ロータリー エンジン オイル。 トラクターのロータリーのオイル交換の手引き

ロータリーエンジンに良いエンジンオイル

ロータリー エンジン オイル

オイル交換好きな人は1000キロ位で交換してる場合もあるようですが、一般的ではないです。 一般的な街乗り使用であれば、3000キロ交換です。 自分はRE車乗ってますが3000キロ毎交換ですし、知ってるRE車乗りの連中も多くが3000キロ目安で交換してます。 もし目安の距離以上に乗って壊れたとしたら、REだからは全く関係ない事で、そもそもどこか壊れてるんです。 エンジンオイルの消費については、確かにレシプロと比べれば一緒に燃焼してオイルを消費しますが、ガソリンと同じように消費される訳でもなく、また次回交換までに注ぎ足しが必要な程減る場合ばかりでもないです。 エンジン個体差や乗り方等で消費量は違うので、注ぎ足しが必要な事もあれば必要ない事もあります。 実際、自分の車では次回交換までに注ぎ足しが必要になった事は1度もありません。 また使用オイルにしても、必ずRE専用と言われる物を使わなくてはいけない事もありません。 一般的な街乗り使用であれば、純正オイル(もちろんRE専用という物ではないです)でも問題ないですし、カー用品店等で売られている、カストロールやモービルその他を使用しても構いません。 RE車のエンジンに良いオイルは何か、という事についてはこれが絶対と言う物はなく意見も様々、また個人の好み等もあるし、鉱物油か化学合成油かでも意見が割れる等、REとエンジンオイルについてはいまだこれが絶対という答えがありません。 それに実の所、RE専用として売られているエンジンオイル全てがREにとって良いかと言うと、そうとも言えなかったりします。 交換というより大事なのは補給です。 ロータリーエンジンの構造を想像してみてください。 エンジン内部では燃焼のための密閉空間を作るためオムスビ型ローターがその三角の頂点部分と横っ腹部分を壁にこすりながら回ってます。 この壁をハウジングっていいます。 レシプロエンジンはピストンリングで擦ってるのみですが。 よって、摩擦部分つまりハウジング部分にオイルを流して摩擦を下げるようにしてます。 その結果オイルも一緒に燃えます。 その量は1000キロ走行あたり500ccとも1000ccとも言われてます。 つまり1000キロ程度は走ったらオイル残量をチェックして継ぎ足すことになります。 そっくり交換するのは3000キロ程度がベターだと思います。 乗ってなくても1年経過したらオイルが劣化するので交換です。 また、オイルはロータリー専用オイルを使います。

