ミスパンダ キャスト。 「シロクロパンダ」子役キャスト一覧!レンの双子役や直輝の幼少期役も!

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】ドラマのあらすじ・キャスト紹介!【主演:清野菜名&横浜流星】

ミスパンダ キャスト

それ以降、いつも守りに入ってしまい勝ちきれない。 しかし、彼女にはもう一つの別の顔が・・・それがミスパンダで動物的な直感から生まれる予期せぬ行動と、トップアスリート顔負けの身体能力を持つ。 闇に隠された真実をあぶり出し、クロと認定したターゲットを嬉々として公開処刑する。 愛知県出身。 身長160センチ。 雑誌ピチレモンでモデルとして活動し、現在は女優として活躍しています。 アクションができる女優ということで知名度がありますが、これだけ可愛くてアクションできるのは魅力ですですよね。 「半分、青い」「トットちゃん!」「やすらぎの刻~道」「今日から俺は! !」などに出演。 「シロクロパンダ」ではアクションシーンも多そうですし、期待ですね。 裏では「Mr. ノーコンプライアンス」の支持で世の中のグレーゾーンに白黒つける活動を行っている。 卓説した記憶力・観察力・洞察力・推理力で、対峙して居る相手の本の少しの心の揺れを敏感に感じ取り考えていること、思っている事を瞬時に把握することができる。 実は8年前に突然失踪し遺体で見つかった父の死の真相を突き止め復讐を遂げるという野望を持っている。 清野さんが毎回アクションして、横浜さんは満を持してって感じ? それもまた良し。 > さんから — りと ritotoiro 横浜流星さんは現在23歳、身長174センチで神奈川県横浜市出身。 スターダストプロモーションに所属しています。 空手で世界一チャンピオンになっており、その技はテレビでも見かけることがありますよね。 動きにキレがあり流石だと思います。 「初めて恋をした日に読む話」でブレイクしましたよね。 出演作は「列車戦隊トッキュウジャー」「あなたの番です」「4分間のマリーゴールド」など。 今ブレイクしてる俳優ですよね。 神代一樹(36歳):要潤 全日テレビに出入りするフリーのディレクター。 数々のスクープを代に送り出してきた敏腕。 真実よりもグレーの世界の方が金になるが信条で、視聴率を稼ぐ為なら、過剰な演出、内容を盛る事も当たり前。 ミスパンダの正体を執拗なまでに追い始める。 香川県出身でCMではコミカルな姿も見せています。 「仮面ライダーアギト」で注目を集め、その後はドラマ、映画、CM、バラエティなどマルチな活躍を見せています。 出演作は多数有りますが、主演ってあまりない気がします。 脇役として活躍していますよね。 10年前のある事件以降、レンの担当医として診察しているよき理解者。 山口紗弥加が清野菜名の母に。 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 身長165センチ、東京都出身。 1995年から劇団カムカムミニキーナに参加、役者を始めてから全く売れず,26歳の時に大学の先輩とお笑いコンビを組んでいたこともあるそうです。 今は脇役として大活躍していますよね。 バラエティでもよく見ますし売れてる俳優さん。 ノーコンプライアンス=直輝に指令を出す謎の人物 8年前に失踪しその後遺体で発見された直輝の父と因縁関係? *川田麻衣子=レンの母 10年前のある事件がきっかけで入院し今も療養中 *門田明宏=大学病院の精神科医=直輝のゼミの教官=10年前のある事件以降レンの担当医 — sayu シロクロ🐼考察垢 sayus4696 山口紗弥加さんは現在39歳で福岡県出身の女優さんです。 