンター 血の女王は、 設置した水鏡と対称となるような自身の分身 鏡像 を生成できる。 鏡像は本体の動きと連動しており 鏡に映った自分も操れるイメージ 、鏡像でサバイバーを攻撃することが可能だ。 軽くキャンプしつつ妨害することも可能なので、暗号機の解読ペースを遅らせやすい。 鏡像は障害物をすり抜けて移動する 生成した鏡像は本体と動きが連動しているが、鏡像自信は障害物をすり抜けて移動することができる。 鏡像を上手く扱えば、たとえ 強ポジでもサバイバーに攻撃を当てることが可能だ。 位置交換で遠くまで移動できる 鏡像との位置交換を利用すれば、遠くまで一瞬で移動できる。 補助特質「瞬間移動」とほぼ同じ感覚で使うことが可能なので、非常に強力な移動スキルだ。 信者を生み出す際に「魔女の記号」がその場に残る。 サバイバーは「魔女の記号」を拾うことで、信者を消滅させることができる。 高速移動でサバイバーを見つけ出そう 夢の魔女は、 自身が攻撃できない代わりに移動速度が非常に速い。 フィールド状を動き回り、サバイバーを効率よく見つけ出そう。 サバイバーに信者を寄生させて攻撃 サバイバーを見つけたらスキルで信者を寄生させ、サバイバーを宿主化させよう。 寄生で生み出された信者は 常に宿主の近くにいるため、効率よく立ち回り攻撃することが重要だ。 自動追尾モードで効率よく追撃しよう 寄生信者が行動範囲外に出た場合、 宿主となるサバイバーのすぐ近くまで自動で移動する。 この特性を利用すれば、サバイバーを追跡する時間を大幅に短縮させられるぞ。 また、形態によって高速移動で追跡したり、付近にいるサバイバーに調整を発生させて操作を反転させることができる。 2種類の形態を使い分けられる! 白黒無常には白と黒の2種類の形態が存在する。 形態によって得意不得意が変化するが、使いこなすことができれば非常に強力な立ち回りができるようになるぞ。 傘投げで遠くまで瞬間移動できる! スキル「諸行無常」を長押しすることで傘を投げ、その先に瞬間移動することができる。 障害物の先に投げることもできるため、 補助特質「瞬間移動」や「神出鬼没」と似たような使い方ができる。 アクションを制限して攻撃しやすい! 存在感が2,500貯まった状態であれば、スキル「諸行無常」で 長距離移動しつつ範囲内にいるサバイバーを一定時間アクション不能状態にできる。 板や窓などが使用できなくなるため、攻撃を当てやすい。 板前待機を無効化できる! 白黒無常が黒形態 范無咎 の時にスキル「吸魂揺魄」を使えば、 範囲内にいるサバイバーに調整を発生させられる。 調整判定が終わるまで板や窓枠でアクションを行えないため、攻撃を当てやすくなる。 ガードNo. ただし、サバイバーが同時に複数の爆弾の爆発に当たったとしても、与えられるダメージは1回分のみとなる。 爆弾の攻撃範囲は設置した場所の十字方向なので、サバイバーの行動を先読みして設置するのが理想的だ。 爆発連鎖で攻撃範囲を広げられる 設置した爆弾の爆発範囲内に別の爆弾があると、 爆発範囲内にある爆弾も爆発させることができる。 設置のしかたを工夫すれば広い範囲に攻撃できるため、サバイバーにダメージを与えやすくなるぞ。 救助者にプレッシャーを与えやすい ガードNo. 26は、リモコン爆弾や時限爆弾の時間設定で 爆発するタイミングを調整することができる。 特に仲間を救助しに来たサバイバーへとプレッシャーを与えられるので、操作ミスを誘発させやすくなるだろう。 存在感がたまると、魔の音デバフを付与する音符を遠くまで飛ばすことが可能 障害物すり抜け。 サバイバーは魔の音デバフを解除できるが、解除にはそれなりに時間がかかるぞ。 