次の

ロータリーエンジンオーバーホール料金表: 例 Ⅰ

ロータリー エンジン オイル

エンジンオイルは「メタリングオイルポンプ」(通称メタポン)という、オイルポンプでエンジン回転や負荷に合わせて、メタポンから燃焼室に適量を噴射さることで、ローターハウジングの内壁・ローターの側面・アペックスシールに付着して密閉させ隙間を埋め、エンジンオイルの働きの気密性の向上(圧縮)の役目をします。 分子が小さな化学合成オイルは分子がつぶれ、アペックスシールを痛めてしまいます。 アペックスシールを痛めるということは、ハウジングも痛めている可能性もあるります。 だからこそ、ロータリーエンジンはアペックスシール、ハウジング部分が気になるので、専門店では圧縮を測り販売してるのです。 エンジンオイルの分子が小さいと同じ容積でれば、化学合成の方が密度は高くなり、熱しにくく、冷めにくいエンジンオイルになっていきます。 エンジンオイルの働きの一つである冷却が弱いのです。 そして、ロータリーは熱を持ちやすいと有名なエンジンでもあります。 「オイルクーラーを付けても冷えない」なんて話も良く聞きます。 これはロータリーだから冷えないのでは無くて、「冷えない化学合成オイル」だからというのが原因の一つでもあります。 ロータリーには高粘度を使うのが一般的のようですが、本当なのでしょうか? 気密性を向上させると圧縮が向上しますから、これは間違いではありません。 ところが、高粘度を入れると、メタポンから噴射されるオイル量が減少する場合もあります。 噴射されるオイル量が減少すると実は 「焼き付き」の危険性が増すのです。 2サイクルエンジンの場合もオイルの噴射が減ると、確実に焼き付きます。 そして、最低限の燃料とオイルを混合(混ぜる)比率があります。 18000~22000回転 18:1(ガソリン18リットルに対しオイル1リットル) 15000~18000回転 22:1 12000~15000回転 25:1 12000回転以下 30:1 これはケンドールの2サイクルオイルの混合比の例です。 30:1で考えると、ガソリン30リットルに対し、エンジンオイル1リットルが必要ってことです。 混合するオイルの量を減らし、100:1にしても500kmで1リットル程度使ってしまう訳です。 ロータリーの悩みどころではある、「オイルの消費」。 これは消費して当然であって、消費が無くなることの方が怖いのです。 メタポンはエンジンの回転、負荷によってオイルを噴射しているはずが、粘度が高すぎると噴射量が減るってこともあります。 お客様のプライバシーに関わる情報やクレジットカード番号などを暗号化し送信しますので安心してお買い物ができます•

