オリゴ の おかげ 赤ちゃん。 生後2ヶ月の便秘対策※赤ちゃんの便秘を治す方法※

【市販でもOK】便秘の赤ちゃんのオリゴ糖の量&飲ませ方

オリゴ の おかげ 赤ちゃん

スーパーマーケットにもオリゴ糖は置いてあります。 でも、成分表を見ると保存料が含まれていたり、やたらと糖分が多かったりで赤ちゃんには不向きであることも多いのです。 赤ちゃんの便秘の解消にオリゴ糖を選ぶなら、「オリゴのおかげ」の顆粒タイプがおすすめです。 オリゴのおかげはスーパーマーケットにも置いてありますが、そちらはシロップタイプ。 オリゴのおかげの顆粒とシロップは何が違うのかと言うと、オリゴ糖の純度に差があるのです。 甘味料としての使用目的のために糖分が多く含まれていて、そのためにオリゴ糖の純度が下がってしまっているのです。 赤ちゃんの便秘のためのオリゴ糖なら糖分をたくさん含む必要はありません。 更に、オリゴのおかげに含まれるオリゴ糖は「乳糖果糖オリゴ糖」。 オリゴ糖といえば「ラフィノースオリゴ糖」という表記を見かけるのではないでしょうか。 このラフィノースオリゴ糖の1. 5倍の整腸作用があるのが乳糖果糖オリゴ糖です。 オリゴ糖にはこの他イソマルトオリゴ糖など消化性のオリゴ糖もありますが、これらは腸に届く前に消化されてしまうので便秘に対する効果はガクンと落ちてしまうことになります。 このことから、赤ちゃんの便秘にはオリゴのおかげの顆粒タイプをおすすめします。 カルシウムの吸収促進は赤ちゃんのうちから オリゴのおかげは便秘だけでなく、赤ちゃんの腸内環境を整えることでカルシウムの吸収促進効果も期待できます。 赤ちゃんにも安全な商品 オリゴのおかげの成分にはアレルギーを起こす乳タンパクを含んでいませんので、アレルギーの心配もありません。 とは言っても、稀に体質に合わない赤ちゃんもいますので気になる症状が出た場合はすぐに使用を中止して、小児科の医師の診断を受けてください。 ・副作用はない? オリゴのおかげは天然由来の商品だから副作用の心配はありませんが、便秘だった赤ちゃんにオリゴ糖を与え始めるとお腹の中に善玉菌が増え腸の働きが活発になるために、ガスがたまってお腹が張るということがあります。 急にオリゴ糖をたくさん与えすぎてしまうと、このガスによるお腹の不快感が起こる可能性があります。 赤ちゃんに与える時は、少しずつ様子を見ながら量を増やしていきましょう。 生後どのくらいから与えられるの? オリゴのおかげは元々赤ちゃんのお腹の中にある善玉菌を増やす食品です。 生後すぐから与えることができます。 【オリゴのおかげと他のオリゴ糖製品との比較】 ネットから通販で購入できるオリゴ糖商品の中から無添加のものと市販のオリゴ糖の違いを表にしてみました。 商品名 オリゴのおかげ 顆粒 はぐくみオリゴ カイテキオリゴ 市販のオリゴ糖 成分 乳果オリゴ糖・ショ糖 ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、乳果オリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ビートオリゴ糖 ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖、ショ糖 乳糖、ブドウ糖、ガラクトオリゴ糖 添加物 無し 無し 無し 保存料、甘味料など 容量 180g 150g 150g - 価格 1,358円 3,680円 2,838円 - 製品の特徴 溶けやすい顆粒状、スティックタイプで使いやすく湿気も安心 小麦粉のようなまとまり感のある粉状、小分けになっていないので湿気が心配 サラサラしたパウダータイプ、小分けになっていないので湿気が心配 - この中で注目したいのは、市販のオリゴ糖商品は便秘のためとは言っても赤ちゃんに与えるのには保存料や甘味料などの添加物が気になります。 市販のオリゴ糖商品の添加物については、この次に詳しく表でご紹介します。 