プリテンダー あつし。 Do you remember, the passion who is in your heart.

Official髭男dism:Pretenderをカバーする芸能人の動画(ヒゲダンのプリテンダー)|ぐぐみた

プリテンダー あつし

小学生の星馬烈と豪は超元気なミニ四駆大好き兄弟。 二人が育ててきたソニック、マグナムの両セイバーはかなりの実力になった。 だが、鷹羽リョウのトライタガーには、どうしても勝てない。 リョウは「マグナムには重大な欠点がある」と言い放つ。 しかし、豪はマグナムの欠点がなにかわからない。 そんなとき、またしてもフルカウルミニ四駆を持つ少年が現れた。 烈と豪がリョウとの勝負のあとに出会った金持ちの息子、三国藤吉だった。 その藤吉も豪に勝負をいどんできた。 気落ちしている豪。 いなずまのような走りをするフルカウルミニ四駆、スピンアックスで豪のマグナムに勝利した三国藤吉は烈のソニックにも挑戦してきた。 藤吉と烈のレースはしれつを極めたが、烈の勝利への執念と豪の協力もあって、烈のソニックがレースを制した。 一方、マグナムの弱点が自分にあると考えた豪は、その後、ひとり特訓にうちこんだ。 猛特訓の末、模型屋のおっちゃんの助言もあって、ついに豪は弱点を克服!! 復活マグナムの走りはいかなるものか!? そして、今年も注目のG. 1決定戦、G. 大神博士の速さだけを追求し、マシンを研究材料としてあつかう態度にいかりを感じ、勝負をいどんだ烈と豪。 しかし、謎の少年Jが操作し、驚異的な走りを見せる大神博士のプロトセイバーに二人のマシンはまるで歯がたたない。 一方、烈と豪が大神博士と勝負していることを知った土屋博士は極秘計画『Vプロジェクト』を急ピッチで進める。

次の

『宇宙よりも遠い場所』に対する海外の反応と評価を振り返る!

