昭島 市 ゴミ。 昭島市のごみ焼却問題

昭島市 粗大ごみ|料金・手数料

昭島 市 ゴミ

昭島市の家庭ごみの出し方について、昭島市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。 昭島市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、 昭島市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。 スポンサード リンク 平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。 お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。 昭島市家庭ごみの出し方主な品目の紹介 昭島市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。 新聞 折り込みチラシは、新聞と一緒にはさんで出してください。 雑誌やダイレクトメールなどは、はさまないでください。 新聞販売店配布の新聞入れ袋は使わずに、ひもでしばって出してください。 新聞のチラシのみで出すときは、雑古紙で出してください。 ダンボール(茶封筒・茶色の紙も含む) 茶紙・裏が茶色のラップ類やトイレットペーパーのしん・茶封筒・茶色の箱・茶色の紙袋等 ダンボールはたたんで出してください。 量が多い場合はひもでしばって出してください。 ガムテープでしばらないでください。 (風等で飛ばされなければしばらなくても結構です) 発泡スチロールやビニールなどは取り除いてください。 (金具はついたままで結構です) ろうやアルミのついているダンボールは可燃ごみで出してください。 飲料用紙パック(牛乳パックほか) 中をすすいで、開いて、乾かしてから、しばって出してください。 アルミコーティングされた紙パックは可燃ごみで出してください。 雑古紙 茶色以外の紙(以下の「資源にならない紙」を除く) お菓子の箱 ティッシュペーパーの箱 封筒・はがき(茶封筒は除く) 窓枠のビニールは取り除いてください。 石けんや歯磨き粉の箱(においのついていないもの) 紙でできたチケット類 メモ用紙 シュレッダーくず(紙袋に入れてください) 箱はつぶし、ビニールは取り除いてください。 小さいものは雑誌に、はさんだり紙袋に入れたりしてから出してください。 雑誌 ひもでしばって出してください。 表紙がビニールコーティングされている雑誌は表紙のみ、可燃ごみに出してください。 資源にならない紙 次のものは資源にならないので、可燃ごみに出してください。 鼻をかんだティッシュペーパー・キッチンペーパー 圧着はがき・宅配便の複写式伝票などの裏カーボン紙・ノーカーボン紙 汚れた紙・においのついた紙・レシートなどの感熱紙 写真・感光紙・ビニールコート紙・防水加工された紙 カップ麺のふたなどのコーティングされた紙 油絵 感熱性発泡紙(主に点字の印刷で使用) 有害ごみの出し方 (1週間に1回収集)無料 対象品 蛍光灯、水銀体温計、乾電池(充電式を含む)、リチウムイオン電池、ニッケル・水素電池、ニッケル・カドミウム電池、ボタン型電池 リチウムイオン電池、ニッケル・水素電池及びニッケル・カドミウム電池はリサイクル協力店でも回収していますのでをご利用ください。 出し方 「不燃ごみ」または「プラスチック」の日の朝8時30分までに出してください。 透明または半透明の袋(レジ袋可)に入れるか、袋に「有害ごみ」と書いて出してください。 蛍光灯が入っていた箱は「ダンボール・茶紙」へ出してください。 電球(LEDを含む)及びグロー球は「不燃ごみ」へ出してください。 電子体温計は電池を取り除いて「不燃ごみ」へ出してください。 リチウムイオン電池、ニッケル・水素電池及びニッケル・カドミウム電池は、端子部分をビニールテープ等で絶縁してから出してください。 資源の出し方 (1週間に1回収集)無料 収集日の朝8時30分までに出してください。 透明又は半透明の袋(レジ袋可)で出してください(スプレー缶・カセットボンベ等を除き、同じ袋にまとめても結構です)。 缶 アルミ缶・スチール缶・のりの缶・お菓子の缶・ペットフードの缶・シーチキンの缶・ミートソースの缶など。 中身を使い切り、すすいで、乾かしてから出してください。 注:たばこの吸殻を缶の中に入れないでください。 資源にならず、不燃ごみとして処分することになってしまいます。 注:食用油やペンキの缶は、使い切って「不燃ごみ」へ出してください。 食品関係のびん ジュース、酒類、焼肉のたれ、ドレッシングのびんなど。 中身を使い切り、すすいで、乾かしてから出してください。 