オリゴのおかげの他にも無添加のオリゴ糖商品はありますが、どれもパックが大袋入。 毎日たくさん食べる大人には便利かも知れませんが、一度の量が少ない赤ちゃんにとっては湿気が心配です。 赤ちゃんの便秘のために購入を考えているなら、スティックタイプの個別包装のオリゴのおかげがおすすめです。 オリゴ糖商品なら何でも良いわけじゃない!? ここでは、市販のオリゴ糖商品に使われている添加物にはどのようなものがあるのか見てみましょう。 ・酸味料 味付けのために加えられる。 クエン酸など無害な物もありますが、酸味料の中には体のなめに良くない化学成分を含むものもあります。 赤ちゃんのためには無添加が理想的です。 ・保存料 ソルビン酸K 食品保存のための添加物です。 長期保存できるのは嬉しいですが、やはり体のためには無添加のものを選びたいですね。 ・人工甘味料(スクラロース、アセスルファムK、アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物など) 味付けのために使用されるものですが、化学薬品を混ぜて作られたものですので避けたい添加物です。 ・乳糖・ブドウ糖 適量摂取する分にはあまり心配はありませんが、やはり不要な成分です。 ・酸化防止剤 こちらも、食品の酸化を防止するために入れられる添加物です。 赤ちゃんへの影響が気になりますので無添加のものを選びましょう。 ・香料 香り付けのための成分です。 オリゴのおかげ、顆粒タイプには、これらの添加物は使われていませんから、赤ちゃんが便秘の時にも心配することなく与えられますよ。 オリゴ糖とマルツエキスの違い 赤ちゃんが便秘の時のお薬にマルツエキスというものがあります。 小児科で便秘の相談をするとマルツエキスを処方されることもあることから、質問サイトではマルツエキスをすすめる先輩ママさんも多いです。 オリゴ糖とマルツエキス。 赤ちゃんの便秘にはどちらが良いのでしょうか? その違いを見ていきましょう。 違い1 食品と薬の違い マルツエキスはドイツの製薬会社が開発しそれを和光堂が輸入販売している医薬品です。 第三類医薬品ですから、通販でも購入することが可能です。 しかし、副作用が少ないものとはいえ、まったく副作用が無いわけではりありません。 マルツエキスの副作用として報告されているのは下痢と嘔吐です。 体に合わない、または量を間違えて与え続けるとこのようなリスクがあることも覚えておきましょう。 一方オリゴ糖は食品です。 オリゴ糖自体には副作用の心配はありません。 無添加で高純度なオリゴ糖商品を選ぶことで副作用の心配はほぼ無いと思って良いでしょう。 違い2 糖分 マルツエキスの原材料はさつまいもに含まれる麦芽糖です。 便秘で常用しつづけると赤ちゃんの肥満も気になりますね。 オリゴ糖も腸内の善玉菌の栄養となる糖分です。 しかし、こちらも純度の高いものを選べば糖分の取りすぎの心配はありません。 違い3 便秘解消のメカニズム マルツエキスが便秘を解消するメカニズムからご紹介しましょう。 マルツエキスは腸内で分解される時にガスを発生されます。 そのガスにより腸の運動を良くして、排便を促し便秘を解消してくれます。 しかし、お腹の中にガスが発生することは、張りからの不快感にもつながる心配があります。 オリゴ糖はビフィズス菌のえさとなり、善玉菌の増殖をメインとして便秘解消に効果を発揮します。 オリゴ糖を与えた場合でもガスが発生することもあります。 しかし、薬ではないのでその効き目はおだやかです。 少量から様子を見ながら与えることで、ガスによる不快感は避けることができるでしょう。 赤ちゃんの便秘の解消には効果はあるが出来るだけ刺激や不快感を与えない商品をおすすめします。 便秘の程度で一刻もはやく出してあげたいと思う時はマルツエキスを利用して、その他の場合はオリゴ糖で予防も兼ねて腸内環境を整えつつ便秘改善など、赤ちゃんによって使い分けることが賢い使い方ではないでしょうか。 