ワールド カップ 男子 バレー 順位。 男子バレーワールドカップ2019順位表&結果速報最新版!日本男子勝敗や試合結果&ライブスコア

バレー男子日本 イラン撃破し史上初の5連勝!28年ぶりW杯4位以内が確定― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ワールド カップ 男子 バレー 順位

背番号 名前 身長 ポジション 所属チーム 1 清水邦広 193 OP パナソニックパンサーズ 3 藤井直伸 183 S 東レアローズ 4 大竹壱青 173 OP パナソニックパンサーズ 5 福澤達哉 189 OH パナソニックパンサーズ 6 山内晶大 204 MB パナソニックパンサーズ 8 柳田将洋 186 OH ユナイテッド・バレーズ ドイツ 10 古賀太一郎 170 L ウルフドッグス名古屋 11 西田有志 186 OP ジェイテクトSTINGS 12 関田誠大 175 S 堺ブレイザーズ 13 髙野直哉 190 OH 堺ブレイザーズ 14 石川祐希 191 OH キオエネ・パドバ イタリア 15 李博 193 MB 東レアローズ 16 髙橋健太郎 201 MB 東レアローズ 17 久原翼 188 OH パナソニックパンサーズ 20 小野寺太志 201 MB JTサンダーズ 22 山本智大 171 L 堺ブレイザーズ OH:アウトサイドヒッター、MB:ミドルブロッカー、S:セッター、OP:オポジット、L:リベロ ベンチ入りメンバーは14名ですが、試合の24時間前までに選んで登録する形式です。 調子のいい選手を選んで試合に望むのだと思いますが…女子の場合も15名の選出がありまして、実は黒後愛選手がケガをしていたんですよね。 男子にはけが人などがいないことを祈ります! 男子大会の日程 ワールドカップバレーボール2019男子大会は 10月1日 火 開幕です! 試合は日本の5都市6会場で行われ、 日本代表の試合はすべてAサイトと呼ばれる会場で行われます。 勝利数 2. 勝ち点 下記 3. 並んだ2チームの直前の対戦結果 その次に重視されるのは 勝ち点ですが、バレボールに引き分けはないため勝ち点の付け方もバレーボール風になっています。 ワールドカップへ本格始動です🙌中垣内監督は『このチームがほぼほぼ来年の東京五輪メンバー。 でもその割にディグを上げている場面も見られて、あとはそういうときに攻撃に繋げられればと思ってしまいます。 あと西田選手は特に躍動感が違いますよね!すごい期待しています。 ワールドカップに向けた記者会見で 中垣内祐一監督は 中垣内祐一監督は「W杯の流れを東京五輪に結び付けていく気持ちで、強豪国と戦っていきたい」 引用: と相変わらずのコメント! メダル宣言ほしいです! エース 石川祐希選手は 3連覇を目指したが3位に沈んだアジア選手権(21日閉幕・テヘラン)には「結果は負けたが、求めるバレーはできた。 W杯前に経験できて良かったし、思いも強くなった」と手ごたえを感じた。 今大会は「メダルを取る戦いをしないと。 東京五輪でメダルを取るなら、なおさらここで」と重きを置いた。 引用: しっかり メダル宣言です! そしてケガから復帰の 清水邦広選手は 「1年半前に(右膝を)大けがをした当日は、ここに立っていると考えられなかった。 一戦一戦、恩返しできるよう頑張りたい」 引用: 本当に良かったです。 アジア男子選手権大会最終戦の韓国戦では21得点でチームトップの得点を記録しています。 今度はで観戦ではなくてコートでの活躍を期待しています!.

次の

バレーボールの世界ランキングを国別で紹介!日本はいま何位なの?

