個人輸入 おすすめ 薬。 《おすすめ通販》アフターピル(緊急避妊薬)の種類と値段について

【公式】お薬なび|海外医薬品・ジェネリックの通販|個人輸入代行

個人輸入 おすすめ 薬

いやぁ〜、でも大丈夫っしょ。 違反じゃないんだから!みんな、買ってるし! ネット通販が流通した現在では、家にいながらどんなものでも購入できるようになりました。 「医薬品」は本来、医者の診察を受けて処方箋を出してもらって薬局で購入するものです。 しかし、この医薬品も洋服や靴を買うような感覚でスマホで簡単に買えてしまう時代なのです。 現在、AGAの治療を検討していて 出来るだけ安く薬を購入したいと考えている方は、本ページでAGA治療薬の個人輸入代行サービスの事をぜひ知っていただきたいと思います。 わかりやすい例して、日本ではとても 有名な医 薬 品の 個人輸入代行 「 オオサカ堂 」の粗悪さをバシバシ暴いて行きたいと思います。 薬の個人輸入は偽造品や粗悪品の判断が難しい• 個人輸入は返品・返金・クーリング・オフの対象外である可能性が高い• パッケージと中身が同一である証拠がない• 使用禁止の人や使用注意事項を見逃す可能性がある• 副作用が出ても迅速な対応ができない• 薬の個人輸入代行は違法は合法でも、 規則を破り販売している• オオサカ堂は、メンテナンスを理由にURLを何度も変えている• オオサカ堂では、クレジットカード問題を2度も起こしている• アメリカのネット医薬品販売取り締まりグループに追いかけられている *詳細は、本ページの後半で解説します。 上記のような事実があります。 しかし なぜ人は、このようにインターネットを使った医薬品の輸入代行会社サービスを信じてしまうのでしょうか? 巧妙なトリックによる医薬品の個人輸入販売 例に挙げている日本で 有名な「オオサカ堂」は、大きな不正オンライン薬局のネットワークのひとつに過ぎません。 そのネットワークの名称は「ロイユニオン(Roy Union Limited)」と呼ばれています。 このロイユニオンは、50以上のオンライン薬局と繋がっており販売する医薬品の対象別に多くのウェブサイトを使い販売しているのです。 えっ、どう言うこと?• 女性向けのダイエット薬品などは、女性が好むようなデザイン• 男性の性器周辺の悩み向けの医薬品は、男性向けのデザイン これは一部の例ですが、このようなウェブサイトを多く作りオンライン薬局を宣伝していたのです。 その中のひとつが、薄毛に悩んでいるAGA治療薬を販売するサイトです。 数多くあるウェブサイトが「ここなら大丈夫!」と言っていると・・・ みんなが大丈夫っていてるから、安全なんだと思い込んでしまうのです。 それらのサイトでは、通常では医師の処方箋を必要とする医薬品をネット上で販売しています。 ネット上の販売ですので、医師の診察や処方箋が必要ないだけでなく通常の半額以下で医薬品を手にすることができます。 どこで製造されているのか• どのように製造されているのか• 表記してある成分が本当に入っているのか• ボトルや箱などのパッケージと中身が一致するのか 海外の医薬品と個人輸入代行の販売する医薬品の違い 勘違いしないで欲しいのが、 海外で製造された医薬品が、全て疑わしいと言っているのではありません。 国によって、多少の違いはありますが・・・ 体内に大きな影響を与える医薬品は、 海外であっても医師からの処方箋が必要です。 海外の病院で、医師の処方された薬は信頼できると言えるでしょう。 なぜなら、 その国が認めた医師免許の持った者が処方した薬だからです! しかし、個人輸入代行から購入している薬は 「医師の処方」がされていない=正常な薬だと 信頼できる根拠がないということなのです。 このような医薬品を あたかも安全で正規の医薬品のように販売しているのが、不正オンライン薬局(オオサカ堂などの個人輸入代行サービス)なのです。 安全で信頼できる個人輸入代行はあるの? 今後も様々な名前の新しい 「医 薬 品の 個人輸入代行 サービス」が出てくると思います。 そのようなウェブサイトには 「〇〇の薬は正規の品物なので安心・安全です」 などと書かれるでしょう。 内服薬の錠剤に正規の成分が入っていない=効果がないだけなら、被害はただあなたが支払ったお金を損しただけですみます。 しかし、錠剤の中に体内で毒となるような 求めていない成分が混合していた場合、大きな身体的被害を受けることになります。 実際に、 海外からの個人輸入代行サービスから購入した医薬品での被害も報告されています。 しかし、個人輸入代行サービスは購入した時点で全てが 自己責任ですので、返品・返金・アフターフォローなどは受けられないのです。 