パフォーマンス モニタ cpu 使用 率。 負荷テスト時のサーバモニタリング方法 ~Windows編~

Amazon EC2 のモニタリング

パフォーマンス モニタ cpu 使用 率

Q こんにちは 現在PC購入を検討していてCPUの違いでどういうことが違うのかを聞きたくて質問します。 私はネットサーフィンで30個くらい並列で見ます。 それと動画視聴、音楽鑑賞もします。 それとマルチモニタも検討しています。 CPUが変わると表示する早さ、重くなりづらい(軽い)、いちいちフリーズしないなどの利点はありますでしょうか? またマルチモニタをする場合はPCにどのくらいの負荷がかかるのでしょうか? グラフィック能力を上げなければいけない、CPU性能が必要など教えてください。 グラフィック能力の上昇については、ゲーム関係の他にどういう利点があるのでしょうか? グラボはいずれ購入検討しようと思いますが、現在は付ける気はございません。 1予定 どうか教えてくれませんか? こんにちは 現在PC購入を検討していてCPUの違いでどういうことが違うのかを聞きたくて質問します。 私はネットサーフィンで30個くらい並列で見ます。 それと動画視聴、音楽鑑賞もします。 それとマルチモニタも検討しています。 CPUが変わると表示する早さ、重くなりづらい(軽い)、いちいちフリーズしないなどの利点はありますでしょうか? またマルチモニタをする場合はPCにどのくらいの負荷がかかるのでしょうか?... microsoft. 先月に新しくPCを買い換えマルチディスプレイにして使用してます。 ディスプレイ1台で使用する時は起動も何も問題ないのですが、2台繋いでから電源を入れると立ち上がりがかなり重そうでwindowsのパスワードを入力するあたりで反応がかなり遅れ、上手くいけば何とか立ち上がり失敗するとシグナルが検出できませんと画面が消えてしまい再起動するはめになります。 上手く立ち上がった時は、「ディスプレイドライバが応答を停止し回復しました」とメッセージが出ますが、立ち上がってしまえば何も問題なく使用できます。 また、メインにBENQのディスプレイを設定しているのですがなぜか三菱の方で立ち上がる事が多くBENQは暗い画面のままで起動成功後に画面がつきメインに戻る事が多いです。 他の質問などを拝見してドライバ-の更新、ケーブル交換など自分なりに試してみましたが、いまいち解決出来ませんでした。 どちらのディスプレイも1台では問題なく、2台繋いで起動すると上記の様な症状がでます。 パソコンに詳しくないので何が問題なのかわからず、宜しくお願いします。 スペック hp pavilion Desktop p7460jp cpu :corei5-650 3. www5. benq. mitsubishielectric. html 質問お願いします。 先月に新しくPCを買い換えマルチディスプレイにして使用してます。 ディスプレイ1台で使用する時は起動も何も問題ないのですが、2台繋いでから電源を入れると立ち上がりがかなり重そうでwindowsのパスワードを入力するあたりで反応がかなり遅れ、上手くいけば何とか立ち上がり失敗するとシグナルが検出できませんと画面が消えてしまい再起動するはめになります。 上手く立ち上がった時は、「ディスプレイドライバが応答を停止し回復しました」とメッセージが出ますが、立ち上がってしまえば... 他にもAVアンプ経由として、5. 1chや7. 1chの環境も行えますね。 パソコンの場合も、オーディオとビジュアルが有るので,AV機器としての活用も可能ですが、テレビとは違ってパソコンの場合は日本では存在しないテレビ放送規格の表示も行える為、本来はAV規格とは違う接続の方が従来からのPC環境を継承していると言えます。 まぁ、通常の利用では、おおむねどちらでも大丈夫のはずです。 なお、モニターの電源と画面サイズの関係は、おそらくモニターが電源投入時に一旦表示させるサイズ設定等が今までと違うだけでしょうから、そう言う物だと思った方が良いでしょう。 最近は、電源オフではなくて、バックライト消灯や表示駆動回路の停止などでエコモードとか省電力モードなどで機能設定を保持する機器も多く成っていますね。 