カレリア 共和国。 カレロ=フィン・ソビエト社会主義共和国

『ナドヴォイツィー(ロシア・カレリア共和国):霧のカレリアの猟師を訪ねて』その他の都市(ロシア)の旅行記・ブログ by カリオカケイタさん【フォートラベル】

カレリア 共和国

地理 [編集 ] ロシア連邦の北西部に位置し、東はに面する。 白海の海岸線は約630km。 丘陵性の平原が広がり、西にいくにつれて高地となる。 は172,400km 2。 西側はと国境を接する。 ロシア連邦内では、北にの、南東に、南に、と隣り合う。 河川・湖沼 [編集 ] 約27,000の河川があり、主なものはヴォドラ川(400km)、、。 の数は約60,000で、南西部の、南東部のは、面積でそれぞれ第1、第2の湖である。 その他の湖にはヴイゴゼロ湖など。 資源 [編集 ] 、、、、、、などを産する。 住民 [編集 ] は716,281人(2002年)。 住民の73. ほかに、(7. 平均年齢は37. 279,915戸。 歴史 [編集 ] 以降、一部はに支配されていたが、初めの、その後の()によってロシアに併合された。 、 が創設される。 のにおいてがフィンランドに侵攻したのち、占領地を組み込んで、に とされる。 にフィンランド軍が一部を占領したが、にフィンランドがソ連と休戦条約を結んで退却。 の講和条約で、フィンランドはソ連によるカレリア地方のを認めた。 、再び自治共和国に戻されカレリア自治ソビエト社会主義共和国となった。 より、カレリア共和国。 政治 [編集 ] は首長で、より任命される。 現在の首長は アルトゥル・パルフェンチコフ ()(2017年2月15日より代行)。 歴代の元首についてはを参照のこと。 立法府は一院制の共和国議会(定員57)で、選挙が4年に一度が行なわれる。 経済 [編集 ] 、木材加工、製紙業、金属加工などが盛ん。 世界遺産・キジ島 [編集 ].

次の

シベリウス「カレリア組曲」の解説とオススメ名盤

カレリア 共和国

カレリアとは、とにかけて広がる地域の呼称。 人にとって精的な原郷であると共に、カレリアはサーミ人の、のゲ(マンラント)は人も含めた北西・ウゴル族の故地である。 概要 、のカレリア共和と州、の北カルヤラ県と南カルヤラ県にされている。 北では、とポフ、西にサヴォ、ハメ、ウーシマーと湾、南から東ではラドガやス、オを挟んでゲや狭義の、そして北西にがある。 先史時代には、・ウゴル族が住み始めた。 0年頃からはスヴェーア人(の人の祖先)がこの地域で活動を始めた。 特に、ではヴァリャーグ、ではやノ人と呼称されるこの人達は、この地域にノブゴロドを建した。 一方で本もその領域を拡大しており、には、この地域は対ノブゴロド、(後には)対正教徒の前線となる。 近世に入ると、としてに君臨したによって西カレリアが治められるが、の下で強大化した・ツァーリは、方でを打ち破り、最終的にとなったこのによって、が持つ南北カルヤラを除くカレリア全土を奪われることとなった。 更に、・を経て、ほぼ全カレリアをが支配することとなる。 によってが崩壊すると、西カレリアはとしてした。 ところが、第二の(現サンクトペブルグ)から当時のまではわずかkmしかなかった。 これを気に食わないはカレリアの割譲を要。 土との中枢を奪われる事になるはこれを拒否してが勃発した。 では善戦したが、周辺のは全くなく、逆にのは増強されていく中でやむなく、カレリアを割譲。 がバロッサでに攻め込むとも旧領奪回を狙い、を戦うこととなる。 一時は以前のまで進みそれどころか、東カレリアさえ奪う勢いだったが、がしていく中で、はまたも劣勢に追い込まれ、のが確定することになった。 東カレリア• カレリア• ネッレ• 西カレリア• 北カレリア• 南カレリア• ラドガカレリア• カレリア地峡• ゲ(ネヴァ地域) 関連項目• サーミ人•

次の

カレリア

カレリア 共和国

歴史 [ ] カレリアは中世以来、()との争う場所となり、東方から布教されると西方から布教される(のちに)がしのぎを削る前線となった(を参照)。 にはスウェーデンとがカレリアを巡って戦い、にで、双方が東西にカレリアを分割するというノーテボリ条約が結ばれた。 全盛期のは、白カレリア(White Karelia、沿岸)、オロネツ・カレリア(Olonets Karelia、より東方)を除いた地域を支配していた()。 一方は前半にがし、最終的にはカレリア全土は半ばには全てに割譲された。 のフィンランド独立により白海カレリア、オロネツ・カレリア、を除く地域はフィンランドの一部となったが、のおよびのによって(Karelian Isthmus)およびラドガ・カレリア(Ladoga Karelia)はソ連に割譲され、現在に至っている。 民族 [ ] カレリアはにとっては精神的な故郷ともいわれる。 国民的な叙事詩「 」は半ばにカレリア各地に残っていたの伝承や歌謡をもとにによって編まれたもので、の交響詩「」もカレリアの原風景からその着想を得たものだといわれている。 なお、シベリウスの作品には、及びそれから派生した序曲・組曲として「」を題名に持つ作品もある。 現在ロシア領となっているホワイト・カレリア以北のを中心とした地域は、同じのの歴史的地域でもある。 また、現在ロシア領となっている(Ingria, インゲルマンラント)は、フィン人を構成する(ウラル語族)の故地でもある。 紋章 [ ]•

次の