ワールド カップ 男子 バレー 順位

概要・歴史 [ ] 成り立ち・日本恒久開催 バレーボールワールドカップは、に続く3つ目の世界大会としてに第1回ワールドカップ男子大会 がで開催された。 しかし、オリンピックや世界選手権より格が劣る大会とされて、注目度は今一つであった。 日本で初めて開催となった大会では、 「ワールドカップ77はの独占放送です」というフレーズとマスコットの「」(赤色)「ナナちゃん」(白色)を用いての宣伝がなされた。 さらに日本は男子が準優勝、女子が優勝という好結果を残したため、「ワールドカップ」はバレーボールの大会というイメージが日本では定着した(長年「ワールドカップ」という略称が、日本ではののことではなくこの大会を指していたことからもこのことが伺える)。 またフジテレビがテレビ放送に力を入れたことから、日本において馴染みが深い国際大会となっている。 興行的な成功 と、やらの尽力もあり、この1977年大会以降は、 開催国が毎回(恒久開催)となった。 そして、の独占中継が現在まで続いている。 変更点• 大会(男子は第7回・女子は第6回)からは、五輪前年に開催されるようになった。 それと同時に、男女とも3位以上、即ちメダル受賞国(ただしオリンピック開催国については除き、3位以内に開催国があった場合は4位が繰り上げ)にオリンピックへの出場資格を与える「世界予選大会」となり、注目度はより高まった。 オリンピック開催国では、はスペイン女子が、は米国男女が参加した。 は中国女子が、はブラジル男女が不参加。 大会より国際バレーボール連盟によるルール変更があり、試合前のパフォーマンスは禁止となった。 これによりコート上での歌唱・ダンスは行なわれなくなった。 また、この大会から導入された「3-2-1ポイント制」には、各国監督から批判の声も挙がった。 2011年4月、FIVBは大会からワールドカップにおけるオリンピック出場枠を2(オリンピック開催国については除き、2位以内に開催国があった場合は3位が繰り上げ)とすると発表した。 そのため、この大会からオリンピックに出場するためには上位2チームに入らないといけない。 また、開催時期も11月から夏(8-9月 )に変更された。 従来は第4ラウンドまである大会だったが、今回から計3ラウンドとなった。 2018年10月20日、2019年大会の概要を発表し、これまで優勝国や準優勝国などに与えてきた翌年の五輪の出場権が与えられなくなった。 出場国は開催国の日本と、2018年の世界選手権を制した男子のポーランド、女子のセルビアが既に決定済み。 残る各10か国は地区予選や世界選手権後の世界ランキングで決まる。 また、開催時期も9-10月に変更されている。 大会サポーター [ ] 1995年大会にて、が中継番組のテーマ曲を歌うアイドル集団と名乗りデビューした。 以来、(1999年)・(2003年)・(2007年)・(2009年のワールドグランプリ)・(2011年、2015年)と、これまでにから大会に合わせて5組のグループがデビューし、中継番組のテーマ曲を歌うのが慣習になっている。 ただし、2019年はデビューからすでに5年が経過しているが選ばれた。 さらに日本の・が「大会委員長」の肩書で出演し、1995年大会は、1999年大会は、2003年大会は「勝利の女神」としてが務めた。 2007年大会はフジテレビの社長が大会委員長を務め、「メインキャスター」の肩書で嵐のが、「日本代表応援団」団長は同応援団『』出演者を代表して()が担当した。 2015年大会ではが扮する2号「バボドコロ」が、公認キャラクターとなった。 備考 [ ] 応援コールの定番である「ニッポン! チャ、チャ、チャ! に男子大会がチェコスロバキアで開催される予定であったが、諸事情により中止となった。 大会(女子は第10回記念大会/男子は第11回大会)はが除去工事中のため、メイン会場をに変更して開催した。 