ライセンス キー 確認。 Windows10 プロダクトキー確認方法|SAMBO MAGAZINE

Windows10のプロダクトキーの確認方法!コマンドでの調べ方やIDとの違いは?

ライセンス キー 確認

ライセンスの種類によって変わる確認方法 認証されているWindowsライセンスの種類によって確認方法が変わります。 富士通やNEC、DELLなどメーカー製PCで出荷時にWindowsがインストールされているOEMライセンスはBIOSと呼ばれるマザーボードのメモリにプロダクトキーが保存されています。 OEM版のプロダクトキーはコマンドプロンプトなどWindows標準の機能で確認可能です。 リテール版やDSP版など別途購入したWindowsライセンスは外部のソフトウェアを使って確認します。 もちろんOEM版ライセンスのBIOSに保存されているプロダクトキーの確認も可能です。 この記事ではフリーウェアのソフトを使います。 メーカー製PC OEM版ライセンスの場合 メーカー製PCのマザーボード(BIOS)内に保存されたプロダクトキーを調べる方法です。 リテール版のプロダクトキーはこの方法では確認できません。 コマンドプロンプトを使った確認方法 スタートメニューから「Windowsシステムツール」にある「コマンドプロンプト」を選択し、起動させます。 スタートメニューからコマンドプロンプトを選択 コマンドプロンプト画面 コマンドプロンプトが起動したら、BIOSに保存されているプロダクトキーを表示する 以下のコマンドをコピーしてコマンドプロンプトに貼りつけてください。 「Enter」キーを押すと実行されます。 wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey プロダクトキーが表示された 表示されないケースもよくあります。 ダメだった場合は次の方法をお試しください。 Windows PowerShellを使った確認方法 スタートメニューから「Windows PowerShell」にある「Windows PowerShell」を選択し、起動させます。 スタートメニュー PowerShellが起動 BIOSに保存されているプロダクトキーを表示する 以下のコマンドをコピーして PowerShellに貼りつけてください。 「Enter」キーを押すと実行されます。 wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey プロダクトキーが表示された コマンドプロンプトを使った方法がダメな場合、PowerShellでもダメな場合が多いです。 ダメだった場合は、リテール版やDSP版と同じソフトウェアを使った方法をお試しください。 一番確実です。 リテール版、DSP版などのプロダクトキー ソフトウェアをダウンロードして確認する Windows標準の機能で調べることができないためフリーのソフトウェアを使用します。 プロダクトキーを調べる定番ソフト「ProductKey」を使います。 フリーウェアソフトですので無料で使用することが可能です。 またスタンドアロンのソフトなのでインストールする必要はありません。 今回はOEM版ライセンスのWindows 10で認証されているメーカー製PCでプロダクトキーを確認しますが、リテール版やDSP版でも方法は同じです。 ソフト名 ProduKey ライセンス フリーウェア 動作環境 Windows 2000|XP|Vista|7|8|10 ダウンロード 「ProductKey」の公式サイトからダウンロードします。

次の

Windows10でライセンス認証されているか確認する方法

ライセンス キー 確認

対象:Windows 7/Windows 8/Windows 8. 1/Windows 10/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016 以前はベンダーから購入したPCにプリインストールされたWindows OSの「プロダクトキー」(「CDキー」とも呼ばれる)の情報が底面などにシールで貼られていた。 それを見ればプロダクトキーが分かるようになっていたが、最近ではこうしたシールが貼られなくなっている(Windows 8以降、ベンダー製PCではプロダクトキーがBIOSに組み込まれるようになっており、シールが貼られなくなってきている)。 ThinkPad X200sの底面に貼られていたプロダクトキーのシール このPCはプリインストールがWindows Vistaであったため、Windows Vistaのプロダクトキーが書かれたシールが貼られていた。 Windows 8以前はこのようにPCにプロダクトキーが書かれたシールが貼られているのが一般的だった。 また、MicrosoftストアからWindows OSを購入したような場合(デジタルコピーを入手した場合)、プロダクトキーは購入後に届く確認メールに記載されているが、こうしたメールはなくしがちだ。 Windows OSの市販パッケージを購入してインストールしたり、MSDNサブスクリプションなどで導入したりした場合は、プロダクトキーが分からなくなることも多い。 このようにプロダクトキーが分からない場合、不具合が発生してWindows OSをクリーンインストールしたり、テスト環境の再構築が必要になったりすると、別のプロダクトキーを使うことになり、無駄にライセンスを消費してしまうことになりかねない(Windows 10では「デジタルライセンス」となっており、クリーンインストールの際でもプロダクトキーを必要としないこともある)。 Windows 10の[システム]画面 デスクトップ上の[PC]アイコンを右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択すると、[システム]画面を開くことができる。 Windows Meまでは、レジストリにプロダクトキーがそのまま記録されていたため、レジストリエディターで簡単に調べられた。 しかしWindows 2000以降、プロダクトキーはレジストリに記録されなくなり、Windows OSの標準ツールでも調べられなくなっている。 ちなみに、単純に使用しているプロダクトキーの重複を確認したいだけならば、Tech TIPS「」で紹介しているように、コマンドプロンプトを開いて「slmgr -dli」「slmgr -dlv」というコマンドラインを実行して、プロダクトキーの最後の5桁を確認すればよい(キー全体の値は分からない)。

次の

Windows、Microsoft Officeのライセンスキーの確認方法

ライセンス キー 確認

年間保守料は必要ありません。 の製品には、いろいろな形のサポートが用意されています。 お問い合わせ: 英語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、フランス語• (機密にされたい内容の場合)• よく寄せられる質問:• アカウント、チーム、ライセンス• Windows版のドキュメンテーション• Mac版のドキュメンテーション• サポートリソース• 重要なサポートやアップグレードのお知らせのためにをお願いします。 関連コミュニティー• 関連製品•

次の