オリゴのおかげのコスパは オリゴ糖商品の一覧でも、オリゴのおかげは非常にコスパが良い商品であると感じられた人も多いでしょう。 オリゴのおかげのコスパは1日わずか16円です。 大切な赤ちゃんの腸内環境を整え、さらに骨を作るカルシウムの吸収を良くするために毎日飲むにも、このお値段なら無理なく続けられそうですね。 安く購入するには? オリゴのおかげは他のオリゴ糖商品と比較してもだんぜんお安い価格設定が人気です。 でも、さらにお安くなる方法があるとしたら試してみたくありませんか? 面倒な方法や難しい手続きなども不要です。 公式サイトから定期購入に申し込むだけです。 1ヶ月ごとに届く定期コースでは60日分で1,662円 税込・送料込み。 3ヶ月分まとめて届く定期コースなら1ヶ月分1,358円 税込・送料込み。 3ヶ月分の定期コースにするだけで月に304円の節約ができちゃいます。 定期コースにありがちな「何ヶ月縛り」などもなくお休みや解約もいつでもOKなのも嬉しいですね。 価格だけじゃない公式サイトをおすすめする理由 オリゴのおかげにはシロップタイプと顆粒タイプがあります。 この2つの差は状態だけでなく、オリゴ糖の純度の違いもあるのです。 シロップは砂糖の代わりに使う人用に糖分が多く含まれているもの。 その分、オリゴ糖の割合が低くなってしまっているので赤ちゃんの便秘の解消には不向きです。 そして、この顆粒タイプのオリゴのおかげはスーパーやドラッグストアでは購入することが出来ないネット限定商品なのです。 オリゴのおかげのシロップタイプを食べて「効果がイマイチ」と感じた人も、この顆粒タイプなら効果を感じることが出来るかもしれません。 参考になった厚生労働省のページ等 厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネット 独立行政法人 農畜産業振興機構 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 まとめ.

次の

赤ちゃんの便秘時のオリゴ糖の与え方についてご存知の方ご回答お...

オリゴ の おかげ 赤ちゃん

オリゴ糖と聞くと、「体にいい」「砂糖の代用品」「ダイエットサポートに効果的」というイメージがあるかもしれません。 オリゴ糖は、大人だけでなく、 赤ちゃんや 子供の便秘解消にもおすすめです。 ここでは、赤ちゃんへの飲ませ方と市販されているオリゴ糖からおすすめ商品を紹介します。 オリゴ糖とは?どのような効果があるの? オリゴ糖には、ビフィズス菌という善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる働きがあります。 腸内環境を整えることで、自然なお通じを促す点に注目されていますが、砂糖よりもカロリーが低いため、ダイエットに利用する人もいます。 オリゴ糖には、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖などの様々な種類があり、数種類のオリゴ糖をブレンドしてつくられているものもあれば、1種類のオリゴ糖に特化してつくられているものもあります。 顆粒状と液状の食品がありますが、どちらを摂っても効果に変わりはありません。 砂糖よりもマイルドな甘みで、離乳食にも取り入れやすく、虫歯が気になる小さな子供にもあげやすいのが特徴です。 ヨーグルトに混ぜて食べたり、砂糖の代用品としてコーヒーや紅茶に入れて飲んだり、料理に使うなどして摂取します。 赤ちゃんがオリゴ糖を摂る効果・メリット 便秘がちな赤ちゃんは意外と多いもの。 特に、離乳食が始まると、母乳やミルクから摂取していたオリゴ糖が足りなくなり、うんちが出にくくなる赤ちゃんが増えます。 赤ちゃんが便秘のとき、お腹のマッサージや綿棒浣腸で対策をしますが、できれば自然にスッキリ出せるようにしてあげたいですよね。 