フジテレビ系ドラマ「若者の全て」でドラマデビュー、その後バラエティ「笑っていいとも」などにも出演し活躍していました。 しかし、バラエティで頑張るとドラあのスタッフからは「使いにくい」と言われ、苦しんでいた過去もあり、一時は引退を決意したそうですよ。 その後、舞台で蜷川幸雄さんに鍛えられ、今では名バイプレイヤーに成長しました。 2018年「ブラックスキャンダル」で、38歳芸歴24年にしてドラマ初主演も果たした遅咲きの星ですね。 ノーコンプライアンス(50歳):佐藤二朗 直輝の能力に目をつけ、グレーな事件にシロクロつける指令を出す謎の人物。 週刊誌やワイドショーで騒がれる事件が、グレーな間違った噂や憶測をはびこらせる現状に対し、法律では裁けない真実を暴き出す活動をしている。 そのいきすぎた正義感には、過去に下した「ある決断」が関係している。 佐藤二朗さんは現在50歳。 愛知県出身で身長181センチと大きいですね。 若い頃は苦労していて会社勤めを市ながら俳優活動などもしています。 現在は本当に様々なドラマ、映画に出演している名脇役ですよね。 ムロツヨシさんと共に福田雄一作品の常連といえるでしょう。 コミカルな演技に定評がありますが、今回はどうなんでしょうか?期待しちゃいますね。 以上が主要キャストになりますが、他にも脇役子役のキャストも簡単にご紹介しましょう。 東山楓(15歳):吉田美月喜 スポンサードリンク シロクロパンダ|注目スタッフや関係者の一覧 シロクロパンダの注目スタッフや関係者の一覧もみておきますね。 佐藤友治• 蛭田直美 ほか 佐藤友治さんはバラエティ番組のAD、ディレクター、ドラマのAPを経験。 そして脚本家になったのでこれからの注目の方ですね。 遠藤光貴• 松永洋一• 汐口武史 遠藤光貴さんは下記の有名な番組の演出をしています。 とてもすばらしいですね。 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 それぞれの断崖2019 銀河鉄道999 トットちゃん! ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~ 遺産相続弁護士 柿崎真一 婚活刑事2015 闇金ウシジマくん Season2 「闇金ウシジマくん」 dビデオ powered by BeeTVスペシャル たぶらかし~代行女優業・マキ~ チーフプロデューサー• 岡本浩一 プロデューサー• 福田浩之• 馬場三輝 (ケイファクトリー)• 千葉行利 (ケイファクトリー) 共同プロデューサー• 池田健司 (日本テレビ) スポンサードリンク シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 > — エンタメウィーク entameweek シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 の相関図とキャストなどを調べました。 個人的にはやはりオリジナル作品ということで、期待大ですね。 原作が無いと言うのは見ている方としてもワクワクします。 清野菜名さん、横浜流星さんというアクションができる人が主演ですし、アクションにも期待ですが、どんな作品になるのでしょうか? 1月12日スタートですが、楽しいに待っています。

