クレジットカード anaマイル。 ANAのクレジットカード全37種を比較!おすすめカード5選

クレジットカードで納税~ANAマイル大量獲得~

クレジットカード anaマイル

ANAマイルを含め3種のポイントが貯まる• 各種ポイントサイトからANAマイルに高レートで交換可• 継続ボーナスマイルで年会費2,000円分は実質相殺• PASMOオートチャージ可• ETCカードは年会費無料でポイントも貯まる• 「ソラチカルート」閉鎖で交換レートに改悪• 積算率が低くフライトではマイルが貯まりにくい• 東京メトロユーザー以外はメリットが半減• 家族カードの年会費は有料 陸マイラーなら必携!とも言われるのがANA To Me CARD PASMO JCB。 (通称ソラチカカード) 年会費も2,000円(税別)と安めなので、日々の生活でコツコツマイルを貯めたい人はこれで決まりです。 ANAゴールドの中で最高のマイル還元率(基本1. 0~1. リボ登録で年会費を抑えられる• カード継続で毎年2,000マイルもらえる• SFC修行すればANA上級会員資格をゲットできる• 電子マネーiDが一体化• 海外旅行保険付帯だが補償額は少なめ• 審査はそれなりに難しいと言われる• 家族カードとETCカードの年会費は有料• 空港ラウンジサービス付帯なし ANAマイルを貯められるクレジットカードの中でも、最強と名高いのがANAワイドゴールドカード。 (1位でもいいが、年会費が高いので2位に) とにかくマイルが貯まる ANAワイドゴールドカードは、ショッピングでもANAのフライトでも、とにかくマイルが貯まります。 100円=1ポイント=1マイルと高還元率• 一定の社会的信用がないと持てない由緒あるカード• グルメ関連や宿泊施設、ツアーの優待が充実• 海外、国内共に上限額の大きい旅行保険が自動付帯• 国内、海外850以上の空港ラウンジを無料で利用可• ポイントの有効期限がなく長期的にマイルを貯められる• 限度額は一人ひとりに合わせて柔軟に設定される• ETCカードを無料で発行できる• 27歳以上限定、審査の敷居も高め• 年会費も一般的なゴールドカード以上かかる• 分割払い不可 一括、ボーナス一括、リボのみ• 家族カードの年会費はやや高めの設定 年会費こそ高いものの、それ以上のベネフィットがあるので3位に。 高額出費でもマイルを貯められる ANAダイナースカードは一人ひとりの経済力に合わせて限度額を設定。 人によっては、海外旅行や結婚式、自動車などの 高額出費もカード払いでき、マイルを貯められます。 細かいことを気にせずにガンガンマイルを貯めたい、そんなリッチな思考の人におすすめです。 持つだけでMarriott Bonvoyのゴールド会員資格取得• 次年度以降、継続する度に無料宿泊特典をもらえる• 実質ポイントの有効期限がない• ANA/JAL両マイル還元率が非常に高い• アメックスながらマイル交換上限なし• 手厚い海外旅行保険が自動付帯• 空港送迎サービスなど、旅行系特典も豊富• 年会費が高め それ以上の恩恵は受けやすい• プライオリティパスが付帯されない• ステータスカードとしての認知度は高くない• アメックスゴールド系の特典で使えないものもある 招待日和など• 海外の地域によっては使えない場合も アメックスカードの中で一番のおすすめがSPGアメックス。 (正直なところANAアメックスゴールドと迷いましたが) 理由としては単純。 ANAマイルを貯める上で重要な条件を全て満たしているからです。 ANAマイル還元率 常時1%(60,000ポイントまとめて移行すると1. 25%) ANAマイル移行手数料 無料 ANAマイル移行上限 なし ポイント有効期限 無期限 ここで唯一ネックになりそうなのが、31,000円(税別)の年会費ですね。 今まで無料のカードや、一般的なゴールドカード(1万円)を使っていたなら、相当高く感じますよね。 