Q マルチモニタをすることを前提としてビデオカードと液晶モニタを選んでいます。 マルチモニタで2画面双方どれほどの解像度まで表示できるかで、液晶モニタの選び方も違ってくるのではないか?と思いました。 液晶モニタは同一機種のものを2つにしようと考えています。 具体的な解像度の選択はドライバやモニタがそれをサポートしているかにもよると思うのですが、 私はビデオのメモリがどう使われるのかという基本的なところから理解できていません。 マルチモニタをすることを前提としてビデオカードと液晶モニタを選んでいます。 マルチモニタで2画面双方どれほどの解像度まで表示できるかで、液晶モニタの選び方も違ってくるのではないか?と思いました。 液晶モニタは同一機種のものを2つにしようと考えています。 今のところビデオカードはASUSのEN8600GTS SILENTなど、メモリ容量が256Mのものにする予定ですが、2つのモニタを同じ解像度で表示するとしたら、 メモリ容量256Mで果たしてどこまでの解像度が期待できるのでしょうか? 例えば・・・ 3... A ベストアンサー 2D表示では5M~6Mbyteあれば大半の表示解像度に対応します。 256MBなどは3D表示のためにある容量なのです。 625KB 約6. 12MB *128MBや256MBの搭載メモリ容量は3D表示のZバッファなどに使い、2D表示には必要ない容量です。 A ベストアンサー No2です 補足します >HDMIの音声の件なんですが、一本のケーブルで音声も一緒に伝達できるってことは、 >オーディオケーブルは不要になるんですか? PC本体(グラボ、後述)とモニタが対応していればモニタのスピーカから音はだせます グラボ Geforce 400番台以降、Radeon、最近のマザーボード直付けの端子ならほぼ可能 (旧型Geforceでも音声ケーブルをマザーボードに接続できるなら可能の場合も) モニタ マニュアル、型番などで、確認 (端子があって、スピーカ内臓なら、ほぼ対応していると思いますが) HDMIで接続すると、PCでモニタを認識します 例:windows7だと、右下の白スピーカマーク、右クリック、再生デバイスに表示 既定のデバイスにすると、音が出ます グラボの型番とモニタの型番を補足すれば、くわしく回答できるかもしれません A ベストアンサー 2です。 システムを見ている限りでは,動画再生や画像の表示程度は楽勝でこなしそうな気がします。 atmarkit. html もしかすると,ウイルスチェックプログラム等が動作している,とか,ドライブの接続モードが適切でない,など,別の原因があるのかもしれません。 [Ctrl]+[Alt]+[Delete]を押してWindowsタスクマネージャを立ち上げ,「プロセス」タブを押して,どこでCPUパワーを食っているのか調べてみると原因がわかる場合があります。 CPUパワーが余っているのにカクカクする場合は,データ転送速度が遅いことが考えられます。 動画や画像のデータはどこにあるのか,ということが問題になっているのかもしれません。 HDDを2台つないでいるような場合だと,(DVDドライブと同系統のケーブルにつないである等)つなぎ方によっては転送速度に問題が発生している場合も考えられます。 USB接続ドライブだと,内蔵IDEインターフェイスより転送速度が遅くなります。 USB1. 0でも直接パソコン内部のIDEインターフェイスに接続した場合より遅くなります。 2です。 システムを見ている限りでは,動画再生や画像の表示程度は楽勝でこなしそうな気がします。 atmarkit. html もしかすると,ウイルスチェックプ... 8GT メモリ Samsung M378B5673EH1-CF8 DDR3 PC3-8500 2GB Samsung M378B5673EH1-CF8 DDR3 PC3-8500 2GB Samsung M378B5673EH1-CF8 DDR3 PC3-8500 2GB HDD 内蔵! SEAGATE ST31000528AS. 12 SATA2 1TB 32MB! SEAGATE ST31000528AS. 12 SATA2 1TB 32MB マザーボード 組込用Foxconn RenaissanceII X58 LGA1366 ATX D3 ドライブ 内蔵 Pioneer DVR-S16J-BK SATA スーパーマルチ ブラック グラフィックカード 組込用PALIT NE3TX285FT345 GTX285 2G GDR3 2D1T OD インターフェースカー! 