注:金属のキャップは「不燃ごみ」へ、プラスチックのキャップは「プラスチック」へ出してください。 錠剤などの薬のびん、化粧品のびん(無色のもの) 注:化粧品のびん(乳白色のもの)・クリスタルびん・耐熱ガラス(哺乳びん等)は資源にならないので、「不燃ごみ」へ出してください。 ペットボトル 飲料用のもの(醤油を含む)。 ラベルは「プラスチック」へ出してください。 中身を使い切り、すすいで、乾かしてから出してください。 食用油やソースのペットボトルは、すすいで、乾かしてから「プラスチック」へ出してください。 注:近隣のお店で店頭回収をしている場合は、そちらもご利用ください。 注:ペットボトルのキャップは「プラスチック」へ出してください。 ビデオカセットテープ・カセットテープ 注:ケースは「プラスチック」へ出してください。 注:テープを破砕機で処理すると、機械の軸に巻き付き故障の原因となります。 プラスチックでできていますが、「資源」として出してください。 スプレー缶類 使い切って、他の資源(びん・缶・ペットボトル・ビデオテープ類)とは別の袋で出してください。 穴をあける必要はありません。 注:使い切れない場合は、中身が残っている旨を表示してください。 プラスチック (3週間に2回収集)有料 収集日の朝8時30分までに指定収集袋で出してください。 スチロール容器類 すすいで、乾かしてから出してください。 発泡スチロール マヨネーズ容器など 中身を使い切り、はさみなどで切ってすすいで、乾かしてから出してください。 キャップもプラスチックとして出してください。 ポリウレタン スポンジ・クッションなど• ポリ袋 菓子袋や冷凍食品の袋など 袋の内側がアルミコーティング(銀色)されていてもプラスチック識別マークの表示がされているものは、プラスチックで出してください。 プラスチック食品包装容器 汚れを落としてから出してください。 ペット樹脂製の包装容器などもプラスチックです。 飲料用のペットボトル・醤油のペットボトルは「資源」に出してください。 わさび・からし・歯磨き粉などのチューブ 使い切ってください。 カップ麺 すすいで乾かしてください。 紙製又は紙識別マークの表示のあるふたは「可燃ごみ」に出してください。 食用油やドレッシングのプラボトル すすいで乾かしてください。 ポリタンク 灯油は完全に抜いてください。 くだものなどのクッション材• 洗剤容器など 中身を使いきり、キャップをはずし、中をすすいで、出してください。 プラスチックキャップは、プラスチックへ出してください。 金属などがついていたら「不燃ごみ」に出してください。 台所洗剤やシャンプー、リンス等は、詰替用を利用しましょう。 プリン容器など すすいで乾かして容器はプラスチックへ出してください。 アルミ箔のふたは「不燃ごみ」に出してください。 プラスチックのふたは「プラスチック」に出してください。 紙製又は紙識別マークの表示のあるふたは「可燃ごみ」に出してください。 バケツ・洗面器・おけ 金属のものは「不燃ごみ」に出してください。 プラスチックコップ・歯ブラシ• ビデオテープ・カセットテープのケース ビデオテープ・カセットテープ本体は「資源」に出してください。 収納・衣装ケース 指定収集袋に入る程度のもの キャスターなど金属は「不燃ごみ」に出してください。 CDのケース CDは「不燃ごみ」に出してください。 プリペードカード等• スポンサード リンク 処理できないごみ パソコン、テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機処分方法• | 小型家電リサイクル法知っていますか? 使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。 小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。 使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。 平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。 家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう 燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。 これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。 間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