AGA治療薬を安全かつ出来るだけ安く手に入れる方法 AGA治療薬は、医薬品ですので信頼できる専門医がいる病院・クリニックで購入してください。 専門医の診察を受けることが最低限の条件で、できるだけ安く薬を購入する方法はこちらです。 AGAヘアクリニック(ヘアクリ)の名前をCMでもよく見るようになってきましたね! 2016年に開業したヘアクリは、他のクリニックとは違う斬新な考え方や治療法により、現在人気が急上昇しています。 初回限定特価を利用する クリニックによっては、 「初回限定」でジェネリック医薬品をかなりの低価格で販売しています。 薬の個人輸入代行は、偽造品や粗悪品の判断が難しい 個人輸入代行サービスは、医薬品を医師免許や薬剤師免許なしに販売しています。 この時点で、 信頼性はゼロですね。 似たような薬を安く入手して転売するか、それとも成分の全く違うものを自社で偽造するか・・・製造方法は、不明ですので個人輸入代行サービスの医薬品は、本物か偽造品の判断が難しいですね。 個人輸入は返品・返金・クーリング・オフの対象外 海外の会社ですので、返品・返金は対応が非常に難しいでしょう。 ウェブ販売サイトは、日本語で表示されています。 医薬品の購入もボタン一つでOKですが、問題が起きた時に日本語対応してくれる保証はありません。 私の勝手な予想ですが、アフターフォローなどサービス精神はなさそうですよね。 クーリング・オフに関しても、 医薬品の個人輸入は「自己責任」の元に行うこととなっておりますので、対象外となっても何も言えないですね。 パッケージと中身が同一である証拠がない 「偽造品・粗悪品の可能性がある」と言う話を同じですね。 海外の 正規医薬品と同じようなパッケージ・ラベルを偽造する事も考えられます。 単純に外見のパッケージ写真を信じて購入するのは、大変危険ですね。 使用禁止の人や使用注意事項を見逃す可能性がある 繰り返しになりますが、AGAの治療は医薬品を使用して行います。 頭皮・毛髪の症状がAGAであるとの判断• AGA治療薬を服用できない病気をお持ちの方• 他の医薬品との相性• AGA治療薬による副作用の詳細 薄毛に悩んでいる多くの方は、上記のようなことを判断することができないでしょう。 だから、 私達は専門医の指導の元に医薬品による治療を行うのです。 *安易な考えで医薬品を服用すると、大きな事故につながる可能性があります。 副作用が出ても迅速な対応ができない 個人輸入代行サービスは、AGA治療薬を販売するだけの仕事です。 その後、薬を服用した個人が副作用で困ろうが、病状が悪化使用が関係ありません。 ・・・そんな言い方されると、恐ろしい。 薬の個人輸入代行は違法は合法でも、規則を破り販売している 個人輸入代行サービスは、 「医薬品の個人輸入」が合法であることを利用して商売を行なっています。 以下、厚生労働省から引用したものです。 一般の個人が自分で使用するために輸入 いわゆる個人輸入 する場合 海外から持ち帰る場合を含む。 には、原則として、地方厚生局 厚生労働省の地方支分部局 に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。 ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。 mhlw. 厚生労働省への書類提出が必要• 個人が使用する医薬品のみ• 販売・転売・譲渡の禁止• 他人の為にまとめて買うこと 医薬品の個人輸入は、ごく一部の患者を守る為に法律で認められています。 この規則を守らずに営利目的で販売しているのが、個人輸入代行サービスなのです。 オオサカ堂の住所は「香港」になっているが存在しない オオサカ堂が日本の大阪に存在しないことは、既にお話ました。 ウェブサイト上に載っている住所は、 オフィスが香港に存在すると書かれています。 html やましいことがあるから!って考えるのが普通でしょ。 クレジットカード利用での不具合相次ぐ 私が知っている限りでも2回ほど・・ 「クレジットカードでの支払いができません」などのお知らせがあっています。 この不具合を知る前に、購入した方は購入完了の画面になったが・・ 実際には購入できておらず商品が届かな方との被害が出ています。 「クレジットカード会社から、後日返金があります」との知らせがきたようですが・・・実際に支払われたかは不明ですね。 ネット医薬品販売取り締まりグループから逃げ回っている アメリカにネット医薬品販売を取り締まる団体があります。 「オオサカ堂」は、その団体から逃げ回っているのです。 だから、 ネット上の住所であるウェブサイトのURLを何度も変更しているのです。 AGA薬の個人輸入代行の危険性【まとめ】 いかがでしたか?• オオサカ堂の相次ぐURL変更• 急にアクセス出来なくなるオオサカ堂• 副作用・効果なしも全て自己責任• 返金・返品・クーリング・オフの対象外の可能性• 偽造品・粗悪品の判断がつかない• 使用禁止や使用上の注意を見落とす可能性 AGAを治療したいけど、病院・クリニックに行くのがめんどくさい!って方は、遠隔診療がおすすめです。 スマホ・PCのカメラ機能で自宅でもオフィスでもどこからでも、専門医の診察を受ける事ができます。 カウンセリング・初診料は無料なので初期費用がかかりません。