テクニカルタイムアウトや休憩時間の長さが日本戦と比べ短いことなどが、イランのベラスコ監督により批判されている。 競技方式(出場枠・試合形式・個人賞) [ ] 出場枠 [ ] ワールドカップに出場できるのは全部で12カ国で、2019年大会は以下のように選出された。 開催国 - 1カ国 (日本)• 前年開催の優勝国• 大陸予選(北中米、南米、アフリカ) - 各の優勝国と、準優勝国(世界選手権優勝国のある大陸は、世界選手権優勝国を除いた成績順)• 時点のヨーロッパランキング上位2カ国(欧州)• 2019年1月1日時点の上位2カ国(アジア) 試合形式 [ ] 大会は12チームによる1回(シングル・ラウンドロビン)。 2011年大会の場合の順位は、「スポーツレギュレーション8条」で規定された、セットカウントで付与される勝ち点ポイントによって、決定される。 「3-0」「3-1」 : 勝者3ポイント、敗者0ポイント• 「3-2」 : 勝者2ポイント、敗者1ポイント これは、などと同様の方式だが、トータルポイントが同じチームが出た場合は若干異なり、「勝利数」「セット率」「得点率」の順で適用される。 それでも値が同じ場合は、最新の試合で勝利したチームの方が上位となる。 以前は「勝敗数」「得点率」「セット率」の順での評価で、それも同じ場合は一発勝負のプレーオフも想定されていた。 個人賞 [ ] かつてはベスト・スコアラー、ベスト・サーバー、ベスト6なども対象だった。 2015年大会ではベスト・スパイカー部門1位のがMVPとなったため、同部門は重複せず、2位と3位の2選手が受賞となった。 歴代開催国と大会順位 [ ]• 数: 本戦の参加チーム数(は11ヶ国12チーム)。 は男女ともに、ソ連としての参加はが最後。 日本開催となってからは、がホスト局となり、会場地をエリアとする系列局とともに中継・国際映像の制作を担当。 全世界に配信している。 地上波(初期は生中継でその後、試合進行中であってもの録画中継を経て2015年大会より再び生中継となる)のほか、(日本戦のみ2003 - に時差放送)、(日本戦は時差放送。 それ以外の試合は全試合生中継)でも放送されている。 なお、CSでの日本戦の試合の時差放送では中継番組のテーマソングを歌う場面はカットされている(放送開始時間からすぐ試合に入る)。 また、地上波においてはセットインターバルのところでは所属タレントやMC・来賓の芸能人・文化人らによる幕間トークが放送される個所は、CSでは別の映像に差し替えている。 アーカイブ番組 [ ] で、2011年大会においての関連企画として、1977年以後の大会の中からの日本代表に関係する試合を取り上げてその試合映像をノーカットで振り返る「ワールドカップバレー・黄金伝説」をシリーズで放送している。 : 国立代々木五輪プール特設会場(1977)• : 中島スポーツセンター(1977)• : 苫小牧総合体育館(1977、1981)• : (旧)富山市体育館(1981)• : 名古屋市総合体育館(1989)、名古屋レインボーホール(1995)• : 広島県立体育館(1977)• : 広島サンプラザ(1985、1989)• 当初はにで開催予定だったが、参加国のエントリーミスに起因し、中止となっていた。 (『最新スポーツ大事典』 大修館書店 古市英、1987年、p. 1025)• しかし、「恒久開催」という言葉の公式掲示は、どこにもされていないという。 ジャニーズ事務所としては、その前年にが、で中継された「94」のイメーゾソングを歌っていた。 経済的な事情などによる中止といわれている。 () 関連項目 [ ]• その他• (父親が高校バレー部の監督だったこともあり、新人時代から同番組のMCを務めていた)• (バレーボールワールドカップ日本開催時のフジテレビ会長)• 1977年大会のイメージソング.