次の

白黒パンダ相関図から考察&出演キャスト画像!コアラ男は誰?|treLABO|ドラマ映画の再放送やDVDレンタル・無料動画情報サイト

ミスパンダ キャスト

もくじ• 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 」で 川田レン役を演じている女優さんは、 清野菜名(せいの なな)さんです。 清野菜名さんが演じる役名は川田レンといい、 別の名を「ミスパンダ」といいます。 彼女はプロの囲碁棋士で、昔は天才少女と話題になった人です。 しかし10年前のとある事件のせいで、内気でネガティブな性格になってしまうのでした。 それ以来、囲碁で勝つことができなくなっていました。 ですが、そんな彼女にはもう1つの隠された顔がありました。 それは、世の中に溢れる様々なグレーゾーンにシロクロ付ける「ミスパンダ」という謎多きヒーローの姿でした。 彼女の奇想天外な行動と、素晴らしい身体能力を活かし、隠された真実を見つけ出します。 「クロ」と判断したターゲットの真実を暴き出す、その姿に熱狂的なファンも多いです。 清野さんは、アクション女優としての賞を受賞されているので、身体能力抜群のミスパンダ役にピッタリだと思いました。 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 悪意のある噂や偽の情報拡散、セクハラやパワハラ、権力のあるものへの忖度なとです。 しかし、それらは犯罪としてはカウントされないのです。 そんな曖昧でグレーなゾーンがこの世界には存在してしまいます…。 そこで!グレーゾーンをシロクロはっきりさせる為に、現れたのがミスパンダです。 そんなミスパンダこそ、ヒロインの川田レン 演:清野菜名 です。 彼女を飼育しているのが、森島直輝 演:横浜流星 です。 彼女たちは、一体どうやって世の中を正していくのでしょうか?! アクション女優の清野菜名さんと今年ブレイクした横浜流星さんのダッグが気になります! ミスパンダという謎の役にも興味がありますし、どうやって世のグレーゾーンを正していくのかワクワクします。 今までにないタイプのドラマになるんじゃないかと思っています。 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』一番楽しみ。 ただ問題なのが正式名称覚えられる自信がない。 タイトル長すぎて合ってるか分かんない の主役2人ってさ、芸能界の中でも随一の武道ガチ勢だよね、アクションシーンめちゃ凄そう… — 👑💛🌻 himawarismiley 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】川田レン役清野菜名さんのプロフィール! 生年月日 1994年10月14日(年齢:25歳)• 出身地 愛知県稲沢市• 身長 160cm• 血液型 B型• 職業 女優、ファッションモデル• 高校では3年間アクション部に所属していたそうです。 小学生の頃は、ファッション雑誌ピチレモンのモデルをしていました。 しかし身長が160cmで止まってしまったことからモデルではなく、女優に転身しました。 その後、高校生時代アクション部だったこともありアクション映画に出演。 そこで ジャパンアクションワードベストアクション女優賞を受賞し、脚光を浴びることになります。 小柄で可愛いらしい顔なのに、力強いアクションに驚かされます。 アクションする彼女はとてもカッコよく素敵だなと思って観ています。 また、アクションのないドラマでも演技がお上手なので楽しく観られます。 この作品ではアクションと大胆な濡れ場を披露し話題になりました。 また、『ウロボロス』『進撃の巨人』などアクショ作品へ次々と出演しました。 『東京無国籍少女』では血まみれの激しいアクションをこなし、 2度目の「ジャパンアクションアワードベストアクション女優賞」を受賞し国際的な評価を上げ、「アクション女優」としての地位を確立しました。 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】川田レン役清野菜名さんプロフィールまとめ 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】に川田レン役で出演している清野菜名さんについて、プロフィールやドラマでの役柄・ネットの評判などをまとめました。 「今日から俺は!!」でのアクションシーンがとてもかっこよくまだ記憶に新しいですが、 今回も得意のアクションが活かされる役柄なので、生き生きした清野菜名さんの演技が見れそうですね!.