次の

痩せる薬 海外個人輸入がおすすめ

個人輸入 おすすめ 薬

商売目的では輸入できない。 (商売目的は別に厳格な輸入基準がある)• 輸入できる数量は厳格に決まっている。 既定の数量以上を輸入する場合は「薬監証明(やっかんしょうめい)」がいる まずは、上記3つを頭に入れながら、薬を個人輸入するメリットや安全性などについて確認していきましょう! 海外の薬を輸入する2つのメリット なぜ、海外の薬を輸入するのでしょうか? その理由は大きく分けると、次の2つです。 未承認の医薬品の入手 1.価格 日本で販売されている薬は、外国製に比べて価格が高いです。 なぜ、高いのか? この部分は、単なる予想ですが、いわゆる臨床実験に多額のお金がかかる事。 また、厚生省と製薬会社との間に「大人のやりとり」があるのかもしれません。 結局、それらの費用が一つ一つの薬の代金として跳ね返ってきていると考えられます。 2.未承認の医薬品 海外には、日本では販売されていない薬(未承認の医薬品)が販売されています。 日本で薬が販売されるのは、多くの安全性チェックが必要です。 販売されるまでに多くの時間がかかるため「薬を購入したいけれど、日本では未承認で手に入らない!」と困ることも多いです。 このようなときに、薬を個人輸入します。 安全性やリスクは? 薬を個人輸入するときは「薬の安全性やリスク」が気になります。 本当に外国の薬を購入しても大丈夫なのでしょうか。 実際の所、少し考えただけでも次のようなリスクがあります。 薬そのもののリスク• 業者リスク• 誤った知識による輸入リスク 1.薬のリスク 薬の完全性が担保されないリスクです。 日本で販売されている薬は、すべて「治験」と呼ばれる人体実験を経て、販売されています。 実際に人体実験を経て薬の効果・効能・リスクが判断されているため、市販されている薬は、ある一定の安全性が担保されています。 一方、外国製の薬の場合は、外国政府の基準で管理しています。 仮に日本と同じように、治験を経たとしても、それは現地人向けに安全性を考えています。 そのため、日本人が服用しても問題がないとは言えないです。 また、薬を使ったときの副作用も正しく理解できない可能性があります。 これが一つ目のリスクです。 2.業者リスク 薬を個人輸入するときに利用するのが「個人輸入代行業者」です。 後ほど、詳しく説明しますが、この代行業者にもリスクがあります。 実は、薬の個人輸入代行業者は、営業するのに免許や許可は不要です。 「私、薬の輸入代行します!」と宣言するだけで始められます。 実は輸入代行業者の実態は「単なる注文の取次ぎ」だからです。 「薬の知識は全くない!とりあえず、注文を集めればいい」このような考え方で運営している所が大半です。 そのため、これらの代行業者が説明している内容も、半分間違っている前提で受け取られた方がいいです。 これが2つめのリスクです。 詳細: 3.誤った知識による輸入リスク 薬やサプリメント類、化粧品を個人輸入は上限が決められています。 決められた量以上を輸入すると没収されます。 まずは、この上限問題を含めた輸入リスクがあります。 また、この他「海外では合法、日本では違法になる薬」を輸入するリスクも考えられます。 一時期、流行った「ハーブ系」の商品などもまさにこれです。 以上の3つが薬を個人輸入するときのリスクです。 結局のところ、単なる知識不足による行動は、良い意味でも悪い意味でも、すべて結果として自分に跳ね返ってきます。 次に、薬を個人輸入するときの法律や上限などについて詳しく説明していきます。 関連知識:厚生省の 薬の輸入を規制する法律 基本的に、海外の商品は、個人使用目的である限り、自由に輸入できます。 特に決まった制限等もなく、自身が希望する量をそのまま購入できます。 しかし、薬の輸入は、この輸入できる制限が厳しく決められています。 この制限の根拠となる法律が「薬機法(やっきほう)」や「関税法(かんぜいほう)」です。 薬機法とは、旧薬事法の名称だった法律です。 