まい ぜん シスターズ の マイクラ。 【マイッキー(ぜんまい) wiki】地声ってどんなの?素顔や年齢、スキンなどをご紹介!

【マイクラ】たくさん採掘した人が勝ちのゲームでチーターが現れた。。。

まい ぜん シスターズ の マイクラ

いま、YouTubeを中心とした「ゲーム実況」シーンで、抜群の存在感を放っている「まいぜんシスターズ」。 ゲームスキルが極めて高く、いつでも紳士的な「ぜんいち」と、自由奔放にゲームを楽しむ、愉快な「マイッキー」による動画は多くのファンを魅了し、チャンネル登録者数も約75万人(2019年6月19日現在)と急上昇中だ。 定番タイトル『マインクラフト』や『大乱闘スマッシュブラザーズ』の面白さを彼らの動画で知った、という人も少なくない。 とことんゲームを楽しむ姿が印象的なゲーム実況界の新星は、なぜ動画投稿を始めたのか。 その経緯からゲーム実況へのこだわり、チャリティー活動に力を入れる理由まで、ふたりにじっくり聞いた。 (編集部) ぜんいち&マイッキー 「初見の人でもちゃんと楽しめるように」(ぜんいち) ーーまずはお二人がゲーム実況を始めた理由から聞かせてください。 ぜんいち:マイッキーは5歳なので、なるべく僕が翻訳してお伝えしますね(笑)。 最初のきっかけは、ふたりで普通にゲームをしていて、良いプレイ、面白いプレイが出たときに、「クリップとして残しておきたい」と思ったことです。 奇跡的なプレイが出ても、録画していなかったら消えてしまうじゃないですか。 それがもったいないと思ったし、ゲームで遊ぶなら録画して、どうせだったらYouTubeにアップしてみよう!と。 それで、マルチプレイアクションゲームの『Happy Wars』や、『スマブラ』(大乱闘スマッシュブラザーズ)のプレイを録画して、アップするようになったんです。 ーー例えば『マイクラ』(マインクラフト)の動画が大好評ですが、ストーリーの作り方が面白く、ふたりの掛け合いも魅力的です。 マイクラは自由度が高い反面、多くの実況者がプレイしている作品でもあって、そのなかでこれだけの再生数を得るのは簡単ではないと思います。 本作に限らずですが、どんなことを意識して動画を録っているのでしょうか? ぜんいち:一番気をつけているのは、まずは自分たちがやっていて楽しいかどうか。 そして、みんなが見て楽しいかどうか、ということを意識しています。 視聴者さんはきっと、僕らがワイワイ楽しんでいる動画を求めてくれていると思うので、それに合うタイトルを積極的に選ぶ、ということも大事ですね。 ーーおふたりの仲のよさは、動画からしっかり伝わってきます。 また見逃せないのは、特にぜんいちさんの高いプレイスキルで、『スマブラ』もそうですが『フォートナイト』もかなりの腕前ですね。 もともと、ゲームはやり込むタイプなんですか? ぜんいち:そうですね。 どちらかというと、やり込むタイプかもしれないです。 あとは対戦ゲームが好きですね。 あまり「レベル上げ」をしないので……(笑)。 ーーゲーム内のレベルでなく、自分のスキルを上げていくと。 マイッキーさんはどうですか? マイッキー:ボクはぜんいちくんがゲームをしているのを見て、おしえてもらったかんじです! ぜんいち:もともとマイッキーは、ぜんぜんゲームをしなかったんですよ。 僕がいろいろセッティングしてあげたら、ハマってやるようになって。 ーーなるほど。 人のプレイを見て自分もやりたくなる、というのはゲーム実況の本質的な魅力ですね。 ぜんいち:確かにいまでも、ゲームに詳しくない、初見の人でもちゃんと楽しめるように、というのは意識しているかもしれないです。 ーー現在530万再生を超えている動画『』で、小学生の子に優しくテクニックを教えてあげていましたが、自分のような初心者にも勉強になりました(笑)。 さて、ふたりでゲーム実況をしていてよかったな、と思うのは、どんなときですか? ぜんいち:一番よかったのは、僕はもともとゲームが好きだったので、いままでやってきたことを活かして人に楽しんでもらえたことですね。 マイッキー:ゲームをもっとやるようになった! ぜんいち:翻訳すると、ゲーム実況を始めてもっとゲームをやるようになって、楽しさを伝えられているのがうれしい、ということですね。 もともとゲームをプレイしていなかったマイッキーだからこそ、伝えられることがあるというか。 視聴者さんが「まいぜんの動画を観て『マイクラ』を買いました」みたいに言ってくださることがあって、そういう声が何よりもうれしいんです。 ーーそれでは、逆に辛いこと、苦労することは? マイッキー:ない! ぜんいち:(笑)。 苦労というわけではないんですけど、僕は動画にするまでに、自分がちゃんとゲームの内容がわかるくらいまでは、練習しなきゃダメだなと思っています。 『フォートナイト』なんかは最初はけっこう難しくて、練習しないとしゃべりながら操作するのは難しいし、視聴者の方にストレスになってしまうので。 ーー初見プレイのリアクションを見せる実況者もいれば、やりこんで解説プレイをする人もいますが、まいぜんシスターズはその辺のバランスがとてもいいと思います。 見ていてストレスがないし、かといって視聴者を置き去りにするようなプレイではなく、親近感もちゃんとわくというか。 ぜんいち:ありがとうございます。 僕もめちゃくちゃ上手くなってからというより、一応スムーズに操作できるようになったあたりから動画にしていて。 FPSなんかは、だいたい操作が似ているので、一つのゲームができるようになれば応用がきくのでありがたいですね。 あと、注意しているのは、マイッキーは自由奔放なのがいいところなのですが、度は超えないようにと(笑)。 HIKAKINさんの動画みたいに、ちゃんと面白くて、かつ家族でも安心して見られるのが理想ですね。

