新規 類語。 「アプローチ」の意味とは?類語やビジネス用語としての使い方も

新設(しんせつ)の類語・言い換え

新規 類語

公開日: 2018. 29 更新日: 2018. 29 「台頭」の意味と使い方、類語、英語、「頭角」との違い 「台頭」という言葉をご存知でしょうか。 「若手の台頭」「新勢力の台頭」などと聞いたことがあると思います。 政治や国際関係のニュースでも「台頭」という言葉を聞く機会が多いはずです。 比較的よく使われる言葉の一つではありますが、意味をしっかりと理解しているでしょうか。 意味について知らない、普段から使っている言葉ではあるけれど使い方に自信がないという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は「台頭」の意味や使い方、類語、「頭角」との違いについて解説していきます。 「台頭」を正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「台頭」の使い方と例文 何かが勢いを見せてきて、これから先はそれからは目が離せない存在になったり、その業界の中心になりそうだという場合に「台頭」を使います。 「台頭」は物や人物などと、 勢いや強さが増しているものであったら様々なものに対して用いることができます。 「台頭」の言い回しとしては、 ・台頭する ・若手の台頭 ・新人の台頭 ・新勢力の台頭 ・台頭が著しい などとなります。 例えば、「新人の台頭」といった場合は「新人の勢いが増して、進出してくる」という意味になります。 新人が力をつけて活動を広げること・それまでは力がなかったが、勢力をつけて皆の目に留まるようになることを表します。 また、「急速に」「次第に」などという言葉を「台頭」の前に付けることによって「勢いのよさ」を強調できます。 それでは例文を見ていきましょう。 例文 ・新興勢力である改革派が台頭することによって、物事は大きく変わっていく。 ・ライバルの台頭を目の当たりにする。 ・新しい技術が台頭し、今までの技術は押されつつある。 ・世界競争ランキングでのアジアの台頭は、大きな影響を与えるだろう。 ・若手が台頭してくるとともに、我々は衰退していく。 ・これまでになかった新発想のサービスが台頭している。 ・画期的なアプリの台頭で、従来のアプリは利用者が減っている。 ・私たちは新勢力の台頭を長らく待ち望んでいた。 ・駅前の開発工事に反対する人たちが台頭しつつある。 ・新人の台頭が目覚ましくなってくる。 ・武士の台頭が著しくなったのは鎌倉時代からだ。 「台頭」と「頭角」の違い 「頭角」の意味は「あたまのさき・頭部」です。 「頭角を現す」とすると 「学識・才能が人より目立って優れる」という意味になります。 才能や腕前が他と比べて、群を抜いて優れているために際立って目立つことを表します。 獣の群れの中で、頭の先が他の動物よりも群を抜いていて目立つことから生まれた語が「頭角を現す」です。 「頭角を出す」「頭角がある」などとは言わないので注意してください。 「台頭」は「あるものの勢力が伸びて進出すること。 勢いを増してくること」 「頭角」は「学問や才能が人より優れて目立っていること」 「台頭」はだんだんと勢いが増してくるということですが、「頭角を現す」は他の人よりも一段と才能や技量があることを表します。 このように「頭角」には比較のニュアンスがあります。 また、「台頭」と違い、 「頭角を現す」には「才能があるため際立つ」という意味合いが強いです。 「台頭」には「腕前があるから.... 」「才能があるから.... 」というニュアンスは含まれません。 例文 ・A氏はアイドル業界でめきめきと頭角を現してきた。 ・彼は誰にも期待されていなかったのに、だんだんと頭角を現してきた。 ・彼女は今回の大会で優勝し、やっと頭角を現した。 「台頭」の類語 のし上がる (意味:他人をおさえて、地位が急激に上がること) 「億万長者にのし上がる」 急伸 (意味:売り上げ・利益・業績・株価などが急激に上がること) 「大々的に宣伝したら売り上げが急伸した」 急成長 (意味:急に育って大きくなること。 育って成熟すること) 「A社は急成長を遂げた」 抜きん出る (意味:他より優れていること。 秀でていること) 「彼女の才能は昔から抜きん出ていた」 躍り出る (意味:はなやかに人前に姿を現す。 目立った場所・地位に立つこと) 「今の段階では、彼女がトップに踊り出た」 存在感を増す (意味:独特の持ち味によってその人がそこにいると思わせる感じを増すこと) 「Aチームはだんだんと存在感を増してきた」 目立ち始める (意味:いちじるしく人目を引き始める。 際立って見え始める) 「使い続ける度に汚れが目立ち始める」 「台頭」の反対語 衰退<すいたい> (意味:おとろえ崩れること。 おとろえ退歩すること) 「夜行バスが徐々に衰退しつつある」 衰弱<すいじゃく> (意味:おとろえ弱ること) 「神経衰弱を始める」 衰え<おとろえ> (意味:おとろえること) 「年をとるにつれて体力の衰えを実感する」 下り坂 (意味:物事の盛りが過ぎて衰えゆくこと) 「天気が下り坂になってきた」 凋落<ちょうらく> (意味:落ちぶれること。 おとろえて死ぬこと) 「凋落を乗り越えて、彼は今の地位を獲得した」 減退 (意味:減りおとろえること。 減って少なくなること) 「食欲が減退する」 退廃 (意味:おとろえ廃れること。 気風が崩れること) 「その会社はもはや退廃しきっている」.