5A 800W 2. 3 13. 1 静音パック追加 ネットゲームでフリスタ!というものをしているのですが FPSは100を超えているにもかかわらず(FPS表示ソフト:GSD) プレイしている画面はフレーム落ちしているように見えます 60FPSに固定すれば普通にできます。 ヌルヌル感はありませんが。 WMEでライブストリーミング配信をしたりもするのですが FPSが60前後でブレて、フレームが安定しません 見ている側は普通に見えるようです。 エンコ設定も同じで、私より少し低いスペックの知り合いは 問題なくエンコード・プレイができており、FPSも固定せずできているそうです。 (知り合いのスペック i7 920 GTX260) 前々から原因を探っているのですがさっぱり特定できず PCを修理にだしてもCPU・メモリも問題なく グラボのベンチスコアも標準値をマークしているという事で、返ってきてしまい万策尽きている状態です。 グラボ、CPUの省電力機能等? 電源が不安定? マザボBiosも理解できない箇所が多いのでいじりづらい… 原因・解決法等わかる方がいましたら 回答よろしくお願いします。 8GT メモリ Samsung M378B5673EH1-CF8 DDR3 PC3-8500 2GB Samsung M378B5673EH1-CF8 DDR3 PC3-8500 2GB Samsung M378B5673EH1-CF8 DDR3 PC3-8500 2GB HDD 内蔵! SEAGATE ST31000528AS. 12 SATA2 1TB 32MB! SEAGATE ST31000528AS. 12 SATA2 1TB 32MB マザーボード 組込用Foxconn RenaissanceII X58 LGA1366 ATX D3 ドライブ 内蔵 Pioneer DV... )なので大丈夫です。 hangame. ^^(私の経験談ですが、ドライバーの不具合で、画面の色がグチャグチャになったり、フレームが安定しない事がありました。 (3か月に1回の割合で更新するとよいでしょう。 nvidia. aspx? impress. 理由 Cドライブだけだと、システムの上にデータが乗っかるという形になり、システム動作が遅くなったり、不具合が生じやすくなることがあります。 システムの上にデータを乗っけないで、別の領域(Dドライブ)を作って、そこに移す事で、圧迫から開放され、システムが速くなります。 kakaku. ^^ <まとめ> Cドライブ(システム用):全体の40% Dドライブ(データ用):全体の60% <手順5>OSの不具合 可能性は低いですが、OSの不具合も考えられますので、下記の事を試みるとよいでしょう。 infoseek. htm 手順1-1ファイルシステムエラーを自動的に修復するのチェックをはずし、不良セクターをスキャンし回復するのチェックを入れて実行してください。 (チェックに時間が掛かりますが、1時間近くは放置になります。 ) 手順1-2不良セクターをスキャンし回復するのチェックを外し、ファイルシステムエラーを自動的に修復するのチェックを入れて実行してください。 (再起動メッセージが出たら、再起動します。 ) 手順2:CCLEANERによる不要レジストリーとごみファイル削除。 altech-ads. forest. impress. blog35. fc2. upp. so-net. html なお、初期サイズと最大サイズのサイズを同じに設定(物理メモリーの2倍)しておくことをお勧めします。 )なので大丈夫です。 hangame. Q 最近、自作PCを作ろうかと、いろいろ調べてる素人です。 最近のマザーボードはグラフィック性能が高く、オンボードだけでもそれなりにゲームができると聞きましたが、やはり3DCGゲームをしたい!