プリテンダー あつし

50年代のポップ・コーラス・グループ=ザ・プラターズのライブに行った。 ザ・プラターズは、「オンリー・ユー」や「煙が目にしみる」などのヒット曲で知られるグループだ。 といっても我々60代以上の人間しか知らないかも。 当時からのオリジナル・メンバーは亡くなり一人も残っていない。 いくつもの「ザ・プラターズ」を名乗るグループが存在した時期もあったそうだ。 で、今回来日したグループは『公認』のザ・プラターズなのだとか・・・・。 よくわからんが・・・。 そんなザ・プラターズのライブに人は集まるのだろうか? 会場は町田市民ホール。 平日の14時開演のコンサート。 会場に集まったのは当然のようにリタイア後の高齢者がほとんどだ。 800人定員に600~700人の入りといったところか。 まず、バックバンドの黒人3人がステージに現れた。 ドラム、ベースにキーボード。 ギターはいない。 コンサートお決まりのオープニングらしきインスト曲が始まる。 ディスコ調のなかなかゴキゲンなサウンドだ。 皆うまい。 その曲の中をザ・プラターズのコーラス3人の黒人が登場。 真ん中に女性、両脇が男性だ。 1曲目は「ラブ・トレイン」。 オールディーズを流すディスコでよく聴きながら踊ったのを思い出す。 ん?これプラターズの曲だっけ?違う。 確かオージェイズの曲だよ。 のっけから別グループの歌ってどういうこと?ま、なつかしいからいいけど・・・。 歌はまあまあうまい。 それ以上にバックバンドがうまい!リーダー格のキーボードのおじさんはかなりの手練れと見た。 確かメンバー紹介の中でグラディス・ナイトのバックも務めていた大物ミュージシャンという言い方をしていたなあ。 さて2曲目は・・・、「マジック・タッチ」。 さすがに自分たちのオリジナル曲だ。 その後聴いたことのない曲が2~3曲続いた後、50年代のヒット曲「マイ・ガール」が始まった。 これはテンプテーションズ。 その次は「スタンド・バイ・ミー」。 言わずと知れたベン・E・キングの名曲だ。 そしてその次は女性ボーカルをフィーチャーしての「ヒート・ウェーブ」。 リンダ・ロンシュタット のヒット曲だよね。 ま、プラターズのオリジナル曲にこだわらず、不朽の名曲をやってくれるのもいいんじゃないかと思わせてくれる。 その時、ふと30年以上前に仕事で行ったラスヴェガスでの光景を思い出した。 場所はラスヴェガス・ヒルトンホテル1階の賭博場にあるミニステージで歌うスティーヴィー・ワンダーのコピーバンド。 とてもうまいし大いに楽しめる演奏なのだが、本人ではない。 でもそれって日本人にはできないよね。 自国のヒット曲はうまく歌えれば誰が歌ってもいいのだ。 その歌い継ぎでスタンダード・ナンバーになっていくのだ。 それでいいんだよ。 今、目の前で歌うザ・プラターズがそんなバンドと重なって見えた。 中間部で、コーラスメンバー3人が客席に降りて握手サービス。 よく演歌歌手がやる手だよね。 これまで控えめな拍手しかしてこなかった客が大盛り上がり。 効果的な演出かも・・・。 男性シンガーの一人が私の席の近くまでやってきた。 オリジナル・メンバーではないが握手してもらおうと手を伸ばしたが、その直前にステージに戻って行ってしまった。 ありゃりゃ。 ステージ後半に満を持してヒット曲を披露。 「煙が目にしみる」「グレート・プリテンダー」。 そしてアンコールの最後は予想通り「オンリー・ユー」だった。 1時間半ノンストップのコンサートはこうして幕を閉じた。 なかなかいいじゃん・・・と思いながら客席からロビーに出たところに、なんとメンバー全員がいた。 (上掲写真)客のお見送りなのだろう。 客は思い思いにメンバーと握手を交わしたり、スマホで2ショット写真を撮ったり、話し込んだり、ハグしたり・・・・よく小さな芝居小屋での公演後に見られる役者と客の光景が目の前で展開されているのに驚いた。 私もメンバー全員と握手し、ドラマーには「ナイス・ドラミング!」と声もかけた。 このロビーでの交流がコンサートの印象をより大きなものにした。 ザ・プラターズの客サービスに感謝。 我々高齢ファンがくたばる前にまた来てね。 最後に一句。 「 オンリー・ユー エバーグリーンの 香りかな 」.

次の

ザ・プラターズのライブ

プリテンダー あつし

島根大学と松江高専の卒業生である4人が2012年に結成。 2015年にはミニアルバム 「 」をリリースし、インディーズデビュー。 山陰発のピアノ・ポップバンドと言うだけあって、当時からオシャレな曲が多いですね~。 インディーズデビューから徐々に人気を伸ばし、2018年にはシングル 「ノーダウト」でメジャーデビュー。 それからも数々の名曲をリリースしてくれている彼ら。 そんな彼らのバンド名である 「Official髭男dism」には 「髭が似合う年になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という願いが込められています。 その願いどおり、常にワクワクする音楽を届けてくれている彼ら。 そんなヒゲダンの人気曲をあます事なく紹介していきますね! どの曲も間違いない曲ばかりなので、ぜひチェックしてみて下さい! スポンサーリンク Official髭男dismの人気曲ランキングTOP10 第10位 115万キロのフィルム 曲情報• シングルリリース年:2018年• 収録アルバム:「エスカパレード」 Official髭男dismの人気曲ランキング第1位は 「ノーダウト」です! 髭男のメジャーデビューシングル! ドラマの主題歌にも起用された事で、この曲で彼らを知った人も多いでしょう!本当に素晴らしい曲ですよね~。 何度聞いても飽きが全くきません。 聞いた事がある人も多いでしょうが、改めて聞いてみて下さい。 彼らはまだまだ発展途上のバンドですからね! 更に名曲を生み出してくれるでしょう。 これからの活躍にも期待がかかります! コチラの記事もオススメ!.

次の