テテ 蕁 麻疹。 蕁麻疹の原因は食べ物?ストレス?大人が突然かかることも

第二章「放射能泉の安全と健康」│村杉ラジウム温泉 奇跡の効能ラボ

テテ 蕁 麻疹

ヨーロッパでも日本でも放射能泉を利用して、健康増進や病気の治療に利用してきました。 長い歴史を持っています。 しかし、去年の福島原発事故で予期せぬ放射能汚染が東北や関東の地域に広がり、日本人は再び放射能の知識を正確に学ぶ必要に迫られています。 これまでは非日常的だった放射能に関して、正しい知識を持つことが日本人に要求されているように思います。 放射能から出る放射線は微量だと「放射線ホルミシス」と呼ばれるように、私達のからだの代謝系や防御系を活性化し健康増進に役立ちます。 しかし、大量だと放射線障害が出現してしまいます。 原爆による急性死やガン治療による骨髄機能低下作用や免疫抑制作用などです。 放射能泉を利用する人も放射能汚染を心配する人も、放射能や放射線に対する知識を得て暮らす時代に突入しました。 いっしょに学びましょう。 私達は長い人生の間に色々なストレスを受けて暮らしています。 小さなストレスはむしろ生きがいとも言えますが、忙しさや人の悩みなどからだに多大な負担になる場合もあります。 この時多くの人が引き起こす体調が交感神経の緊張と副腎皮質ホルモンの分泌です1。 甲状腺ホルモンの分泌も伴います。 このようなストレス反応は体温や血糖値にどのような変化をもたらすでしょうか。 マウスを用いてこの変化を研究しました 図1。 マウスを金網に3時間はさんで直腸温と血糖を測定しました。 激しい低体温と高血糖が誘導されています。 この反応はヒトも同様でしょう。 多くの冷えに苦しむ人がいますが、ストレスを抱えていることがほとんどです2。 また、血糖上昇により糖尿病を併発してきます。 ストレスが長引いた時は病気になるでしょう。 ストレスの反応は低体温ですが、これには血管収縮による血流障害が伴っています。 従って、ストレス反応の結果は低体温、低酸素、高血糖なのです。 このような反応には身を守ろうとする意味合いもあります。 表1に示すように私達は2つの方法でエネルギーを得ています。 解糖系とミトコンドリア系です。 それぞれ、無酸素下で起こる、有酸素下で起こるという特徴があります。 また、それぞれの使い道も異なるのです。 ストレスで起こる低体温、低酸素、高血糖は解糖系を働かせるには最適の条件になっています。 つまり、これらの条件を得て瞬発力を得ることができます。 ストレスを乗り越えるためには危機を乗り越えるための力が必要です。 この力を得るためにからだの内部環境を整えているのがストレス反応ということができます。 アトピー性皮膚炎 AD 、ガン Cancer 、パーキンソン病 PD 、精神疾患 MD、主にうつ病 の患者の体温も測定しています。 特に低体温を示しているのはガン患者とうつ病の患者です。 これらの患者の中には体調が良い方に変化している人も多いのですべて低体温というわけではありません。 しかし、病状が進んでいる人は体温が下降しているというのは経験的にも明らかです。 低体温はミトコンドリアでのエネルギー生成を抑制します。 ガン細胞はミトコンドリアが少なく解糖系を中心に生きている細胞です3. つまり、ガンの発症や進行はストレスによって生じた低体温が支えていると言っていいでしょう。 うつ病の人も発症前に強いストレスを受けています。 ニューロンはミトコンドリアに強く依存している細胞なのでストレスによる低体温はニューロンの機能を抑制します。 これがうつ病の病態をつくっていると考えられます。 活動が活発で交感神経有優位で生きている人の体温は上昇します。 これが図の中心部から左への移行です。 逆に、ゆったり生きている人は副交感神経優位で生きており体温は下降します。 代謝量が増加するとミトコンドリアでの働きが活発化し体温も上昇するからです。 逆に、やせていて筋肉量が少なく不活発な人は体温が下降するのです。 交感神経優位は体温を上昇させるのですが、ある限度を越えると急に体温が下降しだします。 血管収縮による低体温です。 本人は顔色が悪くなりからだに冷えを感じます。 逆に、不活発過ぎた副交換神経側への偏りでも低温になります。 子供でも若者でも大人でも不活発すぎるとからだが冷えて体調不良に苦しむでしょう。 このように快適に生きるためには、交感神経側に偏っても副交換神経側に偏っても破綻します。 これが東洋医学でいう「冷えは万病の元」ということでしょう。 交感神経緊張のもう一つの特徴は組織障害の病気とつながることです。 つまり「白血球の自律神経支配の法則」の理解が必要です5。 交感神経支配下にあるこの顆粒類は交感神経刺激で数が上昇します。 この顆粒球は殺菌処理のための大切な細胞なのですが、過剰になると消化管の常在菌と反応して組織破壊の病気を引き起こします。 歯周病、食道炎、びらん性胃炎、胃潰瘍、クローン病、潰瘍性大腸炎、痔疾などです。 突発性難聴もこのようにして起こる病気です。 