オリゴ糖を飲むと、ビフィズ菌を増やし、お腹の調子を整えることで、体内から便秘改善に働きかけてくれます。 オリゴ糖はもともと母乳や粉ミルクに含まれているので、離乳食が始まる前の赤ちゃんでも安心して摂ることができます。 優しい甘さで赤ちゃんもきっと気に入ってくれるはずですよ。 赤ちゃんへのオリゴ糖の飲ませ方 母乳・ミルク育児の赤ちゃん 離乳食が始まる前の赤ちゃんには、ミルクや麦茶、白湯など、普段飲んでいるものに混ぜて飲ませましょう。 ほんのり優しい甘さのオリゴ糖は、ミルクともよく合います。 赤ちゃんの口に合わず飲んでくれない、という心配はありません。 ただし、母乳や市販の粉ミルク(商品によって異なります)にはオリゴ糖が含まれているため、あげすぎには注意してください。 離乳食期以降の赤ちゃん 離乳食を始めている赤ちゃんなら、食事に混ぜても大丈夫。 赤ちゃんの1日のオリゴ糖摂取量は少量で、砂糖よりも優しい甘みなので、食べ物の味を変えることはありません。 乳酸菌が多く含まれるヨーグルトに混ぜて食べるとより効果的といわれています。 赤ちゃんの1日のオリゴ糖目安摂取量 赤ちゃんに初めてオリゴ糖をあげるときは、次の目安量を参考にしてください。 商品によって推奨する摂取量が異なる場合があるため、パッケージなどを確認することをおすすめします。 ~生後6ヶ月 0. 5g~ 生後6ヶ月~1歳未満 1g~ 1歳~ 2g~3g また、一度に多くのオリゴ糖を摂ると、お腹が活性化されてゆるくなってしまうことがあります。 少量から始めて、赤ちゃんの様子を見ながら量を調整するようにしましょう。 ここでは、中でも 赤ちゃんや子供におすすめのオリゴ糖食品を紹介します。 1.北の快適工房 おこさま用カイテキオリゴ 出典:www. kaitekikobo. jp オリゴ糖の定番人気「カイテキオリゴ」から、赤ちゃんや子供向けに特化した「おこさま用カイテキオリゴ」が販売されています。 大人と子供で体内に複数種類あるビフィズス菌の比率が違うことに着目し、0~12歳の子供の体内環境に合わせたオリゴ糖の配合比率になっています。 複数種類のオリゴ糖を配合することで腸内にまんべんなく行き渡らせて、赤ちゃんや子供がスッキリできるようサポートします。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 2.はぐくみプラス はぐくみオリゴ 出典:www. amazon. jp 5種類の乳酸菌のほか、ラクトフェリン、ビフィズス菌、乳酸菌を配合し、腸内に強いアプローチをかけるオリゴ糖です。 北海道産の甜菜(ビート)から抽出・精製された高純度のオリゴ糖を使用。 ビートオリゴ糖は粉ミルクにも使用されているオリゴ糖なので、赤ちゃんも安心して摂ることができます。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 赤ちゃんがオリゴ糖を摂取するときの注意点 お腹がゆるくなることがある オリゴ糖は薬ではないため、副作用の心配がなく、赤ちゃん・子供でも安心して飲むことができます。 ただし、体質や体調次第では、 一気にたくさんの量を摂ると、お腹がゆるくなり下痢をすることがあります。 まずは少量から始めて、様子を見ながら量を増やしていくことをおすすめします。 即効性があるものではない また、 オリゴ糖は薬ではないため、すぐに効果が出るものでもありません。 多くの量を飲ませるよりも、毎日継続して様子を見ることが大切です。 オリゴ糖に頼り過ぎない オリゴ糖を飲むことで一度便秘が改善されても、食生活や生活リズムなどで再び便秘気味になることがあります。 便秘解消のためには、オリゴ糖に頼り過ぎず、離乳食や水分の摂取量の見直しや、排せつリズムを整えることを意識してください。 オリゴ糖は、あくまでも栄養補助として取り入れるとよいでしょう。 オリゴ糖で赤ちゃんも大人も腸内環境を整えよう オリゴ糖は、便秘がちな赤ちゃんの「自然なスッキリ」をサポートしてくれる効果的な食品です。 ただし、オリゴ糖はあくまでも食品です。 便秘が長期間解消されない場合や、または下痢が続くなど、お腹の調子に不安な点がある場合は、医療機関を受診し、医師に相談しましょう。 赤ちゃんから大人まで、家族の腸内環境の改善に、オリゴ糖を毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の

