履歴書 添付 メール。 【履歴書作成ガイド】メールで送付するときのマナー(書き方とメール文面サンプル)

web履歴書の写真をメールで送る方法 撮影から添付方法までご紹介

履歴書 添付 メール

詳細は「」を参照 1通目のメールの書き方 それでは履歴書をメール送信する際の1通目のメールの書き方をみていきましょう。 件名 「履歴書送付の件」 「中途採用応募における履歴書送付」 など履歴書送付であることがわかるようにしましょう。 履歴書、職務経歴書を送付いたしますので なお、応募書類にはパスワードを設定しております。 後ほどのメールにて、パスワードをご連絡致します。 ぜひ面談の機会をいただければ幸いでございます。 ご査収のほど、何卒よろしくお願い致します。 com(メールアドレス) ---------------- 2通目のパスワード送付メールの書き方 数分おいてからパスワード送付のメールを送ります。 履歴書を送るときはパスワード付きにすることがセキュリティ上のマナーとなっています。 詳細は「」を参照 件名 「パスワードの件」 「履歴書パスワードの件」 などパスワード送付であることがわかるような件名にしましょう。 応募書類に設定したパスワードをご連絡しております。 先ほどお送りした履歴書のパスワードをご連絡します。 com(メールアドレス) ---------------- 送信前のチェック 上記メールを送信する前に、間違いや漏れがないかを必ずチェックしてください。 人間は間違えやすい生き物です。 メール送信前のチェックは必須です。 宛先 宛先は部署宛であれば「御中」、担当者宛であれば「様」をつけましょう。

次の

履歴書をメールで添付する場合、どうやって証明写真をデータ化すればいいの?

