ゆで 卵 レンジ あたため。 【電子レンジでも簡単&安全】おすすめのゆで卵メーカーと使い方まとめ

ゆで卵の温め方は何が良いの?電子レンジは大丈夫なの!?

ゆで 卵 レンジ あたため

ゆで卵メーカーの使い方とゆで時間一覧 ゆでたまごメーカーの使い方はほんとに簡単です。 容器に水と卵を入れて電子レンジのスイッチをいれるだけです。 規定の量の水を入れる 本体容器の水位ラインまで水を入れる。 卵皿と玉子をのせる 本体容器に卵皿をセットし、たまごをのせます。 冷蔵庫から出したての玉子は急激な温度変化のせいで殻にヒビが入ったり卵白が漏れだすことがあるので、玉子は予め常温に戻しておきましょう。 蓋をして加熱する あとは蓋をしてレンジで加熱するだけです。 加熱時間の目安は以下のとおりです。 レンジの機種によって加熱具合が多少異なると思うので調整してみてください。 できあがり チンがなったら出来上がり。 水で冷やして皮を剥くとこんな感じです 800Wで12分した場合。 しっかり中までできてます。 いやー、ほんと楽にゆで卵ができちゃいました。

次の

電子レンジで湯豆腐を作る方法!電子レンジ豆腐を温めると爆発する?

ゆで 卵 レンジ あたため

・ゆで卵は電子レンジで温めても大丈夫? 結論から言うと 電子レンジで温めるのはダメ 温泉卵・半熟卵もダメです 電子レンジのマイクロ波は食品に含まれる水分を温めます。 電子レンジで温めると、ゆで卵内の水分が蒸発し蒸気が溜まります。 固まった白身が邪魔して水蒸気が逃げられなくなります。 蒸気がいっぱいになると、ゆで卵が耐えられなくなり爆発してしまうから 殻付きだと、殻が飛んで電子レンジが壊れてしまうかもしれません・・・ 1個だけなら大丈夫かもしれませんが、複数個爆発したら悲惨ですね(泣) また、無事に温められたとしても殻をむいた瞬間に、 爆発し唇を怪我することがあるので気を付けてくださいね。 私はゆで卵を電子レンジでチンしたら、爆発して飛び散り掃除するのが大変でした(泣) もう少し早く知りたかったです・・・ 同じ理由で 生卵も電子レンジで温めるのは止めましょう。 ただし、殻を割った生卵の黄身に爪楊枝で3~4ケ所穴を入れると、 蒸気の逃げ場ができて爆発せずに済みますよ。 ソーセージやタラコなど 膜で覆われたものも電子レンジでチンすると破裂します。 これも同じく中に水蒸気が溜まってしまうから 電子レンジで温めるときは、切れ目や穴をあけると蒸気が逃げて破裂せずに済みます。 ・どうすれば電子レンジで温められる? ・ゆで卵に穴をあける 殻を割ったゆで卵に爪楊枝などを使って穴を開けましょう。 穴は真ん中で貫通するまで開けてください。 1ケ所だと物足りないので4~6ケ所ぐらい多めに開けておくと良いでしょう。 こうすることで 水蒸気が外に逃げられるので爆発することはありません。 穴をあけるのが面倒なら、ゆで卵を半分に切るのも良いですね。 これで水蒸気が溜まらずに済みます。 ただし、 まれに水蒸気がうまく抜けずに破裂することがあります。 ゆで卵の中を温め過ぎなければ破裂は防げます。 なので、ワット数を低めにして10秒などこまめに様子を見ながら温めてください。 うーん、様子を見ながらなので面倒ですね(笑) 次にもう少し楽な電子レンジでの温め方を紹介します。 ・アルミホイルで包み電子レンジでチン うまく工夫すれば爆発することなく電子レンジでゆで卵を温められます。 中途半端にアルミホイルで包むのではなく、 隙間なくゆで卵が見えないようにしっかりと包んでください。 アルミホイルで包むことで電子レンジのマイクロ波が遮断でき、ゆで卵を徐々に温められます。 急激に温めると爆発してしまいます。 次に耐熱容器に水を入れ、包んだゆで卵を入れます。 耐熱容器はマグカップでもOK ゆで卵がスッポリ入るように縦長が良いですね。 必ずゆで卵とアルミホイル全体が水につかるようにして下さい。 アルミホイルが水から出ていると、温めた時に発火する恐れがあります。 水につかっていれば、発火することはなく水が温まるだけなので安心です。 最後にラップをして電子レンジで温めます。 どれくらい温めるかは、電子レンジによるので調整してみて下さい。 ちなみに同じような方法で電子レンジを使ってゆで卵が作れます。

