結婚食事。 「両家顔合わせ食事会」当日の流れ・場所選び・服装などを解説|マイナビウエディングPRESS

「両家顔合わせ食事会」当日の流れ・場所選び・服装などを解説|マイナビウエディングPRESS

結婚食事

結納って? まずは結納の説明からしていきます。 結納とは婚約を正式なものとするための、日本の伝統的な儀式のこと。 1600年ほど前から行われているようです。 結納では両家の間で「結納品」や「結納金」などの金品を取り交わします。 「結納品」の内容は、こんぶやするめなどの「縁起がいい」と言われている昔ながらの品々。 ただし、結納のしきたりや手順、結納品は地域や家によってさまざま。 以下の記事で、結納についてより詳しい解説をしているので参考にしてみてくださいね。 顔合わせ食事会は両家の初対面と、親睦を深めるために行う食事会のことです。 結納とは違い儀式ではないので、決まりや、必要なものは特にありません。 最近では、顔合わせ食事会を結納の代わりに行ったり、結納前の打ち合わせとして行ったりすることがあるようです。 結納と顔合わせ食事会は全くの別物なんですね! それでは、どのあたりが違うのか具体的に見ていきましょう。 結納と顔合わせ食事会の違い その1 まずは当日の流れの違いから説明します。 結納には仲人(なこうど)が両家を行き来して行う「正式結納」と、両家が女性の自宅や会場に集まって行う「略式結納」があります。 略式結納は仲人がいる場合といない場合がありますが、今回は近年、一般的な「仲人がいない場合の略式結納の流れ」を見てみましょう。 1 結納品の飾り付け、両家が着席 2 はじまりの挨拶 3 男性側から結納品を納める 4 女性側が「受書」を渡す 5 女性側から結納品を納める 6 男性側が「受書」を渡す 7 婚約記念品の披露 8 締めの挨拶 「受書」というのは「結納品を受け取りました」という書類のことです。 では、顔合わせ食事会の当日の流れを見てみましょう。 1 はじまりの挨拶 2 両家の紹介 3 婚約記念品のお披露目 4 記念撮影 5 乾杯の挨拶 6 会食と歓談 7 結びの挨拶とお礼 結納と顔合わせ食事会の流れを見ると、やはり一番の違いは「結納品の交換」ですね。 また、結納は儀式なので決まった流れがありますが、顔合わせ食事会は比較的自由のようです。 一方で共通しているのは「婚約記念品のお披露目」。 結納でも、顔合わせ食事会でも、男性から女性への「婚約指輪」を披露することが多いようです。 結納と顔合わせ食事会の違い その2 次に、結納と顔合わせ食事会、それぞれの目的や主な会場、費用について比べてみましょう。 ここでまず目を引くのが結納の会場。 顔合わせ食事会とは違い、結納が行われる主な会場に「彼女の家」が入っているのが特徴的です。 また、費用については一般的に結納が 5 ~ 10 万円ほどですが、顔合わせ食事会は 2 ~ 6 万円と約 2 倍となっています。 決まりごとの少ない顔合わせ食事会の方が、比較的、費用を抑えられる傾向にあるようですね。 結納と顔合わせ食事会の違い その3 最後に、当日の服装の違いについて見てみましょう。 服装の違いについては以下の表のとおり。 こちらはざっくりまとめたもの。 顔合わせ食事会と比べると、やはり結納の方が、礼装の種類を問わずかっちりしていますね。 中でも「五つ紋付羽織・袴」や「振袖」、「黒留袖」などの正礼装は普段の生活の中で着ることはなさそう。 ここで大切なのは、結納でも顔合わせ食事会でも、両家の間で服装の格を揃えること。 正礼装、準礼装、略礼装のどれなのか、または洋装なのか和装なのかを事前に話し合って決めておくほうが良さそうです。 結納の際の詳しい服装はこちらの記事を 顔合わせの際の詳しい服装についてはこちらの記事を それぞれ参考にしてくださいね。 結納のメリット・デメリット それでは、結納のメリットとデメリットをそれぞれ体験談と一緒に紹介しますね。 結納のメリット 結納をして、本当に良かったです! お互いの家でちゃんとやりとりしたことで、両親から「これで安心だ」と言ってもらえたのは嬉しかったですね。 あとは、婚約が正式なものになったからか、彼が結婚について前より真剣に考えてくれるようになったのも良かったです。 よく挙げられたのが「親が喜んでくれた!安心してくれた!」という声。 他には 「厳かな雰囲気の中、日本の伝統を感じられてよかった」 という声もありましたよ。 結納のデメリット 「結納」ってあまりどんなものか知らなくて・・・。 「とりあえず両家で集まるくらいかなあ」 と思っていたら進行や座席、台詞にいろんな決まりごとがあるのを知って大あわて! 両親がしっかり進めてくれたから良かったですが、あの決まりごとの多さにちょっとびっくりしました・・・。 結納は「儀式」というだけあっていろいろな決まりごとがあります。 どのように進めるのか、誰がどんな役割をするのか、両家の間で事前に話し合っておくのが大切ですね。 顔合わせ食事会のメリット・デメリット お次は顔合わせ食事会のメリット・デメリット。 こちらもそれぞれの体験談と一緒にご紹介します。 顔合わせ食事会のメリット お互いの両親を交えての顔合わせ食事会ということで、緊張していましたが上手くいって良かったです。 自由に進めることができる分、いろいろなことを話せたので両家の親睦が深まったと実感しましたね! 顔合わせ食事会のメリットとして多く挙がったのは「気楽に進められる」ということ。 また、金銭面での負担が小さく、結婚する二人だけでも払える金額であることもメリットのようですね! 顔合わせ食事会のデメリット 顔合わせ食事会、いざ始まってみると普通の食事会みたいになってしまって・・・。 それはそれで楽なんだけど、せっかくだから「これから結婚するんだ!」って実感できるような演出を何かしたかったな・・・って思いました。 こちらは自由だからこそのデメリットと言えるかもしれませんね。 顔合わせ食事会では、進行役をあらかじめ決めておく、婚約記念品の交換の時間を取るなどして、メリハリをつけるのがオススメ。 自由で気楽な中にも、程よく引きしまった雰囲気を感じられますよ! みんなはどうしてる? 最後に、「実際に先輩カップルが結納と顔合わせ、どちらを行ったのか」を見てみましょう。 「顔合わせ食事会」だけを行っているカップルが7割以上を占める結果となりました。 ただしこちらは全国の平均値。 地方によっては結納を行う割合が高かったりすることもあるようです。 結納と顔合わせ食事会のどちらを行うのか決めるときには、両家でしっかりと話し合うようにしましょう。