薬のこと、化粧品のこと、健康食品などに関することを規制しています。 一方、関税法とは「外国の貨物を日本へ入れるとき」に規制する法律です。 こちらは、薬を規定の数量以上輸入するときに「薬監証明(やっかんしょうめい)」の取得を義務付けています。 薬機法違反とは? 薬(健康食品、サプリメント、化粧品)など、体内に入れたり、塗布する物は、薬機法の規制を受けます。 法律の趣旨は「海外から有害な薬などが入ってくることを規制すること」「国内に何らかの効果を標ぼうする偽物が出回らないようにすること」などがあります。 海外から薬を輸入するときも、この薬機法を守らなければなりません。 薬監証明書とは? 薬監証明書とは、厚生労働省が定めている「数量に関わらず厚生労働省の確認が必要とする医薬品」又は、規定の数量以上の医薬品(サプリメント含む)を輸入するときに、各地の厚生局へ申請をして、薬の輸入に関する審査を受けると発行される証明書です。 税関の通関時に、この薬監証明を提出することで、輸入許可を受けられます。 薬監証明が必要なパターンは、次のいずれに該当するときです。 1.数に関わらず厚生省の確認が必要な医薬品を輸入するとき ある特定の種類の薬を輸入するときは、その数量に関わらず薬監証明が必要です。 根拠: 2.個人的に使用する量を明らかに超えるとき この点は、すでに説明した通りです。 一回に輸入できる数量の上限を超える量を輸入するときです。 例えば、次のような物が個人使用目的で輸入できる物の例示です。 (薬監証明なしで輸入)• 化粧品=標準サイズで1品目24個以内(口紅など)• 医療機器 家庭協医療機器で一般の人が使用しても問題がない物 マッサージ機器、家庭用低周波(高周波)治療器、家庭用電位治療機器、家庭用赤外線治療機器、家庭用温熱治療機器、温灸機器• 使い捨てコンタクトレンズ(最小単位=2ペア。 かつ、その最小単位で2か月分) 3.医家向け医療機器 例えば、家庭用のマッサージ機器はOK。 脱毛器などは、NG(薬監証明を取得するのは難しいです。 ) 4.宛先が会社や団体名になっていること。 また住所も個人宅になっていること 薬の輸入は個人輸入が原則です。 したがって、その宛先が会社名、団体名又は、友人宅、宿泊先、郵便局留めなどになっている場合は薬監証明が必要です。 輸入できる薬の数量制限と没収 薬に関する法律が薬機法です。 この法律は、具体的にどのような物なのでしょうか。 一例として下の表のとおり、品目ごとに「輸入できる量」を決めています。 例えば、海外製のサプリメントを注文するときは「2か月分」しか輸入できません。 また、海外製の化粧品も同じ品目を 最大24個までしか輸入できません。 ここでいう24個とは、型式、サイズ、色などを すべて同じと考えた上での数量です。 例えば、口紅のブランド、A、B、Cがあるとします。 それぞれの個数はAが1個、Bが12個、Cが11個です。 この場合「上限である24個ぎりぎりの数」です。 ブランド以外にも、大きさ、カラーなどもすべて一つの品目としてカウントされます。 分類 種類 規制の量 品目例 医薬品・医薬部外品 外用剤 一品目につき24個 軟骨・点眼剤など 医薬品 1カ月 医薬部外品 2カ月分 サプリメントなど 化粧品 一品目につき24個 口紅 医師の指示が必要な薬と、輸入上限を超えた薬の取り扱い。 一部の医薬品は、個人使用であっても、医師などの指示によらなければ輸入ができません。 そのため「」に該当しないことを確認します。 もし、 輸入できる量を超えて、無許可で輸入すると、税関で「没収」されます。 もちろん、没収された分の補償はなく、責任は「法律を知らない輸入者」が持ちます。 以上が薬に関する薬に関する基本的な知識です。 ここまでの内容をふまえて、実際に、どのように輸入をすれば良いのかをご紹介します。 薬を輸入する3つの方法 海外の薬を輸入するときは、次の3つの方法があります。 海外通販を利用する• 個人輸入代行業者を利用する• 現地に暮らしている日本人に頼む ここでいう「海外の薬」とは、一般的な病気を治す薬の他、化粧品、サプリメント、養毛剤、浴用剤、ドリンク剤などが当てはまります。 1.海外通販 海外のサプリメントや医薬品は、海外通販を使えば、誰でも輸入できます。 特に簡単な所が海外やなどがおすすめです。 しかも、海外サイトで購入するといっても、購入、入金、発送などは、日本のサイトと同じです。 難しい英語を利用する必要もなく、中学生程度の英語でなんなく購入できます。 ただし、海外ショップによっては、日本への発送を断る所もあります。 この場合は「」を利用して輸入します。 例えば、グーグルショッピングでは、次のように検索します。 