副交換神経刺激で活性化し数が増加するのは白血球のうちのリンパ球です。 リンパ球は抗体をつくり、免疫に関与する重要な細胞ですが、過剰になるとアレルギー疾患を引き起こすに至ります。 つまり、副交感神経優位の行き方が続くといろいろな物質に過剰に反応するようになります。 代表的疾患がアトピー性皮膚炎、気管支喘息、蕁麻疹、花粉症、化学物質過敏症、紫外線アレルギー、金属アレルギーなどです。 このように自律神経の偏りは低体温に加えて多くの病気の発症メカニズムとつながっています。 これまで記載してきたように、生き方の偏りが体温低下を招いているので体温を上げるためには生き方の改善が必須の条件になります。 忙し過ぎる人は仕事を減らす必要があります。 逆に、不活発な人は体操や運動をしてからだを動かさなくてはいけません。 次に、体温を上げる別の方法も考えてみましょう。 入浴やカイロなどで外から熱を加えるのも体温上昇にプラスになります。 特に病気の人は一番手っ取り早い方法でしょう。 太陽の光に当たることも体温を上昇させることに役立ちます。 温熱も太陽光 紫外線 も直接ミトコンドリアに働いてエネルギー生成系を活性化する力を持っています。 太陽の光 紫外線 に加えて、自然放射線もミトコンドリアを活性化する力があります。 これが、日本でも世界でも放射能泉を良く利用してきた理由になっています。 放射線ホルミシスという概念です。 紫外線も放射線も波長が短くエネルギーが高い電磁波の仲間です。 電磁波は波長が短い順からならべると、y線、X線、紫外線、可視光線、赤外線、電波となっています。 上記したy線、X線、紫外線は直接ミトコンドリアに働いて電子伝達系への移行を刺激しています。 従って、ほど良い自然放射線や太陽光はミトコンドリアを活性化して、私達のエネルギー生成を高め同時に体温も上昇してきます。 しかし、これらの刺激が強すぎるとミトコンドリアは過剰活性化を受け破綻します。 ミトコンドリアは呼吸酸素であるチトクロームCを細胞質に放出し細胞の死 アポトーシス を誘発します。 これが大々的に生じたものが放射線障害や日射病です。 温熱刺激も強過ぎると同様の反応を引き起こします。 これが湯当りです。 このようなことを知りながら無理なく体を温めることが大切です。 1 Watanabe,M. ,Tomiyama-Miyaji,C. ,Kainuma,E. ,Inoue,M,. Kuwano,Y. ,Ren,HW. ,Shen,JW. and Abo,T. Immunol. Lett. 115:43-49,2008. 2 Kainuma,E. ,Watanabe,M. ,Tomiyama-Miyaji,C. ,Inoue,M. ,Kuwano,Y. ,Ren,HW. and Abo,T. Association of glucocorticoid with stress-induced modulation of body temperature,blood glucose and innate immunity. Psychoneuroendocrinology 34:1459-1468,2009. 3 Abo. ,Watanabe. ,Matsumoto,H. ,Tomiyama,C. and Taniguchi,T. Metabolic conditions,hypothermia,and hypoxia induced by continuous stress are more often associated with carcinogenesis than known carcinogens. Med. Hypotheses Res. 7:53-56,2011. 4 Watanabe,M. ,Miyajima,K. ,Matsui,I. ,Tomiyama-Miyaji,C. ,Kainuma,E. ,Inoue,M. ,Matsumoto,H. ,Kuwano,Y. and Abo,T. Internal environment in cancer patients and proposal that carcinogenesis is adaptive response of glycolysis to overcome adverse internal conditions. Health 2:781-788,2010. 5 Abo. ,Kawamura,T. ,Kawamura,H. ,Tomiyama-Miyaji,C. and Kanda,Y. Relationship between diseases accmpanied by tissue destruction and granulocytes with surface adrenergic receptors. Immunologic Res. 37:201-210,2007. 6 Luckey,T. Hormesis with Ionzing Radiation. CRC Press,Inc. 1980. 7 ラッキー,T.