履歴書 添付 メール

・ファイル名はどうすれば良い? ・履歴書や職務経歴書のデータの形式は? (WordやExcelのまま?PDF化する?) ・パスワードの設定方法は? (WordやExcelに直接パスワードかける?PDF化したデータにパスワードかける?フォルダに入れてフォルダにパスワードかける?) ・パスワード設定するための圧縮ソフトは何が良い? ・どれくらいの容量だったら圧縮が必要? なお、大半の部分は、疑問に感じた流れに沿って書いております。 わかりやすく結論をズバッと書いた方が良いとは思ったのですが、調べてもぱっと答えが出ていないことが多く、自分でいろいろ考えた末に答えが出たという感じだったので、それをそのまま書くことにしました。 (あとは『なんでそうなのか?』が書いてないサイトが多かったので、私は書きたかったというのもあります) つたないところもあるかと思いますが、ご了承下さい。 ちなみに、私が使っているのはWindowsですので、Windowsでのやり方が書いてあります。 では、どうぞ~ <スポンサーリンク> 目次• 履歴書や職務経歴書が出来上がりました。 ここから履歴書や職務経歴書をメール送付に適した状態にする訳ですが… 大前提…というか、まず一番最初にやっておくべきこと。 それは、 メールで送る履歴書や職務経歴書のファイル名をわかりやすいものにしておくことです。 自分にとってわかりやすいということではなく、 受け取る相手(応募する企業)にとってわかりやすいファイル名ということです。 転職サイトなどを見ると、いろいろなことが書いてありますが… 書類名と 自分の名前と 日付が入っていれば、問題ないようです。 これらの書類には個人情報が含まれているので、 第三者に見られることのないようにパスワードを設定する必要があります。 ネットを駆使して調べたところ、パスワードを設定する方法として選択肢が3つ出てきました。 でも、どちらのやり方が良いの?どちらでも良いの? いろいろ調べたのですが、かなり迷いました。 そして、もっと結論を書くと、 PDF化したデータをフォルダに入れて、そのフォルダをzip形式にして(無圧縮で)パスワードを設定するという方法が良いです。 どうしてその結論に達したか、以下から順を追って説明します。 私の場合、もともとのデータの形式としては 履歴書・・・ Excel(転職サイトからダウンロード出来るものを利用) 職務経歴書・・・ Word(自作) という状態でした。 (大多数の人が同じような感じだと思います) 別にそのまま、 ExcelはExcelのまま、WordはWordのまま送れば良いんじゃない?と思ったのですが、 PDF化した方が良いという情報もあり、かなり悩みました。 大手転職サイト内の情報ですら、見解が分かれてます。 ここまでの話を総合すると…やっぱり PDF化だ! でも、これが、なかなか… いざやってみようとすると、さらにいろいろな疑問点が出てきました。 ですが、 Excelの場合は、同じように操作してもオプションの次の画面で『ドキュメントをパスワードで暗号化する』をいうのが出てこないんですよね。 いろいろ調べましたが、Excelに関してはPDF化する際に直接パスワードを設定するということは出来ないようです。 Adobe Acrobat であれば、出来るようです。 となると、PDF化したデータそのものにパスワードを設定するのではなくて、 PDF化したデータをフォルダに入れて、そのフォルダにパスワードを設定する方法を取ることになります。 つまり、こういう状態です。 となると、次に問題になってくるのが、 データを入れたフォルダにパスワードを設定する方法 です。 昔(Windows Vista より前)は標準の仕様でフォルダにパスワードを設定することが出来たそうですが、 現在(Vista以降)は 圧縮ソフトを使用しないとフォルダにパスワードを設定することは出来ません。 ここで疑問がまた2つ。 ・圧縮ソフトは 7-Zipが良さそう! ・データ容量は、 2MB(=2,000KB までならOKというのが、一般なビジネスマナー。 ・パスワード設定のために圧縮ソフトは必須だけど、 無圧縮というのも選択出来る。 (7-Zipの場合) 圧縮ソフトについて調べてみると、いろんな名前が出てきますが、一番一般的なのは 7-Zipというソフトのようです。 このソフトは圧縮・解凍ソフトなので、解凍するにも同じソフトが要るんじゃないの?とも思ったのですが、 Windowsに標準搭載されている機能で解凍することが出来ます。 ですので、書類を受け取る相手が7-Zipを入れていなかったらどうしよう…と心配する必要はありません。 (ちなみに、Macの場合は、そもそも7-Zipを使わなくてもzip形式で圧縮・解凍することが出来るようです) データ容量に関しては 2MBまでは圧縮等しなくてもOKという意見が多いようです。 私の場合、履歴書が135KB、職務経歴書が175KB、合わせて310KB。 2MBよりも全然小さいので、圧縮しなくてOKということです。 そして、7-Zipの場合は、 無圧縮を選択することも出来ます。 …という訳で、 32ビットか64ビットか調べる方法がわからない方はこちらをどうぞ。 ダウンロードが出来たらインストールします。 PDF化したデータをフォルダに入れ、そのフォルダにパスワードを設定していきます。 履歴書・職務経歴書をメール送付する際、その他注意するべきこと ここまできて、ようやく履歴書と職務経歴書がメールで送れる状態になりました。 その他に注意すべき点としては、 履歴書・職務経歴書を送るメールとパスワードを記載したメールの2通を送る。 (履歴書・職務経歴書を添付したメールにパスワードを記載してはいけない!) ということがあります。 これは考えたらまぁ、わかりますよね。 あとは メールの本文はどんな風に書けば良いの?ということも疑問思うところだと思います。 そのあたりのことは、リクナビNEXTにわかりやすく書いてあったので、参考にしてみて頂ければと思います。 一つだけ補足です。 私は上記のやり方で応募書類を作り、それをGメールで送ったのですが… あとでふと送信済みメールを見てみたら、こんなメッセージが。 ウィルススキャン出来ない!?これって先方困るんじゃ… やってしまったかも、と思いました。 でも、いろいろ調べてみたところ、このメッセージはOutlookなどでは出ません。 また、同じフリーメールでもYahooメールでは出ません。 (両方試してみました) そして、ウィルスバスター等を使えば、圧縮を解凍する前にウィルススキャンをすることも出来ます。 これはGメール上でウィルススキャンが出来ないというメッセージのようですね。 ですので、 このメッセージは特に問題ないと思われます。 また実際に応募した企業からも何も言われませんでした。 ご参考までに。 まとめ 以上、履歴書・職務経歴書をメールで送る方法についてでした。 正直かなり苦労したのですが、いろいろ勉強になりました。 とか言って、一般常識でしょ!って思われてそうな気もして怖いですが(笑) でも、この記事がどなたかの役に立てば幸いです。 読んで頂いてありがとうございました。 <スポンサーリンク> カテゴリー• 3 アーカイブ• 最近のコメント• に あやぞぅ より• に ほむ より• に あやぞぅ より• に より• に あやぞぅ より 最近の投稿• メタ情報•