次の

新設(しんせつ)の類語・言い換え

新規 類語

公開日: 2018. 29 更新日: 2018. 29 「台頭」の意味と使い方、類語、英語、「頭角」との違い 「台頭」という言葉をご存知でしょうか。 「若手の台頭」「新勢力の台頭」などと聞いたことがあると思います。 政治や国際関係のニュースでも「台頭」という言葉を聞く機会が多いはずです。 比較的よく使われる言葉の一つではありますが、意味をしっかりと理解しているでしょうか。 意味について知らない、普段から使っている言葉ではあるけれど使い方に自信がないという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は「台頭」の意味や使い方、類語、「頭角」との違いについて解説していきます。 「台頭」を正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「台頭」の使い方と例文 何かが勢いを見せてきて、これから先はそれからは目が離せない存在になったり、その業界の中心になりそうだという場合に「台頭」を使います。 「台頭」は物や人物などと、 勢いや強さが増しているものであったら様々なものに対して用いることができます。 「台頭」の言い回しとしては、 ・台頭する ・若手の台頭 ・新人の台頭 ・新勢力の台頭 ・台頭が著しい などとなります。 例えば、「新人の台頭」といった場合は「新人の勢いが増して、進出してくる」という意味になります。 新人が力をつけて活動を広げること・それまでは力がなかったが、勢力をつけて皆の目に留まるようになることを表します。 また、「急速に」「次第に」などという言葉を「台頭」の前に付けることによって「勢いのよさ」を強調できます。 それでは例文を見ていきましょう。 例文 ・新興勢力である改革派が台頭することによって、物事は大きく変わっていく。 ・ライバルの台頭を目の当たりにする。 ・新しい技術が台頭し、今までの技術は押されつつある。 ・世界競争ランキングでのアジアの台頭は、大きな影響を与えるだろう。 ・若手が台頭してくるとともに、我々は衰退していく。 ・これまでになかった新発想のサービスが台頭している。 ・画期的なアプリの台頭で、従来のアプリは利用者が減っている。 ・私たちは新勢力の台頭を長らく待ち望んでいた。 ・駅前の開発工事に反対する人たちが台頭しつつある。 ・新人の台頭が目覚ましくなってくる。 ・武士の台頭が著しくなったのは鎌倉時代からだ。 「台頭」と「頭角」の違い 「頭角」の意味は「あたまのさき・頭部」です。 「頭角を現す」とすると 「学識・才能が人より目立って優れる」という意味になります。 才能や腕前が他と比べて、群を抜いて優れているために際立って目立つことを表します。 獣の群れの中で、頭の先が他の動物よりも群を抜いていて目立つことから生まれた語が「頭角を現す」です。 「頭角を出す」「頭角がある」などとは言わないので注意してください。 「台頭」は「あるものの勢力が伸びて進出すること。 勢いを増してくること」 「頭角」は「学問や才能が人より優れて目立っていること」 「台頭」はだんだんと勢いが増してくるということですが、「頭角を現す」は他の人よりも一段と才能や技量があることを表します。 このように「頭角」には比較のニュアンスがあります。 また、「台頭」と違い、 「頭角を現す」には「才能があるため際立つ」という意味合いが強いです。 「台頭」には「腕前があるから.... 」「才能があるから.... 」というニュアンスは含まれません。 例文 ・A氏はアイドル業界でめきめきと頭角を現してきた。 ・彼は誰にも期待されていなかったのに、だんだんと頭角を現してきた。 ・彼女は今回の大会で優勝し、やっと頭角を現した。 「台頭」の類語 のし上がる (意味:他人をおさえて、地位が急激に上がること) 「億万長者にのし上がる」 急伸 (意味:売り上げ・利益・業績・株価などが急激に上がること) 「大々的に宣伝したら売り上げが急伸した」 急成長 (意味:急に育って大きくなること。 育って成熟すること) 「A社は急成長を遂げた」 抜きん出る (意味:他より優れていること。 秀でていること) 「彼女の才能は昔から抜きん出ていた」 躍り出る (意味:はなやかに人前に姿を現す。 目立った場所・地位に立つこと) 「今の段階では、彼女がトップに踊り出た」 存在感を増す (意味:独特の持ち味によってその人がそこにいると思わせる感じを増すこと) 「Aチームはだんだんと存在感を増してきた」 目立ち始める (意味:いちじるしく人目を引き始める。 際立って見え始める) 「使い続ける度に汚れが目立ち始める」 「台頭」の反対語 衰退<すいたい> (意味:おとろえ崩れること。 おとろえ退歩すること) 「夜行バスが徐々に衰退しつつある」 衰弱<すいじゃく> (意味:おとろえ弱ること) 「神経衰弱を始める」 衰え<おとろえ> (意味:おとろえること) 「年をとるにつれて体力の衰えを実感する」 下り坂 (意味:物事の盛りが過ぎて衰えゆくこと) 「天気が下り坂になってきた」 凋落<ちょうらく> (意味:落ちぶれること。 おとろえて死ぬこと) 「凋落を乗り越えて、彼は今の地位を獲得した」 減退 (意味:減りおとろえること。 減って少なくなること) 「食欲が減退する」 退廃 (意味:おとろえ廃れること。 気風が崩れること) 「その会社はもはや退廃しきっている」.

