足 の 指 が つる 治し 方。 足・ふとももがつる原因と治し方は?マッサージとストレッチ対処法

足・ふとももがつる原因と治し方は?マッサージとストレッチ対処法

足 の 指 が つる 治し 方

スポンサーリンク ときどき、足がつったときに何故こんな場所がつってしまうのかと思うような場所がつることがあります。 一般的にはふくらはぎが多いですが足の指がつったときにはどんな治し方をしたらよいのでしょうか。 そのような時には、体が冷えていたりもともとの慢性的な病気が潜んでいることがありますので気を付けてください。 まず環境的な要因ですが冷えているとつりやすいようなので、室内の空調など患部を冷やしているものがあればそれを止めます。 止められなかったとしても指に当たらないように避けましょう。 寝ていればとりあえず体をゆっくり起こしてください。 急に立ち上がったり強く指を引っ張ったり曲げたりしないようにしましょう。 足の裏をなるべく暖かい場所に置きましょう。 スポンサーリンク 座れたらひざを立てて、痛い方のひざのお皿に手のひらを下にして手を置きます。 そうしたら、薬指が触ったあたりの場所から少し下を優しくさすってみましょう。 これで改善することもあります。 少し痛みが和らいだら、ぬるま湯などで水分補給をしましょう。 しばらくは安静にして急に動かないようにしましょう。 もし、体にぴったりとした衣類をはいていたらそれは脱ぎます。 足を締め付けるようなものは血行が悪くなるのでいけません。 ゆったりとした衣類に着替えます。 スカートなど足が冷えやすいものも避けましょう。 血行をよくするように心がけますが、もし別の症状が出ていればそれに対処します。 緊急を要するような症状があらわれている場合には迷わず病院を受診しましょう。 スポンサーリンク.

次の

こむら返り!足がつった時の治し方・対処法は?予防には何がいいの?

足 の 指 が つる 治し 方

さっと読める目次• つるとはどんな現象? 足がつると言うのはそもそもどんな現象なのでしょうか? 筋肉は脳からの命令で動いています。 筋肉の動きとはすなわち収縮運動なのですが、この収縮運動がうまくいかないとつるという状態に陥ります。 筋肉の疲労やミネラルのバランスによって収縮運動に不具合が起こると過度に収縮運動を起こしてしまうんですね。 つりやすさには体質や体調もある程度関係しており、まったくつったことのないという人もいれば、定期的につる人もいます。 つる人の中でもいつも同じ場所をつる人もいれば、毎回異なる場所をつったり同時に何カ所もつったりする人がいたりします。 脚の中ではふくらはぎが特につりやすい場所と言われていますが、足の指や足の裏、そして今回のテーマである足の甲をつる人も少なくありません。 つりやすい人 高齢になってくると筋力が弱まりコントロールがききづらくなるため、つりやすくなります。 また 妊婦さんは自分の身体のコントロールバランスが崩れるためつりやすいと言われていますね。 他にも毎日過度な運動をしている人、例えば若くても 部活で毎日きつい練習をしている人などはつりやすくなります。 一部の薬剤にもつりやすくなるという副作用を持つものがありますので、服薬中につりやすくなったという方は一度主治医の先生に確認してみると良いかもしれません。 つるタイミング つりやすいタイミングというと夜寝ている間を挙げる人が多いのではないでしょうか? 筆者はよく夜中ふと目が覚めると同時に足がつることがよくあります。 これは急に体を動かしたこと、そして体が冷えていることなどが関係しています。 同じく寝起きや、急に動こうとしたときなどはつりやすい傾向にあるようです。 また激しい運動の最中などに筋肉の疲労が限界を迎えてつってしまうということもよくありますね。 足の甲がつる原因は? ではいよいよ本題です。 足の甲がつってしまうその原因とはなんなのでしょうか? 基本的にどの場所であっても"つる"という現象の原因は変わりません。 足の甲であってもふくらはぎであっても、その部分にある条件が生じる、または重なることで"つる"という現象に繋がります。 足の甲が疲れている 一般的にふくらはぎがつりやすいのは、ふくらはぎが足の中でも最も疲弊しやすい場所であるからだと考えられます。 立ち仕事でも運動している人でも、立って動いている以上はふくらはぎの筋肉は使われています。 ふくらぎのように、筋肉を酷使すると伸縮の判断がうまくできずにつるという状況に陥ることがありますが、 足の甲であってもそれは例外ではありません。 立ち仕事や無理な体制をした時に足の甲を酷使したことでつりやすい状況になっていることがあります。 日常的に足の甲をつるという人は自分でも気づかないうちに足の甲を使っているのかもしれません。 例えば座っていても、ついつい足を遊ばせてしまう人がいます。 筆者も経験がありますが、デスクワーク中に足を変な風に動かして足の甲に負担をかけて、その日の夜につるということを経験したことがあります。 足の甲は普段意識的に使う場所でないからこそ、無意識に疲弊させている可能性があるんですね。 水分・ミネラル不足 夏場になるとつりやすくなる人も多いと思います。 これは脱水症状の一環で、体内の水分が少なくなり、ミネラルのバランスが崩れるとつりやすくなってしまいます。 夜につる人も、寝汗をかいている状態で足もつるということを経験したことのある人もいるのではないでしょうか? 筋肉を正常に動かすには水分とミネラルが重要です。 適度な水分補給は人体を正しく働かせるために必要なことですので、特に思い当たる節もなくつるという人は意識するようにしましょう。 冷えによる筋肉の異常 身体が冷えると筋肉は緊張状態のまま硬直します。 これは人体にとって正常な動きではないため、 筋肉を動かす命令系統にも乱れが生じてつりやすくなってしまいます。 冬場に主につるという人は冷えが原因の可能性もあります。 冷えが原因の場合は主に寝ている間に起こりやすくなりますね。 足の甲がつらないための対策 筋肉のケアをする 日頃からストレッチなどをして身体のケアをしておくとつりにくくなります。 疲れを溜めないようにしたり、硬直した筋肉をほぐして正常な動きを取り戻させることが大切です。 また、運動不足を自覚しているようなであればせめてつりやすい部分だけでも重点的に筋肉を鍛えてあげるとつることが少なくなるかもしれません。 トレーニングをしたあとはしっかりとストレッチをすることも忘れないようにしましょう。 水分補給をしっかりと 水分補給をしっかりと行うことでつりやすい体質を改善します。 特にミネラルが不足しないように食事にも気を遣うことが大切です。 ミネラルを多く含む食材として、きのこや海藻を積極的に摂取することも大切。 また、寝る間や起床時、運動のあとなどつりやすいシチューションの前後にしっかりと水分補給を行うことも大切です。 身体を温める ストレッチなどで筋肉をほぐすことも大切ですが、そもそも身体が底冷えしないようにする工夫も大切です。 冬場などはしっかりお風呂に入ってあたたまってから寝る様にしたり、夏場であれば冷房のつけっぱなしにきをつけたりすることですね。 ただしあたためすぎたり冷房を制限して脱水症状になってしまっては意味がありません。 水分補給も忘れずに、また何事もバランスを考えて行うことが大切です。 治らないようなら これらのことを気を付けても定期的に足の甲をつるという方は一度お医者さんに相談してみてもよいかもしれせん。 内臓の不調などで体内のバランスが崩れることでもつりやすい身体になってしまうからです。 足の甲がつってしまった時の対処法 いざ足がつってしまった時は痛みがおさまるまで我慢するしかありません。 しかし痛みがひいたあとに違和感が残らないようにするためにも、つったなと思ったら優しく伸ばしてあげることが効果的です。 足の甲がつった場合は指を上に反らせるようにゆっくり曲げてあげます。 痛みがおさまってきて足がひえているようであれば少しあたためたり、汗をかいているようなら水分補給をしたりして体内環境を整え、軽くストレッチをしてあげるようにしましょう。 くれぐれもゆっくりと伸ばしてあげることが大切です。 つるということは筋肉が必要以上に緊張している状態なので、 無理して伸ばそうとするケガの原因にもなってしまいます。 足の甲がよくつる、という方は足の甲が人よりも疲れている状態にあるのかもしれません。 特に他の部分はつらないのに足の甲だけピンポイントでつるという方は意識的に足の甲をマッサージしたりあたためたりして足の甲をケアしてあげると同時に、日常生活で無意識に足の甲に負担をかけていないか確認してるとよいでしょう。 万が一つってしまった時は焦らずゆっくりと対処することで足の甲が痛む危険性を少なくすることが出来るかもしれません。 よく読まれてる人気記事 Lacy編集部:桜井香織 ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。 美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。 時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。