次の

履歴書をメール添付で送る時の例文&マナー<パスワード設定・PDF作成方法も図解>

履歴書 添付 メール

履歴書をメールで送る際のマナー マナー1:履歴書は指示されたらすぐに送る 採用担当者から履歴書送付の指示があったら、「すぐに送る」ことが大切。 なかなか送らない場合、「メールを確認しない人なのかな?」「仕事もスローペースなのかな?」とマイナスの印象を持たれてしまう可能性があります。 ただし、送る時間帯にも配慮が必要。 履歴書を添付したメールはなるべく会社の就業時間内に送るようにしましょう。 真夜中などにメールを送るのは非常識だと感じる採用担当者もいるため、避けるのが無難です。 履歴書は転職活動で必ず必要になる書類のため、事前にメールで送れるデータを準備しておくのがベスト。 もし、紙の履歴書しか準備しておらず提出までに時間が掛かってしまうという場合、取り急ぎ「いつまでに送付します」という具体的な日にちをメールで返信しておき、必ずその期限までに送りましょう。 マナー2:履歴書にパスワードをかけ2通に分けて送る 個人情報をビジネスで扱う際は、細心の注意が求められます。 なので、添付する履歴書にもパスワードをかけるのがベター。 その場合は、 1通目のメールに履歴書ファイルを添付し、2通目のメールでパスワードを知らせる、というように2通に分けて送ると良いでしょう。 「添付ファイルにパスワードをかけるのって面倒……。 絶対にかけなきゃいけないの?」と思う人もいるかもしれませんが、履歴書は個人情報がたくさん記載されている重要な書類。 セキュリティー管理は会社と社員を守るためにビジネス上とても大切なことと認識されています。 そういったなか、履歴書にパスワードをかけずに送ってしまうと 「セキュリティー管理意識が低い人なのでは?」「入社してからも重要なデータをずさんに扱うのでは?」と不安に思われてしまう可能性があります。 手間は掛かりますが、最低限のビジネスマナーとしてメールに添付する履歴書にはパスワードを設定するようにしましょう。 マナー3:件名、本文は簡潔に 採用担当者は日々たくさんのメールをチェックしているので、件名、本文共に内容が分かりにくいとストレスに感じるかもしれません。 件名には、採用担当者がメールを受信した際、誰からのどんな連絡かがすぐに分かるよう「名前」「用件」を簡潔に記載しましょう。 ただし、相手のメールに返信する場合は、「Re」を付けたままで件名も変える必要はありません。 本文には、宛先・あいさつ・内容・締め・署名を記載します。 」で書き出し、初回のみ「お世話になります。 」とすると良いでしょう。 在職中の人も、現職の社名を記載する必要はありません。 1通目のメールでは履歴書送付メールであること、 添付ファイルにパスワードを設定しており、後から送るメールで知らせる旨も忘れずに記載しましょう。 2通目のメールでは、先に送った添付ファイルのパスワードである旨を記載してください。 」など、忙しいなか履歴書を確認してもらうことへの感謝が伝わるような言葉を添えられると好印象でしょう。 こちらにも、現職の情報を記載する必要はありません。 (苗字 名前)です。 先日ご依頼いただいた履歴書をお送りいたします。 添付ファイルには念のためパスワードを設定しております。 追ってパスワードをお送りいたしますので、併せてご査収いただけますでしょうか。 お忙しいなか恐縮ですが、ご確認の程よろしくお願い申し上げます。 結論から言うと、 PDF形式で送るのがベスト。 WordやExcelのテンプレートを使って作成した場合でも、PDFファイルに変換して送ると良いでしょう。 PDFファイルに変換することで第三者が修正できなくなるだけでなく、レイアウトを保ったまま印刷することができるため、採用担当者の手間を最小限に抑えることができます。 手書きの履歴書をスキャンしたPDFで送ることも間違いではないですが、字がつぶれてしまったり顔写真が不鮮明になったりと読みにくくなることも。 PCを持っていない場合でも、スマートフォンのみでPDFの履歴書を作成できるツールなどもありますので使ってみると良いでしょう。 Word、Excelを添付用PDFに変換する方法【簡単3ステップ】 もしWordやExcelで履歴書を作成した場合「PDFファイルに変換ってなんだか難しそう……」と感じる人もいるかもしれません。 ですが、実はとっても簡単! たった3ステップでできる方法を紹介します。 PDFデータに変換したら、必ず開いて内容をチェックすることを忘れずに。 WordやExcelファイルの段階では枠内に収まっていた文末の文字や最後の行が、はみ出して隠れてしまうことがあるためです。 消えてしまっている文字がないか、レイアウト崩れがないかなど読み直して確認しましょう。 採用担当者がたくさんの履歴書を受け取り管理することを考慮し、パッと見て誰の何のデータかが分かるようなファイル名にする必要があります。 pdf」など、分かりやすいファイル名を付けると良いでしょう。 ファイル名に日付を入れるのも一般的ですが、その際はメールを送付する日にちを付けるようにしましょう。 履歴書の記入日同様、古い日付のまま送るのは印象が悪くなるため注意が必要です。 また、ほかのツールで作成した文面をコピー&ペーストした時は、元のツールの書式が残ってしまっていることもあります。 必ずプライベートのメールアドレスを使いましょう 監修: 谷所健一郎 (やどころけんいちろう) 有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメントアドバイザー(CDA)。 1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。 ヤドケン転職道場、キャリアドメインマリッジ、ジャパンヨガアカデミー相模大野を経営。 主な著書「はじめての転職ガイド 必ず成功する転職」(マイナビ)、「転職者のための職務経歴書・履歴書・添え状の書き方」(マイナビ)ほか多数。 有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメントアドバイザー(CDA)。 1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。 ヤドケン転職道場、キャリアドメインマリッジ、ジャパンヨガアカデミー相模大野を経営。 主な著書「はじめての転職ガイド 必ず成功する転職」(マイナビ)、「転職者のための職務経歴書・履歴書・添え状の書き方」(マイナビ)ほか多数。 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の