次の

顔合わせ食事会にふさわしい服装は?【男性・女性】【父母・兄弟】 | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

結婚食事

通常の結婚式と披露宴をするわけではなく、結婚のお披露目の場として身内のみを招いて行うことの多い「食事会」。 ですが、通常の結婚式と違って情報も少なく、食事会の内容や準備もどこまですべきなのかわからないという方も少なくないでしょう。 そこで今回は、食事会を行う際に知っておきたいポイントや食事会でも簡単に取り入れられる演出など紹介します! この記事を読めば食事会について理解することができ、満足のいく食事会にすることができるでしょう。 家族・親族のみで行う食事会の2つのパターン! 食事会が行われるパターンとして、 挙式と食事会を開くケースと、 食事会のみを開くケースの2つがあります。 まずはその2つのパターンについてみていきましょう。 結婚式場で挙式と食事会を同じ会場内で行うこともできますし、挙式は神社や教会で行い、食事会は料亭やレストランなどで行うということも可能です。 気になる費用ですが、 家族のみ(10名と想定)で約50~60万円、 親族や親しい友人を入れた場合(20名と想定)は約100~120万円ほどと、通常の結婚式よりも費用を抑えることもできます。 結婚をお披露目する場として楽しむ「食事会のみ」 挙式は行わず食事会のみで結婚をお披露目する場合、個室のあるレストランや料亭などで行われるケースが多いです。 挙式がない分、挙式+食事会のパターンよりは費用を抑えることができ、 家族のみで約30~50万円、親族などを入れても100万円以内で行うことが可能です。 また、会場によっては食事会のプランなどを用意しているところもあるので、手間をかけず段取りを進めたいというカップルにはおすすめです。 形式ばった挙式にはこだわりがない、もしくは海外など他の場所で挙式だけ行ってきたという場合は、食事会のみでも十分と言えるでしょう。 続いて、食事会を行う際にでてくる疑問点や知っておきたいポイントについて紹介します。 これで解決!食事会を行う際に知っておきたい5つのポイント 食事会となると通常の披露宴とは異なるため、どこまで準備が必要なのかと悩む方もいることでしょう。 この章では、先ほど紹介した【挙式+食事会】と【食事会のみ】のどちらのパターンにおいても、気になるポイントをみていきます。 1、食事会に司会者は必要? 食事会の場合は、新郎新婦が自分たちで進行し司会者をつけることはそう多くはありませんが、司会者をつけるほうがオススメです。 親族だけで会食となると会話が続かなくてシーンとなってしまうこともあります。 ですが、司会者がいることでそうした気まずさを未然に防ぐことが可能となります。 また、ケーキカットやスピーチなどの演出を組み込む場合、進行役を1人設けた方がスムーズに進めることができ、司会者がいればそうした役目も担ってくれます。 司会にこだわりたい方は、プロデュース会社に依頼することで食事会の内容から当日の進行まですべてを担当してくれます。 2、食事会の場合ご祝儀はどうなるの? 食事会でも披露宴でもご祝儀を渡すのがマナーになるので、例えば控え室などでご祝儀を受け取れる環境を整えておくとよいでしょう。 特に、食事会は参列者が親族中心となるので、親族同士で事前にご祝儀を渡している場合も考えられます。 そのため、通常の結婚式のように受付を設けてご祝儀をいただく形を取っていると、当日渡す人と渡さない人が混同してしまい、いらぬ誤解を招いてしまうかもしれません。 そういった誤解を防ぐためにも、親族中心の食事会では渡す場所に少し配慮を加えるのがポイントとなります。 両親が挨拶をした際にご祝儀をいただくなど周りの参列者に気を遣わせないようにしましょう。 \条件クリアで最大26,000円プレゼント/ 3、当日の新郎新婦・ゲストの服装は? 食事会を行う会場や内容によって着ていく服装は変わってきますが、せっかくのお披露目の場なので新郎はタキシード、新婦はウェディングドレスもしくはカラードレスであることが多いようです。 