次の

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

ミスパンダ キャスト

2020年1月の冬ドラマ。 日テレ系列ではコメディ?なんて感じさせるタイトルのドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」が始まります。 キャストは清野菜名と横浜流星のダブル主演。 物語は「驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダ(清野)と彼女を操る男・飼育員さん(横浜)の最凶バディが、世の中のグレーな事件にシロクロつけ、警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を大胆に暴くというもの。 うーん、なんか見えてこない。 ミスパンダって?白黒の衣装姿の清野菜名さんが登場する?まさか…またミスパンダを飼育員の横浜流星が操るって… そして10年前の事件がなにやら関係しているようにも…2020年の冬ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う 」について調べてみます。 コンテンツ• あらすじ…探偵ドラマでも刑事ドラマでもない? 週刊誌やネットで噂や憶測が飛び交っても、真相はグレーなまま闇に消えるような事件を、主人公の二人(清野と横浜)が大胆不敵に暴いていくというドラマ。 舞台は大学病院とその大学で精神医学を学ぶ横浜流星。 そしてその横浜流星の相棒が清野菜名。 ドラマの公式ホームページではグレーな事件にシロ・クロつけて「暴く」とだけ説明されているんです。 さて何処でどうやって暴くのでしょうか?主人公のふたりの「表の顔」は一般人なので、自らの存在は世間には知らされずに、ブラックなターゲットを公開処刑にするのだと思います。 グレーな事件にシロクロをつける指示をするのは「 Mr. ノーコンプライアンス」と名乗る謎の人物。 名前がいかがわしい(笑。 ytv. 主人公である清野菜名と横浜流星のお二人はドラマでは、表の顔と裏の顔で名前を使い分けています。 川田レン/ミスパンダ(清野菜名) 23歳 表の顔:川田レンは、囲碁棋士。 10年前のある事件を切っ掛けにネガティブで弱気な性格になり、囲碁で負けてばかりに。 裏の顔:ミスパンダ。 動物的な直観から生まれる予期せぬ行動とトップアスリート顔負けの身体能力でグレーな事件にシロクロをつけ、ターゲットを公開処刑する。 森島直樹/飼育員さん(横浜流星)23歳 表の顔:大学で精神医学を学ぶ一方、メンタリストNとしてテレビにも出演するほどの有名人。 大学で籍を置くゼミの教官・門田は大学病院の精神科医で川田レン(ミスパンダ)の担当医である。 裏の顔:謎の人物Mr. ノーコンプライアンス (佐藤二朗)50歳 森島直樹(横浜流星)のメンタリストとしての能力に目をつけグレーな事件にシロクロつける指令を出す謎の人物。 門田明宏(山崎樹範)45歳 森島直樹(横浜流星)の大学ゼミの教官である。 大学病院の 精神科医であり川田レン(清野菜名)の主治医でもある。 川田麻衣子(山口紗弥加)40歳 川田レン(清野菜名)の母親。 10年前のある事件がきっかけで入院。 今も療養施設で生活している。 登場人物のバックグラウンドから見えてくるのは、ゼミ教官=精神科医の門田明宏とのつながりで、森島直樹がミスパンダとなる川田レンを知ることになったようですね。 ここで重要なのが森島直樹のメンタリストとしての能力。 そしてこの川田麻衣子と川田レンの母娘を襲った 10年前のある事件が、このドラマに大きく関係しているようにも見えてきます。 そして 8年前に謎の死を遂げた森島直樹の父親との関連性はあるのか?またMr. コンプライアンスと直樹の父親は因縁の間柄であったような謎も… その他にも豪華キャストが 森島直樹(横浜流星)の恋人役でテレビ局の記者役に白石聖。 ミスパンダの正体を執拗に追い掛けるTVディレクターに要潤、川田レン(清野菜名)がアルバイトをしている囲碁喫茶のママに椿鬼奴が出演。 ytv. 催眠のようなもので別人格にしているようです。 ひょっとしてミスパンダになっているときの活躍は、表の顔の川田レンは知らないのかもしれません。 なんか面白くなってきました。 第一話で明かされた!