次の

家庭ごみ 昭島市ごみの出し方

昭島 市 ゴミ

昭島市の家庭ごみの出し方について、昭島市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。 昭島市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、 昭島市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。 スポンサード リンク 平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。 お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。 昭島市家庭ごみの出し方主な品目の紹介 昭島市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。 新聞 折り込みチラシは、新聞と一緒にはさんで出してください。 雑誌やダイレクトメールなどは、はさまないでください。 新聞販売店配布の新聞入れ袋は使わずに、ひもでしばって出してください。 新聞のチラシのみで出すときは、雑古紙で出してください。 ダンボール(茶封筒・茶色の紙も含む) 茶紙・裏が茶色のラップ類やトイレットペーパーのしん・茶封筒・茶色の箱・茶色の紙袋等 ダンボールはたたんで出してください。 量が多い場合はひもでしばって出してください。 ガムテープでしばらないでください。 (風等で飛ばされなければしばらなくても結構です) 発泡スチロールやビニールなどは取り除いてください。 (金具はついたままで結構です) ろうやアルミのついているダンボールは可燃ごみで出してください。 飲料用紙パック(牛乳パックほか) 中をすすいで、開いて、乾かしてから、しばって出してください。 アルミコーティングされた紙パックは可燃ごみで出してください。 雑古紙 茶色以外の紙(以下の「資源にならない紙」を除く) お菓子の箱 ティッシュペーパーの箱 封筒・はがき(茶封筒は除く) 窓枠のビニールは取り除いてください。 石けんや歯磨き粉の箱(においのついていないもの) 紙でできたチケット類 メモ用紙 シュレッダーくず(紙袋に入れてください) 箱はつぶし、ビニールは取り除いてください。 小さいものは雑誌に、はさんだり紙袋に入れたりしてから出してください。 雑誌 ひもでしばって出してください。 表紙がビニールコーティングされている雑誌は表紙のみ、可燃ごみに出してください。 資源にならない紙 次のものは資源にならないので、可燃ごみに出してください。 鼻をかんだティッシュペーパー・キッチンペーパー 圧着はがき・宅配便の複写式伝票などの裏カーボン紙・ノーカーボン紙 汚れた紙・においのついた紙・レシートなどの感熱紙 写真・感光紙・ビニールコート紙・防水加工された紙 カップ麺のふたなどのコーティングされた紙 油絵 感熱性発泡紙(主に点字の印刷で使用) 有害ごみの出し方 (1週間に1回収集)無料 対象品 蛍光灯、水銀体温計、乾電池(充電式を含む)、リチウムイオン電池、ニッケル・水素電池、ニッケル・カドミウム電池、ボタン型電池 リチウムイオン電池、ニッケル・水素電池及びニッケル・カドミウム電池はリサイクル協力店でも回収していますのでをご利用ください。 出し方 「不燃ごみ」または「プラスチック」の日の朝8時30分までに出してください。 透明または半透明の袋(レジ袋可)に入れるか、袋に「有害ごみ」と書いて出してください。 蛍光灯が入っていた箱は「ダンボール・茶紙」へ出してください。 電球(LEDを含む)及びグロー球は「不燃ごみ」へ出してください。 電子体温計は電池を取り除いて「不燃ごみ」へ出してください。 リチウムイオン電池、ニッケル・水素電池及びニッケル・カドミウム電池は、端子部分をビニールテープ等で絶縁してから出してください。 資源の出し方 (1週間に1回収集)無料 収集日の朝8時30分までに出してください。 透明又は半透明の袋(レジ袋可)で出してください(スプレー缶・カセットボンベ等を除き、同じ袋にまとめても結構です)。 缶 アルミ缶・スチール缶・のりの缶・お菓子の缶・ペットフードの缶・シーチキンの缶・ミートソースの缶など。 中身を使い切り、すすいで、乾かしてから出してください。 注:たばこの吸殻を缶の中に入れないでください。 資源にならず、不燃ごみとして処分することになってしまいます。 注:食用油やペンキの缶は、使い切って「不燃ごみ」へ出してください。 食品関係のびん ジュース、酒類、焼肉のたれ、ドレッシングのびんなど。 中身を使い切り、すすいで、乾かしてから出してください。 