次の

ロータリーエンジンオーバーホール料金表: 例 Ⅰ

ロータリー エンジン オイル

ベースオイルっていうのはおおまかに、 合成油、鉱物油。 この2つに分類されます。 合成油がいいか、鉱物油がいいかで悩むんですよ。 一般的には、性能と価格は合成油が高くて、鉱物油が低いっていう順番になります。 高い鉱物油もあるんですけどね。 一般的にはこんなイメージです。 ロータリーエンジンなんだから高級な合成油が良いんでしょ? って思われるかもしれませんが、ロータリーエンジンに限っては合成油は使っちゃダメだったんですね。 なぜならエンジンに悪影響があったからです。 つまり、ロータリーエンジンは鉱物油しか使っちゃ行けなかったんですよ。 有名どころのチューニングショップが販売しているエンジンオイルは合成油が多いです。 専用で開発されている合成油はスラッジが発生しにくくして、オイルシールへのダメージを抑えるように添加剤を配合してあるので大丈夫ってことみたいです。 だったら性能の高い合成油がいいかなって思って今使っているオイルはRE雨宮さんのエンジンオイルを使っています。 でもこれからは鉱物油を使っていこうと考えています。 ・僕は鉱物油を使う。 その理由も解説 サンアイワークスさんのぐわぁまの油っていうエンジンオイルです。 最初にこの名前聞いた時はなんじゃその名前は!!って思ったんですけど、どうもウケ狙いでこの名前にしたみたいです(笑) インパクトがあっていいなと思いました。 まずは、ロータリーエンジンには合成油がNGだった理由を説明していきます。 ・ロータリーエンジンは合成油がNGだった理由 どうしてロータリーエンジンには鉱物油が良いのかと言うと、3つの理由があります。 ・スラッジが溜まりにくい ・エンジン内のシールを痛めにくい ・放熱性が良い まず、エンジンオイルには添加剤が添加されていて、合成油ほど添加剤の割合が多いんですね。 で、ロータリーエンジンはエンジン内にオイルを噴射してガソリンと一緒に燃焼させる構造になっています。 これがレシプロエンジン、まあつまり普通の一般的なエンジンの場合だと、オイルは一緒に燃焼されないんですが、 ロータリーエンジンの場合はエンジン内にオイルを噴射しないと焼き付きを起こしちゃうので、意図的にエンジンオイルも燃焼させています。 エンジンオイルが燃焼されるってことは、オイルが燃えた後に焼けカスが残るじゃないですか。 オイルが燃焼することによって発生する燃焼カスがエンジン内に溜まってしまう訳なんですよ。 それが俗にいうスラッジですね。 このスラッジは、添加剤が多く含まれている合成油の方が発生しやすいんです。 オイル内に含まれる添加剤が燃焼されることによって発生するからです。 スラッジがエンジン内部に蓄積されちゃうと色んな弊害が起こるんで、ロータリーエンジンには 燃焼されてもスラッジが出にくい鉱物油を使うっていうのが理由の1つです。 鉱物油は添加剤の含有量が少ないので、燃焼されてもスラッジが発生しにくいんですね。 加えて、ローター、オニギリです。 オニギリ自体にもエンジンオイルを循環させているので、合成油を使うとエンジン内で使われているフッ素系のゴムシールを劣化させちゃうんですよ。 これは合成油に含まれる成分がゴムを劣化させてしまうためで、鉱物油にはその成分が少ないと。 なので鉱物油を使うというのが2つ目の理由です。 で、3つ目はエンジンの熱の問題です。 ロータリーエンジンって熱めっちゃもちますよね。 レシプロエンジンより高温になります。 エンジンが熱くなりすぎると、最悪オーバーヒートしますし、オーバーヒートしなくても熱によってエンジンが徐々にダメージを受けていくんですね。 なのでエンジンを冷却することが大切になってきます。 エンジンを冷やす為に重要なのは冷却水が1番最初に思い浮かぶかと思うんですが、実はエンジンオイルも冷却にめっちゃ影響があります。 で、ロータリーエンジンは構造上、冷却の効率が悪いです。 熱が籠りやすいんですね。 ロータリーエンジンはエンジン中心部がエンジンオイルだけの冷却に頼らざるをえないので、オイルの冷却効果はかなり重要になってきます。 なのでロータリーエンジンには特に冷却性能が高いエンジンオイルを使う必要があるんです。 で、合成油は高性能なんですが、放熱性が悪いっていう デメリットがあります。 1度オイルが高温になってしまうと油温が下がりにくいっていうデメリットがあるんですよ。 これはオイル自体の粒子の大きさに関係があって、合成油は粒子が細かくて、鉱物油は粒子が大きいです。 粒子が大きい鉱物油のほうが、冷ます時に放熱性が高くて油温が下がりやすいんですね。 なので、エンジン冷却に効果が大きいってことで、ロータリーエンジンに鉱物油がおすすめされる理由です。 というのが従来の考え方だったんですけど、各メーカーが添加剤の配合を考えて、燃えてもスラッジが出にくかったりオイルシールへの攻撃性を抑えた合成油っていうのを販売しているんですよ。 でもね、エンジンの冷却ってことを考えるとやっぱり鉱物油の方が冷却性能は高いのかなぁって僕は思うんですよ。 ・まとめ 結局ロータリーエンジンにおすすめのエンジンオイルはなんなのかってことなんですが、 色んな意見があるかとは思いますが、僕は鉱物油のオイルをおすすめします。 なんでこんなに意見が分かれるのかというと、新車からずっと同じオイルを使いつづけて、最終的にエンジンを開けてみないと分からないって所もあります。 でも、その人の使い方や交換頻度にもよって結果が変わってきちゃうんで尚更難しい部分があるからだと思うんですよね。 要は、自分が納得して、 「なるほどじゃあこのオイルを信頼して使ってみよっかな」って思うことが大切ですね。 とりあえず次に交換するエンジンオイルは、冒頭で触れたサンアイワークスさんが販売している、 ぐわぁまの油っていうオイルを使うことにしてみます。 このオイルはサンアイワークスの社長の石井さんという方が、注文が入る度にその都度オイルをブレンドして作っているらしいんですね。 凄い気合いの入りようなのでそこも使ってみよっかなって思った理由の1つです。 注文が入ってからオイルを作るんで1週間ぐらいかかるらしいです。 ちなみに粘度は15wー50とかなり硬めのオイルです。 純正が0wー20とか0wー30なんでかなり硬いオイルですね。 届くのが楽しみすぎる!!.

次の