ミスパンダに変身する瞬間とは… 第一話のあらすじが公式ホームページで公表されましたが、やはり予想的中!川田レンはミスパンダに変身するのは、森島直樹(流星)がパンケーキ屋に川田レンを誘いパンケーキにシロップをかけるシーン。 流れ落ちるシロップを見ているうちにレンの意識が遠のいていく。 ytv. レン「私は誰?」飼育員さん「そうだなミスパンダにしよう…」その夜、ビルの屋上で「グオオォォーー!」と吠えるミスパンダが出現。 ytv. 第一話はIT企業に勤める女性が整形手術の失敗を苦にして投身自殺してしまうというストーリー。 だが自殺の本当の理由は…なんと?そして直樹の前にMr. ノーコンプライアンス(佐藤二朗)が現れ指令をだすことに。 ノーコンプライアンスと呼ばれるワケ? 直樹「それは既に警察が自殺と発表していませんか?」Mr. ノーコンプライアンス「 国の法律が下した決定がすべて正しいと思ったら大間違いです。 」というセリフの掛け合いがあります。 なーるほど「法令遵守しない人」的な思考で白黒を付けようと直樹に指令をだすからMr. ノーコンプライアンスなんですね。 ノーコンプライアンスの正体が明らかに! Mr. ノーコンプラニアンスは法務大臣・佐島源造だった!正体があっさりと明かされてしまいました。 法で裁けない事件を裏で成敗するから、裏の顔をMr. ノーコンプライアンスと名付けたんですね。 第一話の最後で佐島源造が呟く「 まさかパンダにするとは…」 うーんMr. コンプライアンスは善人なの?それとも過去に何らかの事件に手を汚した悪党なの? それというのも横浜流星が飼育員として事件解決のシナリオを考えるとき、パンダのぬいぐるみが机の上に。 父親が子供のころの直樹に「パンダが直樹を守ってくれる」といって渡したパンダのぬいぐるみが。 だがいまはそのパンダのぬいぐるみには片目がなくなっており、なぜかその片目は流星が身につけているペンダントになっている。 そしてパンダの片目の奥にはメモリースティックが隠されていた。 直樹(流星)の父も誰か判明! ペンダントを握りしめ回想シーンに…それは失踪した流星の父が3年後に白骨化した遺体で発見せれたときのニュース。 父・森島哲也は警視庁捜査一課の刑事だった。 発見された頭蓋骨の奥にはなにやらパンダのぬいぐるみらしきものが見えたのだが… 第一話では謎だらけの展開に!まとめてみると…• メモリースティックの映像に拳銃を持ったコアラの着包みの人物は何者?• そして拳銃を突きつけられ椅子に縛られている制服の女の子は誰?• 川田レン(清野菜名)のベッドルームにある写真には母・麻衣子と両脇には女の子が写っていた。 マジックで黒く塗り隠された右側の女の子は誰?• 母・麻衣子の病室にあった写真も同じ写真が飾られていた。 だが、マジックで黒く塗り隠されているのは左側の女の子…どういうコト?• 法務大臣であるMr. コンプライアンスは直樹(流星)の父親の死と関係があるのか?パンダに隠された秘密はメモリースティックの映像と関係あるのか?• ミスパンダが犯人にメスを突き立て手を振りかざした瞬間、ミスパンダの脳裏に響く少女の声「ここから出して!」レイを襲った10年前のある事件に関係があるのか? おまけの謎…ミスパンダはどうやって変身する?キャー! ミスパンダが事件を「シロクロつけた」あと、飼育員(流星)の前で抱きかかえられるように気を失い眠りにつく、次のシーンでは直樹(流星)におんぶをされながら自宅に送られるレン。 あれ?その時はもうミスパンダの衣装ではなく、いつの間にかレンは普段の私服に変わっているんです。 ということは…レンが眠っている間に、直樹が着替えさせたのでしょうか?翌朝には昨夜のことはまったく憶えのないレンがパジャマ姿で目をさます。 やはり直樹の着替えさせたんだ…キャー!直樹。 変なことはするなよ…思わず妄想してしまいました。 笑 直樹の父親役を演じるのはなんと田中圭さん。 ドラマを通してちょくちょく登場する重要なキャストになりそうです。 これは第二話も見逃せません! スポンサーリンク 第二話で明かされた!ある10年前の事件とは? ある10年前の事件が発端で主人公こと川田レン(清野菜々)はネガティブで気弱な性格になってしまったようですね。 そしてそのセラピーのため精神科医に通っています。 母親の川田麻衣子にも10年前の事件が原因で、療養施設での生活を余儀なくされています。 