霧島 市 天気 雨雲 レーダー。 南砺 市 天気 雨雲 レーダー

霧島市 天気 雨雲 レーダー

霧島 市 天気 雨雲 レーダー

7 4 北西 0 - 16時 32. 8 2 北 0 - 15時 32. 9 2 北北西 0 - 14時 33. 3 4 西南西 0 - 13時 32. 5 2 南西 0 - 12時 32. 2 2 南西 0 - 11時 29. 9 3 南 0 - 10時 30. 1 2 北東 0 - 09時 28. 7 2 北北東 0 - 08時 27. 1 2 北 0 - 07時 25 2 北北西 0 - 06時 23. 1 2 北北西 0 - 05時 23. 2 2 北北西 0 - 04時 23. 2 2 北 0 - 03時 23. 5 1 北東 0 - 02時 23. 9 - -- 0 - 01時 25. 2 1 北西 0 - 24時 24. 8 3 北北西 0 - 23時 25. 2 3 北北西 0 - 22時 26. 2 1 北北西 0 - 21時 27. 4 2 西北西 0 - 20時 27. 8 3 西 0 - 19時 29 3 西南西 0 -.

次の

米之津川水位ライブカメラ!(出水市昭和町)氾濫警戒区域や雨雲レーダーもチェック!

霧島 市 天気 雨雲 レーダー

長崎港ライブカメラと雨雲レーダーについて 長崎県長崎市の長崎港が見られるライブカメラと雨雲レーダーです。 ライブカメラは、長崎文化放送(NCC)が運営しているライブカメラで、長崎港と周辺の様子を映しています。 長崎港のお天気の様子や海の状態、船の様子が確認できます。 台風や大雨、地震など自然災害が発生した際は、被害の状況がリアルタイムで確認でき、防災カメラとして活用できます。 では、長崎港を中心とした長崎市周辺の雨雲の様子をリアルタイムに確認することができます。 お出かけ前に雨雲の動きをみて、天気予報に役立てることができます。 長崎港は、1571年の開港から国際貿易港として栄えてきました。 西洋や中国との交易で得た文化や学問を世に発信してきた重要な港の一つです。 長崎港について [出典:wikipedia] 長崎港(ながさきこう)は長崎県長崎市に位置する港湾である。 港湾管理者は長崎県。 港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。 港の形から「鶴の港」とも呼ばれる。 現在では観光地長崎の玄関口として、また離島の多い長崎県の交通の要衝であり港中心部の再開発も進んでいる。 ライブカメラ情報 ライブカメラで長崎県の海・港のリアルタイムな映像が確認できます。 ライブカメラ配信情報 配信種類 動画(YouTube) 配信期間・時間 365日・24時間 長崎港周辺のその他のライブカメラ 長崎港周辺のその他のライブカメラを地図上に表示します。 長崎港の周辺地図と雨雲レーダー 長崎港の周辺地図と雨雲レーダーをYahoo! 地図で表示します。 旅行や出張前の天候チェックにご活用ください。

次の

スナックルーキーの天気(鹿児島県霧島市)|マピオン天気予報

霧島 市 天気 雨雲 レーダー

鹿児島県天降川 霧島市 日当山橋付近の地図 霧島市日当山橋付近の地図 河川水位ライブカメラの仕様 水位ライブカメラ情報 ライブカメラ名 天降川日当山橋ライブカメラ URL 映像地点 天降川 設置場所名 東郷 日当山橋 設置場所地 鹿児島県霧島市東郷1220-1地先河川敷 配信・管理 鹿児島県土木部 更新 1分間隔 備考 ー 河川の水位センサー データは国土交通省川の防災情報よりリアルタイムで取得していますが、 水位計測自体が 10分間隔で作動している事をご留意ください。 水位センサーは河川の代表点にしか設置されませんので、はん濫危険水位に達していなくても、河川未改修区間などでは氾濫している可能性があります。 システム上では避難判断水位に達していなくても、降雨状況を判断して、出水・洪水への備えは早めに行いましょう。 特に中小河川や上流域では、豪雨時に急激な水位上昇が起きますので注意が必要です。 川が溢れそうになってからあわてるのではなく、事前に浸水想定区域図やハザードマップで氾濫する可能性がある範囲を把握して置いてください。 洪水予測情報 鹿児島県河川水位観測情報 雨量情報 水位情報 ハザードマップ・ホームページ 雨雲レーダー 関連記事 近隣周辺のライブカメラ まとめ 今回は 鹿児島 県天降川 霧島市東郷町)日当山橋付近の水位ライブカメラによる鹿児島 県の防災の為に役立つ情報をお伝えして来ました。 又、氾濫危険区域や雨雲レーダーもご覧いただけたでしょうか? 予備知識としてシステム上では避難判断水位に達していなくても、降雨状況を判断して、出水・洪水への備えは早めに行うようにして下さい。 特に中小河川や上流域では、豪雨時に急激な水位上昇が起きますので注意が必要です。 事前に浸水想定区域図やハザードマップで氾濫する可能性がある範囲を把握して置いてください。 雨雲レーダーで各地の天気を確認して防災対策を準備して置いて下さい。 最後まで読んでいただき有難う御座います。

次の