履歴 書 添え 状 テンプレート。 履歴書添え状の書き方: 添え状の書き方テンプレート

履歴書の送付状(添え状・送り状)無料ダウンロード

履歴 書 添え 状 テンプレート

送付状(添え状)とは?履歴書・職務経歴書を出す際は絶対に必要? 送付状とは、履歴書や職務経歴書を郵送する際に、簡単な挨拶文を記載して同封する書類です。 添え状・カバーレターとも呼ばれます。 必ず添えなければならないものではありませんが、なるべく添付することをオススメします。 メールなどで資料を添付して送る際、本文を記載せずに送ることは少ないと思います。 郵送時も同じで、送付状がないと少しそっけなく、場合によっては失礼に感じられることも。 ビジネスマナーとして、添えたほうが懸命です。 また、単に礼儀として送付するだけではなく、使い方次第で、志望理由や熱意をアピールすることも可能。 郵送された応募書類を見る際、採用担当者は履歴書より先に送付書を目にするため、印象に残るような工夫も出来るので、特別な事情がない限りは応募書類に添えて送るようにしてください。 送付状の書き方・テンプレート パソコン・手書き、どちらでもOK 送付状の書き方・内容には、特に公式なルールはありません。 パソコンで作成しても、手書きでもOK。 ご自身が書きやすい方法で作成しましょう。 用紙サイズは応募書類と同じ・枚数は1枚で 用紙のサイズは、応募書類と同じサイズで作成すれば問題ありません。 サイズに決まりはないので、他の書類とまとめやすいように、という気配りです。 あくまで挨拶状なので、枚数は1枚で十分です。 志望動機・自己PRを記載し、熱意をアピール 採用担当者が応募書類に目を通す際、はじめに目に入るのが送付状です。 単なるあいさつにとどめるのではなく、実はちょっとした工夫で強く印象付けることが可能。 その工夫とは、送付状に志望動機や自己PRを記載し、自身の熱意をアピールすることです。 特に応募資格に対して経験やスキルが不足している場合や、異業種・異職種にチャレンジする場合は、志望動機・自己PRを記載するようにしましょう。 テンプレートと書き方の解説 パソコンで作成する場合も手書きの場合も、記載する項目は変わりません。 ここでは、パソコンの送付状を例にとって、書き方を解説します。 敬具 パソコンで作成する場合も手書きの場合も、記載する項目は変わりません。 ここでは、パソコンの送付状を例にとって、書き方を解説します。 履歴書、職務経歴書、送付状とすべて同じ日にちになっているかを確認しましょう。 担当者の名前がわからない場合は、部署名の後に「採用ご担当者様」と記載すれば問題ありません。 また、時候の挨拶は必須ではありませんが、盛り込まれているとより丁寧な印象を与えることができます。 未経験の職種や業種に応募する場合、不足しているキャリア、スキルとそれらを補う努力や熱意を伝えることで、採用担当者に興味を持ってもらいやすくなるでしょう。 あくまでも送付状なので、長くなりすぎないよう、簡潔に伝えることを心がけて下さい。 「拝啓」で始めたら「敬具」、「謹啓」で始めたら「敬白」で締めます。 一般常識として使いこなせるようにしておきましょう。 ポイント:前文・末文は定型文でOK! 頭語・結語や時候のあいさつは、ビジネス文書を作成する際のマナーです。 