次の

「新規」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

新規 類語

「アプローチの」の意味は? 最初に「アプローチ」の意味からを紹介します。 「アプローチ」の英語表記は「approach」 「アプローチ」は英語の「approach」のことで、意味は「近づく」「近くなる」「接近する」「迫る」などになります。 加えて、ゴルフ分野では「アプローチショットを打つ」という意味があり、広く日常的に使われるカタカナ語の一つです。 「アプローチ」はビジネスで「交渉を始める」などの意味を持つ 「アプローチ」はビジネスシーンで「交渉を始める」「話を持ちかける」「提案する」「申し入れをする」などような意味で使われます。 たとえば「値引きの交渉を始める」「取引先に契約の話を持ちかける」「新規事業を提案する」「取引の申し入れをする」というような状況で「アプローチ」を使うのが適切です。 また「アプローチ」には、ものごとに対して「着手する」「臨む」「取り掛かる」「準備を始める」などの意味もあるため、「自分に課された業務や課題などに対しアプローチする」というニュアンスでも使うことができます。 「アプローチ」の類語と反対語は? それでは「アプローチ」の類語と反対語について見てみましょう。 「アプローチ」の類語は「仕掛ける」「乗り出す」 「アプローチ」の類語は、日本語の意味「近づく」「近寄る」「迫る」「交渉を始める」「取り掛かる」「着手する」などの他に、戦略的な意図を含む行動を示す言葉「仕掛ける」「乗り出す」などがあります。 これらは、純粋に距離的に近づくというよりは「計画性をもって相手に挑んでいく」というようなニュアンスの言葉です。 状況によって言い換えをしてみても良いでしょう。 「アプローチ」の反対語は「ディパート」 英語の「アプローチ(approach)」で反対語にあたるのは「ディパート(depart)=去る)です。 ディパートにはもともと「外れる」「軌道からそれる」、また「出発する」「旅立つ」という意味があり「アプローチ」が持つ意味「近づく」とは反対の行動を示す言葉となります。 「アプローチ」の使い方とビジネス例文 それでは「アプローチ」の使い方とビジネスにおける例文を熟語表現と併せて挙げてみましょう。 「アプローチ」の使い方 「アプローチ」は日常的にもビジネスでも多くのシーンで使われる言葉です。 基本的には日本語の「近づく」に値する文脈で使われることを意識しておくと良いですが、ビジネスでは問題解決に取り掛かる時、クレーム対処に取り組み時などに「アプローチ」を使うと、周囲に「前向きな気持ち」をアピールすることもできるでしょう。 アプローチする 「アプローチする」は「アプローチ」で最も使用頻度の高い熟語表現です。 担当者にアプローチして、納期を先延ばししてもらおう。 上手にアプローチすれば、契約を成立させることができるかもしれない。 共同開発におけるプロジェクトについて、N社の部長に直接アプローチすることにした。 アプローチをかける 「アプローチをかける」は、主に「交渉を始める」「話をしてみる」「申し入れをする」という意味合いで使われます。 結果はどうなるかわからないが何らかの「アクションをかける」「動きを見せる」といったニュアンスで使われることが多いです。 「流通経路の変更について、クライアントにアプローチをかけてみるか…」• 工場の移転案について、本社に本格的にアプローチをかけた。 アプローチをかけて、相手の動きをみてみよう。 アプローチを試みる 「アプローチを試みる」は、状況的に変わる(または好転する)可能性は低いかもしれないが、少なくとも行動に移ろうとうするシチュエーションで使われる表現です。 A社への値引き交渉で必死のアプローチを試みたが、やはりダメであった。 アプローチを試みるも、見事に最初の申し出で断られてしまった。 海外との取引は初めてだが、アプローチを試みる価値はある。 まとめ 「アプローチ」は英語の「approach」のことで、「近づく」「迫る」「着手する」「取り組む」「交渉を始める」「話を持ちかける」などの意味がある言葉です。 ビジネスシーンでは、新規事業の話を持ちかけたり、値段の交渉を始める時などに使われ、やや戦略的な要素を持って使われることが多いでしょう。 また、ビジネスにおける「アプローチ」は堂々と体当たりするというよりは「計画を立てて、少しずつゆっくり迫る」というニュアンスが強いです。 値引き交渉のシーンや繊細な契約における場面では、相手の動きや考えを読み取った十分な「戦略」も必要となるでしょう。 「アプローチ=サクセス」となるように、万全な準備で臨んでいきたいものです。

次の