ただ、 意外と元を取るのは簡単なんです。 SPGアメックスは年会費をペイしやすい SPGアメックスは高級ホテルグループ(マリオット)との提携カード。 そのため、 毎年カードを継続するたびに無料宿泊特典がもらえます。 しかも2名分なので、これだけで年会費をペイできちゃいます。 入会、継続で大量のマイルがもらえる• 常時1. 手厚い海外旅行保険が自動付帯• ポイント有効期限、ANAマイル移行上限、移行手数料なし• 国内主要空港ラウンジが無料• 年会費が高め 元を取るのは難しくない• プライオリティパスは付帯されない• 審査難易度はそれなりに高い• アメックスのゴールドにしては特典が少なめ• 家族カード年会費が高い 初年度は無料 SPGアメックスと同様、適正条件を満たしているのがANAアメックスゴールドカード。 ANAマイル還元率 常時1% ANAマイル移行手数料 無料 ANAマイル移行上限 なし ポイント有効期限 無期限 万人受けするか?と言われると微妙なので惜しくも2位に。 (名前通りANA便のヘビーユーザーにメリットのあるカードなので…) ANA便フライトでとにかくマイルが貯まる ANAアメックスゴールドカードの1番の魅力は、 フライトボーナスマイル積算率の高さ(40%)です。 例えば、以下の条件でフライトしたとします。 27社の航空券購入時利用でポイント3倍• ANAを含む15社のマイルに交換できる(JALは不可)• ポイントの有効期限がなく、マイルを無期限で貯められる• 入会、継続で大量のポイント(マイル)がもらえる• 空港ラウンジ同伴者1名無料• ETCカードを年会費無料で発行できる• 国内旅行保険も最高2,000万円で付帯• 年会費が1万円とゴールドカード相当• ANAマイルへの移行が手数料有料で、年間移行上限に改悪アリ• フライトでマイルが貯まらない• JALマイルに交換できない(ハイレートで交換する裏技アリ)• 海外旅行保険が付帯しているが補償額は少なめ• ANAマイル還元率 常時1% ANAマイル移行手数料 無料 ANAマイル移行上限 なし ポイント有効期限 無期限 ただ、 人によってはSPGアメックスやANAアメックスゴールドよりもマイルを貯めやすいカードです。 28の航空会社でポイント3倍 というのもアメックススカイトラベラーではANAを含め、 28の航空会社のチケット購入でポイントが3倍に。 「航空会社にこだわりはない!(ANAの飛行機じゃなくてもいい)」 そんな人には、好都合ですね。 また、貯めたポイントも15の航空会社のマイルに交換できるので、 どのマイルを貯めるか決め兼ねている人にもおすすめです。 上位ランク:スカイトラベラープレミアム 毎年50万円ほど航空券を購入するなら、ワンランク上のプレミアムカードがおすすめ。 スカイトラベラー スカイトラベラープレミアム 年会費(税別) 10,000円 35,000円 航空券購入時のマイル還元率 3. 年会費が安く、ANAマイラー入門におすすめ• 他カードに落ちても可能性がある独自審査• 通常のショッピングでもANAマイル還元率が1. 0%の高還元率• フライトボーナスマイル25%• ANA航空券購入時にマイル還元率2. 空港ラウンジは同伴者1名無料• 通常ポイント還元率は0. 33~0. 75%と低め• ANAマイルへの交換に税別6,000円の年会費がかかる• ETCカードは有料 年会費は無料• 家族カードは年会費あり 条件付きで初年度無料 ANAマイルを貯められるアメックスカードの中で、 ダントツ年会費が安いのがANAアメックスカード。 (2位のANAアメックスゴールドの下位カードです。 ) 以降手数料が6,000円かかるため、4位と少し低めにランク付けしました。 