次の

蕁麻疹の原因は食べ物?ストレス?大人が突然かかることも

テテ 蕁 麻疹

皮膚の一部が突然赤く腫れ上がり、しばらくすると消えてなくなる症状• 血液中に ヒスタミンという物質が作られて、血管内の水分が外に滲み出て皮膚が腫れ上がる• の7割が原因が特定できない 特発性で、はっきりと原因がわからないことも多い• アレルギー性• 食物(そば、エビなど)• 薬剤( 抗菌薬、解熱薬などが多いが、全ての薬で生じうる)• 植物や昆虫(ハチなど)• アレルギーではないが、原因、悪化因子がわかるもの• 機械性:物理的にひっかいたところにができる• 温熱:温まると出てくる• 日光:日光にあたると出てくる• コリン性:入浴、運動、緊張など汗をかく刺激で出る• 特殊なタイプの(の仲間の病気)として、様や血管性 浮腫がある じんましん(蕁麻疹)の症状• 放っておいても1日以内に改善するのがの特徴• 繰り返したりしない限り、あえて検査は行わないことがほとんど• 確定できる検査はないが、以下の検査で診断できる• アレルギー性のものは血液検査及び皮膚検査( 皮内アレルギーテスト、 プリックテスト)で判定できる• 非アレルギー性のものに関しては発生する原因の刺激を与え、その反応をみることで判定する• 薬に関しては普段の1000分の1の量など極めて微量の薬を飲み、その反応を見ることがある• 自己判断でテストを行うことは極めて危険であり、強いアレルギー反応はといって命の危険につながることがあるため、勝手に行ってはならない じんましん(蕁麻疹)の治療法 は、見た目上、ぷっくらと赤く皮膚が膨れている状態(膨疹)で、かゆみを持つという特徴があり、見た目と症状から診断することが多いです。 上記のような症状に該当してご心配な方は()は、皮膚科、アレルギー科、内科クリニックの受診をお勧めします。 食べ物や花粉などの一般的なものではなく、特殊な原因によるの場合は、皮膚科やアレルギー科の専門医を受診するのが良いでしょう。 息苦しさや立ちくらみ、吐き気、腹痛などもある場合は、に進行していることもあるため、救急車の利用による総合病院の受診が望ましいです。 検査をする場合は、血液検査や皮膚検査(原因の可能性がある物質をごく少量皮膚につけて反応を確かめる検査)などを行います。 基本的には皮膚科で専門的に行われることが多いですが、総合病院でないクリニックでも皮膚科であれば実施可能なところがほとんどです。 ただし、を何回も繰り返したりしない限りは、あえて検査は行わないことが多いです。 じんましん(蕁麻疹)でお困りの方 放っておいても1日以内に改善するのがの特徴です。 1日以上症状が継続したり、かゆみで辛い時は抗ヒスタミン薬やステロイド薬の塗り薬、内服薬を使用します。 だけでなく、息苦しさや立ちくらみ、吐き気、腹痛なども認められる場合はに至っている可能性があります。 に関する詳細は別記載のページに譲りますが、アドレナリンという注射薬を太ももに打つことで症状が改善します。 また、症状改善後に再度症状が起こることが知られており、1泊入院して、症状が起こらないか確認することが多いです。 の原因は不明なことが多くありますが、原因がアレルギーとわかれば、原因物質を避けることが重要になります。 慢性的にが出てくる場合は、定期的に皮膚科に通院し、詳しく検査し、原因を特定することが望ましいです。 その場合も、に至っていないようなであれば、基本的にクリニックでの診療が可能です。