オリゴのおかげダブルサポートの効果は?口コミと評判まとめ

オリゴ の おかげ 赤ちゃん

トクホで整腸効果が認められてる 特定保健用食品に認定されているオリゴ糖をほかに知っていますか? なかなかないですよね。 オリゴのおかげ ダブルサポートは数あるオリゴ糖商品の中でも珍しく、 トクホに認定されています。 特定保健用食品として認可してもらうためには、事業者がその食品を用いた臨床試験を行い、医学、栄養学に基づいて有効性や安全性を示さなくてはなりません。 提出した有効性および安全性の証拠が認められて、消費者庁長官によって認可されると、消費者庁により許可されたことを示すマークを商品に付けることができます。 引用元:公益財団法人長寿科学振興財団 オリゴのおかげを摂取すれば整腸作用を期待できる、ということを国(消費者庁)が認めたということ。 お客様の声を掲載している商品も多いですが、 科学的な根拠が明確な商品は安心感が違います。 カルシウムの吸収促進も期待できる 「ダブルサポートって何なの?」 と疑問に思う方も多いですよね、私だって最初は何のことなのかさっぱりわかりませんでした。 ダブルサポートの意味は、整腸作用以外に カルシウムの吸収促進の効果も認められたから。 腸内環境が整うと、体の免疫力って強くなるんです。 免疫力が強くなれば、当然インフルエンザウイルスへの感染も防げますし、万が一感染しても症状を軽減できるという仕組みです。 特許も取得済み(平成26年1月17日 特許番号5457393:)なので、きちんと信頼できる情報ですよ。 ビタミンB群の生成もサポート さらに肌や髪の毛の健康を保つビタミンB群の生成もサポートしてくれます。 ビタミンB1をはじめ、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸など、どれも美肌に欠かせない成分ですよ。 子供の健やかな肌や髪を守れることに加えて、 ママも美肌になれたら一石二鳥ですよね。 便秘外来の専門医からも推薦 オリゴのおかげは便秘外来に力を入れている松生クリニック院長の松生垣夫(まついけ つねお)先生からも推薦されています。 大腸内視鏡検査や炎症性腸疾患の診断と治療に取り組まれている先生で、 腸のスペシャリストとして各種メディアでも活躍されています。 100g換算で考えてみても、 カロリーは砂糖のおよそ半分。 砂糖と比べて甘みは控えめですが、ダイエット中のママも安心ですよ。 糖尿病の人も安心して使える カロリーが低いだけではなく、 血糖値やインスリンの上昇がゆるやかなのもオリゴ糖の特徴のひとつ。 糖尿病を患っている方も、安心して使えますよ。 子供の便秘だけではなく、あらゆる人にうれしい効果をもたらしてくれるのがオリゴ糖の最大の魅力ですね。 オリゴ糖がビフィズス菌を元気にする そもそもなぜオリゴ糖が腸内環境を整えてくれるのかご存知ですか? 腸を整える食品といえば、ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌が有名ですよね。 ビフィズス菌は確かに大切なのですが、ストレスの影響を受けやすかったり、胃酸でダメージを受けたり、 大腸にたどりつく頃には効果を発揮できなくなっていることも多いんです。 シロップタイプはスーパーで買える 「オリゴのおかげってスーパーでも売ってるでしょ?」 と気づいた方も多いのではないでしょうか。 