格式高いステータスカード• メンバーシップリワードプラス加入でANAマイル還元率が1. プライオリティパス付帯 制限あり• 海外でも24時間日本語サポート• 最大1億円の旅行保険 国内5,000万• 高級レストランでの優待 1名分が無料になる等も• 家族カードが一枚目無料で超お得• Apple Payも利用可• 年会費が高め 使いこなせば安い• 届くまでそれなりに時間がかかる• 通常ポイント還元率は0. 33~0. 有名なので良くも悪くも目立つ• ANAマイル還元率 プラス3,000円(税別)の年会費で1% ANAマイル移行手数料 5,000円(税別) ANAマイル移行上限 年間4万マイル ポイント有効期限 実質なし ただアメックスゴールドの魅力は、ANAマイルがどうこうじゃないです。 とにかくステータスが高い クラシカルなステータス性は今も健在。 (バブル期はお金持ちの象徴とも) 実際、クレマイが独自に行ったアンケート調査では「」で第1位、「」で第2位に。 「ANAマイルはついでくらいでいいや!」という人には、イチオシしたいカードです。 通常1. Amazon等の大手ECサイトで2. 数多くの共通ポイント、JALやANAマイル、Amazonギフト券など交換先が多種多様• iDとQUICPayを両方搭載する稀有な一枚• Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイも利用可• ETCカードや家族カードを無料で発行可• 審査基準が比較的やさしい 学生や主婦も可• 券面がブラックで高級感がある• 還元率アップ対象の実店舗はない• ポイント有効期限が1年と短い• 旅行保険は付帯されない• Amazonより楽天派は楽天カードの方がお得 オリコカードザポイントの ANAマイル還元率は0. 年会費無料クレジットカードの中では、JCBカードWと同率1位です。 オリコモール経由でAmazonなどで還元率がアップするので、 ネットショッピングが多い人はさらにANAマイルが貯まりやすいですよ。 プロパーながら通常ポイント還元率1. Amazonやセブンイレブンなど多くのシーンで2. 年会費無料なのに海外旅行保険が付帯• ETCカードや家族カードも無料• 男女ともに定評のあるデザイン• 女性向けの特典や保険を追加できる「JCBカードW PLUS L」も• QUICPayと相性抜群、Apple Payなども利用可• 申し込みは39歳以下&WEB限定• 利用明細はWEBやアプリのみ• ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは少し低め• VISAやMasterCardと比べると海外では使えない地域も• 敷居は低めなのでステータスは高くない オリコカードザポイントと同じANAマイル還元率(0. 6%)を誇るのがJCBカードW。 スターバックスやセブンイレブンなど、 街中にある身近な店舗で還元率がアップするので、気づいたら大量のポイントが貯まっていますよ。 通常1. 年会費無料で海外旅行保険も利用付帯• 学生や主婦、フリーターでも可能性十分• 身分証明書要らずで簡単ネット申し込み• 国際ブランドもデザインも豊富• ポイントは楽天市場や楽天ペイで使えるので、交換できるアイテムは実質無限大• 所有者が多いのでステータスは低い• 審査結果は最短即日だが、届くまでは一週間程度• Amazon派はJCB CARD W等の方がお得• 楽天からのメルマガが多い 解除可能• 楽天市場で月9,000円以上使う人は楽天ゴールドカードの方がお得 ANAマイル還元率に限った話をすると先述の2枚よりも劣りますが、 マイル利用時を想定すると一番のおすすめは楽天カードです。 これは「ANAマイル交換に必要な最低ポイント数」が、たったの50ポイントだからです。 ANAマイル交換に必要な最低マイル数 楽天カード 50ポイント~ JCBカードW 500ポイント〜 ヤフーカード 500ポイント~ オリコカード 1,000ポイント~ 「特典航空券の交換まであと数マイル足りない…」 そんな時でも、 楽天カードがあれば細かくマイル数を調整できちゃうんですね。