次の

「蕁麻疹(じんましん)」ひどくなった時の対処法|田辺三菱製薬|ヒフノコトサイト

テテ 蕁 麻疹

ベタメタゾン錠0. 5mg「サワイ」 基本情報 薬効分類名 合成副腎皮質ホルモン剤 一般名 ベタメタゾン 総称名 ベタメタゾン 規格単位 0. 5mg1錠 包装• 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者• デスモプレシン酢酸塩水和物(男性における夜間多尿による夜間頻尿)を投与中の患者(「相互作用」の項参照) 原則禁忌• 有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の患者〔免疫機能抑制作用により、症状が増悪することがある。 消化性潰瘍の患者〔肉芽組織増殖抑制作用により、潰瘍治癒(組織修復)が障害されることがある。 精神病の患者〔大脳辺縁系の神経伝達物質に影響を与え、症状が増悪することがある。 結核性疾患の患者〔免疫機能抑制作用により、症状が増悪することがある。 単純疱疹性角膜炎の患者〔免疫機能抑制作用により、症状が増悪することがある。 後嚢白内障の患者〔症状が増悪することがある。 緑内障の患者〔眼圧の亢進により、緑内障が増悪することがある。 高血圧症の患者〔電解質代謝作用により、高血圧症が増悪することがある。 電解質異常のある患者〔電解質代謝作用により、電解質異常が増悪することがある。 血栓症の患者〔血液凝固促進作用により、症状が増悪することがある。 最近行った内臓の手術創のある患者〔創傷治癒(組織修復)が障害されることがある。 急性心筋梗塞を起こした患者〔心破裂を起こしたとの報告がある。 〕 効能・効果、用法・用量 効能効果• 慢性副腎皮質機能不全(原発性、続発性、下垂体性、医原性)、急性副腎皮質機能不全(副腎クリーゼ)、副腎性器症候群、亜急性甲状腺炎、甲状腺中毒症〔甲状腺(中毒性)クリーゼ〕、甲状腺疾患に伴う悪性眼球突出症、ACTH単独欠損症、下垂体抑制試験• 関節リウマチ、若年性関節リウマチ(スチル病を含む)、リウマチ熱(リウマチ性心炎を含む)、リウマチ性多発筋痛• エリテマトーデス(全身性及び慢性円板状)、全身性血管炎(高安動脈炎、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症を含む)、多発性筋炎(皮膚筋炎)、強皮症• ネフローゼ及びネフローゼ症候群• うっ血性心不全• 気管支喘息、喘息性気管支炎(小児喘息性気管支炎を含む)、薬剤その他の化学物質によるアレルギー・中毒(薬疹、中毒疹を含む)、血清病• 重症感染症(化学療法と併用する)• 溶血性貧血(免疫性又は免疫性機序の疑われるもの)、白血病(急性白血病、慢性骨髄性白血病の急性転化、慢性リンパ性白血病)(皮膚白血病を含む)、顆粒球減少症(本態性、続発性)、紫斑病(血小板減少性及び血小板非減少性)、再生不良性貧血、凝固因子の障害による出血性素因• 限局性腸炎、潰瘍性大腸炎• 重症消耗性疾患の全身状態の改善(癌末期、スプルーを含む)• 