そうなんです、シロップタイプのオリゴのおかげは、 大きめのスーパーでよく販売されています。 これは近所のイトーヨーカドーで見つけたオリゴのおかげ。 セールで約400円になっていました。 「わざわざ顆粒タイプのものを買わなくても、シロップのほうが使いやすそう」 と考える人も多いと思いますが、ちょっとだけ待ってください。 我が家で購入した、オリゴのおかげの成分表をご覧ください。 乳果オリゴ糖は100g中、たったの30. 2gしか入っていません。 つまり 半分以上はただのシロップということです。 もちろん一般的な上白糖と比べれば、腸内環境の改善に効果を発揮してくれると思います。 ただ、我が家の実体験として、シロップタイプのオリゴのおかげは効果をほとんど感じられませんでした。 自然由来の素材を自社製造 「乳果オリゴ糖って何から作られているの・・・?」 と心配になる方もいることでしょう。 オリゴのおかげは 牛乳に含まれる乳糖と、天然のサトウキビに含まれるショ糖から作られています。 どちらも自然由来の素材で、塩水港精糖が自社で製造しています。 他社の商品だと、さまざまなオリゴ糖をブレンドしたものも多いですよね。 オリゴのおかげの場合、業者から仕入れたものをブレンドするのではなく、 開発から製造まですべて自社で完結させています。 だからこそ安全で性能が高く、さらに値段も抑えた形で提供できているのでしょう。 乳アレルギーでも利用できる 「牛乳が原材料だと、乳アレルギーの子は使えないのでは?」 と心配されるかもしれませんが、安心してください。 オリゴのおかげが牛乳由来の乳糖を使用しているのは事実ですが、 アレルギーの元となる乳タンパク質は含まれていません。 それでも心配な方は、かかりつけの医師に相談してみてくださいね。 ラフィノースの1. 5倍の効果 乳果オリゴ糖の整腸効果はラフィノースの1. 5倍といわれています。 効果の指標となる最小有効量は以下の通り。 乳果オリゴ糖:1日2g• ラフィノース:1日3g 実は他社のオリゴ糖商品は、このラフィノースをメインに使用していることも多いんです。 ラフィノースに効果がないというわけではありませんが、乳果オリゴ糖の方がより効果の高いオリゴ糖といえるでしょう。 トクホの認定数も段違い トクホとして認定された商品の数にも大きな差があります。 2017年3月時点で、 乳果オリゴ糖を利用した特定保健用食品は26品目。 ラフィノースをメインに使用したものはひとつもありません。 先ほどご説明したように、オリゴ糖はさまざまな種類が存在します。 同じように、オリゴ糖をエサとするビフィズス菌も実は30以上の種類が発見されているんです。 さらに、ビフィズス菌の種類によってはオリゴ糖との相性が悪いことも。 どのオリゴ糖と相性がいいかは、試してみないことにはわかりません。 乳果オリゴ糖がドンピシャな人もいるでしょうし、 他のオリゴ糖じゃないと効果を発揮しづらい人もいるでしょう。 オリゴのおかげを2週間以上続けてみて、「イマイチ効果がわからない・・・」と感じたときは、他のオリゴ糖商品を試したほうがいいかもしれませんね。 オリゴのおかげは便秘に効果があるのか トクホにも認定されているオリゴのおかげ ダブルサポートですが、あくまで健康補助食品だということを忘れてはいけません。 薬ではないため、 即効性はあまり期待できないということです。 販売元の調査によると、1日に1本の摂取を14日続けたところ、 7日目には腸内のビフィズス菌が摂取前の約2倍に増えたとのこと。 ただ、摂取を止めてしまった途端、元に戻ってしまったそうです。 我が家でもオリゴのおかげを試してみましたが、1週間ほどで続けたところで、長女が「うんちでる!」と叫ぶ頻度が多くなってきたように思います。 最近だと2日に1回は必ずうんちをしていますね。 カチカチうんちに涙していたこともありましたが、今はスルンと出せているみたいで安心しています。 