ということでグラボを刺そうと思っています。 GeForce GTX970か、奮発して1070かなと思ってます そこで疑問が湧いたのですが、グラボを使用するなら、オンボード機能がもったいないんじゃないか?と思ったのです。 そこで質問です。 オーバークロック等、高機能でありながら、グラボを使用することを前提としたものはあるのでしょうか? 2. グラボを刺した場合、オンボード機能は何も機能しない、いらない子になってしまうのでしょうか? それともグラボの補助的な機能を果たすのでしょうか? はたまた最近のCPUはGPUの機能も果たすと聞きましたが、僕の言っているオンボードはCPUによる機能なので、CPUがGPUの負担をしなくて良くなった分、更に性能が向上するのでしょうか?? いろんなサイトを読み漁り、知識が曖昧なため、あやふやなところが多々あるとおもいますが、 そこら編、わかりやすく教えてくださいませんか? 専門用語は自力で調べるので、多少難しくても大丈夫だと思います。 パソコンにお詳しい方、よろしくお願いします! 最近、自作PCを作ろうかと、いろいろ調べてる素人です。 最近のマザーボードはグラフィック性能が高く、オンボードだけでもそれなりにゲームができると聞きましたが、やはり3DCGゲームをしたい!ということでグラボを刺そうと思っています。 GeForce GTX970か、奮発して1070かなと思ってます そこで疑問が湧いたのですが、グラボを使用するなら、オンボード機能がもったいないんじゃないか?と思ったのです。 そこで質問です。 オーバークロック等、高機能でありながら、グラボを使用することを前... A ベストアンサー 最新の機種だと、CPU内蔵のグラフィックスやグラフィックボードを自動で判別して切り替えるものが多く、CPU内蔵を使ってマルチディスプレイを可能にする設定が BIOS にあります。 LGA2011-V3 用チップセット X99 を使ったマザーボードなどが、それに該当します。 これは、グラフィックボードの使用が必須になります。 Core i7-6950X などですね。 watch. impress. asus. グラフィックボードを挿して CPU内蔵グラフィックスを使わない場合は、機能しませんので、CPUの負担にはなりません。 グラフィックボードの補助的な役目をするマザーボードもありますが、殆ど使われていないでしょう。 AMD のマザーボードで CrossFire X と言う仕組みがあって、グラフィックボードと CPU内蔵のグラフィックスを組み合わせて性能を高めるものもあります。 ただし、これは性能が低いグラフィックボードで効果的に働くもので、高性能なグラフィックボードを搭載する場合は意味がありません。 CPU内蔵のグラフィックスを使わない場合、CPU自体の発熱がその分減りますし、メインメモリを共有していたグラフィックス用メモリが必要なくなりますので、演算に集中できます。 ほんの僅かですが、性能が良くなるでしょう。 と言うか、低下しなくなると言った方が正しいでしょう。 実際、現在の性能であればCPU内蔵のグラフィックスを使っていても、グラフィックボードとの差を体感するのは難しいです。 当然、ミドルレンジからハイエンドに掛かるグラフィックボードは、基本的な性能に違いがありますので、比較にはなりませんが。 最新の機種だと、CPU内蔵のグラフィックスやグラフィックボードを自動で判別して切り替えるものが多く、CPU内蔵を使ってマルチディスプレイを可能にする設定が BIOS にあります。 LGA2011-V3 用チップセット X99 を使ったマザーボードなどが、それに該当します。 これは、グラフィックボードの使用が必須になります。 Core i7-6950X などですね。 watch. impress. asus. A ベストアンサー こんにちは。 液晶の話でよいのですよね? 一応、その関係の元・プロです。 18型SXGAまで開発に携わり、開発途中の21型UXGAのデモを見たこともありますが、ちゃんと調整すれば、プロでもデジタル接続(DVI)とアナログ接続(D-sub)の差を見抜くことは非常に難しい・・・というか、ほぼ不可能です。 