ベーコン 弁当。 面倒な下茹で不要!「小松菜とベーコンの黒こしょう炒め」のお弁当

[アスパラ&ベーコンレシピ]プロが教えるお弁当で人気のおかず

ベーコン 弁当

電子レンジで定番レシピを時短「アスパラベーコン巻き」 アスパラガスを下処理をしたら食べやすい長さにカットし、あらかじめ電子レンジで1分半加熱しておいてください。 ベーコンでアスパラガスを巻いて爪楊枝でしっかり止めたら、オリーブオイルをふりかけて再び電子レンジで加熱します。 仕上げに黒こしょう・粉チーズなどをお好みでふれば、定番レシピ「アスパラベーコン巻き」の完成です。 ささっとチンして大量消費「ベーコンとキャベツの胡椒バター」 キャベツを粗めの千切りにし、ベーコンを同じくらいの幅にスライスします。 耐熱容器にキャベツとベーコンを入れて電子レンジで1分加熱してください。 熱いうちにバターを加えて混ぜ、仕上げに黒こしょうをふれば「キャベツとベーコンの胡椒バター」の完成です。 トマト缶を使って超簡単スープ「ベーコンのミネストローネ」 耐熱容器に食べやすい大きさに切ったじゃがいも・にんじん・玉ねぎ・にんにくを入れ、様子を見ながら電子レンジで7分程加熱してください。 そこにトマト缶・水・ベーコン・セロリ塩を加え、沸騰するまでさらに7〜10分加熱していきます。 加熱後温かいうちに顆粒コンソメ・こしょうを加えて味を調えれば、「ベーコンのミネストローネ」の完成です。 電子レンジ2分で簡単「長ねぎとベーコンのオイル和え」 長ねぎは斜め切りに、ベーコンは5cm角に切り、材料をすべて耐熱ボウルに入れてください。 電子レンジで1分加熱し、一度さっくり混ぜ合わせてからさらに1分加熱すれば、「長ねぎとベーコンのオイル和え」の出来上がり。 夕食の副菜が一品足りない時にささっと作れる簡単レシピです。 じゃがいもをレンチンして時短「ベーコンのポテトサラダ」 あらかじめきゅうりは薄切りにして塩でもんで水気を切り、じゃがいもは柔らかくなるまで電子レンジで5分程加熱しておいてください。 ボウルにじゃがいもを入れてつぶし、冷めたら合わせダレを混ぜ合わせます。 仕上げにきゅうりとベーコンをさっくりと混ぜ合わせれば、「ベーコンのポテトサラダ」の完成です。 レモンのドレッシングがぴったり。 うぅ…美味…どなたかビールをわしに…🍺 — しらとあきこ akipcs.