凝った表現にする必要はありません。 上記テンプレートの例は季節問わずいつでも使える表現なので、そのまま記載してOKです。 送付状(添え状)についての人事の見解は? 複数の人事に対して「送付状の有無が選考にどう影響するか」を質問したところ、以下のような回答が集まりました。 添え状は必須だとは思っていませんが、ついていると丁寧な人だという印象を抱きますね 送付状が入っている方が、印象としては良くなります。 書類選考で迷っても会ってみようと思うかもしれません ビジネスマナーが身についている点は評価に値する。 しかし、無いからと言って減点にはしない 送付状の有無は特に気にしませんし、選考にもなんら影響しません 基本的に、送付状の有無が合否に大きく影響することはないようです。 しかし、送付状がついていることで好印象を持つ人事が一定数いることも確か。 評価が同程度な応募者がいたときに、送付状の有無によって差がつくことはありそうです。 そのため、履歴書などを送付する際は、念のため送付状をつけて送るのがベターだと言えます。 送付状(添え状)を書くときはココに注意!NG例をご紹介 送付状には自己アピールや志望理由を書くことが推奨されていますが、あくまでも「あいさつ状」。 何でも書けばいいというわけではありません。 せっかく書いたのに、逆に印象を悪くしてしまうのはもったいないですよね。 以下のNG例をもとに、書き上げた送付状をチェックしてみましょう! 長文になりすぎるのはNG! 基本的には、テンプレートでご紹介したくらいの文章量が目安です。 あまり細かい文字で詰め込んだり、2枚に及んだりしてしまうと、逆に「情報整理能力がないのでは」と思われてしまう可能性があります。 あくまで応募書類への布石として、さらっとアピールする程度にとどめておきましょう。 言い訳感、自慢感が出てしまう文面はNG! 転職に不利になる事柄を事前に説明しておく、自己PRのために過去の実績を文面に盛り込む、といったことは問題ありません。 しかし、あまりにも文章から「言い訳をしている感」「自慢をしている感」が出てしまうと、応募書類を見る前の第一印象が悪くなることも。 あくまでも事実を端的に伝えることを心がけましょう。 希望条件を書くのはNG! 時々、送付状に希望の年収や待遇を併記する人がいるようですが、これはやめておいたほうが無難です。 もちろん、年収や待遇が転職活動において重要であることは間違いありませんが、あいさつ状の内容としては不適切です。 どうしても伝えたいことがある場合は、履歴書の「本人希望欄」を活用する、面接で伝えるなどしましょう。 定型文オンリーはNG! また、よくあるのがインターネット上で拾ってきたテンプレート文面をほぼ流用しているもの。 ベースの文面を参考にするのは問題ありませんが、あまりに定型文になっていると、せっかくの意欲も伝わりません。 自己PRの内容を応募職種に合わせる、応募企業のどこに魅力を感じたかを記載するなど、企業に合わせて作成しましょう。 まとめ 以上、送付状の書き方について解説しました。 企業によっては、採用担当者は1日数十通から百通を超えるほどの履歴書・職務経歴書を見ています。 数ある書類のなかから「この人に会いたい」と思ってもらうために、あなたに興味を持ってもらえる内容を記載しましょう。