つまり、同じと見てよいということです。 調整は簡単です。 OSDメニューを表示して、画面の中の文字のにじみが最も少なく見えるように位相を調整するだけです。 また、トラブルの起こりやすさで言えば、デジタルの方が起こりやすいです。 ですので、D-subをおすすめします。 >>>そんなに変わらないのだったら、そのままでいいのかなと思ってます。 それで正しいです。 (縦解像度に、差がありすぎってのもあると思いますが…。 ) なので、手っ取り早く、同じ21. 5インチの(できれば同じモデルがいいのですが、たぶんもう売ってない…。 )ディスプレイを買って、デュアルディスプレイにしようと思います。 まあ、ディスプレイなんて、2万も出せば買えるのですが、問題はグラフィックカードの方です。 今使っているグラフィックカードは、ATI Radeon HD3850で、VRAMが256MBしかありません。 購入当時は、こんな高解像度のディスプレイを使うことなど想定していなかったため、 256MBを購入しましたが、256MBで、3840x1080はキツイかと思うのですが、いかがでしょうか…。 もし、256MBでダメなら、HD5450の1GBモデルでも買ってしばらく使ってから、HD5850等に変更しますが…。 (縦解像度に、差がありすぎってのもあると思いますが…。 ) なので、手っ取り早く、同じ21. 5インチの(できれば同じモデルがいいのですが、たぶんもう売ってない…。 )ディスプレイを買って、デュアルディスプレイにしようと思います。 まあ、ディスプレイなんて、2万も出せば買えるのですが、問題はグラフィックカードの方... A ベストアンサー もう2~3年前になりますがWUXGA(1920x1200 に必要なビデオメモリーはモニター一台に付き128MBと言われていましたので 256MBあれば2台位は問題無いと思っていたのですがメモリー不足を知らせるエラーが出ると言うのでしたら認識を改めなくてはいけませんね。 ところでRadeonでしたらCCCを起動して「詳細」モードにして「ATI Overdrive」をクリックしてGPUの使用率を確かめましたか? ここで使用率が高い様ならば5800系を選ぶのもありだとは思いますがそうでないのでしたら5600系以下の物でも大丈夫と思います。 まして3Dゲームをやらないのでしたら5800系は過剰性能です。 また今のグラボは搭載しているメモリーの種類によっても大きく性能が異なりますし最低512MB程度は載っていますのでメモリー種類を示す表示に気を付ければ良いと思います。 一般的にGDDRとDDRでは「G」付の方が性能が良いですしDDRの後の数字は大きい程「高性能」です。 ところでエラー表示はビデオメモリーの方なのは確実ですか?画像処理を32ビットOS側でやっていて出るのでしたら使用出来ないメインメモリーをRAMディスク化してみては如何でしょう。 メモリーも無駄になりませんし動作も快適になると思います。 追伸 シングルコア1.8GHz AGP接続の3650を使っていますが動画再生支援機構を使って再生していてもGPUの使用率はそれほど上昇しません。 3Dゲームのデモ映像を再生しても「こま落ち無しでゆっくり?と再生」されて使用率もCPU20%GPU30~40%程度で収まっています。 友人の物はGF系の7000シリーズ P4系のHT付きなのにCPU使用率が100%に張り付いて酷いコマ落ち状態でした。 CPUの能力的には同じ様な物なのにこれですから 貴方のPCも何かが足を引張っているのではないのですか。 他の原因は考えられませんか? もう2~3年前になりますがWUXGA(1920x1200 に必要なビデオメモリーはモニター一台に付き128MBと言われていましたので 256MBあれば2台位は問題無いと思っていたのですがメモリー不足を知らせるエラーが出ると言うのでしたら認識を改めなくてはいけませんね。 ところでRadeonでしたらCCCを起動して「詳細」モードにして「ATI Overdrive」をクリックしてGPUの使用率を確かめましたか? ここで使用率が高い様ならば5800系を選ぶのもありだとは思いますがそうでな...