まず右下にある「設定」ボタンを押し、検索対象の地域を変更します。 (デフォルトは日本) 例えば、育毛剤であれば、次のようなキーワードで検索をします。 Hair restorer• hair growth• hair growth shampoo• hair growth supplement 2.個人輸入代行業者 「海外から薬を輸入したい。 でも英語が難しくてできない」このような悩みを抱えている方は「薬の個人輸入代行」をする業者をお勧めします。 薬の個人輸入代行とは、あなたに代わって、海外のサイトへ注文するサービスです。 これを利用すれば、代行業者に薬名を伝えるだけで、あとは、薬が届くのを待つだけです。 すべて日本語でやり取りができるため、英語アレルギーがある人は、便利です。 個人輸入代行業者で有名な所:オオサカ堂、アイハーブなど(利用は自己責任でお願いします。 ) 3.現地に暮らしている日本人に頼む もし、海外に知り合いが住んでいるときは、現地で薬を購入してもらうこともできます。 このような形で個人輸入するときも、やはり決められた容量を守って送ってもらいます。 以上が薬を個人輸入するための代表的な3つのパターンです。 この他、自身が現地で購入して持ち帰ることもできます。 いずれの場合も、薬機法で決められている量を守ることが重要です。 次に、実際に薬を輸入するときには、どのような流れで通関が行われるのかをご紹介します。 (国際郵便や国際宅配便などで輸入するときは、この通関部分は特に意識する必要はありません。 自宅に届くのを待つだけとなるため、参考程度にしてください) 薬の通関 国際郵便によって医薬品(サプリメント含む)が届くと、税関の「外郵出張所」にて荷物のチェック、必要であれば税関検査が行われます。 このとき、税関は、輸入される医薬品が「薬機法(やっきほう)」の観点で守られているのかを確認します。 具体的には、明らかに個人使用目的であること。 さらに、規定の数量以下であることなどをチェックします。 問題がないことが確認できれば、税関は許可を出し、荷物が発送さます。 国際郵便物における通関手続きの一例• 税関外郵便出張所に荷物が到着• 税関に郵便物が提示される• 税関が書類チェック、必要であれば現物チェック(検査)• 3番のタイミングで、薬機法の観点もチェック• 問題がなければ課税処理• 輸入許可となり、外郵便出張所から発送される。 荷物が届く。 このとき、関税の納付があれば、郵便局員に手渡す。 輸入完了 もし、ステップ4のタイミングで規定以上の薬を輸入するときは、税関に対して「薬監証明書(やっかんしょうめいしょ)」を提出します。 よくある疑問 薬を個人輸入するときによくある疑問をまとめてみました。 関税は、どれほどかかる? 医薬品(HSコード3004)については、関税は無税です。 人のものを一緒に購入しても良い? 薬機法違反です。 金銭のあり・なしに関わらず、 自分以外の分まで輸入することは認められていません。 仮に五人家族で一軒家に住んでいるときは、それぞれ個人が、それぞれの個人名宛てに発送されているのが法律上の建前です。 父の名義で、家族五人分を輸入する、または、友達の分までまとめて輸入する~ということは法律上、禁止です。 ただし、実際のお話、この法律をどのように解釈するのかは、個人の判断と責任で行います。 医療費控除の対象?(国税庁の回答) 個人輸入した薬であっても医療費控除の対象になる可能性はあります。 ただし、少なくても次の条件を満たすことを確認した上で、最寄りの税務署に相談にいくことをおススメします。 厚生労働省が認める医薬品に該当する場合• 治療の目的で輸入する場合(予防は不可 例:サプリメントなど)• 輸入医薬品に購入履歴を証明できること Q. 転売しても良い? 商売用と個人使用目的とは、まったく次元が違うお話です。 商売用に輸入するときは、施設要件、人的要件など、個人では到底実現できるレベルの話ではありません。 テレビCMに出てくる巨大な会社が資本力などを活かして行うことです。 もちろん、個人使用目的で輸入した物を転売することもアウトです。 数量が少ないうちは、見過ごされるかもしれませんが、商品を見た第三者が通報すれば、アウトです。 薬関係の輸入は、 個人使用と、商売目的の輸入が明確に区別されています。 違法なことをすれば「薬機法違反」です。 また、人的被害を出したときは、刑事上の責任に加えて、民事上の責任も問われます。 少しの「小銭稼ぎ」のつもりが、破産するほどの賠償責任を負わなければならない可能性もあります。 なお、どうしても商売として取り組みたい場合は「海外から最終顧客に直送するモデルの転売」は可能です。 例えば、次のような形です。 