行田 税務署。 行田税務署(埼玉県)|申告・手続き・管轄区域|管轄ナビ

税の相談窓口

行田 税務署

行田税務署の連絡先電話番号・所在地 確定申告とは 確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に申告者個人が得たすべての所得金額を翌年の所定の期間中に税務署に申告することをいいます。 所得の申告をすることにより、本来支払うべき所得税を清算したり、翌年度に課税される地方税の算定根拠を明らかにしたりします。 電子証明書の登録について イータックス e-Tax による電子申告を行うに際しては、事前にマイナンバーカードの電子証明書を登録しておく必要があります。 既に住民基本台帳カードの電子証明書をe-Taxに登録している人についても、住民基本台帳カードからマイナンバーカードに切り替えた場合には再登録が必要です。 この電子証明書の登録・再登録の方法については、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」のウェブサイト内の「よくある質問」のなかの「『利用者識別番号等の入力画面』から電子証明書の登録・再登録方法」の項目に記載があります。 事業所得 所得税の確定申告をするにあたっては、年間の所得が果たしてどのような区分に該当するのかをあらかじめ知っておくことが重要となります。 これによって税金の計算方法は大きく異なることがあるので注意が必要です。 商工業や漁業、農業、自由業などの自営業から生ずる所得は、総合課税方式が適用される事業所得に当たります。 行田税務署の連絡先電話番号・所在地ほか 新型コロナウィルス対策に伴う確定申告期間の延長 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、 所得税の確定申告期間と納期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました。 振替納税を選択した場合の自動引落し日は5月15日(金)に延期されています。 さらに、外出自粛などでこの期間に確定申告ができない場合、 4月17日以降であっても、税務署では特に期限を定めず柔軟に申告書の受付をすることとなりました。 確定申告の際のマイナンバーの提示 マイナンバー法の施行に伴い、確定申告書を税務署へ提出するたびに 「マイナンバーの記載」と「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要となりました。 マイナンバーカードを持っている人は、マイナンバーカードだけで本人確認(番号確認と身元確認)が可能です。 マイナンバーカードを持っていない人は、番号確認書類(通知カード、マイナンバーの記載がある住民票の写し又は住民票記載事項証明書)と身元確認書類(運転免許証、保険証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード等)の両方が必要です。 ただし、確定申告書をインターネット(e-Tax、イータックス)で送信する場合については、本人確認書類の提示又は写しの添付は不要です。

次の

神田税務署|国税庁

行田 税務署

更新日:2020年4月9日 税務課 お知らせ• 5月は固定資産税・都市計画税 1期 および軽自動車税の納期です。 「縦覧帳簿の縦覧」・「固定資産課税台帳の閲覧」ができます。 縦覧帳簿の縦覧及び固定資産課税台帳の閲覧期間 令和2年4月1日~6月1日(土曜日・祝日を除く) 月曜日~金曜日・・・8時30分~17時15分 日曜日(日曜開庁)・・・8時30分~正午 主な業務内容 市民税担当• 市、県民税の賦課• 市税に関する諸証明の発行• 軽自動車税、市たばこ税、法人市民税および入湯税の賦課• 軽自動車税および法人市民税に関する諸証明の発行• 原動機付自転車等の登録および廃止 資産税担当• 固定資産税、都市計画税および特別土地保有税の賦課• 固定資産に関する諸証明の発行• 固定資産課税台帳および公図等の閲覧ならびに写しの交付 関連情報リンク•

次の

行田税務署の連絡先電話番号・所在地(確定申告)

行田 税務署

行田税務署の連絡先電話番号・所在地 確定申告とは 確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に申告者個人が得たすべての所得金額を翌年の所定の期間中に税務署に申告することをいいます。 所得の申告をすることにより、本来支払うべき所得税を清算したり、翌年度に課税される地方税の算定根拠を明らかにしたりします。 電子証明書の登録について イータックス e-Tax による電子申告を行うに際しては、事前にマイナンバーカードの電子証明書を登録しておく必要があります。 既に住民基本台帳カードの電子証明書をe-Taxに登録している人についても、住民基本台帳カードからマイナンバーカードに切り替えた場合には再登録が必要です。 この電子証明書の登録・再登録の方法については、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」のウェブサイト内の「よくある質問」のなかの「『利用者識別番号等の入力画面』から電子証明書の登録・再登録方法」の項目に記載があります。 事業所得 所得税の確定申告をするにあたっては、年間の所得が果たしてどのような区分に該当するのかをあらかじめ知っておくことが重要となります。 これによって税金の計算方法は大きく異なることがあるので注意が必要です。 商工業や漁業、農業、自由業などの自営業から生ずる所得は、総合課税方式が適用される事業所得に当たります。 行田税務署の連絡先電話番号・所在地ほか 新型コロナウィルス対策に伴う確定申告期間の延長 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、 所得税の確定申告期間と納期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました。 振替納税を選択した場合の自動引落し日は5月15日(金)に延期されています。 さらに、外出自粛などでこの期間に確定申告ができない場合、 4月17日以降であっても、税務署では特に期限を定めず柔軟に申告書の受付をすることとなりました。 確定申告の際のマイナンバーの提示 マイナンバー法の施行に伴い、確定申告書を税務署へ提出するたびに 「マイナンバーの記載」と「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要となりました。 マイナンバーカードを持っている人は、マイナンバーカードだけで本人確認(番号確認と身元確認)が可能です。 マイナンバーカードを持っていない人は、番号確認書類(通知カード、マイナンバーの記載がある住民票の写し又は住民票記載事項証明書)と身元確認書類(運転免許証、保険証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード等)の両方が必要です。 ただし、確定申告書をインターネット(e-Tax、イータックス)で送信する場合については、本人確認書類の提示又は写しの添付は不要です。

次の