次の

電子レンジで卵が爆発する理由とさせない方法!ゆで卵も目玉焼きも黄身に穴を開けるだけで安全に作れます。

ゆで 卵 レンジ あたため

Contents• レンジで爆発しない豆腐の温め方! 豆腐は鍋で温めるのが基本ですが、鍋を準備したり、お湯が沸騰するまで待ったりするのが面倒な方も多いのではないでしょうか。 そんな時に電子レンジで温められたら便利ですよね。 電子レンジで豆腐を温める場合、注意しなければいけないことがあります。 電子レンジは、食品内の水分を振動させて熱を発生させます。 水分が多いものは、温まりやすいですが、 爆発の危険があります。 卵を殻のまま電子レンジに入れると爆発することをご存知の方は多いのではないでしょうか。 これは、殻の中で膨張していった水蒸気により高圧状態になることで爆発が起きています。 豆腐も卵のように爆発することがあるのか、気になりますよね。 調べてみたので、ご紹介します。 豆腐は電子レンジで爆発することがある? 卵の殻のように閉じ込められた状態になってしまうと、 豆腐でも爆発する可能性があります。 豆腐の中には、隙間があり、その隙間が多いものは電子レンジで加熱すると爆発する危険が高まります。 隙間が少なければ、ボンという音がすることはあっても、爆発にはなりません。 隙間が多いかどうかは、豆腐によって変わります。 どの豆腐が爆発するかどうかは、正直やってみなければわかりません。 じゃあ爆発覚悟で加熱しなければいけないの?と思った方もいるかもしれませんが、そんなことはありません! 温め方を注意すれば、どんな豆腐でも爆発を防ぐことは可能です。 では、どのようなことに気をつければ、爆発しないで豆腐を温めることができるのでしょうか? 豆腐がレンジで爆発しない温め方! 電子レンジ内で爆発が起きると、掃除も大変だし、極力爆発は避けたいですよね。 ではさっそく注意点を見てみましょう! パックのまま温めない! 豆腐が入っているパックのまま電子レンジで加熱すると爆発する可能性があります。 スーパー等で市販されている豆腐は、密閉状態のパックに入っています。 加熱した時に、水蒸気が閉じ込められた状態になると、卵のように爆発します。 そうならないように、電子レンジで温める際は、 パックから出して温めましょう。 水蒸気の逃げ道があれば、爆発を防ぐことができます。 深めの容器に入れる! 平たいお皿に乗せて加熱すると、豆腐が電子レンジの熱を直接受けることで、爆発しやすくなります。 豆腐の高さが収まるくらい 深めのお皿や容器に入れて温めましょう。 耐熱ガラス製の容器のセットです。 市販されている豆腐の高さ(厚み)はだいたい3センチ程度なので、これくらいの容器があると安心です。 レンジやオーブンで使えて、保存する時にも便利です。 ガラス製のため、汚れやニオイもとれやすく、使い勝手もいいのでおすすめです。 水をたっぷり入れる 深めの容器に豆腐を入れたら、 豆腐がひたひたになるくらい水をたっぷり入れてください。 水に熱が伝わり、周りから温めることで豆腐の爆発はしにくくなります。 ラップをかける時はふんわりかけるようにするとラップが破れるのを防ぐことができます。 このように、注意して温めれば、爆発を防ぐことができます。 手早く豆腐を温めたい時は、気をつけながら電子レンジで温めてみてください。 1. 深めの容器に豆腐を入れ、豆腐が ひたひたになるまで水を入れます。 2. ラップをふわっとかけ、 500wで1~2分加熱します。 3. ラップに爪楊枝などで穴をあけて 水を捨てます。 4. めんつゆや ポン酢など、お好みの味でお楽しみください。 一気に加熱しすぎると、形が崩れることがあるので、気をつけましょう。 こちらは、とてもシンプルな湯豆腐の作り方になります。 本格的な湯豆腐が作りたいという方は、昆布や顆粒だしなどを容器に一緒に入れて温めると出汁が出て美味しくなります。 湯豆腐に白菜などの野菜も入れたいという場合は、事前に野菜だけを電子レンジで加熱してから一緒に入れると美味しく食べられます。 さっそく作り方を見てみましょう。 1. 