次の

まいぜんシスターズのプロフィールや素顔は?マイッキーの地声/ぜんいち/キャラクター/グッズ/炎上/おすすめ動画もチェック!

まい ぜん シスターズ の マイクラ

今回ご紹介するのは、マイクラ実況が人気の2人組ゲーム実況YouTuberの「まいぜんシスターズ」! ぜんいち・マイッキー ぜんまい のプロフィールや気になる素顔について、そして過去に起きたEXVS ガンダムエクストリームバーサス での炎上事件の詳細についてなど、まいぜんシスターズの様々な情報をまとめてみた! まいぜんシスターズのプロフィールをご紹介! では、まずはじめにまいぜんシスターズの基本情報からご紹介していこう。 YouTuber・・・特にゲーム実況の動画を投稿しているクリエイターはプロフィール情報をあまり公開していない場合が多いが、果たして彼らの情報も謎に包まれている部分は多いのだろうか? 【まいぜんシスターズ】ぜんいちのプロフィールをご紹介! 残念ながら、現時点でまいぜんシスターズで公開されている情報は極僅かで、噂・Twitterのつぶやきなどからも彼らがどのような人物なのかについて調べることはできなかった。 ただ、何かの動画 発見することができなかったため、ソースなし でぜんいち・ぜんまいのどちらかが自身の年齢を 20代と語っていたそうで、2人の関係が 幼馴染であるということから、まいぜんシスターズ2人の年齢は同い年、もしくは同世代であることが予想される。 恐らく、今後もまいぜんシスターズの2人からプライベートに関する情報を発信してることに期待はできなさそうだ・・・。 出典: 現在のチャンネルアイコン&2人のイメージキャラクターはこちら。 マイクラからファンになったという方は、恐らくこちらのイラストのほうが馴染み深いのではないだろうか。 LINEスタンプ・キャラグッズも発売中! また、新キャラクターになってからはマグカップやiPhoneケースなどのグッズも多数発売中!多くは期間限定のグッズとなるため、購入を考えている方は定期的なチェックをお忘れなく! グッズ一覧は LINEスタンプは使い放題プランで利用できるクリエイターズスタンプとなっているので、知らなかったという方はぜひグッズだけでなくLINEスタンプも要チェックだ! LINEスタンプ購入は.