新郎新婦に合わせて両家も同じ格の服装をしてくることが大半ですが、披露宴とは違って正装である必要はありません。 ただし、新郎新婦でよく話し合って、両家の格が違わないように注意を払っておきましょう。 4、招待状ってそもそも必要? 必ず用意しなければいけない・・・というわけではありませんが、用意することをオススメします。 というのも、年配の親族の方々は特に形式にこだわる方も多いからです。 また、招待状の作成も結婚式に向けた一つの共同作業なので、2人のモチベーションを高めることができます。 少人数の食事会だからこそ、一人ひとりのゲストへ向けた招待状を出すといいでしょう。 \条件クリアで最大26,000円プレゼント/ 5、引出物は準備するべき? ご祝儀を頂いている以上、通常の披露宴と同様に引出物は用意する必要があります。 ただ、このあたりは両家の両親によっても意見が分かれることがあるため、準備の段階で一度両親に相談をすることをオススメします。 少人数の食事会であっても司会者の有無やご祝儀を頂く際の配慮、引出物の用意など、気をつけるべき点は色々とあるので、ぜひ参考にして下さい。 次章では食事会当日の流れについて紹介していきます。 知っておこう!食事会当日の流れ・進行例 食事会は準備も含めて半日以上かかります。 この章では、食事会当日の基本的な流れをみていきます。 多く見られるパターン「挙式+食事会」の当日の流れ 披露宴はだいたい2時間半を目安に行われることが多いですが、食事会の場合は多少短くなり2時間くらいになるケースが多いようです。 親族だけの20名程度の挙式+食事会の場合、以下のような流れです。 【スケジュール例】 挙式会場と食事会の会場が同じ場合 上記のスケジュールはあくまで一例です。 挙式会場と食事会の会場が異なる場合、会場間の移動や自宅からの移動時間も考慮すると、やはり丸1日かかると言ってもいいでしょう。 では、基本的なスケジュールがわかったところで続いて、食事会で簡単に取り入れることのできる演出を紹介します。 簡単に取り入れられる食事会の演出7選 披露宴ほどしっかりと演出を取り入れる必要はありませんが、ただ単に会食だけだとどこか寂しい気もします。 ふたりの好みに合わせて、以下のような演出を組み込むことで、華やかでメリハリのある食事会となるでしょう。 とはいえ何分も話す必要はなく、例を挙げるとすれば下記のようなイメージになります。 \条件クリアで最大26,000円プレゼント/ 2、親族のみでも盛り上がるケーキカット、ファーストバイト ウェディングケーキのケーキカットやファーストバイトは親族だけの食事会でも盛り上がりを見せる演出です。 ファーストバイトからの流れで、両親から新郎新婦へケーキを食べさせてもらう「ラストバイト」という演出にも繋げることができますので、ぜひ実施したい演出の一つと言えるでしょう。 3、それぞれのスピーチも盛り込んだ親族紹介 親族紹介もかねて、食事会の中で全員にスピーチをしてもらうのもオススメです。 祝福の言葉やこれからの結婚生活に向けたアドバイスを、全員からもらえることが少人数の食事会の特徴でもあります。 普段では中々言えないようなことも、こうした場であれば伝えることができるかもしれません。 4、ゲストに合わせて選ぶプチギフトや引出物 少人数の食事会だからこそ、ゲスト一人ひとりに合った引出物やプチギフトを渡すのもいいでしょう。 顔の知れた家族親族、友人であるからこそ、その人の好みに合ったギフトを選ぶことができ、ゲストにとっても嬉しい演出です。 ただし、食事会では引出物は用意せずに、頂いたご祝儀の金額を確認してから後日「結婚内祝い」としてお礼の品をお送りすることもありますので注意しましょう。 \条件クリアで最大26,000円プレゼント/ 5、写真をできるだけたくさん残す ゆったりと進行する食事会だからこそ、写真をできるだけ多く撮りましょう。 スマートフォンが普及して写真を撮る機会は多くなったものの、日常の中で家族と一緒に写真を撮ることは案外少ないのではないでしょうか。 