次の

無料システム情報ソフト一覧

パフォーマンス モニタ cpu 使用 率

操作方法 メモリ消費量をリアルタイムにウォッチしたい場合 パフォーマンス モニターの使用方法は以下のとおり(Windows 7 以降の場合)。 グラフ上を右クリックし [プロパティ] を選択• [パフォーマンス モニターのプロパティ] ダイアログを設定し、[OK] をクリック• ウィザードが開始されるので、順番に設定• 名前、データ コレクター セットの作成方法:手動 を選択し、[次へ]• [パフォーマンス カウンター] にチェックを入れて [次へ]• [追加] ボタンをクリックし、前述の 4. を操作• サンプルの間隔を設定し、[次へ]• ログファイルの保存場所を設定し、[次へ]• ログを開始する場合は、[このデータ コレクター セットをすぐに開始する] を選択し、[完了]• 作成したデータ コレクター セットを右クリックし、[開始] を選択。 終了したら [停止] を選択• 2015年12月17日追記 久しぶりにメモリ消費量を確認することがあったのでキャプチャを取り直して説明を追記しました。 この記事が当サイトで最も閲覧されてるようです。

次の

無料システム情報ソフト一覧

パフォーマンス モニタ cpu 使用 率

対象OS:Windows 8. 1/Windows 10/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016 システムの動作状態をモニターするタスクマネージャー Windows OSにおいて、システムの動作状態をチェックしたり、必要なメモリサイズを見積もったりするには、タスクマネージャーによるシステム状態の把握が必要である。 これを使えば、簡単にシステムの動作状況を調査できるし、必要ならアプリケーション(プロセス)ごとの細かな動作状況やCPU/メモリの利用量などをモニターすることも可能だ。 タスクマネージャーは非常に多くの機能を持つが、本TIPSでは最もよく使われるであろう[パフォーマンス]タブの内容について解説する。 Windows 10よりも前のWindows OSにおけるタスクマネージャーについては、以下の記事を参照していただきたい。 詳細表示モードのタスクマネージャーの[パフォーマンス]タブ 詳細モードにするとカテゴリー別に詳しい情報が表示される。 左側がカテゴリー、右側がその詳細だ。 画面下にある[リソースモニターを開く]リンクをクリックすると、より詳細な情報を確認できる「リソースモニター」を起動できる。 画面左側にある[CPU]や[メモリ]などのカテゴリーをクリックすると、右側にそれぞれの詳細情報が表示される。 右クリックしてメニューから[コピー]を選択すると、その詳細情報をテキスト文字列としてクリップボードにコピーできる。 項目 概要 使用率 CPUがどれだけ利用されているかを表す率。 全CPU/全コア/全スレッドで通算して計算される。 例えば全コアがそれぞれ100%動作すると利用率は100%になる。 もし半分のコアが100%で、残り半分が0%ならば50%となる 速度 CPUのクロック周波数。 アイドル時や低負荷時はクロックを下げて消費電力を抑制するので、CPUの理論最大クロック数よりも低くなる プロセス数 OSから見たプログラムの実行単位。 通常のWindows OSでは数百プロセスが実行中となっている。 通常はアプリを1つ起動すると、1つないしは複数のプロセスが実行される スレッド数 プロセスの中にある実際の実行単位。 1つのプロセスには複数のスレッドが含まれているのが普通。 CPUコアは、スレッド単位でプログラムを実行する ハンドル数 ファイルやメモリやリソースなどの管理単位(を識別するためのIDのようなもの) 稼働時間 システムが起動/再起動してからの時間「日:時:分:秒」で表示されている CPUカテゴリーの表示内容 Windows OSにおけるプロセスやスレッドの詳細については、以下の記事も参照していただきたい。 100%ならフル稼働、0%ならアイドル状態を表す。 CPUの使用率が100%近くになり、それがずっと続いているようならば、CPU性能が不足しているので、もっと高速なCPUのシステムにするべきであろう(もっともゲームでもしない限り、実際にはそのようなことは少ないが)。 CPUに余裕があるのにシステム全体の処理が遅い場合は、メモリが不足していてページングが頻繁に起こっていないか、ディスク入出力が遅くて待ち時間が長くなっていないかなどを、(メモリカテゴリーやディスクカテゴリーの情報で)チェックするとよい。 右クリックオプションで[カーネル時間を表示する]をオンにすると、Windows OSのカーネル内部での処理に要する使用率を表示できる。 