注:金属のキャップは「不燃ごみ」へ、プラスチックのキャップは「プラスチック」へ出してください。 錠剤などの薬のびん、化粧品のびん(無色のもの) 注:化粧品のびん(乳白色のもの)・クリスタルびん・耐熱ガラス(哺乳びん等)は資源にならないので、「不燃ごみ」へ出してください。 ペットボトル 飲料用のもの(醤油を含む)。 ラベルは「プラスチック」へ出してください。 中身を使い切り、すすいで、乾かしてから出してください。 食用油やソースのペットボトルは、すすいで、乾かしてから「プラスチック」へ出してください。 注:近隣のお店で店頭回収をしている場合は、そちらもご利用ください。 注:ペットボトルのキャップは「プラスチック」へ出してください。 ビデオカセットテープ・カセットテープ 注:ケースは「プラスチック」へ出してください。 注:テープを破砕機で処理すると、機械の軸に巻き付き故障の原因となります。 プラスチックでできていますが、「資源」として出してください。 スプレー缶類 使い切って、他の資源(びん・缶・ペットボトル・ビデオテープ類)とは別の袋で出してください。 穴をあける必要はありません。 注:使い切れない場合は、中身が残っている旨を表示してください。 プラスチック (3週間に2回収集)有料 収集日の朝8時30分までに指定収集袋で出してください。 スチロール容器類 すすいで、乾かしてから出してください。 発泡スチロール マヨネーズ容器など 中身を使い切り、はさみなどで切ってすすいで、乾かしてから出してください。 キャップもプラスチックとして出してください。 ポリウレタン スポンジ・クッションなど• ポリ袋 菓子袋や冷凍食品の袋など 袋の内側がアルミコーティング(銀色)されていてもプラスチック識別マークの表示がされているものは、プラスチックで出してください。 プラスチック食品包装容器 汚れを落としてから出してください。 ペット樹脂製の包装容器などもプラスチックです。 飲料用のペットボトル・醤油のペットボトルは「資源」に出してください。 わさび・からし・歯磨き粉などのチューブ 使い切ってください。 カップ麺 すすいで乾かしてください。 紙製又は紙識別マークの表示のあるふたは「可燃ごみ」に出してください。 食用油やドレッシングのプラボトル すすいで乾かしてください。 ポリタンク 灯油は完全に抜いてください。 くだものなどのクッション材• 洗剤容器など 中身を使いきり、キャップをはずし、中をすすいで、出してください。 プラスチックキャップは、プラスチックへ出してください。 金属などがついていたら「不燃ごみ」に出してください。 台所洗剤やシャンプー、リンス等は、詰替用を利用しましょう。 プリン容器など すすいで乾かして容器はプラスチックへ出してください。 アルミ箔のふたは「不燃ごみ」に出してください。 プラスチックのふたは「プラスチック」に出してください。 紙製又は紙識別マークの表示のあるふたは「可燃ごみ」に出してください。 バケツ・洗面器・おけ 金属のものは「不燃ごみ」に出してください。 プラスチックコップ・歯ブラシ• ビデオテープ・カセットテープのケース ビデオテープ・カセットテープ本体は「資源」に出してください。 収納・衣装ケース 指定収集袋に入る程度のもの キャスターなど金属は「不燃ごみ」に出してください。 CDのケース CDは「不燃ごみ」に出してください。 プリペードカード等• スポンサード リンク 処理できないごみ パソコン、テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機処分方法• | 小型家電リサイクル法知っていますか? 使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。 小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。 使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。 平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。 家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう 燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。 これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。 間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