こうした日だからこそ家族1人ひとりとのツーショットもオススメです。 6、感謝の気持ちが伝わる両親への手紙・花束 食事会ではぜひ新郎新婦ふたりがそれぞれの両親に感謝を伝えましょう。 筆者が学生時代にいた寮の中にこんな張り紙がしてありました。 『親から見たらいつまでたっても子供はこども。 たまには実家に帰ろう』 と。 結婚を期に親元を離れる方も多いと思いますが、この節目で改めてこれまで育ててくれた感謝の気持ちや「これからもどうぞよろしく」といった気持ちを、ぜひふたりの言葉で伝えるといいでしょう。 7、新郎からの締めの挨拶 会食が終わり、お開きの時間も近づいてきたら新郎からの締めの挨拶は必ずいれるようにしましょう。 長々と話す必要はないですが、改めて集まったゲスト全員への感謝の気持ちと、これからの結婚生活への抱負を述べるといいです。 例文は以下のようなものがあるでしょう。 「本日はおいそがしい中、私たちふたりのためにお集まりいただきありがとうございます。 食事会では両家の親睦を深めることができ、とても嬉しく思っております。 まだまだ未熟な私たちではありますが、今後もあたたかく見守っていただけると幸いです。 」 少人数の食事会であっても、当日は半日~1日はかかってしまうものです。 ここまでお伝えした演出を参考に、新郎新婦の新たな門出を見送るスピーチや両親への感謝の言葉など、この機会だからこそ伝えるべき言葉を演出に取り入れるのもオススメとなります。 最後に、食事会を行う会場を決める際の注意点をご紹介します。 食事会を行う会場を決める際の注意点 食事会の会場を決める上で気にすべき点は、 「収容人数」「料理のバリエーション」「交通アクセス」の3点です。 それぞれ具体的に見ていきましょう。 会場の大きさ・収容人数を確認 会場の広さは少し余裕を持ったぐらいがオススメです。 食事会は数名から多くても20~30名の少人数で行われるため、人数に対して広すぎる会場だとどこか寂しい感じがしてしまいます。 反対に、会場のキャパシティギリギリであってもゆったりとした食事会を行うことは難しいです。 また、準備途中で参加人数が増える可能性もあるため、現時点での招待人数よりも少し余裕を持った会場を選ぶといいでしょう。 選べる料理の豊富さ 新郎新婦に合わせてオーダーを柔軟に対応してくれるかどうかがポイントです。 会席料理やフレンチなど料理の種類はもちろんですが、会場によっては新郎新婦にゆかりのあるメニューを取り入れてくれたり、ゲストの好みに応じて提供する料理が微妙に違うオリジナルオーダーができる会場もあります。 少人数の食事会だからこそ、料理の品質や対応力に関しては十二分に気を遣うといいでしょう。 アクセス面にも気を配る 最寄り駅から会場までは徒歩でどれぐらいか、また会場から迎えのバスは出せるのかなど、ゲスト目線でのアクセスに気を配るようにしましょう。 場合によっては、タクシーチケットを手配したり、お車代を渡したりなど、会場に来ることにゲストが不快に感じないようにする必要があります。 自分たちで、最寄り駅から会場まで実際に歩いてみるものオススメです。 通常の披露宴とは違って演出をたくさん組み入れるわけではないため、人数と会場の広さのバランス、料理の質、アクセスといった面が重要視されてきます。 これらを参考に、2人にあった会場を選べるといいでしょう。 結婚式のスタイルや会場に迷ったらプロに相談! 少人数の結婚式と大人数の結婚式、どちらもメリットデメリットがありますし、迷っている人も少なくないでしょう。 更に、少人数の結婚式にするとしても、情報が少なく困ってしまう人が多いのです。 迷ったり、困ったらプロの手を借りるのが一番! その中でも、は満足度も高く、近くにデスクがあれば利用すべきだといえるでしょう。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ ちなみに、デスクの所在地は下記になります。 気になる方はぜひお近くの店舗に予約してみてください。