日本側でウェブサイトなどで薬の注文を取り集める。 海外の通販サイトにオーダーをする。 (日本で取り集めた注文分)• 海外の通販サイトの発送先を日本の最終カスタマーの住所(あなたに注文した人の)にする。 要は、薬自体が一切、あなたを経由しない形にすれば、いわゆる「薬の輸入代行ビジネス」はできます。 ただし、当サイトとしては、人様の安全に非常に関係するため、一切お勧めはしていません。 ご自身の判断と責任の下、行ってください。 (法律上の仕組みにより、一応できるとお伝えしているだけです。 ) その他、気を付けたいこと 輸入する医薬品やサプリメントに、で禁止されている成分が含まれているときは、輸入できません。 ワシントン条約とは、世界中で絶滅しそうな動物や植物を保護するための法律です。 この保護対象に指定されている動植物から得られるすべての製品は、輸出入が固く禁じられています。 医薬品で言うと、中国などから輸入される「漢方薬」の成分が輸入禁止になっていることが多いです。 もし、サプリメントや医薬品を輸入するときは、含まれる原材料を確認して、ワシントン条約で禁止されていないのかを合わせて確認しましょう! まとめ 海外から薬を輸入するときは、厚生省により「輸入できる量」が制限されています。 外用剤や化粧品であれば、一品目24個、医薬品であれば、一カ月分、医薬部外品であれば2か月分を輸入できます。 これらの量を超える量を輸入するときは、税関にて没収されてしまうため、ご注意ください。 そのあたりは、代行業者へ問い合わせてみてください。 薬(サプリ・育毛剤・シャンプー、バスソルト)を販売しないこと• 外用剤や化粧品 一品目につき24個• 医薬品 一か月分•

次の

医薬品等の個人輸入に関するQ&A|厚生労働省

個人輸入 おすすめ 薬

ペットのお薬《目次》 CLOSE• なぜペット薬を通販で購入するのが安いのか? 特に副作用があるわけでもなく、同じ薬が欲しい場合や 症状が突然現れた時に常に持っておきたいという場合、ペット薬は、通販で購入すると店舗でよりも安く購入できるんです。 とはいえ、同じ薬を購入するとしても安く購入できるとなると、「何か 成分に違いがあるのだろうか?」と不安になるかもしれません。 では、そもそもなぜペット薬は通常購入すると高くなってしまうのでしょうか?なぜ、ネットで購入すると安くなるのでしょうか? 海外でも全く同じ薬が市販されている 第一に、ペット薬を病院で処方して購入しようと思うと高くなるのは、自由診療、つまり 保険がきかない診療の種類だからです。 人間でも、一部の美容整形などの治療は自由診療となり、高額な医療費がかかることがあります。 ペット薬を処方する 動物病院などの場合は、すべて薬が自由診療の扱いになるので、病院がそれぞれ 独自に金額を設定することができ、全体として高くなりがちなんです。 しかし、ネット通販で個人輸入をすれば、 同じ市販の薬を、安価で手に入れることができます。 ジェネリック医薬品も購入できる 近年のペットブームに伴い、犬や猫を飼う家庭は増えています。 ペット全体の数は減っているとはいえ、犬や猫などの数は増えているため、ペット薬の 需要はどんどんと高まっています。 需要が高まると金額も上がるというのはどうしても仕方がないというわけです。 ネット通販では需要が高まり値段が高くなりがちなペット薬も、同じ成分と効果で安く手に入るジェネリック医薬品が積極的に販売されているため、安く購入できるんです。 個人輸入でも手間いらず!ペット薬は一般の通販サイトとほぼ同じ 通販サイトから欲しい商品を注文し、あとは自宅に届くのを待つというだけなので、難しい操作や手続きは必要ありません。 ただ、海外からの発送となるため商品の到着までに、 通常よりも時間かかるということを覚えておくと良いでしょう。 ペット薬を通販で購入できるおすすめサイト ペット薬を通販で購入できるおすすめサイトは、サイト開設から9年、ペット薬通販業界でも常にトップを走っている ペットくすりというサイトです。 安心の実績はもちろん、半数以上がリピーター、ジェネリック医薬品なども含めた 幅広い種類のペット薬が購入できると人気なんです。 ペット薬を通販で注文|海外からの配送方法と配送料金 ペット薬を通販で個人輸入すれば、手軽で安いということをご存知でしたか? 処方箋いらずで自宅から簡単に注文できる個人輸入は、手軽で安くておすすめです。 到着まで安心の配送方法と、思っているよりも 安い配送料金を知ると、魅力を感じるかもしれません。 ペット薬を購入するには通販の輸入代行サービスが安くて便利 ペット薬をネットで購入するには、 個人輸入代行サービスを使うのがおすすめです。 