ネット ワン システムズ。 「A氏が単独で行っていた」、ネットワンシステムズが循環取引で中間報告書

IT業界の「悪癖」再び ネットワンら5社、循環取引の疑い

ネット ワン システムズ

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

ネットワンシステムズ、 独自アーキテクチャによるauカブコム証券の新ネットワーク基盤を構築

ネット ワン システムズ

売上高の推移 ネットワンシステムズは、子会社7社をかかえる、ICT(情報コミュニケーション技術)関連サービスを提供する企業グループです。 ネットワンシステムズの 売上高(連結)は、以下のように推移しています。 2014年度 : 1,431億円• 2015年度 : 1,451億円• 2016年度 : 1,572億円• 2017年度 : 1,611億円• 2018年度 : 1,819億円 ICT市場は拡大しており、2014年度以降、売上高は毎年のように前年と比べてプラス成長を続けています。 従業員数も2千人を超えています。 売上高の内訳 ネットワンシステムズでは、事業内容を対象顧客別の観点で、下記の区分に分けて管理しています。 ENT事業 : 523億円• SP事業 : 355億円• PUB事業 : 636億円• パートナー事業 : 300億円 最も割合の高い分野は、中央省庁や自治体、社会インフラ企業向けに事業を行っている「PUB事業」ですが、特定の業種に大幅にかたよっているわけではなく、広くいろいろな顧客向けに売上を獲得しています。 また、売上のほとんどは日本国内向けです。 また、ネットワンシステムズは、製品の多くを海外系のベンダーから仕入れ、国内に販売する、という流れになっています。 取扱商品の割合の中で高い比率を占めているのが、シスコシステムズ社の製品ですので、仕入先に関してはやや依存度が高いと言えます。 経常利益の推移 経常利益は、会社の通常の事業活動の結果を見るときに参考になる数字です。 ネットワンシステムズの 経常利益(連結)の推移は、下記のようになっています。 2014年度 : 42億円• 2015年度 : 25億円• 2016年度 : 57億円• 2017年度 : 84億円• 2018年度 : 132億円 2018年度には、100億円を超えるまでに増益を達成しています。 自己資本比率 企業の安全性を見る際に参考になるのが、自己資本比率です。 2019年3月末の時点の手元資金は、200億円を超える水準です。 東芝ITサービスの架空取引の不祥事報道 2020年1月の報道で、東芝子会社の 東芝ITサービスの架空取引(循環取引)が報じられています。 報道の中では、ネットワンシステムズがこの架空取引の主導的役割を担っていた、とされています。 ほかにも、日本製鉄グループの日鉄ソリューションズ、富士電機の子会社である富士電機ITソリューション、みずほ東芝リースの名前があがっています。 東芝と言えば、2015年に発覚した「不適切会計」が記憶に新しいところですが、今度はその子会社で不祥事が発生したことになります。 多くの有力なシステム会社の名前があがっていることから、影響が大きい不祥事です。 循環取引による不祥事とは? 循環取引は、 不適切な会計処理の代表格とされているものです。 循環取引は、その名の通り、複数の企業の間で商品などをぐるぐると回して売上や利益を水増しする手口です。 企業は、それぞれ予算を作ってそれを達成するためにビジネスを行っていることから、予算の達成が難しい状況になったときに、売上を大きく見せかけるために循環取引を行う、といったことなどが考えられます。 複数の企業が結託することにより、仕組上は、売上高を無限に膨らませることが可能となります。 循環取引は、まったくの架空(伝票上だけの操作)で行われる場合だけではありません。 取引に関与する会社は実在することが多く、実際にお金のやり取り(決済)を行うこともあり、さらには帳簿や在庫の偽装を伴うことが多いので、不正を行う意図をもって巧妙に仕組まなければできない取引です。 なお、商品などをぐるぐると循環させる取引のため、実際にモノが存在する業種(例えば、製造業など)よりも、今回のように、モノのないソフトウェア産業において多く発生すると言われています。 循環取引には、通常、不正を首謀する企業が存在し、相手の企業は首謀者からの誘いに乗って取引に加わることになります。 取引に加わる企業にとっても、取引を右から左に流すだけで苦労せずに売上を上げることができるため、循環取引の誘いに乗ってしまうのです。 ただし、相手の企業が不正に結託している場合だけでなく、循環取引と知らずに巻き込まれてしまうケースや、循環取引と知っていても知らないふりをして関与するケースもあります。

次の

「A氏が単独で行っていた」、ネットワンシステムズが循環取引で中間報告書

ネット ワン システムズ

ネットワンシステムズは2020年2月13日、循環取引に関する調査の中間報告書を公表した。 特別調査委員会は一連の循環取引について「組織的に実行されたものではなく、全容を把握して架空の商流取引であることを認識していたのはA氏のみであり、A氏が単独で行っていた」と指摘した。 ネットワンは当初、2019年4~12月期の連結決算を2020年1月30日に発表する予定だったが、2月13日に延期。 2月13日時点でも連結決算を開示できておらず、発表時期はさらにずれ込む見通しだ。 中間報告書によると、循環取引による売上高への影響額は、2016年3月期以降の累計で276億1500万円に上った。 同社で循環取引を主導したのは、東日本第1事業本部第1営業部営業第1チームのシニアマネージャー(当時)だったA氏。 A氏が所属していた営業第1チームは中央省庁を担当していた。 A氏は循環取引に関わった企業の担当者らと連絡を取り合いながら、不正行為を繰り返していた。 A氏が循環取引にのめり込んだのは、ある中央省庁の大型案件を所属チームが失注し、これを挽回するためだったという。 ただし、循環取引で支払われた金額の一部が流出しており、供述内容の信用性に疑問があるとした。

次の