次の

履歴書の送付状(添え状・送り状)無料ダウンロード

履歴 書 添え 状 テンプレート

送付状(添え状)とは?履歴書・職務経歴書を出す際は絶対に必要? 送付状とは、履歴書や職務経歴書を郵送する際に、簡単な挨拶文を記載して同封する書類です。 添え状・カバーレターとも呼ばれます。 必ず添えなければならないものではありませんが、なるべく添付することをオススメします。 メールなどで資料を添付して送る際、本文を記載せずに送ることは少ないと思います。 郵送時も同じで、送付状がないと少しそっけなく、場合によっては失礼に感じられることも。 ビジネスマナーとして、添えたほうが懸命です。 また、単に礼儀として送付するだけではなく、使い方次第で、志望理由や熱意をアピールすることも可能。 郵送された応募書類を見る際、採用担当者は履歴書より先に送付書を目にするため、印象に残るような工夫も出来るので、特別な事情がない限りは応募書類に添えて送るようにしてください。 送付状の書き方・テンプレート パソコン・手書き、どちらでもOK 送付状の書き方・内容には、特に公式なルールはありません。 パソコンで作成しても、手書きでもOK。 ご自身が書きやすい方法で作成しましょう。 用紙サイズは応募書類と同じ・枚数は1枚で 用紙のサイズは、応募書類と同じサイズで作成すれば問題ありません。 サイズに決まりはないので、他の書類とまとめやすいように、という気配りです。 あくまで挨拶状なので、枚数は1枚で十分です。 志望動機・自己PRを記載し、熱意をアピール 採用担当者が応募書類に目を通す際、はじめに目に入るのが送付状です。 単なるあいさつにとどめるのではなく、実はちょっとした工夫で強く印象付けることが可能。 その工夫とは、送付状に志望動機や自己PRを記載し、自身の熱意をアピールすることです。 特に応募資格に対して経験やスキルが不足している場合や、異業種・異職種にチャレンジする場合は、志望動機・自己PRを記載するようにしましょう。 テンプレートと書き方の解説 パソコンで作成する場合も手書きの場合も、記載する項目は変わりません。 ここでは、パソコンの送付状を例にとって、書き方を解説します。 敬具 パソコンで作成する場合も手書きの場合も、記載する項目は変わりません。 ここでは、パソコンの送付状を例にとって、書き方を解説します。 履歴書、職務経歴書、送付状とすべて同じ日にちになっているかを確認しましょう。 担当者の名前がわからない場合は、部署名の後に「採用ご担当者様」と記載すれば問題ありません。 また、時候の挨拶は必須ではありませんが、盛り込まれているとより丁寧な印象を与えることができます。 未経験の職種や業種に応募する場合、不足しているキャリア、スキルとそれらを補う努力や熱意を伝えることで、採用担当者に興味を持ってもらいやすくなるでしょう。 あくまでも送付状なので、長くなりすぎないよう、簡潔に伝えることを心がけて下さい。 「拝啓」で始めたら「敬具」、「謹啓」で始めたら「敬白」で締めます。 一般常識として使いこなせるようにしておきましょう。 ポイント:前文・末文は定型文でOK! 頭語・結語や時候のあいさつは、ビジネス文書を作成する際のマナーです。 凝った表現にする必要はありません。 上記テンプレートの例は季節問わずいつでも使える表現なので、そのまま記載してOKです。 送付状(添え状)についての人事の見解は? 複数の人事に対して「送付状の有無が選考にどう影響するか」を質問したところ、以下のような回答が集まりました。 添え状は必須だとは思っていませんが、ついていると丁寧な人だという印象を抱きますね 送付状が入っている方が、印象としては良くなります。 書類選考で迷っても会ってみようと思うかもしれません ビジネスマナーが身についている点は評価に値する。 しかし、無いからと言って減点にはしない 送付状の有無は特に気にしませんし、選考にもなんら影響しません 基本的に、送付状の有無が合否に大きく影響することはないようです。 しかし、送付状がついていることで好印象を持つ人事が一定数いることも確か。 評価が同程度な応募者がいたときに、送付状の有無によって差がつくことはありそうです。 そのため、履歴書などを送付する際は、念のため送付状をつけて送るのがベターだと言えます。 送付状(添え状)を書くときはココに注意!NG例をご紹介 送付状には自己アピールや志望理由を書くことが推奨されていますが、あくまでも「あいさつ状」。 何でも書けばいいというわけではありません。 せっかく書いたのに、逆に印象を悪くしてしまうのはもったいないですよね。 以下のNG例をもとに、書き上げた送付状をチェックしてみましょう! 長文になりすぎるのはNG! 基本的には、テンプレートでご紹介したくらいの文章量が目安です。 あまり細かい文字で詰め込んだり、2枚に及んだりしてしまうと、逆に「情報整理能力がないのでは」と思われてしまう可能性があります。 あくまで応募書類への布石として、さらっとアピールする程度にとどめておきましょう。 言い訳感、自慢感が出てしまう文面はNG! 転職に不利になる事柄を事前に説明しておく、自己PRのために過去の実績を文面に盛り込む、といったことは問題ありません。 しかし、あまりにも文章から「言い訳をしている感」「自慢をしている感」が出てしまうと、応募書類を見る前の第一印象が悪くなることも。 あくまでも事実を端的に伝えることを心がけましょう。 希望条件を書くのはNG! 時々、送付状に希望の年収や待遇を併記する人がいるようですが、これはやめておいたほうが無難です。 もちろん、年収や待遇が転職活動において重要であることは間違いありませんが、あいさつ状の内容としては不適切です。 どうしても伝えたいことがある場合は、履歴書の「本人希望欄」を活用する、面接で伝えるなどしましょう。 定型文オンリーはNG! また、よくあるのがインターネット上で拾ってきたテンプレート文面をほぼ流用しているもの。 ベースの文面を参考にするのは問題ありませんが、あまりに定型文になっていると、せっかくの意欲も伝わりません。 自己PRの内容を応募職種に合わせる、応募企業のどこに魅力を感じたかを記載するなど、企業に合わせて作成しましょう。 まとめ 以上、送付状の書き方について解説しました。 企業によっては、採用担当者は1日数十通から百通を超えるほどの履歴書・職務経歴書を見ています。 数ある書類のなかから「この人に会いたい」と思ってもらうために、あなたに興味を持ってもらえる内容を記載しましょう。