次の

ゴミの分別情報:昭島市の粗大ごみ収集について

昭島 市 ゴミ

昭島市の粗大ごみ回収 ~粗大ごみ回収の方法と回収の流れ~ 昭島市の地域情報とごみ処理について 多摩地域の中でも東京23区に隣接しているエリアが北多摩と呼ばれ、昭島市は北多摩エリア西部に位置しています。 昭島市南部は特に住宅地の占める割合が大きく、産業都心としても住宅地としても発展しています。 地形は市の南を流れる多摩川に向かって、北西から南東に緩やかに傾斜しており、多摩川沿岸の低地は沖積層、北側には共積層の武蔵野台地という関東ローム層に厚く覆われています。 そしてそのローム層の下は地下水が豊富で、昭島市は唯一東京都内で深層地下水だけを水源にしている市なのです。 昭島市は電子機器などのハイテク産業が発展していることに加え、都心近郊で通勤圏に位置するので、宅地化が進行しています。 昭島駅周辺を中心に商業施設が立ち並んでいますが、自然も残っていて、住みやすいと定評があります。 65歳以上の人口が、平成25年から平成29年の間に約3000人増加していることからも、昭島市に定住している方が多いことが分かります。 一方で通勤や通学のために昭島市に住んでいる方も多く、人の出入りの頻度が高く全体としては増えたり減ったりを繰り返しています。 しかし、マンションや一戸建て住宅の建設も増えており、人口は増えていくと考えられます。 自然が豊かな昭島市と隣接する立川市にまたがる、国営の昭和記念公園は、年間を通して、さまざまなイベントが開催されるなど、多くの方に親しまれている公園です。 立川基地跡地に開設されたこの公園は、みどりの文化ゾーンや水のゾーンなど、さまざまなゾーンに分かれており、それぞれにレクリエーション施設などが設置されていて、家族で楽しめる公園となっています。 他にも、多摩川橋梁の河原から見つかった、アキシマクジラの化石に因んだ多摩川緑地くじら運動公園や、隣接する大神公園など、広々とした運動公園が多く存在しています。 地球温暖化など環境問題に取り組んでいる昭島市では、ごみの減量と資源化を図るために、ごみの7分別収集を実施しています。 可燃ごみ、不燃ごみ、プラスチックの収集は有料で、それぞれ指定袋で出す必要があります。 古紙、資源ごみ、蛍光灯などの有害ごみは、無料で収集してくれます。 昭島市の可燃ごみは昭島市清掃センターで焼却しています。 ごみを持ち込むこともできますが、この場合は清掃センターではなく、環境コミュニティセンターとなります。 全て従量制の有料です。 粗大ごみを出す場合は、事前に清掃センターへ申込み、粗大ごみ処理券を購入します。 収集日に名前を記入した粗大ごみ処理券を貼って、指定された場所に出します。 当ページでは、昭島市で有料粗大ごみ回収を依頼する際の、お申し込み方法、回収までの流れ、出し方、粗大ごみとして処分出来るものなどを詳しくご紹介しておりますので、確認した上でお申し込みください。 また、当サイトでは昭島市の粗大ごみ回収業者のご紹介や業者選びのポイントなどをわかりやすく開設していますので、下記も合わせてご確認ください。 昭島市で処分できる粗大ごみについて 昭島市で処分できる粗大ごみは、住民の日常生活に伴って不要となった耐久消費財を中心とする大型のごみをいいます。 具体的には、一般家庭から排出される電気・ガス・石油器具、家具・寝具、趣味・スポーツ用品等の品目です。 昭島市で処分できる具体的な粗大ごみの品目と回収手数料については、昭島市のホームページにてご確認する事をお勧めします。 STEP1お申し込み 昭島市で有料粗大ごみ回収をお申し込みする場合、電話又はインターネットで、「昭島市環境部清掃センター」まで日数に余裕をもってお申込みください。 電話番号をよくお確かめの上、お掛けくださるようお願い致します。 日曜日および12月29日~1月3日は休みです。 月曜日や祝日の次の日の午前中、年末年始や3月、4月の引っ越し時期等 この場合は、大変申し訳ありませんが、少し時間を空けてからおかけなおしください。 収集日は希望に添えない場合がありますので、なるべく早めにお申し込みください。 お出しになる品物各1点ごとに、案内された料金分の処理券をお貼りください。 昭島市有料粗大ごみ処理券の貼っていないもの、申込みをしていないものは収集できません。 取扱所は行政のホームページなどからお調べください。 STEP3粗大ごみの出し方 昭島市では、行政に収集を依頼する方法と、自分で持ち込む方法があります。 粗大ごみを出す際は、近隣住宅へ配慮し正しいルールで搬出を行ってください。 (ごみの集積所には出さないでください) (2)集合住宅の場合 粗大ごみ置場、特に決められていない場合は、1階の共有玄関前の敷地等わかりやすい場所にお出しください。 収集はおおむね朝8時から午後3時半過ぎ頃までの間に行いますので、近隣住民の方が迷惑にならないように搬出をお願いします。 収集はおおむね朝8時から午後3時半過ぎ頃までの間に、お伺いいたします。 時間指定は出来ませんのでご注意ください。 上記、粗大ごみを出す場所までご自身で搬出を行ってください。 (高齢者や体に障害のある方は、昭島市環境部清掃センターにご相談ください。 但し、受付件数の上限まで達した場合は、4日以上前であっても受付できません。 日数に余裕をもってお申込みください。 現地での処理券販売は行っておりません。 区外の方はお申し込み出来ません。 朝日町 (あさひちょう) 東町 (あずまちょう) 大神町 (おおがみちょう) 郷地町 (ごうちちょう) 上川原町 (じょうがわらちょう) 昭和 町(しょうわちょう) 田中町 (たなかちょう) 玉川町 (たまがわちょう) 築地町 (ついじちょう) つつじが丘 (つつじがおか) 中神町 (なかがみちょう) 拝島町 (はいじまちょう) 福島町 (ふくじまちょう) 松原町 (まつばらちょう) 緑町 (みどりちょう) 美堀町 (みほりちょう) 宮沢町 (みやざわちょう) 武蔵野 (むさしの).

次の