ドラゴン フルーツ 剥き 方。 ドラゴンフルーツの育て方

ドラゴンフルーツを栽培する方法: 12 ステップ (画像あり)

ドラゴン フルーツ 剥き 方

ドラゴンフルーツはもともと、メキシコや南米北部で自生していたフルーツです。 現在は台湾など東南アジアの国々でも栽培が盛んで、日本にも輸入されています。 また、沖縄では露地栽培されており、鹿児島・宮崎など九州南部ではビニールハウスで栽培されています。 ドラゴンフルーツと言えば、何といってもそのユニークな見た目で知られていますよね。 熱帯地域に生息するサンカクサボテンの果実の総称で、皮が龍のウロコのように見えることから、ドラゴンフルーツという名前で呼ばれています。 実を切ってみると、中はトロリとした半透明の果肉に黒くて小さな種が全体に散らばっています。 食感はシャキシャキしていて、酸味は弱く、爽やかな甘みです。 ビタミンB群を豊富に含んでいます。 ドラゴンフルーツは病虫害や不良環境に強く、栽培にはほとんど農薬が使われないため、健康志向の方にも注目されています。 ドラゴンフルーツにはさまざまな種類があるのをご存知でしょうか?実を切ってみると果肉は白・赤・ピンク、皮がイエローのものと、たくさんの品種があります。 ドラゴンフルーツのことを「ピタヤ」という名前で知っているという方もいるはず。 ピタヤと呼ばれるのはベトナムが原産の果肉が白いホワイト種で、一番多く流通している品種です。 形はレッド種より細長く、味は赤いものよりさっぱりとしていて甘みが強いのが特徴です。 果肉が赤いレッド種は台湾が原産の品種です。 皮だけでなく、果肉まで鮮やかな赤い色をしていますが、 味はさっぱりとしていてシャキシャキの食感が楽しめます。 赤い果肉には多くのポリフェノールが含まれています。 この種類の果汁は天然色素として口紅や染料に使われることもあり、服などに付いてしまうと取れにくいので注意が必要です。 ピンクはドラゴンフルーツの新種で、甘みやジューシーさがさらにアップしています。 2007年に沖縄で品種登録された、新しいブランド品種の「ちゅらみやび」は大玉のものが多く、高級な贈答品としても用いられています。 皮が黄色で果肉が白いイエロー種は、赤や白よりも甘みが強く、酸味はありません。 ひとくちにドラゴンフルーツと言っても、さまざまな種類があり、それぞれに異なる特徴があるんです。 手に取るときには、ぜひ果実の色にもこだわってみてくださいね。

次の

ドラゴンフルーツを栽培する方法: 12 ステップ (画像あり)

ドラゴン フルーツ 剥き 方

ドラゴンフルーツはもともと、メキシコや南米北部で自生していたフルーツです。 現在は台湾など東南アジアの国々でも栽培が盛んで、日本にも輸入されています。 また、沖縄では露地栽培されており、鹿児島・宮崎など九州南部ではビニールハウスで栽培されています。 ドラゴンフルーツと言えば、何といってもそのユニークな見た目で知られていますよね。 熱帯地域に生息するサンカクサボテンの果実の総称で、皮が龍のウロコのように見えることから、ドラゴンフルーツという名前で呼ばれています。 実を切ってみると、中はトロリとした半透明の果肉に黒くて小さな種が全体に散らばっています。 食感はシャキシャキしていて、酸味は弱く、爽やかな甘みです。 ビタミンB群を豊富に含んでいます。 ドラゴンフルーツは病虫害や不良環境に強く、栽培にはほとんど農薬が使われないため、健康志向の方にも注目されています。 ドラゴンフルーツにはさまざまな種類があるのをご存知でしょうか?実を切ってみると果肉は白・赤・ピンク、皮がイエローのものと、たくさんの品種があります。 ドラゴンフルーツのことを「ピタヤ」という名前で知っているという方もいるはず。 ピタヤと呼ばれるのはベトナムが原産の果肉が白いホワイト種で、一番多く流通している品種です。 形はレッド種より細長く、味は赤いものよりさっぱりとしていて甘みが強いのが特徴です。 果肉が赤いレッド種は台湾が原産の品種です。 皮だけでなく、果肉まで鮮やかな赤い色をしていますが、 味はさっぱりとしていてシャキシャキの食感が楽しめます。 赤い果肉には多くのポリフェノールが含まれています。 この種類の果汁は天然色素として口紅や染料に使われることもあり、服などに付いてしまうと取れにくいので注意が必要です。 ピンクはドラゴンフルーツの新種で、甘みやジューシーさがさらにアップしています。 2007年に沖縄で品種登録された、新しいブランド品種の「ちゅらみやび」は大玉のものが多く、高級な贈答品としても用いられています。 皮が黄色で果肉が白いイエロー種は、赤や白よりも甘みが強く、酸味はありません。 ひとくちにドラゴンフルーツと言っても、さまざまな種類があり、それぞれに異なる特徴があるんです。 手に取るときには、ぜひ果実の色にもこだわってみてくださいね。