音符を飛ばして遠くからデバフを付与 存在感が1,000たまると、魔の音デバフを与えられる音符を遠くにまで飛ばすことができる。 チェイス中のデバフ付与はもちろんのこと、解読妨害や救助妨害にも使えるだろう。 範囲攻撃でダメージを与えられる ヴァイオリニストは存在感が2,500たまると、設置した 戦慄の弦楽を使って範囲攻撃できるようになる。 サバイバーの行動制限に役立つため、上手く利用してサバイバーを追い詰めよう。 倒れている板に真っ直ぐぶつかると、板をすばやく破壊することもできる。 存在感を溜めずにスキルが使える! フィールド上に散らばっている3種類のアイテムを拾うことで、武器を強化できる。 また、パーツ「推進器」を装備することで 存在感が0の状態でもスキルが使えるようになる。 マップ上を高速移動できる! 道化師のスキル「ロケットダッシュ」は、 高速でダッシュ移動しながら攻撃するというものだ。 そのため、スキルを使って高速移動で索敵しつつ、サバイバーや板を攻撃することができるぞ。 パーツ装備で無限ダッシュが可能! 道化師は、フィールド上に落ちているパーツ「推進器」を装備すれば ロケットダッシュでのダッシュゲージが減らなくなる。 無限ダッシュができるため、索敵や追跡で大いに役立つぞ。 ダッシュ攻撃は硬直時間が短い! 道化師のロケットダッシュで攻撃すると、通常時と比べて硬直時間が短くなる。 攻撃後すぐに動き出すことができるため、効率よく追跡したり拘束したりすることができるぞ。 また、最大で15秒前までにいた場所へスキルで移動も可能。 写真世界を生成できる! 写真家は、マップ上に出現しているカメラを使用することで写真世界を生成できる。 写真世界では白黒色になっている物は動かないため、一方的に攻撃することが可能だ。 そのため、現実世界のサバイバーを突然ダウンさせることも可能だ。 暗号機の解読進行度を減らせる! 写真家が写真世界を生成している間に進められた解読進行度は、 写真世界が消滅した時に半減させられる。 写真を撮るだけで試合時間を長引かせることができるため、ハンターとして立ち回りやすくなる。 壁に密着して攻撃すると、霧刃を壁の向こう側に飛ばすことも可能。 スキル解放で透明化できるようになり、透明状態だと移動速度が大きく上昇。 壁越し攻撃が強力! リッパーは、霧刃を最初から使える上に 霧刃で壁越しに攻撃できる。 慣れが必要なものの薄い壁一枚であれば攻撃を当てられるので、使いこなせばサバイバーを効率良く捕まえられる。 霧の刃をどこでも飛ばせる! リッパーの左手に霧がまとっている状態であれば、 どこでも霧の刃を一直線に飛ばすことができる。 霧の刃でサバイバーを攻撃できるため、遠距離攻撃が可能だ。 霧の刃通過後は霧エリアが生成される! 霧の刃が飛んだルート上には、霧エリアが生成される。 霧エリア内では移動速度が少し上昇し、 スキル「霧に隠れる」のクールタイムも大幅に短縮させることができるぞ。 逃走ルートに霧エリアを生成できる! サバイバーに霧の刃を当てると、 サバイバーが移動したルート上に霧エリアが生成される。 攻撃後の硬直も無いため、霧の刃で攻撃できると追跡が非常に楽になる。 透明時は移動速度が上昇! スキル「霧に隠れる」を開放したあと、一定時間移動以外の行動を取っていない状態が続くと透明になれる。 透明状態中は移動速度が上昇するため、サバイバーに追いつきやすくなるぞ。 結魂者が糸に触れると行動速度が上昇、最大で3回まで重ねがけ可能。 ただし、効果を重ねがけする際は別の糸に触れる必要がある。 糸で加速できる 結魂者の一番の強みは、 糸による行動速度の上昇効果だ。 糸を張る場所やタイミングを間違えると強く立ち回れないため、練習無しでいきなり使いこなすのは難しいだろう。 また、 移動速度を減少させることもできるため、糸を使えば効率よく索敵できる。 