次の

旦那との食事が苦痛です。

結婚食事

いつ行うのがいいの? 日取りや場所の決め方は? 両家の顔合わせは結婚式の6~3カ月くらい前が一般的です。それぞれの親のスケジュールを聞き、ふたりで日程を調整しましょう。日取りに関しては、家族で気にする人がいなければ、いつでも問題ありません。ちなみに、六輝(六曜)にこだわるのであれば、やはり大安がおすすめですが、午前中なら先勝、午後なら友引がよいとも言われています。 エリアは両家の中間地点でお互いが出てきやすい場所、ふたりが生活している地域などで行うのが一般的ですが、どちらかの実家の近くでも。その際は、来てもらう側は来る側の交通費や宿泊費の負担を考えて、食事会の会食代を持つなどの心配りが必要なことも。まれに、両家の親がともに遠方で多忙な場合などは、挙式の前日~数日前に行うケースもあるので、親の意向を反映しつつ臨機応変に対応するといいでしょう。 食事会の場所は落ち着いたレストランや料亭などで、人目を気にせずに会話が楽しめるよう個室を手配しましょう。 両家それぞれが人数を合わせる必要はなく、兄弟・姉妹や祖父母などが同席したいという場合は、相手側の意向を聞き、問題なければ出席してよいでしょう。 顔合わせの食事会では結納の儀式は行いませんが、結納品の交換をする場合もあります。 また、ふたりの結婚を認めていただいたことにも感謝いたします。今日は両家で親睦を深めることができればと考えています。どうぞよろしくお願いします」など、会の目的を簡単に説明するといいでしょう。 乾杯の発声は男性側の父親が行うのが一般的ですが、ふたりで話し合ってふさわしい人にお願いしてもOK。乾杯後、料理が運ばれてくるまでの間に、本人たちの自己紹介や家族紹介などをして場をつなぎます。家族の紹介は自己紹介形式でもいいですし、ふたりが家族を紹介する形を取っても問題ありません。 ふたりが家族を紹介する場合には、まず男性の父親から順に紹介し、続いて女性側を紹介するようにするとスマートです。 また、結婚式の内容や新生活についての話題もオススメ。食事が済んで、出席者全員で記念撮影をする場合は店のスタッフなどにお願いしましょう。 これから結婚式の準備などでいろいろとご指導いただくことと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします」など、ふたりから両家の親へお礼を述べます。

次の