次の

【テンプレート】履歴書の送付状・添え状の書き方【無料ダウンロード】

履歴 書 添え 状 テンプレート

「添え状」はなぜ必要なのか? 「添え状」は書類送付時に必要 添え状は「送付状」「カバーレター」「送り状」とも呼ばれるもので、ファックスや郵便物を送る際に書類の宛先や送付者、書類の枚数などを知らせるものです。 主に書類の枚数に漏れがないか確認することが目的で、企業間でのファックスや郵便物のやりとりでは添え状をつけることがマナーとなっています。 企業に出す履歴書や内定承諾書、契約書類などの重要な書類には、マナーに乗っ取った添え状を添付することはビジネスマナーの1つであると理解しておきましょう。 「添え状」に記載する内容 添え状には具体的に何を記載したら良いのでしょうか?添え状に必要な内容は次の通りです。 添え状を作成する際は抜けがないか確認しておきましょう。 年月日:書類の提出日を記載します• 宛先:相手の会社名と氏名等• 送る側の氏名等:必要に応じて会社名や連絡先も記載します• 頭語と結語:「拝啓」「敬具」などを使用しましょう• 挨拶文:季節に関係ない挨拶文にしておくと通年使用できます• 記、以上:本題の始まりと終わりを示しましょう• 送付内容:提出書類の枚数なども記載しましょう 就活の履歴書における添え状 添え状は就活での印象を良くする 新卒の就活や転職活動で書類選考などに必要となる履歴書を郵送する場合、添え状を同封します。 郵送する時に添え状を同封しなかったからといって、不合格になってしまうことはありませんので、履歴書とは別に添え状を郵送することはやめておきましょう。 あくまでも送付した書類の概要などを伝えるものであることを忘れないでください。 添え状は決して就職活動での合否を左右するものではありませんが、添え状をつけておくことで、採用担当者にビジネスマナーを身に着けた人物であることを印象付けたり、書類を見てもらう相手への気遣いを伝えることはできるでしょう。 履歴書に必要な添え状に記載するべき内容を確認して、マナーを守った添え状を送付しましょう。 履歴書の添え状は印刷で簡潔に 履歴書の添え状には、自己PRなどは記載せずマナーを守った簡潔ものにしましょう。 気合の入った自己PR文を書いていても、人事担当者は添付書類の枚数や送り主などを確認して処分してしまうことが考えられます。 書類選考はあくまでも履歴書や職務経歴書で行われるものですので、自己PRしたいことは履歴書などにしっかり記載しましょう。 また、添え状はPCで作成した印刷したものを使用しましょう。 添え状作成に時間をかけることは、ビジネスにおける優先順位を的確に判断できない人物と考えられてしまう可能性があるためです。 添え状のテンプレート【履歴書の場合】 履歴書に添付する添え状のテンプレートをご紹介します。 貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 この度は内定を頂きましたこと誠に感謝申し上げます。 つきましては、ご指示いただいた書類をご送付いたします。 ご査収の程よろしくお願い申し上げます。 契約書・請求書の添え状 契約書や請求書の添え状の役割 契約書や請求書を送る場合、添え状は必ず添付しましょう。 添え状のない書類送付は挨拶もなしにいきなり本題に入るようなもので、失礼に当たります。 重要な書類を送付するので、必ず枚数に漏れがないことや書類の概要を確認してもらう必要もあります。 契約書などの重要な書類に限らず、郵送やファックスで書類を送る場合は社会人として添え状は必要であることは忘れてはいけません。 添え状のテンプレート【契約書・請求書の場合】 契約書や請求書に添付する添え状のテンプレートをご紹介します。 平素は格別のご高配をうけたまわり、厚く御礼申し上げます。 さて、下記の通り書類を送付いたしますので、ご査収くださいますようお願い申し上げます。 敬具 記 書類送付 請求書 1通 以上 知っておきたい添え状の注意点 パートの履歴書に添え状をつける場合 新卒や転職時と同様に、パートの採用はあくまでも履歴書の内容や面接時の印象が決め手となります。 添え状が同封されていなかったからといって不採用になることはありません。 ただし、添え状があることでビジネスマナーを理解した人物であるとして好印象を持たれることはあるでしょう。 特にビジネスマナーやパソコンスキルが問われる事務職などの職種では、添え状を同封することで採用に有利に働く可能性は決してゼロとは言い切れません。 どうすべきか迷った場合は添え状を同封しておくことをおすすめします。 病院へ履歴書送付時の添え状 病院へ履歴書を送付する際も、添え状があると印象が変わります。 添え状の内容は企業に送る添え状と同じで構いませんが、「貴社」ではなく「貴院」と表現を変えることだけ注意しておきましょう。 手書きの添え状は縦書きで 家にパソコンやプリンターがない場合は手書きの添え状でも構いません。 パソコンで作成する添え状は縦書き横書きどちらでも大丈夫ですが、手書きの場合は縦書きで作成しましょう。 縦書きの添え状は次の順番で内容を記載していきます。 送付先の宛名• 送付内容• 送り主の氏名や連絡先 まとめ 書類送付に添え状を添付することは、ビジネスマナーの1つであることが分かりました。 履歴書への添付は必ず必要というわけではない場合もありますが、添付しておいたほうがベターであると言えます。 企業によってはテンプレートが既に用意されている場合もありますので、その場合は決まったテンプレートを使用しましょう。

次の