次の

足のすねがつる7つの原因!治し方はマッサージではダメなの!?

足 の 指 が つる 治し 方

スポンサーリンク 手や指がつる原因とは? ずばり筋肉への負担が原因になっています。 手を酷使したり、急激な温度差でも痙攣してつることがあるようですね。 足にもいえることですが血行が悪くなることが一番の原因。 なるべく温度を一定に保ち、寒い冬は温かいミルクで身体を温めてください。 またそのほかにも栄養価が原因になってる場合もあります。 酸素不足、ミネラル不足、マグネシウム不足…。 やはり野菜中心の生活にすることで解消できるものばかりですね。 手や指がつったときのストレッチ 「痛い!」と手指がつったときはパニックになってしまいますよね。 激痛ですからね。 手指がつったときのマッサージを解説しましょう。 筋肉の疲れを和らげるストレッチ 1・手を体の前に伸ばして、全ての指を体側にひっぱります。 2・指1本1本を体側にひっぱります。 3・腕の表と裏をストレッチにするために、手のひら裏表、両方伸ばします。 冷えによる手のつりを和らげるストレッチ 1・手をぎゅっと握ります。 ゆっくり小指から順番に開いていき、数かい繰り返します。 痛い部位を触ることは痛みを増徴させるのではないかと思いがちですが、とても効くんです。 ぐーっと伸ばして、ストレッチをするとあっという間に痛みがひきます。 詳細は動画をご覧くださいね。 blog. so-net. 栄養の不足についてはお話しましたが、それによって高血圧の可能性も。 さらに「手足がよくつるからおかしい」と思って病院に行った方が糖尿病だったという報告もあります。 糖尿病になると日常生活に規制が増えてしまい命にも関わります。 手足両方ともすぐにつってしまう場合は? 慢性的な栄養不足や運動不足が原因かもしれません。 他にも 服用しているお薬の副作用である可能性もありますので、違和感を覚えた方は早めにお医者様に相談しましょう。 最後に いかがでしたでしょうか? 手足がつることを簡単にとらえている方も多いようですが、それは 確実に身体が出している不調のサインでもあります。 寝ていれば治るようなものであれば良いですが、手遅れになる前にサインに気付いて日常生活を見直してみてくださいね。

次の