ただ、長女は以前から他のオリゴ糖商品を試していたので、ある程度腸内環境が整っていたことも考えられます。 飲み方や時間帯は問わない 「朝に摂取したほうがいいの? それとも夜?」 と疑問に思う方もいるかもしれませんが、時間帯を気にする必要はありません。 それよりも 毎日続けることがなによりも大切です。 大人の方なら、朝のコーヒーにオリゴのおかげを混ぜてみたり、子供なら夜のデザートにかけてあげるなど、習慣化できると一番いいですね。 熱に強く料理にも使いやすい オリゴ糖は、 加熱しても成分や効果が変わりにくいという特徴があります。 卵焼きをちょっぴり甘く仕上げたいときや、子供が喜ぶそぼろご飯を作るときなど、砂糖の代わりだと考えると使いやすいですよ。 ただ、ビーフシチューのように長時間煮込むような料理の場合、さすがにオリゴ糖が分解されてしまう恐れがあります。 何時間もグツグツ・コトコト煮込むような料理を作るときは、オリゴ糖ではなく一般的な砂糖を使いましょう。 オリゴのおかげの危険性と副作用 「効果が高いのはわかったけど、副作用とかは大丈夫なの・・・?」 と心配になる気持ちもわかります。 そもそもオリゴ糖は薬ではないため、 副作用が発生することは基本的にありません。 ただ、体質によって注意すべき点もあるので詳しく見ていきましょう。 一度に食べ過ぎるとお腹をくだす こちらはオリゴのおかげのパッケージに記載されている内容です。 摂取上の注意にも記載されているように、一度に大量にオリゴ糖を摂取すると、 お腹がゆるくなる恐れがあります。 下痢になりやすいお子さんの場合、少しずつ摂取量を増やしてみることをおすすめします。 便秘が続くのも嫌ですが、下痢になってしまうのもツラいですよね。 我が家の場合、今のところオリゴ糖でお腹を下したことはないのですが、体質次第なので心配な方は少しずつ試してみてください。 オリゴのおかげをお得に買う方法 「オリゴのおかげを試してみたいけど、どこで買えばいいの?」 「品質の高さはわかったけど、できれば1円でも安く買いたい」 と考えている方も多いことでしょう。 何を買うにしても、 もっともお得な方法を見つけられるとうれしいですよね。 どこで買えば一番お得なのか、詳しくご説明します。 Amazonや楽天でも購入可能 オリゴのおかげはAmazonや楽天市場でもたくさん商品が出回っています。 楽天ポイントがたくさん溜まっていたり、Amazonギフト券をお持ちであれば、実費負担を少なくできますよ。 ただ、購入前に注意してほしい点がいくつかあります。 また、Amazonと楽天市場、 いずれも15本入りの商品しか取り扱いがありません。 1日1本摂取することを考えると、ものの2週間でなくなってしまいます。 その都度送料を取られたり、2,000円以上の買い物をしないといけないのはちょっとツラいですよね。 ただ、レビューは参考になるものが多いので、お時間があるときにぜひ目を通してみてください。 公式サイトの定期購入が最もお得 私が調べた限り、 もっともお得だと感じたのは公式サイトでした。 公式サイトで販売されているのは30本入りのセットで、通常価格だと2,028円(税・送料込)。 選べるコースは3種類で、価格と送料は以下の通り。 一番人気が高いのは3ヶ月コースです。 楽天のように送料がかかることもありません。 解約・変更はいつでも対応可能 「定期購入ってなんだか面倒くさい・・・」 「解約させてもらえない印象がある・・・」 とネガティブなイメージを持っている人も多いですよね。 実際に届いた商品がこちら。 配送料が値上がりしているにもかかわらず、 佐川急便ではなくヤマト運輸を使っているところも高評価。 我が家のエリアはクロネコさんの方が圧倒的に対応がいいんですよ。 ・・・なんともあっさりしたパッケージですね。 本音を言うと、宅配BOXを開けたとき、何が届いたのかすぐにわかりませんでした。 小さめのシールが控えめに張ってありました。 