劇症肝炎(臨床的に重症とみなされるものを含む)、胆汁うっ滞型急性肝炎、慢性肝炎(活動型、急性再燃型、胆汁うっ滞型)(但し、一般的治療に反応せず肝機能の著しい異常が持続する難治性のものに限る)、肝硬変(活動型、難治性腹水を伴うもの、胆汁うっ滞を伴うもの)• サルコイドーシス(但し、両側肺門リンパ節腫脹のみの場合を除く)、びまん性間質性肺炎(肺線維症)(放射線肺臓炎を含む)• 肺結核(粟粒結核、重症結核に限る)(抗結核剤と併用する)、結核性髄膜炎(抗結核剤と併用する)、結核性胸膜炎(抗結核剤と併用する)、結核性腹膜炎(抗結核剤と併用する)、結核性心のう炎(抗結核剤と併用する)• 脳脊髄炎(脳炎、脊髄炎を含む)(但し、一次性脳炎の場合は頭蓋内圧亢進症状がみられ、かつ他剤で効果が不十分なときに短期間用いること)、末梢神経炎(ギランバレー症候群を含む)、筋強直症、重症筋無力症、多発性硬化症(視束脊髄炎を含む)、小舞踏病、顔面神経麻痺、脊髄蜘網膜炎• 悪性リンパ腫(リンパ肉腫症、細網肉腫症、ホジキン病、皮膚細網症、菌状息肉症)及び類似疾患(近縁疾患)、好酸性肉芽腫、乳癌の再発転移• 特発性低血糖症• 原因不明の発熱• 副腎摘除、臓器・組織移植、侵襲後肺水腫、副腎皮質機能不全患者に対する外科的侵襲• 蛇毒・昆虫毒(重症の虫さされを含む)• 強直性脊椎炎(リウマチ性脊椎炎)• 卵管整形術後の癒着防止、副腎皮質機能障害による排卵障害• 前立腺癌(他の療法が無効な場合)、陰茎硬結• 内眼・視神経・眼窩・眼筋の炎症性疾患の対症療法(ブドウ膜炎、網脈絡膜炎、網膜血管炎、視神経炎、眼窩炎性偽腫瘍、眼窩漏斗尖端部症候群、眼筋麻痺)、外眼部及び前眼部の炎症性疾患の対症療法で点眼が不適当又は不十分な場合(眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、虹彩毛様体炎)、眼科領域の術後炎症• 急性・慢性中耳炎、滲出性中耳炎・耳管狭窄症、メニエル病及びメニエル症候群、急性感音性難聴、血管運動(神経)性鼻炎、アレルギー性鼻炎、花粉症(枯草熱)、副鼻腔炎・鼻茸、進行性壊疽性鼻炎、喉頭炎・喉頭浮腫、喉頭ポリープ・結節、食道の炎症(腐蝕性食道炎、直達鏡使用後)及び食道拡張術後、耳鼻咽喉科領域の手術後の後療法• 難治性口内炎及び舌炎(局所療法で治癒しないもの)• 嗅覚障害、急性・慢性(反復性)唾液腺炎• 用法用量• ベタメタゾンとして、通常成人1日0. 5〜8mgを1〜4回に分割経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 貯法・使用期限等 貯法• 遮光室温保存 使用期限• 外箱に表示 組成・性状 組成• ベタメタゾン錠0. 5mg「サワイ」は、1錠中に日局ベタメタゾン0. 5mgを含有する。 添加物として、結晶セルロース、ステアリン酸Mg、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロースを含有する。 添加物 結晶セルロース 性状• 表省略• 【色】 白色 【剤形】 素錠/錠剤/内用 //割線.

次の