次の

バレー男子日本 イラン撃破し史上初の5連勝!28年ぶりW杯4位以内が確定― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ワールド カップ 男子 バレー 順位

概要 [ ] 今大会は の予選を一切実施しない。 また、で会場として使用されていた(日本開催では以来となる大会通算2度目の不使用)や、が改修工事のため使用できず、女子大会の開幕戦を横浜アリーナ、最終戦を大阪市、男子は広島市で行う。 男女アベック出場を果たしたのは、開催国の日本のほか、アメリカ合衆国、アルゼンチン、ブラジル、ロシア。 前回大会と同じく、5試合・3試合・3試合の、計3ラウンド制(男子は第2・3ラウンドが同会場となって移動なし)。 「3-2-1ポイント制」の方式。 今回は各チームの登録メンバー25名から、毎試合の24時間前までに、最大14名の選手を登録できるという方式を採用した。 2018年10月に(FIVB)と4年間のパートナーシップを結んだ中国企業の「景田百岁山(Ganten Water)」が 、本大会でも試合中の選手に提供された (同商品のロゴ広告は副審側に表示された )。 なお、2008年の北京五輪以来用いられてきたの「MVA200」に代わり、同社製の最新モデル「V200W」が、FIVB公式試合球として本大会にてデビューを果たした。 男子大会9日目となった(日曜日)夜の日本対イラン戦では、試合開始前に会場全体で、前日(元々開催が無い日だった)に日本を直撃した(台風19号)の被害に遭われた方へ、黙祷を捧げた。 主催者等 [ ] 主催 (FIVB) 共催 (公財)日本バレーボール協会(JVA) 、、、、、、、 (、)、 フジテレビ以外の系列局は、地元開催分のみに関わる。 特別協賛 (女子。 名義) (男子。 広島県立総合体育館・小アリーナ () 放送 [ ] 「フジテレビ開局60周年特別番組」の一つとして放送。 大会スペシャルサポーターは、大会テーマソング『』を歌う。 前回大会の同様、副音声も担当した(「LIVE! バレチャンWEST」)。 開発のリアルタイム計測技術「3Dトラッキング」が今回、テレビ中継としては初採用された。 フジテレビのバレーボール解析表示システム「モーションスカウター(サーブとスパイクの高さ・速度の表示)」「トレースビジョン(ボール軌跡・レシーブ角度・トスからスパイクまでの秒の表示)」に用いられた。 日本戦の実況は、フジテレビアナウンサー(女子横浜大会は全試合担当)の他、系列局から(・女子札幌大会第3戦)、(・女子大阪大会第2戦)、(・男子福岡大会第3戦)、(・同第5戦)、(・男子広島大会第2戦)が担当。 の開催(女子計3・男子計2)ではフジテレビ地上波中継の直前番組にあたる『』のラストにて、当日の見どころ紹介が、「次週予告」のパロディ形式でによって実施された。 なお本大会開催の関係で、2017年以降9月に放送されてきた『』の放送時期がに限り11月に変更されている。 女子大会 [ ] 9月14日から29日まで、、(・)、、で実施。 出場権と出場国 [ ]• 大会開催国(1)-• 優勝国(1) -• アジア - ・• 北中米 - ・• 南米 - ・• 欧州 - ・• アフリカ - ・• アフリカ・南米・北中米は、2019年に行われた大陸選手権あるいは大陸予選上位2チーム。 アジアは現在の世界ランキングの大陸内上位2チーム、欧州は2019年1月1日現在のヨーロッパランキング上位2チーム。 405 2 28 10 1 5 3 2 0 0 1 30 10 3,000 929 773 1. 202 3 23 8 3 5 1 2 1 1 1 27 14 1. 929 948 818 1. 159 4 21 7 4 4 2 1 1 1 2 24 16 1. 500 922 832 1. 108 5 19 6 5 3 2 1 2 1 2 23 19 1. 211 918 899 1. 021 6 18 6 5 2 4 0 0 3 2 21 19 1. 105 898 888 1. 011 7 17 6 5 2 2 2 1 2 2 22 21 1. 048 933 949 0. 983 8 17 5 6 4 1 0 2 2 2 21 19 1. 105 890 865 1. 029 9 13 4 7 2 1 1 2 4 1 20 24 0. 833 927 954 0. 972 10 5 2 9 1 0 1 0 3 6 9 29 0. 310 736 890 0. 827 11 3 1 10 0 1 0 0 0 10 3 31 0. 097 590 835 0. 707 12 2 0 11 0 0 0 2 1 8 5 33 0. 152 670 912 0. 735• - [ 02] (ベスト) 齢 位 アウトサイドスパイカー [ 02] 朱婷 [23] 1 2 オポジットスパイカー [11] 2 ミドルブロッカー [ 06] [17] 3 1 セッター [16] 1 リベロ [18] 1 統計7部門(女子) [ ] 太字は、を獲得した選手。 64 2 [ 09] 97 28 76 201 48. 26 ブロッカー Blocks Faults Rebounds 計 Avg 1 [ 06] 41 61 70 172 1. 