ロケットチェアがなくても拘束可能 結魂者は生成された糸を60消費することで、 好きな場所でサバイバーを拘束できる。 ただし糸の消費量が多く効率が悪いので、余裕がある時だけ使うようにした方が良いだろう。 存在感が貯まると対象のサバイバーを一定時間、触手に自動で攻撃させることもできる。 触手で遠距離攻撃を仕掛けよう! 黄衣の王 タコ を使用すると、フィールド上に触手を生成する事ができる。 カメラの中心にある触手に攻撃命令を出すことで、 触手の近くにいるサバイバーへ攻撃することが可能だ。 触手を好きな場所に生成させよう! 恐怖ゲージをためることで、好きな場所に触手を生成できるようになる。 サバイバーの行動を先読みして触手を設置することで、効率よく立ち回ることが可能だ。 自動攻撃状態で触手ゾーンへ追い込もう 存在感が2,500貯まると、視界内にいるサバイバー1人を触手自動攻撃状態にすることができる。 この状態の サバイバーが触手に近づくと触手が自動で攻撃を行うため、ダウンさせやすくなるぞ。 空中から索敵することもでき、空中から見つけたサバイバーの近くまで高速移動することも可能。 サバイバーの近くまで高速移動 芸者は、刹那生滅を使用することでサバイバーの近くまで高速移動できる。 板や窓枠、壁の向こう側にいるサバイバーにも一瞬で近づけるため、チェイスは得意なハンターだ。 空中からの索敵で見つけやすい 芸者は存在感を貯めることで、空中からサバイバーを探すこともできる。 再度スキル使用で地上に戻る際、 攻撃しながら着地すると攻撃後の硬直が発生しないのも強い点だ。 空中から刹那生滅を使用可能 芸者が空中から見つけたサバイバーに対して、刹那生滅を使用することもできる。 成功すれば、 サバイバーとの距離を一瞬で縮められる。 狙えそうなら狙ってみよう。 注視されても視線切りで近づける 本来はサバイバーに注視されると刹那生滅は使用できないが、 障害物などでサバイバーの視線を切れば刹那生滅を使えるようになる。 腐敗の領域内であれば、怨霊を引き寄せたり投げ飛ばしたりしてサバイバーに攻撃可能。 怨霊を駆使してサバイバーを攻撃! 泣き虫が引き寄せたり投げ飛ばしたりした怨霊がサバイバーに当たると、対象サバイバーに攻撃1回分のダメージを与えられる。 怨霊は壁を貫通して移動するため、 壁越しに攻撃することも可能だ。 移動速度上昇で追跡しやすい! 泣き虫は、 怨霊を引き寄せると一時的に移動速度が上昇する。 効果時間は短いものの、サバイバーに追いつきやすくなるぞ。 安息の道で行動速度上昇! 泣き虫がスキル「安息の道」を使用すると、指定した1直線上に泣き虫専用の加速エリアを生成できる。 エリア内であれば移動速度と行動速度が大幅に上昇するほげため、追跡しやすくなるぞ。 苗を植えて強ポジ対策が可能! 泣き虫であれば怨霊を使って壁越しに攻撃できるため、強ポジでも攻撃を狙いやすい。 サバイバーが強ポジへと逃げたら、安息松の苗を植えて怨霊を召喚しておこう。 ジャンプで効率よく移動できる 魔トカゲは体力を消費することでジャンプすることができる。 ジャンプで高所の窓枠に入れる ジャンプの向きや高さを上手く調整できれば、高所にある窓枠から屋内へと入ること可能だ。 ただし 狙って入るには慣れが必要なので、カスタム戦などで何度も練習して距離感を掴んでおこう。 落下攻撃で攻撃後の硬直無し 存在感が1,000たまると、落下攻撃スキルを解放できる。 落下攻撃をサバイバーに当てることができれば、攻撃後の硬直なしでダメージを与えることが可能だ。 天井が低いとジャンプできない ホワイトサンド精神病院や聖心病院の中央の建物など、天井の低い場所だとジャンプできない。 