次の

クレジットカードで納税~ANAマイル大量獲得~

クレジットカード anaマイル

マイルは、各航空会社が独自に定めている「お客様サービス」です。 貯まったマイルは各航空会社のサービス内で利用が可能です。 日本国内のマイルといえば、JALまたはANAが代表格と言えるでしょう。 <JALのマイル> 正式名称「JAL Mileage Bank(JALマイレージバンク)」 <ANAのマイル> 正式名称「ANA Mileage Club(ANAマイレージクラブ) それぞれ、JMB、AMCと呼ばれることも多いので、覚えておきましょう。 共にフライトや日常のお買い物・旅先のホテルやレンタカーのご利用等で貯めることが可能なマイレージプログラム。 貯まったマイルは航空券やクーポンなどに交換可能で、とてもお得なサービスとなっております。 マイレージプログラムにはどうやって加入するの? では、マイルはどうすれば貯めることができるのでしょうか。 それには、いくつかの方法があります。 1 飛行機に乗ってマイルを貯める 飛行機に乗れば、フライト距離に応じてマイルを獲得することができます。 あくまで一例ですが、東京発着路線のJALでは、ニューヨークまでは片道6,723マイル、シドニーまでは片道4,863マイルとなっています。 2 クレジットカードを使ってマイルを貯める 特定のマイレージプログラムと提携しているクレジットカードで、日頃のショッピングや公共料金などの支払いで貯まるクレジットカードのポイントをマイルに交換することができます。 マイル提携をしているクレジットカードで航空券の代金を支払えば、フライト距離分のマイルとクレジットカードのポイントが一緒に貯まります。 そのポイントをマイルに交換すれば、よりマイルが貯まります。 「陸マイラー」という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 世の中には飛行機に乗らずにマイルを貯める方も多くおり、その方々を「陸マイラー」と呼んでいるようです。 日常生活でマイルを貯めて、貯まったマイルを航空券に交換し旅行に出かけるのもちょとした楽しみですね。 マイルを貯めるとどんなことができるの? マイルを貯めると、さまざまなメリットがあります。 1 飛行機代が無料になる マイルが一定の量に達すると、特典航空券に交換できます。 各航空会社で定められた規定があります。 例えばJALなら、国内線は片道6,000マイルから航空券に交換できます。 国際線なら片道7,500マイルから航空券に変換できます。 また、JALには、行き先がどこになるかはお楽しみ、往復6,000マイルで日本のどこかに行ける「どこかにマイル」といった人気のサービスもあるようです。 2 座席のアップグレード 貯まったマイルを使って、ワンランク上のクラスの座席へのアップグレードが可能です。 3 クーポン券への交換 航空会社の系列のツアー会社やホテルの宿泊などの支払いに利用可能なクーポン券との交換ができます。 4 電子マネーへの交換 航空会社によってはWAONなどの電子マネーに交換することも可能です。 マイルには期限がある! セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス R ・カード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カードを持っている方は、JALのマイルを効率良く貯められる「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」に登録できます。 これは、同カードを利用すると、JALのマイルに加え、永久不滅ポイントが貯まり、永久不滅ポイントをマイルに交換することで、より効率的にマイルを貯めることができます。 またファミリーカード・追加カードのご利用金額も合算されるので、効率的にJALマイルが貯まります。 JALに乗る機会が多い人なら、検討の余地は大いにあるでしょう。 「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 マイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードを紹介! 実際にマイルを貯めようと思った場合に、 マイル還元率最大1. 毎月のお支払いに換算すると約70,000円。 1年間これだけの金額を利用するだけで、下記のような航空券と交換をしていただくことも可能です。 より詳しい情報はこちらの記事もご参照ください。 セゾンマイルクラブは登録が必要で、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス R ・カードなら年会費4,000円 税抜 でこれらのサービスを受けることができるので、人気があるカードとなっております。 2 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カード セゾンマイルクラブ のサービスが受けられるカードは他にもあります。 ビジネス利用のサービスが充実したセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カード。 出張等で飛行機を利用される方はこちらのカードを利用していただくとよりお得にマイルを貯めることができます。 またこちらのカードは海外の140以上の国や地域、500以上の都市で空港ラウンジをご利用いただける「プライオリティ・パス」に無料で登録が可能です。 通常年会費429米ドルのサービスが無料というのは非常に魅力的です。 その他にも海外旅行傷害保険や手荷物無料宅配など充実したトラベルサービスが付帯 されているので、個人事業主や経営者の方にはおすすめのカードです。 3 ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス R ・カード ヤマダポイントに加えてさらに永久不滅ポイントが貯まるおトクなカードです。 永久不滅ポイント200ポイントはANAのマイル625マイルに交換もできます。 また、ヤマダポイント4,000ポイントもANAマイル1,000マイルに移行できます。 まとめ.

次の

【ANA陸マイラー】マイルが1番貯まる最強ANAカードは?メインカードにすべきオススメ「ANAカード」は?