次の

マイクラ アイロンビーズ まいぜんシスターズ マイッキー 立体 の通販 by Nyan's shop|ラクマ

まい ぜん シスターズ の マイクラ

既に削除されていますが、2017年頃には「 ガンダムVSガンダム」もプレイしていました。 当時はややマナーの悪いような動画も多数見られ、 身内だけにではなくオンラインでも意図的に相手を挑発するような「煽り」といった行為を進んで行っているようなプレイングや、暴言に近い発言も多数見られます。 2019年現在は専ら「 マインクラフト」や「 フォートナイト」「 大乱闘スマッシュブラザーズ」「 スーパーマリオメーカー」などの動画を投稿しています。 特にマインクラフトの動画はかなり人気があり、「ドッキリ」や「ストーリー動画」などが人気を博しています。 閲覧層は小学生などの低年齢層が多くを占めており、わかりやすく面白い動画が投稿されていると推測されます。 まいぜんシスターズ炎上騒動 実は2017年時代、 まいぜんシスターズは「ガンダムVSガンダム」の動画も投稿していました。 ですが、2019年10月17日現在それらの動画群は全て削除されており、以降ガンダムVSガンダム系統の動画を投稿することは無くなりました。 恐らくは一つの炎上事件がきっかけになってしまっていると思われます。 まいぜんシスターズがガンダムVSガンダムで炎上!経緯は? 事情を一から詳しく説明するとやや長くなります。 当時のまいぜんシスターズは多彩な動画を投稿していました。 ガンダムVSガンダムシリーズの動画もその一つです。 ですが、その動画内にてまいぜんシスターズの二人は、 自分たち以外のプレイヤーへの悪質な煽り行為を繰り返していたようです。 人を不快にさせるプレイングを意図的にしないということはオンラインゲームにおいては基本中の基本のマナーですが、仮にも大衆にプレイングを見せる動画実況者がそれを行っていなかったのです。 更には そのことについて指摘されても全く反省せず、むしろ煽り行為を「相手に敬意を払う行為だ」として煽り行為を推奨するなど、おおよそオンラインゲームをプレイする人物とは思えない行為を繰り返していました。 そんな中、まいぜんシスターズが1本の動画を投稿します。 内容はガンダムVSガンダムで、 今までのまいぜんシスターズとは明らかに動きが違う動画だったのです。 ですが、動画の実況は徹頭徹尾自ら操作していると言わんばかりの内容だったのです。 その動画内容に不信感を抱いた一部プレイヤーがその動きを検証、某有名プレイヤーのものではないかと特定されます。 そして、その経緯をTwitterで知ったYouTuber「 伝説のオコリザル」さんが知り合いだった某プレイヤーに確認を取ります。 すると、 某プレイヤーさんはまいぜんシスターズに自身のプレイ動画を売却したことを明らかにします。 そのことを知った伝説のオコリザルさんは「やっぱり中身をすり替えて実況していた」「やっていることが詐欺師」とかなり批判的なツイートをします。 この時点ではまいぜんシスターズの動画だとは言及していないものの、既に情報が広まっていた界隈ではすぐに何のことか特定され、プレイヤー間から批判的なツイートが数多く噴出しました。 いつも通りに無視を決め込み、反省しないと思われていたためか、伝説のオコリザルさんもヒートアップして、某有名プレイヤーにゲスト両を払って暴露配信なども行っていました。 そんな最中に まいぜんシスターズが唐突に動画を投稿します。 謝罪というか釈明動画でした。 その内容は• 本来ならば動画は二本立てで、二本目でプレイヤーすり替えを暴露する予定だった• 伝説のオコリザルさんに先に暴露されて炎上させられたことで、結果的にネタバラシが出来なくなってしまった• そのため企画はボツにする というものでした。 ですが、まいぜんシスターズは動画内で完全に「自分が操作している体で動画を実況していた」「伏線などは一切張っていない」ことから「最初からネタバラシなんてする予定がなかったのではないか」「バレなければそのまま自分のプレイにするつもりだったのではないか」と批判されました。 動画も完全に後出しだったため、言うだけなら言えるということも批判される原因です。 また、もしすり替えドッキリ動画だったのなら、バレても「別人でした!」とネタバレするのが普通であるとも指摘されています。 ですが、 当該動画を視聴したまいぜんシスターズの熱狂的なファンが伝説のオコリザルさんの動画に突撃を仕掛けます。 コメント欄が荒らされ、低評価をさんざんつけられるなど、かなり酷かった様子です。 それに対して伝説のオコリザルさんも動画を公開します。 まいぜんシスターズに対して• 自分に都合がいいように発言を捏造している• 釈明動画の内容は言い訳だらけで、他人に炎上騒動の責任転嫁をしている• やっていることは「偽計業務妨害罪」だ と指摘。 伝説のオコリザルさんの出した動画内で、特に発言の捏造が証拠ありで公開されたこともあってか、まいぜんシスターズ側は一転して批判をされます。 それを受けて まいぜんシスターズは一連の騒動に関する動画を一斉削除、批判的なコメントに関しても削除、動画の評価を非公開にするなどの措置を行っています。 更には ガンダムVSガンダム系統の動画も一斉削除し、2019年10月17日現在に至るまで正式な謝罪も無く、無視を行っているようです。 そのせいでまいぜんシスターズには、一部界隈からはかなり嫌われている傾向にあり、荒らしなどはされないものの、未だに多くのアンチを抱えるゲーム実況者となっています。 まいぜんシスターズ現在の活動 尚、 まいぜんシスターズは近年「煽り」行為系の動画は投稿していません。 煽りを行えるようなゲームのプレイを行っていないからかもしれませんが、2017年の炎上騒動が後を引いているのだと思われます。 ですが、それに反して前述の通り、謝罪なども行っておらず、一貫して無視を決め込んでいるのも事実です。 今後の活動ではどうなっていくのかわかりませんが、あまり蒸し返してもいい話ではないので、特別煽ったりつついたりすることは避けた方がいいかもしれません。 また、YouTubeのイメージ向上を図るとして、 2019年よりスーパーチャットによる収入を全て寄付に当てるということも明言しています。 2018年はYouTubeの良くないニュースばかりがピックアップされていた気がします。 今後Live配信は全てチャリティ配信とし、スーパーチャットはすべて募金します。 このチャリティ活動を通して、社会及びYouTuberのイメージ向上に少しでも貢献したいです。 まとめ 古参YouTuberでありながら近年台頭してきた「まいぜんシスターズ」は• 2015年12月にデビューした「ぜんいち」さんと「マイッキー」さんの二人組ゲーム実況YouTuber• 投稿初期は数多くのゲームをプレイしていたが、近年は「マインクラフト」と「大乱闘スマッシュブラザーズ」、「フォートナイト」を中心にプレイ中• 本名や顔などは完全に謎に包まれている• 2017年に「ガンダムVSガンダム」のプレイ動画を巡って炎上騒動を起こしている• 2019年からスーパーチャットの収入を全て寄付することを明言している とのことです。 2019年に低年齢層視聴者に人気を博したまいぜんシスターズ。 今後の活動に注目が集まりますね!.

次の