また、猫がいる方向へ高速移動することでチェイスが有利になる。 猫でサバイバーをスタン 放った猫は、警戒半径内にいるサバイバーにつきまとうことができる。 使徒が猫に近づくと 猫の麻痺エリア内にいるサバイバーはスタンするため、サバイバーからのスタンを受けずに攻撃しやすい。 ガイドで猫を操りやすい 存在感1,000で解放される「ガイド」は、猫の存在時間をリセットしつつ指定地点にまで移動させることが可能だ。 猫スタンを狙いやすくなるため、上手く使えば楽にチェイスできるぞ。 高速移動でチェイスしやすい 猫がいる方向へ高速移動できるため、追跡中のサバイバーに一気に近づくことができる。 アイコン長押しでパペットを投げて設置すること可能。 再度タップするとパペットと自分の位置を入れ替えることができる。 パペットとの位置交換で近づける! 復讐者のスキルでパペットを配置することで、パペットと位置交換ができるようになる。 位置交換後は数秒間移動速度も上昇するため、近くにサバイバーがいる場合は攻撃を当てやすくなるぞ。 パペットは索敵もしてくれる! 瞬間移動用に配置するパペットは、 近くにサバイバーがいるとスキルアイコンが変化する。 サバイバーの居場所も壁越しに表示されるようになるため、簡単に追撃できる。 パペットに索敵させることも可能! 追跡などで貯めた恨みの火を消費することで、 パペットがサバイバーを索敵して攻撃するようになる。 効果中のパペットと位置交換を行うことも可能なので、戦略の幅が広がるぞ。 分身も使えば追撃しやすい 自身の分身を召喚すれば、同じ場所で逃げ続けるサバイバーに対応しやすい。 仲間の救助にきたサバイバーを返り討ちにもできるため、使うタイミングを間違えなければ強力な能力だ。 チェーンが障害物に当たると、当たった障害物まで一瞬で移動する。 離れたサバイバーを引き寄せられる! 断罪狩人はスキルを解放することで、少し前を走っているサバイバーを引き寄せることができる。 スキルを上手く当てられれば、 サバイバーを追跡する時間を短縮させることが可能だ。 チェーンが貫通する障害物の把握が必要 断罪狩人のチェーンは、 高さの低い障害物であれば貫通させることができる。 障害物の先にいるサバイバーを捕まえられるため、貫通させられる障害物の種類はカスタムマッチなどで把握しておこう。 存在感1,000でチェーンにもダメージ判定 存在感が1,000溜まると、チェーンクロウが当たった際に0. 5ダメージを与えられるようになる。 5ダメージは現状医師しか治療できないため、上手く扱えば一度治療されても連続攻撃でダウンさせることが可能だ。 オーバークロックを使用すると、一定時間消費エネルギー量と壁生成のクールタイムが短くなる。 遠くの様子を制御台で確認できる! マップ上に設置された制御台やスキル「制御端末」を使うと、 指定したエリアの様子を上空から確認できるようになる。 サバイバーの種類や動きも判別できるため、特定のサバイバーを探し出しやすい。 壁を生成してサバイバーを攻撃可能! 狂眼が生成した壁の近くにサバイバーがいた場合、 サバイバーに0. 壁生成だけでダウンまで狙えるため、壁生成は積極的に行っていこう。 救助対策が簡単! 拘束したサバイバーの周辺に壁を生成しておくだけで、 救助へ向かってきたサバイバーの行動を大きく制限させられる。 救助不可能な状況を生み出すことも可能なので、壁生成は使いこなせるようになろう。 壁生成で解読妨害も可能! サバイバーが解読している暗号機付近の監視装置を利用して壁を生成すれば、 遠くにいても解読を妨害することができる。 暗号機の場所や状況によっては、そのままダウンさせることも可能だ。 アイデンティティ5他の攻略記事 第五人格の人気記事.

次の