次の

お弁当♪ポテトのベーコン巻き♪ レシピ・作り方 by ●まかろん●|楽天レシピ

ベーコン 弁当

ベーコンの栄養素について ベーコンは、豚ばら肉を塩や香辛料に漬け込んで 塩せき スモークしたものです。 ウインナーやハムと同じように、様々な料理に幅広く使えて、手軽にタンパク質も摂れるとても便利な食材です。 ベーコンの発祥地はデンマークと言われています。 当時、長期の航海のために豚肉の塩漬けが利用されていましたが、船の上では調理することが不便だったので、火であぶって貯蔵されるようになりました。 ある時、薪が湿っていて程よく煙でいぶられた豚肉が、香りも味わいも良く、長期間保存できることに気づきました。 こうしてベーコンが作られるようになったと言われています。 ベーコンには、牛肉の10倍ほどのビタミンB1を含んでいます。 ビタミンB1は、糖質を分解しエネルギーに変えるために必要な栄養素です。 疲労回復に効果のある食品なので、積極的に取り入れたいですね。 美味しいベーコンの選び方 ベーコンには、いくつかの種類があります。 一般的なものとして、ばら肉やロース肉を使ったベーコンや、肩肉を使ったショルダーベーコンなどがあります。 ベーコンは、種類によってカロリーにも違いが出てくるので、理解しておきたいですね。 例えば、ばら肉のベーコンは、100g当たりのカロリーは405kcal、脂質は39. 1gとなっており、カロリーも脂質も高めです。 これに対して、ショルダーベーコンは、100g当たり、186kcal、脂質11. 9gとかなり低く、 ロースベーコンの場合、カロリー211kcal、脂質14. 6gとなり、ばら肉のベーコンの約半分になります。 このように、ベーコンには多くの脂が含まれているので、余分な脂をカットするように心がけたいですね。 油を使わずに調理したり、クッキングペーパーにベーコンをのせて、レンジで加熱したりするとヘルシーに調理できますよ。 試してみてくださいね。 ビールに合うレシピです。 じゃが芋は皮つきで2㎝角に切り、茹でて粉吹き芋を作ります。 ソーセージとベーコンを切り、オリーブオイルとニンニクを使ってこんがりと炒めます。 じゃが芋を加え、塩、胡椒をして炒めます。 火を切って粒マスタードを入れて和え、最後にパセリのみじん切りを散らして完成! ニンニクを多めに使うと、香りが良くなり一層美味しくなりますよ。 簡単にできるお手軽レシピ。 ほうれん草とベーコンを食べやすい大きさに切ります。 フライパンにマヨネーズを入れて火にかけ、ベーコンも加えます。 ベーコンから脂が出てきたら、ほうれん草を入れて炒め、溶き卵も加え、塩コショウします。 卵が固まり始めたら、手早く混ぜて好みの硬さになったら完成。 強火で一気に仕上げると、色も硬さもちょうど良く、美味しく仕上がります。 ハワイやグアムのお土産として有名な、ビーフジャーキー。 南米の先住民やカウボーイが冷蔵庫の無い時代に肉を長期保存するために、胡椒などのスパイスをまぶして干したのが始まりです。 牛肉のジャーキーが多いですが、豚肉や馬の肉のジャーキーも存在し、現在ではおつまみはもちろん、様々な料理に使われています。 この記事では、ビーフジャーキーの基礎知識に加え、自家製ビーフジャーキーのレシピ、ビーフジャーキーのサラダレシピ、ビーフジャーキーのおかずレシピ、ビーフジャーキーの主食レシピのカテゴリに分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 手軽に色々な料理に使える便利な食材として人気のハム。 ベーコンやウィンナーと違って加熱しなくてもそのまま食べられるので、サラダやサンドイッチの具材としてもよく使われます。 ハムは豚肉や猪肉のもも肉を塊のまま塩漬けした加工食品で、骨付きハム・骨のないボンレスハム・燻製したハム・生ハムなど種類も様々です。 サラダやサンドイッチなど生で食ベるレシピや、パスタや炒め物、ハムカツなどの揚げ物などさまざまなレシピがありますが、今回はハムを煮るレシピに注目して厳選しました。 ハムは煮ることで余分な油分が落ちて、カロリーが抑えられます。 ぜひ紹介しているレシピを参考にして、ハムを使ったおいしい煮る料理を作ってみてください。 この記事では、「ハム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 家に常備してあると安心する食品「ソーセージ」。 いろいろな調理法で手早く手軽に食べられて、とても便利です。 お弁当のおかずとしても人気ですし、ビールやワインのおともにもぴったりですね。 子どもから大人まで好んで食べられる加工食品の代表格ではないでしょうか。 そもそもソーセージとは、塩漬けされた肉をひき肉にして味付けし、子牛や豚の腸に詰め、乾燥や燻煙(煙でいぶすこと)したもののこと。 プリッとした皮とジューシーな身の食感がたまりませんよね。 一般的には時間をかけず、焼いたりゆでたりして食べることが多いですが、今回はソーセージを煮て食べるレシピに注目してみましょう。 便利なソーセージを活用して料理のレパートリーを広げたいですね。 この記事では、「ソーセージ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

[アスパラ&ベーコンレシピ]プロが教えるお弁当で人気のおかず

ベーコン 弁当

みなさま、おはようございます! 忙しい女子のみなさまのためのお弁当!第141回目は 「小松菜とベーコンの黒こしょう炒め」をご紹介します。 こちらの お弁当レッスンでも定番の「小松菜」。 栄養満点ながら、アクが少なくザクザク切ってそのまま使えるとても嬉しい葉野菜です。 今回は簡単に 黒こしょう炒めに!お試しください。 面倒な下茹で不要!「小松菜とベーコンの黒こしょう炒め」のお弁当 (材料)1人分• 小松菜 50g(2cm幅に切る)• ベーコン 1枚(20g• オリーブ油 小さじ1• 塩少々• 黒こしょう 適量 (作り方) 1) フライパンにオリーブ油を入れて中火で熱し、ベーコン、小松菜を入れて炒める。 2) 塩と黒こしょうを入れてさらに炒め、フライパンの蓋をしてしっかり火を通す。 3) 蓋をあけて水分を炒りとばす。 ***** 小松菜は、しっかり火を通すとうまみが増して美味しいですよね。 火を通しても歯ごたえも残って本当に便利な野菜です。 こちらは夫弁当。 豚の大葉味噌巻き、甘辛卵焼き、小松菜とベーコンの黒こしょう炒め、鮭の塩焼き、茄子のソテー、ほうれんそうの胡麻和え、白ごはんと白菜の漬物。 よかったら遊びにお越しください。 かめ代のおうちでごはん。 来週もどうぞお楽しみに…!.

次の