豆腐をキッチンペーパーで包み、電子レンジ 500wで1分加熱して水切りします。 2. 水切りした豆腐の上にチーズを乗せて電子レンジ 500Wで1分温めます。 3. お好みで 塩胡椒や 醤油、 オリーブオイルなどをかけてお楽しみください。 とても簡単で、アレンジも可能です。 出汁醤油と鰹節をかけると和風になります。 めんつゆだけでもあっさりとしていて美味しいです。 ごま油やラー油をかけると中華風に。 ケチャップとパセリを乗せれば、一気にイタリアンになります。 このように、アレンジがたくさんできるので、お好きなものを見つけてみてください。 材料 2人前 スポンサーリンク 卵豆腐の温め方!豆腐と違う? 卵豆腐は豆腐という名前がついていますが、 実際は豆腐ではありません。 卵と出汁からできていて、豆腐に似ているから卵豆腐という名前になったそうです。 豆腐は電子レンジで温めることができますが、卵豆腐の場合はどうなのでしょうか? 調べてみたところ、 卵豆腐も電子レンジで加熱できるものが多いようです。 ただ、容器から出すと、崩れてしまうことがあります。 さらに、 豆腐よりも破裂する危険性も高いので、あまり電子レンジでの加熱はおすすめできません。 どうしても 電子レンジで加熱する際は、慎重に容器から出し、深めの容器に入れ、1~2分から試してみてください。 あまり加熱しすぎると、すが入り、ぼそっとした食感になったり、硬くなったりしてしまうので、気をつけましょう。 卵豆腐を温める方法で、一番おすすめなのは、容器ごと湯せんする方法です。 湯せんだと、中まで均一に温まり、美味しく食べられます。 沸騰させた状態で茹でるのではなく、水から温め、沸騰してきたら火を消します。 蓋をした状態で 5~10分程度温めるとちょうどいいです。 卵豆腐を温めて食べる際は、湯せんしてみてください。 スポンサーリンク 豆腐を温めると栄養は減るの?効果は? 豆腐は低カロリーで高タンパクの栄養満点の食品と言われています。 せっかく食べるなら栄養をしっかり吸収したいものです。 豆腐を温めたら栄養が減ったり、壊れたりしないか気になりますよね。 調べてみたので、さっそく見てみましょう。 豆腐を温めると栄養は減るの? 一般的にタンパク質は熱で変性すると言われています。 ただ、変性したからといって栄養価が変わるわけではありません。 市販されている豆腐は製造工程でだいたい加熱されているので、家で加熱する程度なら全く問題ないと言えます。 熱で分解される栄養素として有名なものに、ビタミンCがあります。 このビタミンCは、豆腐にはもともとあまり含まれていないため、心配する必要はありません。 そのため、 豆腐を温めても栄養が減るという心配はしなくてよさそうです。 豆腐を温めた時の効果は? 冷奴は定番ですが、豆腐を温めた温奴が最近人気になりつつあります。 温めた豆腐を食べると体全体の代謝が良くなると言われています。 代謝アップはダイエットにも効果的なので、ダイエット中の方にもおすすめの食べ方です。 また、体を芯からじんわりと温めてくれるので、 冷え性改善にも効果的です。 寒い時期や、冷え性の方が食べる場合は、温めるといいですね。 温めた豆腐にあんかけをかけたり、スープをかけたりと、アレンジできます。 生姜やキムチなどを入れると、体を温める効果がさらにアップするのでおすすめです。 1. キッチンペーパーを2枚重ねて豆腐を包みます。 2. キッチンペーパーの重なっている側を下にして、 500wで3分加熱すれば完成です。 ラップはかけなくて大丈夫です。 手順はこれだけなので、とっても簡単ですよね。 しかも時短にもなるので、忙しい方にもぴったりです! 水切りすると、加熱前の3分の2程度の大きさになります。 もっとしっかり水切りがしたい時は、様子を見ながら加熱時間を増やしてみてください。 豆腐の上に水を入れた容器を乗せて重しをしてから加熱すると、さらにしっかり水が切れます。 しっかりと水切りすると、豆腐がチーズのような食感に近づきます。 チーズのようになった豆腐をトマトと一緒にオリーブオイルと塩胡椒をかけてカプレーゼ風にすると、おしゃれで美味しいです。

次の