個人輸入と言うと手間がかかりそう…なんだか心配、というイメージがあるのですが、 特に難しいわけではなく、 通常の通販でお買い物をするのと同じです。 ペット薬の個人輸入は普通のネット通販と同じ では、そもそも個人輸入とは何なのでしょうか?ペット薬の個人輸入というのは、個人で使用することを目的として、海外で販売されているペットの薬を輸入するということを指します。 販売目的で輸入するには、様々な許可や手続きが必要なのですが、個人で使用する目的であれば、特別に 難しい手続きは不要です。 日本では処方箋が必要かペット薬も、海外ではドラッグストアやペットショップなどで購入できるので、手軽に安く購入するのに便利な方法と言えます。 気になる海外からの配送方法とは? 安くて便利だということはわかったけれど、海外からどうやって日本に送ってくれるの? どの業者が自宅に届けてくれるの?と疑問に思われるかもしれません。 気になる 海外からの配送方法とは一体何なのでしょうか? ペット薬の個人輸入代行サービスとして、業界でも高い実績を誇るペットくすりというサービスでは、 国際通常書留を使用しています。 他のペット薬個人輸入代行サービスでも、国際通常書留を使用しているという業者が多いようです。 国際通常郵便書留は、日本国内で言う普通郵便のようなもので、海外から税関のチェックを経て日本国内に入ってくるという配送方法です。 日本郵便が取り扱っているサービスで、通常の日本郵便が扱っている手紙や荷物と同じように 自宅のポストや荷物ボックスに配送されます。 ペット薬の配送受取は安心の追跡機能つき 国際通常書留では、安心の 荷物追跡サービスが使用できます。 荷物が今どこまで配送されているのかという配送状況を、いつでも インターネットからチェックできるので安心です。 追跡番号は、発送した際に業者からメールなどで通知されますので、到着まで手元に置いておきましょう。 ペットくすりは送料無料!海外からの配送でも安心 海外からの配送と聞くと、かなり送料がかかってしまいそうな気がします。 でも安心してください。 ペットくすりは日本全国どこでも送料無料でお届け致します。 オススメなのは、同じ成分、同じ効果が期待できてお得なジェネリック薬です。 ペット薬にもジェネリック薬があるって本当? ペットを飼ったことがあるなら、ペット薬に意外とお金がかかるということをご存知かもしれません。 動物病院などを受診し、処方されるペット薬、またインターネット通販などから個人輸入するペット薬の中には ジェネリック薬というものがあります。 ジェネリック医薬品と言うと、人間の薬でもよく耳にしますが、他の薬よりも安く買えるというイメージが強いですよね。 しかし、ジェネリック医薬品とは、単に安い薬を指すのではなく、 後発医薬品のことを指すものなんです。 ペット薬のジェネリック薬とは後発医薬品 人間の薬でもペット薬でも、それを開発するには膨大なお金がかかります。 ペット薬を開発した企業は、まず特許を取り、それを独占して数十年間薬を売ることができます。 その独占的に販売できる期間内に 開発費用を回収し、次の新しい薬を作るというのシステムになっているんです。 この特許の有効期間が切れると、独占的には販売できなくなり、他の製薬会社も全く同じ成分を使って薬を作ることができます。 特許の有効期限が切れた後に、 他の製薬会社が開発した薬のことをジェネリック薬と言います。 ペット薬でジェネリック薬を購入しても問題ない? ペット薬で安く買えるジェネリック薬は助かるものですが、その 安全性を心配している飼い主さんも実は少なくありません。 ペット薬のジェネリック薬を購入しても問題ないのでしょうか? ペット薬にジェネリック薬の成分・安全性は? ジェネリック薬は、安い分、効果や安全性も低いのではというイメージがあるかもしれません。 しかしジェネリック薬は、元々開発された薬と全く同じ成分や品質、安全性で作られていいます。 そして、 開発費用がかかっていないためお安く購入できます。 厳しい審査を通過したものしか販売できないような制度になっているので、ペット薬でジェネリック薬を購入しても安全性の点で問題はないと言えるでしょう。 日本でのジェネリック薬の使用状況は? 日本でもペット薬のジェネリック薬を使用している方は増加傾向にあります。 成分が全く同じで効果も同じなら、安い方が良いと考えるのは当然です。 しかし、ペット薬にジェネリック薬があるということを知らない方はまだまだ多く、知らず知らずのうちに 出費がかさんでしまうかもしれません。 インターネットなどで購入できることはもちろん、動物病院などでもジェネリック薬があるかどうかを 獣医さんに尋ねることができます。 