すると各コア別の使用率グラフが表示される。 項目 概要 基本速度 このCPUの仕様上の標準クロック周波数。 ブースト時にはこれより高くなることもあるし、アイドル時にはこれよりも低くなることがある ソケット CPU数。 通常は1だが、ハイエンドワークステーションやサーバシステムなどでは、2つ以上のCPUを装着できるものがある コア CPUのコア数。 クライアント向けCPUでは2〜4コア程度のものが多いが、ハイエンド/サーバ向けでは8コアや16コアなど、もっと多くのコアを持つCPUもある 論理プロセッサ数 1コア内で同時に実行可能なスレッド数。 「 仮想化:有効」となっていれば、Hyper-V(やVMware、VirtualBoxなどの仮想化ソフトウェア)を動作させるのに必要なIntel-VTやAMD-Vなどのハードウェア仮想化支援機能が利用できるということになる。 「 仮想化:無効」(BIOSで一時的に無効になっている)もしくは「 仮想化:非対応」(ハードウェア的に非対応)となっていればHyper-Vなどは利用できない可能性が高い。 項目 概要 使用中(圧縮) 現在使用中となっている部分のメモリサイズ。 「圧縮」は、使用頻度が低いので、メモリ上で圧縮して一時保管されている部分のサイズ(ディスクへスワップアウトするよりも高速に処理できる) 利用可能 OSやプロセスなどに割り当て可能なメモリのサイズ。 以下の「スタンバイ」と「空き」の合計サイズ コミット済み コミット済みサイズと、コミット可能な最大サイズ(=物理メモリサイズ+ページファイルサイズ)。 「コミット」とはプロセスが使用するメモリサイズの合計のこと。 物理メモリに入りきらない部分は、ディスク上のページファイルへスワップアウトされ、必要に応じてディスクから読み戻されながら(スワップインしながら)実行される キャッシュ済み ファイルのキャッシュとして利用しているサイズ ページプール OSカーネルで使用しているメモリのうち、(メモリ不足時には)スワップアウト可能な部分のサイズ 非ページプール OSカーネルで使用しているメモリのうち、(メモリ不足時でも)スワップアウト不可能な部分(必ずメモリ上に常駐している必要がある部分)のサイズ 速度 メモリモジュールの動作クロック速度 スロットの使用 システムで利用可能メモリなメモリスロット数と使用中のスロット数 フォーム ファクター メモリデバイスの種類。 DIMMやSODIMMなどがある ハードウェア予約済み システムに確保されていて、OSやユーザーから利用できない部分のメモリサイズ。 例えば内蔵グラフィックス専用に割り当てられているメモリなどが相当する メモリ構成 用途別のメモリの利用グラフ。 リソースモニターのメモリグラフで表示されているものと同じ [変更済み] 「メモリ構成」グラフ中の項目の1つ。 ダーティバッファー(後でディスクへ書き戻す必要があるキャッシュ)のサイズ [スタンバイ] 「メモリ構成」グラフ中の項目の1つ。 ファイルキャッシュとして利用しているメモリのサイズ。 オリジナルデータはディスク上にあるので、必要なら破棄して、空きメモリとして利用可能 [空き] 「メモリ構成」グラフ中の項目の1つ。 何の用途にも使われていない、未使用のメモリのサイズ メモリカテゴリーの表示内容 最後の3つの項目は、「メモリ構成」グラフの中に表示されている項目。 マウスカーソルをかざすと、項目名と簡単な説明が表示される。 アプリなどを多数起動して使用中のメモリサイズが増え、利用可能サイズが非常に小さな値になっているようなら、メモリの増設などを行うことが望ましい(TIPS「」参照)。 なおこのメモリカテゴリーの下側にある「メモリ構成」の横棒グラフは、よく見ると縦に何本か線(区切り)が入っていることが分かる。 これは[リソースモニター]の[メモリ]タブにある[物理メモリ]のグラフとほぼ同じものが表示されている。 より詳しくメモリの利用状況を調査するには、リソースモニターを使うとよい。 項目 概要 アクティブな時間 ディスクがアイドルでない時間の割合。 sys)として使っているかどうか ディスクカテゴリーの表示内容 ネットワークカテゴリーの表示内容 [イーサネット]や[Wi-Fi]、[Bluetooth]などのカテゴリーを選ぶと、ネットワークインタフェースごとの利用状況が表示される。 グラフには送受信の速度が表示されるが、DNS名やIPアドレスなども簡単に確認できるようになっている。 また、グラフを右クリックしてポップアップメニューから[ネットワークの詳細を表示]を実行すると、各インタフェースの統計値情報(送受信したパケット数やバイト数などの値)をリアルタイムにモニターできる。

次の