販売元の株式会社パールエースは、パッケージにお金をかけない主義なのかもしれませんね。 肝心のオリゴのおかげはこんな感じ、30本が1袋にまとめられています。 トクホのマークが目立っていますね。 簡易的なチャックがついているので、このまま戸棚にしまっておくのもよさそうです。 ほかにも以下のものが同封されていました。 各種パンフレットに加えて、納豆の成分(ナットウキナーゼ)が含まれたサプリメントと、ビフィズス菌を効率的に摂取できるサプリの試供品も入っていました。 オリゴ糖とビフィズス菌は相性抜群ですから、一緒に摂取すると腸内がモリモリ元気になってくれそう。 ナットウキナーゼのサプリはどうなんでしょう、我が家はみんな納豆が好きなので、そのまま納豆を食べたほうがいいかな。 飲み忘れを防ぐためのカレンダーも入っていました。 くるポン タブレットにも飲み忘れ防止用のカレンダーが同封されていますが、意外と便利なんですよね。 冷蔵庫とかに貼っておくと、「 あ、今日オリゴ糖忘れてる!」と気づくことができます。 このカレンダーはうんちの状態も記録できるようになっているので、子供の友達とかお客さんが来るときは隠しておきたいですね。 優しい甘みでコーヒーがおいしくなる 子供のおやつに混ぜる前に、まずは自分自身で実験です。 普段はブラックコーヒー派の私ですが、オリゴ糖を入れるとどれくらい甘くなるのかを試してみました。 使ったのはオリゴのおかげ1本。 コーヒーに入れる前に、まずは手にとってみました。 カイテキオリゴのようにサラサラの粉末ではなく、 ザラメより細かいくらいの顆粒状。 「子供がよく遊んでいる公園の砂利に似ている・・・」と思ってしまいました。 笑 まずはそのままつまんで食べてみたんですが、 じんわりと甘みが広がる優しい味わい。 手が乾燥している点については、どうか目をつぶってください・・・ 一般的な砂糖のような、強い甘みはないですね。 あまり遊んでいるとコーヒーが冷めてしまうので、1本まるまる入れてみました。 スプーンなどで軽く混ぜると、あっという間に溶けていきますね。 1袋全部入れても、コーヒーはほんのり甘くなる程度。 缶コーヒーの微糖くらいをイメージしていただけるとわかりやすいでしょうか。 甘ったるくなることはないので、甘いコーヒーがキライな人も安心して飲めますね。 少食で便秘の2歳の娘に毎日飲ませてみました。 びっくりするくらいスムーズに出るようになりました。 水筒にオリゴ糖を混ぜたお茶を好きなときに飲ませています。 某メーカーの高いオリゴ糖を飲ませてましたが、イマイチで…こちらはお安く効果も! オリゴ糖を混ぜたお茶を水筒に入れて持ち歩くのはいいアイディアですね。 オリゴのおかげは 他の通販限定品と比べてコスパが高いのもうれしいポイントです。 Twitter Twitterで見つけたオリゴのおかげへの口コミをいくつか引用でご紹介しますね。 スムーズにうんちを出せるようになると、大人もうれしいですよね。 毎日快腸な私がこの2週間すごい便秘に悩まされていた。 とにかくストレス! ネット検索したらオリゴ糖が効くとの事で早速朝ヨーグルトにかけて食べてみたら、昼過ぎに出てきた。 まじかーすごいな、オリゴのおかげだよ!と思ったその商品名は「オリゴのおかげ」。 色々すごい。 — チビタ chibick すぐに効果を実感できたのはすごいです。 オリゴ糖とヨーグルトとの組み合わせは最強ということが、ここでも証明されていますね。 トーストにマカダミアナッツオイルとオリゴのおかげかけて食べるのにはまってる。 外側から中心に向かってぐるぐると円を描くように細く垂らすとムラが少なくてよい。 — にゃらざっぷ大脱走 nyeren シロップタイプのオリゴのおかげは、 トーストにかけて食べると美味しいですよね。 ジャムやメープルシロップとはまたちがった、やさしい甘みを楽しめるので私も気に入ってます。 粉末タイプもジャリジャリした食感を楽しめるので、バターと組み合わると美味しいですよ。

次の