00 2 [17] 34 26 59 119 0. 94 サーバー Aces Faults Hits 計 Avg 1 [ 03] 20 13 79 112 0. 53 2 [18] 18 14 118 150 0. 42 セッター Running Faults Still 計 Avg 1 [12] 287 4 897 1188 6. 83 2 [ 07] 250 7 869 1126 5. 81 ディガー Digs Faults Receptions 計 Avg 1 [ 05] 158 26 15 199 3. 95 2 [25] 169 41 35 245 3. 13 2 [14] 59 7 105 171 30. 41 男子大会 [ ] 10月1日から15日まで、、で実施。 出場権と出場国 [ ]• 大会開催国(1)-• 優勝国(1) -• アジア - ・• 北中米 - ・• 南米 - ・• 欧州 - ・• アフリカ - ・• アフリカ・南米・北中米は、2019年に行われた大陸選手権あるいは大陸予選上位2チーム。 アジアは現在の世界ランキングの大陸内上位2チーム、欧州は2019年1月1日現在のヨーロッパランキング上位2チーム。 600 925 752 1. 230 2 28 9 2 6 3 0 1 1 0 30 9 3. 333 941 787 1. 196 3 27 9 2 4 4 1 1 0 1 29 12 2. 417 960 778 1. 234 4 22 8 3 3 3 2 0 2 1 26 16 1. 625 967 902 1. 072 5 19 6 5 2 3 1 2 2 1 24 20 1. 200 984 969 1. 015 6 15 5 6 1 3 1 1 3 2 20 23 0. 870 939 961 0. 977 7 14 5 6 3 0 2 1 2 3 19 22 0. 864 903 904 0. 999 8 12 4 7 1 2 1 1 5 1 19 25 0. 760 965 1042 0. 926 9 12 4 7 0 1 3 3 1 3 19 28 0. 679 976 1058 0. 922 10 8 2 9 0 2 0 2 5 2 15 29 0. 517 927 1025 0. 904 11 5 2 9 1 0 1 0 3 6 9 29 0. 310 790 904 0. 874 12 4 1 10 0 1 0 1 1 8 6 31 0. 194 696 891 0. 781• - [21] (ベスト) 齢 位 アウトサイドスパイカー [ 09] [14] 2 4 オポジットスパイカー [11] 4 ミドルブロッカー [12] [16] 3 1 セッター [11] 3 リベロ [17] 1 統計7部門(男子) [ ] 太字は、を獲得した選手。 85 2 [ 09] 89 15 45 149 59. 73 ブロッカー Blocks Faults Rebounds 計 Avg 1 [ 09] 39 26 65 130 0. 91 2 [15] 29 48 66 143 0. 66 サーバー Aces Faults Hits 計 Avg 1 [11] 29 36 82 147 0. 69 2 [ 02] 19 30 104 153 0. 46 3 [ 09] 45 116 180 0. 44 セッター Running Faults Still 計 Avg 1 [ 01] 478 4 419 901 10. 86 2 [ 02] 378 2 495 875 9. 22 ディガー Digs Faults Receptions 計 Avg 1 [11] 94 45 37 176 2. 47 2 [17] 86 30 24 140 2. 51 2 [11] 116 7 40 163 66. 87 脚注 [ ] 注釈• (公財)日本バレーボール協会. 2018年10月20日. 2018年10月20日閲覧。 - 日本バレーボール協会、2019年9月6日• - 日本バレーボール協会、2019年9月25日• - WorldofVolley、2018年10月15日• - 、2018年11月17日• - 日本経済新聞、2018年11月20日• - 公益財団法人日本バレーボール協会(JVA)、2019年10月13日• - NHK NEWS WEB、2019年10月13日• - フジテレビダイレクト• - フジテレビ マスカット、2019年8月22日• - サイゾーウーマン、2019年9月22日• - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - パナソニック ニュースルーム ジャパン、2019年9月13日• - 大林素子オフィシャルブログ「モトコレ! 」、2019年9月23日• - 大林素子オフィシャルブログ「モトコレ! 」、2019年10月14日• - FIVB、2019年9月29日• - FIVB、2019年10月15日• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語)• FIVBvolleyball -•

次の