クレジットカード anaマイル

Contents• クレジットカードで納税だ! 2017年1月4日から国税のクレジット納付が可能になっています。 また、地方税もだいぶ前からクレジット納付できます。 ここにも大量ANAマイルを獲得するチャンスがあります。 ネットの情報をいろいろ見ているとデメリットが多くて税金のクレジットカード納付は使えないという情報が多くみられます。 確かにデメリットはあるんですが、それ以上のメリットが一部の人にはあります。 その一部の人とは、ANAマイルを貯めている人。 ANA VISA カードをつかっている人です。 デメリット まずはデメリットからです。 通常の納付書で納税した場合は納税額以外に手数料などの費用は発生しません。 でも、クレジットカードで納付すると納税額に対して納付手数料がかかるというデメリットがあります。 国税で0. 76%(税別)、地方税で0. これをもって『使えない』と判断してはいけません。 それ以上のメリットがあれば、利用価値があります。 (注意)国税の場合10,000円ごとに76円(税別)の手数料なので、納税額が10,001円の場合手数料が152 税別)となり手数料率が高くなります。 少額の納税額の場合は注意してください。 メリット 細かいことをいうといろいろあるんでしょうが、最大のメリットはクレジットカード利用で付与されるポイントです。 この付与されるポイントがデメリットの納付手数料よりも価値が大きければいいのです。 ANAマイルを貯めている人が使っているANA VISA カードで納税した場合、納税額の1. つまり、大幅にメリットがデメリットを上回るんです。 具体的には100万円の国税をクレジットカード納付するとした場合7,600円(税別)の手数料を払いますが、14,500マイル~19,500マイルを獲得することができてその価値は50,000円相当以上になるということになります。 19,500マイルを7,600円 税別)で購入することと同じですね(ANA VISA プラチナプレミアムカードの場合)。 海外では一般的なバイマイルしていることになります。 1マイル=0. 42円で買えることになるので超格安です。 (バイマイルの相場は1マイル=3~5円) ANAマイルを貯めるのに一番有利なカード、ANA VISA カードについてはこちらでご確認を。 クレジットカードで納税できる税目 国税 個人にかかわる税で主だったものは、申告所得税、相続税、贈与税など。 法人で主だったものは、法人税、消費税、源泉所得税などです。 そのほかも合わせて30税目の納税が可能です。 詳細はでご確認を。 会社経営者なら、法人税や消費税、源泉所得税などまとまった納税額があると思います。 それをクレジットカード納付すれば大量ANAマイルを獲得できますね。 手数料は損金算入(経費計上)できます。 (付与されるポイントを個人的に使う場合は雑所得になる可能性があるのでご注意を) 個人の場合も給与所得以外の所得がある場合は確定申告するはずですから、そこで発生する所得税はクレジットカード納付できます。 地方税 住民税、自動車税、固定資産税、都市計画税、償却資産税、事業税、不動産取得税、国民健康保険料、ふるさと納税(寄付金)など税金を含め税金以外でもクレジットカードで納付できるものが多々あります。 ただし、国税と違って地方自治体の制度ですのでお住まいの自治体によって手数料率を含め差があると思います。 詳細はお住まいの納税課などでご確認ください。 クレジットカードの限度額以上の税金をクレジットカードで納める方法 クレジットカードの利用限度額が100万円なのに納税額が300万円だ!なんて状況もあると思います。 そんなときもあきらめずにクレジットカードで納付してください。 何度かに分けて納付する 国税の場合、1度で全額を納める必要はありません。 納付期限までに納めればいいのでそれまでに何度かに分けて納付すればOKです。 例えば所得税の場合、秋ごろにはその年の所得税額の大まかな数字が見えてきます。 なので、11月ごろから3月15日までに何回にも分けて納付すればいいんです。 さらには、クレジットカードの利用限度額を一時的に増額することもできるのでANA VISA カードの場合は三井住友カードの『Vpass』から申請してください。 事前振込でカード利用枠を広げる それでも支払い切れない場合、三井住友カードには銀行引落を待たずに振込で利用枠を空けることができます。 これは電話対応となります。 マイ・ペイすリボを設定しているはずでしょうから、『リボ・分割デスク』に電話して振込すれば利用枠を広げることができます。 複数のクレジットカードを使う これは最終手段ですが、ANA VISA カードではなんともならない場合は他のクレジットカードを使うことになります。 管理人は他のクレジットカードで納税したことがありません。 ところが納税の場合は0. ポイント付与はクレジットカード発行会社のポイントシステムによるので、国際ブランドがアメックスでも発行会社がセゾンならまた付与ポイント率が変わります。 なので、お使いのクレジットカードで納税した場合に付与されるポイントについては十分に確認することをお勧めします。 管理人が言えるのは三井住友カードが発行会社のANA VISA カードについては、国税であろうが地方税であろうが通常のショッピングと同じポイントが付与されるということです。 1回あたりの納税上限額 国税 国税では、1回あたり1,000万円の納税が上限となります。 あくまで1回あたりですので、納税額が3,000万円だなんてかたは、3回にわけるとクレジットカードで納税できます。 (クレジットカードの利用枠が1,000万の場合) アメックスやダイナースは事前入金で実質利用枠は無限になりますが、その他の場合はカード利用枠のほうが問題になると思います。 地方税 地方税では、1回(納付書1枚)あたり100万円が上限になります。 市民税の普通徴収は通常4期にわかれています。 なので、市民税額が400万円を超える場合は納付書1枚が100万円を超えることになります。 でも、あきらめないでください。 自治体の納税課に出向いて分割納税の相談をしてみてください。 納税額が大きいため12回の分割納税にしたいなどと希望を伝えれば対応してくれる場合が多いです。 納税の意志がある相談にはかなり柔軟な対応をしていただけるようです。 ただ、管理人の住んでいる自治体では、分割納税にする場合はクレジットカードは利用不可です。 これも自治体によって対応が違うと思うので、役所に問い合わせしてみましょう。 応援よろしくお願いします。 ディズニーランドホテルを予約するときに、お... 2,425 views カテゴリ:• 1,880 views カテゴリ:• ミラコスタ、ランドホテル、アンバサダー、セレ... 1,418 views カテゴリ:• 管理人の場合、ディズニーに行くと結構長く滞在... 1,083 views カテゴリ:• ショッピングセンターや空港で積極的な勧誘し... 757 views カテゴリ:• アウラニ・ディズニーリゾートにきたなら、プー... 663 views カテゴリ:• 関西在住の管理人にとって、ディズニーに行く... 159• 105•

次の