精神的に大きなショックを受けるような事件…そういえばドラマでは川田レンの父親が出てきません。 10年前の事件は、川田レンの父親が関係しているのではないでしょうか?それは2話ではまだ明かされません。 第2話でレンがバイト先の喫茶店「GOBAN」でライターの炎を眺めていたとき突然10年前のフラッシュバックが!。 炎に包まれた自分と「お姉ちゃんが燃えた…」10年前の事件とは連続放火事件のことだった。 リコご免ね…私だけが生きていて… レンの姉の名前は「リコ」。 10年前の放火事件で亡くなった。 最愛の娘を失った母の麻衣子はショックで10年経ったいまも療養施設で入院生活をしている。 レンもまた自宅にある母と姉妹の写真を観て「リコご免ね…私だけが生きていて」と呟く。 病室にある自分と娘の映った写真をみて麻衣子が言う「私にはもう一人娘がいたの…ほんとリコが死んでくれて良かった」そして写真左側に映っている娘の姿をみようと塗り隠されているマジックを爪で剥がそうとする。 レンは母親から虐待を受けていた! 放火事件が起きるまでレンは母親から虐待を受けていた?第2話の最後のほうのシーンで動物を飼う家庭用のゲージに入れられたレンの姿が。 そして「私を檻から出して」と心の叫びを読み取る直樹の姿も。 うーん。 麻衣子はレンを虐待し、姉のリコを溺愛していたのに、病院では「ほんとリコが死んでくれて良かった」なんていうのか?放火事件で錯乱し檻にいたのはリコで、溺愛していたのはレンと記憶がすり替えられているのかも? 直樹の父の死…Mr. コンプライアンスに関係あった!? パンダのぬいぐるみにあったパンダのメモリースティック。 その中には3つの動画ファイルがあったのだが、その一つはコアラ男に銃を突きつけられている少女の画像「この娘の命が惜しけれは1億円を用意しろ!」 もう一つの画像は「お願いします、娘を返してくだい。 お願いします」と懇願する佐島源造の姿が!驚くことに 誘拐された娘とはMr. コンプライアンスの娘であり、直樹の恋人の佐島あずさだった。 2話のナゾまとめ ますます謎が謎を産むような展開になってきましたが、最後に2話の謎のおさらい。 直樹の父は何故、佐島源造(Mr. コンプライアンス)と娘の誘拐事件に関連した画像データを直樹に委ね、殺害されてしまったのか?3つめの動画は何なのか?• 佐島あずさが直樹の恋人とは単なる偶然ではないはず。 いきさつやどんな秘密があるのか?• コアラ男は誰なのか?直樹の父はコアラ男を追っていたのか?• レンと母・麻衣子、そして姉・リコの関係や10年前の放火事件の真相は? まだまだ、どんでん返しがありそうですね。 第三話もまとめて行きまーす!最後までご覧いただきありがとうございます。 第3話 リコがレンを殺した!? 2話で薄々感じてきた予想が3話でほぼ明確になってきたようです。 3話の冒頭ではレンの主治医である門田が、ファイルを眺めるシーンが、ファイルの中には川田レンと双子の姉リコに関する資料。 その中には「一卵性双生児における記憶の相互関係について」というレポートが…。 ここで双子姉妹と母を襲った10年前の事件をまとめてみると…• 10年前の事件とは、母とレン、リコがキャンプで宿泊したバンガローで放火事件が。 そこで姉のリコが逃げ遅れ亡くなった。 レン(清野)はリコが亡くなったのは、日に包まれているリコをレンが助けずに自分だけ逃げたからだと、ずっと心を痛めている。 母・麻衣子は2話で「(10年前)ほんとリコが死んでくれて良かった」と呟き、生前、檻で生活するリコの姿の回想シーン。 「リコご免ね…私だけが生きていて」というレン(清野)だが「私を檻から出して」とフラッシュバックするシーンが…(檻に入っていたのは、姉・レンのはず?)• 次回の予告で、森島直樹(流星)が主治医・門田に問いただすシーン「川田レンはレンじゃないですよね…」 レン(清野)は実はレンではなく、母から虐待を受けていた姉・リコだった!単純に考えられるのは以下のことですよね。 バンガローの放火で亡くなったのはレン。 このときからリコはレンとして生きるようになった。 うーん…なんか単純すぎるような推理かも?真相を握っているのは主治医の門田とレンのバイト先のマスター。 第四話予告では、直樹に門田がいう「分かっているよ!そうするしかなかったんだよ。 あの時あの親子を救うには…」門田がやったこととは? さあ、次は第四話です!最後までご覧いただき有難うございます。

次の