安く買えるなら…と興味はあるものの口コミでの評判や評価が気になるという方向けに、大手ペット薬販売サイトの 口コミをまとめてみました。 ペット薬のネット購入って本当に大丈夫? ペット薬の 輸入代行業者などは本当に信頼できるのか?評判の良いサイトはどこなのか?など気になることが多いはず。 通販サイトの 口コミなどをチェックすれば、購入する時に注意した方が良いことや、通販サイトで購入する メリットやデメリットがよくわかるため、参考になるでしょう。 ペット薬の通販サイトの口コミを検証 ペット薬個人輸入代行サイトの中で、歴史も長く大手のサイトの一つは、ペットくすりというサイトです。 3999円以下で送料が無料になり、定期的なセールやクーポンの発行などで、根強いリピーターも多く有名な通販サイトの一つです。 良い口コミ とにかく安い! ペットくすりの評判の中で、やはり圧倒的に多かったのがとにかく 安い!ということです。 料金がかさみがちなペット薬をとにかく安価で購入できるというのは、大きなメリットのひとつといえます。 配送追跡が可能 ペットくすりの配送方法は、日本郵便の 国際書留です。 番号を入力すれば、オンラインでいつでも配送状況を確認できるので、海外から購入するからといっていつ届くか分からない! どこにあるかわからない!という状態ではありません。 大きなトラブルもなく、最初から最後まで安心して購入できたという口コミも多く見られました。 悪い口コミ 到着に時間がかかる ペットくすりのネガティブな口コミで意外と多かったのが、到着に時間がかかるということです。 しかし、こればかりは海外からの発送になるので仕方のないことで、ペットくすりのサイトにも、 2週間程度かかるということが書かれています。 緊急でペット薬が必要な時には、動物病院などで処方してもらいましょう。 届くまでの時間は、サイトの問題というよりは配送の問題ですので、 時間に余裕をもって注文することが大切です。 ペット薬の口コミまとめ ペット薬をネット通販などで購入することに不安を抱いている方も多いですが、口コミや評判などをチェックしていくと、届くまでに時間がかかることを除けば、大満足というかたが大多数です。 商品が届かない、問い合わせができないなどの大きなトラブルはないようです。 通常よりも安くお得に購入できるペット薬の 個人輸入代行サービス、時間に余裕を持って賢く使えばお財布にもペットの健康にも役立つこと間違いなしです。 近年利用者も増えている海外通販からペット薬を購入できる輸入代行サービスが、安全と言える理由をお伝えします。 海外通販でペット薬を購入はやっぱり不安? 最近では多くの飼い主さんが、ペット薬をネット通販から安く購入しています。 もちろん、動物病院では診察を受けた上で処方されるため安心なのですが、どうしても金額が高くなりがちで、負担になるという場合も少なくありません。 ペット薬をインターネットなどから個人輸入し購入すれば、費用の負担は減ります。 しかしそのハードルの高さや安全性への不安からなかなか取り組めないという方は、まずはご自身で安心できるポイントについて サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか? ペット薬の海外通販でも安心できる理由とは? 大手製薬の主力の商品 海外通販でペット薬を購入するとなると、認可を受けていない薬なのでは?と思ってしまうかもしれません。 しかし海外通販で取り扱われているペット薬は、大手製薬会社の中でも 厳しい審査基準をパスしたものばかりが取り扱われています。 先発ブランド医薬品の特許が切れた後に、同じ成分や安全性で開発されたジェネリック医薬品なども 大手製薬会社が開発していますので、安心して使うことができます。 正規品保証がされているためコピー品などの心配がいらず、なおかつ安く購入できるというのは魅力的です。 コピー品とジェネリック医薬品は異なりますので、注意が必要です。 ジェネリック医薬品の特許期間の後に開発され、厳しい審査をパスした後発医薬品です。 安全保障つき 海外からの配送となると、配送中に事故が起きたり注文した商品と違ったらどうなるの?と不安になりますよね。 しかし、海外からの配送でも 安全保証がついています。 海外通販のハードルは意外と低い 海外製品の輸入を個人で行うにはハードルが高いですが、輸入代行サイトなら通常の通販サイトと同じように利用できるため、 手軽さが人気の秘密となっています。 そして、もちろん品質も安全性も信頼でき、万が一トラブルが起きた場合にもきちんと対応してくれるため、 ペット薬を海外通販で購入する安全性はかなり高いと言えるでしょう。

次の