次の

ドラゴンフルーツの育て方

ドラゴン フルーツ 剥き 方

ドラゴンフルーツはもともとメキシコや南米北部で自生していましたが、今では 台湾をはじめとした東南アジアで栽培が盛んな南国フルーツです。 日本にも輸入されていて、沖縄や九州の宮崎などで栽培もされています。 その特徴と言ったら、 皮の鮮やかな赤色やピンク色などカラフルな色ととげとげとしたインパクトのある見た目です。 実はサボテン科の果物で、果皮が龍のウロコに似ていることからドラゴンフルーツという名前がついたと言われています。 南米や中南米ではピタヤやピタジャ、中国名では火龍果と呼ばれていて、一般的なフルーツと同じ感覚で食されています。 ドラゴンフルーツの大きさは10cm~20cmほどで、アボカドと同じような楕円形の形をしています。 ドラゴンフルーツはインパクトのある見た目で、味が濃厚で甘そうなイメージですが、食べてみると意外と あっさりとした爽やかな味わいが特徴です。 特に日本で出回っているものは輸入品が多数であるため日持ちをさせるために未熟な状態で収穫されることが多く、甘みの少ないあっさりとした味わいのものがほとんどとなっています。 ドラゴンフルーツを切ってみると、種類によって異なりますが中はとろりとした白色やピンク色の果肉に黒くて小さな種が全体に散らばっていて、 シャキシャキとした食感になっています。 味もクセがないため、南国フルーツの味が苦手という方も食べやすく、食べ方もいろいろとアレンジができるため、使い勝手の良いフルーツでもあります。 ドラゴンフルーツの旬ですが、国産ものの旬と輸入物の旬の時期が若干異なるのでそれぞれに紹介します。 国産のレッドドラゴンの旬は7月~11月にかけて、 イエローピタヤの旬は1月から3月にかけてがその旬の時期となっています。 一方輸入物の旬は、国産の旬と逆になり、 輸入物のレッドドラゴンの旬は1月~5月、 イエローピタヤの旬は8月~10月です。 また、値段については旬の時期が異なったり、その年の天候、行事がある場合などで輸入物も国産物も値段が変動しやすいため、値段が安定していません。 一般的に流通しているレッドピタヤの値段に対し、希少価値の高いイエローピタヤなどは値段が高めとなっているため、種類によって値段が異なるケースもあります。 値段を調査してみると、ネット販売されている輸入物のレッドピタヤの値段は3玉の値段が1080円、1個当たりの値段が 300円ほどです。 一方沖縄県糸満産のドラゴンフルーツの値段は7玉入りで約3500円、1玉の値段が 500円ほどです。 またダイス上にカットされた冷凍ドラゴンフルーツもあり、値段はいろいろありますが、参考の値段は500g入りで1000円ほどになっています。 ドラゴンフルーツの基本の食べ方と切り方、まずは切り方から紹介していきます。 見た目がとげとげしているので、切り方に戸惑ってしまうかもしれませんが、普通のフルーツと同様、切って皮をむく、という流れで大丈夫なので安心してください。 切り方も難しくなく、皮も固そうに見えて簡単に手でむくことができます! 詳しい切り方ですが、まず 手に取り、実を縦半分に切ります。 この時、キウイフルーツのようにスプーンで実をすくって食べても構いません。 カットしたドラゴンフルーツの両サイドを手でぺろっと皮をむきます。 その後は食べやすい大きさになるよう一口大にカットしてフォークで食べればOKです。 熟成していない場合は皮がむきにくいものもありますが、その場合は皮と身の間に包丁を差し込み、オレンジのように切り離しましょう。 いずれにしても切り方は簡単なので料理下手な方も大丈夫です。

次の